◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< くるみ:Mr.Children | main | Just Like a Woman : Bob Dylan >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  会いたい:徳永英明  ○●○
    バスケットボールこの前、「せつない」と書いて、やはりこの感情は、言葉で表現するのは難しいなとつくづく感じたよぴちです。
    「せつない」感じは、まだ続いています。
    でも、「落ち込んでる」とか、「ふさいでいる」というのとはちょっと違うんですよね。
    私にとっては、決して悪い感情ではないのです。
    結構、楽しんでる、というか、多分、この感情を忘れずにいたいなとさえ思っているのです。この感情を忘れるには、まだ、早いだろうって。
    だからこれは、「今はまだ人生を語らず」というのと似ています(笑)。

    今日は、ホントに珍しく珍しく、学校が休みな上にちんの部活も休みでした。
    で、茶犬だけが仕事(ごめんね、茶犬)。
    こんなことは、どれくらいぶりかなぁ…、本当に。
    で、ちんは、お互い部活で忙しい彼に会いたかったのですが、
    彼は、学校も部活も休みだったけれど、午後からは、地域の少女バレーのコーチングで、午前中しか時間がなく、朝9時に家にやってきました。
    でも、ちんは、なかなか会えないので2人でプリクラを撮りたかったらしく、
    けれど、自転車でうろうろしてると、彼の部活の監督の耳にでも入ると、またややこしいので、プリクラが撮れるようなところに、私にアッシー君をしてと、ちんが言う。
    私は別にいいけど、彼は嫌だろうな、と思いつつ、2人を乗せ、30分くらいしかない時間の中で、彼らは1回だけ撮って帰って来ました。
    いわゆるショッピングセンターだったので、待ち時間に私は楽器店でギターのポリッシュとストラップ、それに楽譜を1冊買いました。その後、隣の本屋さんで本を1冊購入。

    とにかく大急ぎで帰宅し、彼はもう家には上がらずに、大急ぎで自転車で帰ってました。
    なんだか、すごい「青」を感じました。

    その後は、ホントに久しぶりに、ちんと2人でドライヴしました。
    海へ、山へ、好きな音楽聴きながら、ホントに幸せでした。
    いろんなこと、思いながら、途中で視界が涙で曇って、スピードを落とした時もあったほど。

    Web上であまり深くは語りたくないので、今日の思いと少し似たこの曲を、今夜はお届けします。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                   会いたい → 
    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 徳永英明 | 22:06 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 22:06 | - | - |- pookmark
        そのせつないというのは
        命の穂みたいなものかな、
        ハートブレーキングみたいに
        このときを感じていたいというものかな
        だとすると、時間を貴重と感じ。
        燃えている命を感じれる人は
        ある意味、「達観」しているんだとおもう。.
        | 長七 | 2008/09/23 11:37 PM |
        あ〜
        いい話だな〜
        って思ってたら・・会いたい・・だもん。。
        涙がふわ〜〜〜〜っと溢れ
        それこそ
        パソコン画面が涙で曇って・・でした。。
        限られた時間を
        一生懸命
        ふたりのものにしようっていう
        これが
        ありんこにとっての「せつない」感情・・です。
        こんなこともあったわね〜
        いまじゃ
        すっかり&しっかり忘れて
        ただの
        おとん&おかん・・これがゲンジツだけどさ・・ってなことに
        なっちゃうんだけどね。。
        この曲は
        沢田さんには申し訳ありませんが
        徳永さんバージョンの方が
        ダンゼン好きです。
        | ありんこbatan | 2008/09/24 4:03 AM |
        追伸
        このページの「ランキング」
        クリックしても・・無効?みたいな気がする
        (