◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 友よ:長渕剛 | main | LOVE:T-BOLAN >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  LE POISSON DES MERS DU SUD(南の海の魚):Isabelle Antena  ○●○
    愛にエスポワール朝夕はすっかり秋モード。
    でも、日中はまだ結構暑いですね。

    今日、リハビリにと思い、3歳になったばかりの甥っ子と実家近くを小1時間ほどブラブラ散歩してきました。
    日焼け防止に、日傘をさして行きましたが、それでも暑い、暑い。
    すごく汗をかいて、タオルマフラー大活躍でした。

    妹の子なんですが、妹はあまり自然で遊ぶということが好きでないのです。妹の旦那さんもです。
    だから、いつも遊びに行くのは、遊ぶためのものがいっぱい揃っていて、お金を出せば遊べるようになっているところ。
    我が家はそれとは対照的で、茶犬も私も自然で遊ぶのが大好き。要するにお金を使わずに遊ぶのが好きなんですね(端的にいうと、ケチ(笑)。テーマパークとかあんまり行ったことなし)。公共施設の利用とか、海・山・公園などで泳いだり、貝殻や葉っぱ、木の実を拾ったり、そういう遊び方ばっかりでした。
    だからつい、甥っ子にも、虫がいるよとか、きれいな葉っぱがある、とか、松ぼっくりが落ちてるとか…。
    バッタの死骸も甥っ子は平気でつまんだので、顔や体をよ〜く観察しました。
    「命」というものを感じてほしいなと思いました。

    でも、甥っ子にとってはこんなことに慣れていないので、葉っぱなどは、あまり興味がないようでした。私としては、昔、ちんとやったように、家に帰ってから紙に貼りつけたりしてお絵描きしたかったのですが。

    こんなことは春か秋しかできない身。
    今夜は、静かでさわやかな初秋の夜に、落ち着いて聴けるボサノヴァです。
    イザベラ・アンテナという、フランス人ヴォーカリストですが、この人を初めて聴いたのは大学1年か2年くらいの時。
    もう、すぐに引き込まれてしまいました。ボサノヴァというと、やっぱり南米っぽいイメージが大きかったので、フランス語で、というのが私には新鮮でした。
    外国の言葉、特に英語やフランス語の発音には日本語にはない色気があると思うのです。意味までは良く分からないだけに、逆にことばの発音までもが楽器のように響くのですね。その観点から聴くと、音楽に、日本の曲にはない色気を感じることがあります。

    この曲、前々からアップしたかったのですが、テープしかなく、専用ケーブルでデジタル化はすぐにできるにしても、音質がイマイチ不満でなかなかアップできませんでした。
    最近、ノイズを取り除くために少し周波数を調節することができるようになって、幾分いい音になったので、今日、アップしたいと思います。
    この方法で、これからテープしかない、でも、この曲を聴けるのはたぶんこの「As Time Goes By」だけだよ、というような曲をアップしていきたいと思います。
    あまり期待せずに、お待ちください、、、。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします!


                          LE POISSON DES MERS DU SUD → 
    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | Isabelle Antena | 22:21 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 22:21 | - | - |- pookmark
        うんうん
        フランス語がきれいにメロディにのっかってて
        いいカンジ♪
        うちも
        テーマパークとかナントカランドとか行かない派です。
        夫は家族旅行といっても「釣り」ができるところか
        ありんこ父の故郷のド田舎しか行こうとしません。。
        子どもたちは自分たちで行けるようになってから
        親に連れてってもらえなかった憧れのところへ
        せっせと友だちと行っています。
        3歳になったばかりの甥っ子ちゃんなら
        そういう、よぴちさん的遊びをさせてあげることが大事ですよね。
        ひとつひとつの体験が
        甥っ子ちゃんの心に住みついて
        きっとステキな少年になっていくと思います。
        よぴちさんの体調に合わせて是非ゼヒこれからも!
        >この曲を聴けるのはたぶんこの「As Time Goes By」だけだよ、というような曲をアップしていきたいと思います。
        期待してます〜☆
        な〜んて言っちゃうとプレッシャーかな?
        でも
        ホントに楽しみにしてますから〜☆
        | ありんこbatan | 2008/09/12 4:10 AM |

        ありんこさん
        この「南の海の魚」は、以前、デジタル化するケーブルを買った時に、実家のCDラジカセを借りてきて、それでデジタル化したものなんです。
        我が家には、今は、お風呂で聴けるCDラジオと、モノラルラジカセしかなく、しかもそのラジカセは、テープの再生速度がいま一つ遅く、キーが低くなるんですよね。
        レコードプレーヤーはFM電波で飛ばして、それをラジオでキャッチして聴くタイプだし、だから今はレコードもモノラルでしか聴けない…。
        まずは、ステレオのCDラジカセを買うところから始まるんで、ま、ゆっくりですな。すみません。
        でも、絶対近々買うぞ。日頃から不便だったもん。今はCD聴くにも、PCかDVDプレーヤーで聴いてる始末。その代わりと言ってはなんですが、PCのスピーカーだけはちょっと力の入ったものを取り付けてあるのですが。
        頑張るぞ〜。
        | よぴち | 2008/09/12 10:38 AM |
        オラはぼさと同ぃ歳

        ぽるとがる語無しでは生まれなかったぼさ

        もちろんわかりませ〜〜〜ん


        日本語だってまともじゃないもん!


        ヴヴヴヴへヴゥ!
        | chabo48 | 2008/09/12 10:35 PM |

        Chaboさん
        えっ!?実はChaboさん日系2世?
        ポルトガル語もフランス語も分からないよぴちですが、
        英語とドイツ語は授業でとりました…。
        採ったからと言ってわかるとは限りませ〜ん。
        世の中、知らない・わからない方がいいこともありますよね…(強がり)。
        | よぴち | 2008/09/12 10:41 PM |
        僕は実はポルトガル語をすこしばかり勉強。
        発音が難しく、スペイン語とも文法単語も似ていて
        なにしろ、語学は本当に難しいと実感した4年間。
        ああ、もう一度やりなおしたいとおもうんですが、
        教授も退任し、世話になった講師は東京外大のえらい先生に
        なりました。
        プレーヤーから、ソフトを使いPCに落とせる
        のがあるようです。僕もほしいのですが。

        フランス語は、フランス人の美しさしか記憶にない
        | 長七 | 2008/09/13 11:25 PM |

        長七さん
        ポルトガル語は、最近増えているブラジル系の労働者の方々とのコミュニケーションには必須ですよね。
        でも、日本ではなじみが薄い言語。
        音楽は、音楽自体が言語になりうると思ってるので、逆に、ことばの意味が分からない方が、純粋に音を楽しめる、ということもあると思うんですよ…。
        もちろん、曲より詞に惹かれる日本の唄、いっぱいありますけどね。
        | よぴち | 2008/09/13 11:30 PM |
        ボサノヴァに色気を感じるって
        何だかわかる気がします。^^
        この季節に聴きたいですね、何故か。
        子供をテーマパークにしか連れていかないのは
        勿体無い!
        自然と触れ合うこと、大事ですよね。
        うちの娘達、平気で「わらじむし」つかんでました。
        そこで親が「きゃー!気持ち悪い!」と言うのは
        ご法度だと感じましたので、当時あたしは我慢しましたが、
        「今思えばお母さんって凄いよね」って
        娘たちに言われます。
        親が「気持ち悪い」と言えば子供は「そうなのか」
        と思ってしまいますからね。
        先入観を植え付けるのはよくない。
        葉っぱでお絵かき。
        昔よくやりました〜!
        今もやりた〜い^^
        | IKUKO | 2008/09/14 8:46 PM |
        小野リサさんをはじめて聴いたのは、、、
        もう15年以上もまえですか・・。
        すぐに1枚、買ってきました。ミニーナとかいうの。
        あれ、、、それいらい、ぼさのばさぼってました。

        ボサノバの歌い方って、肩の力が抜けていて、
        ほんわか。

        B'zのあんちゃんには、まねできまい。
        | あさがお | 2008/09/14 9:01 PM |

        IKUKOさん
        私は今でもやりたいのは、きれいな貝殻を拾うことと、石に絵を描くこと。結構やってたりするけど(←バカ)。
        IKUKOさん、ぱそ子の調子はいかがですか〜。今日、来てくれたってことは、今は、いいのね。
        甥っ子は、私とお散歩した次の日は、妹とちょっと大きな公園に行ったそうですが、やっぱり、小さい時からの癖なのか、公演でも外じゃなくて、その公園にあるちょっとした展示館のような建物の中で遊んでたそうです。
        もっともっと小さい時からの経験が大事なのか、それとも生まれつきインドア派なのか。少なくとも両親がインドア派なので、これは遺伝子かもね…。
        | よぴち | 2008/09/14 10:57 PM |

        あさがおさん
        ボサノヴァ、大好きなのにもかかわらず、私はギターでボサノヴァのリズムを刻むのが苦手なのです…。
        リズム感悪いのかな、ため込みすぎるんですよね…。
        ボサノヴァと、シャッフルは苦手。

        なんか、暑かった夏が過ぎて、ちょっと一息つきたい時に、一息つかせてくれる優しさが、ボサノヴァにはありますよね。
        | よぴち | 2008/09/14 11:00 PM |

        よぴちさんへ、

        ボサノヴァは、たそげれどきに、海辺の飲み屋の入口できく情景。

        フォーク(カントリー)は、はたけのヘリに立って、夕陽にむかってうたう情景。

        そんなんが、思い浮かびます。
        松任谷さんの曲を、スペイン語かなんかで女性外人歌手さんがカバァーしたCDを持っているのですが、、、、
        ユーミンさんよりはあたたかな感じがあります。
        | あさがお | 2008/09/15 5:03 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/157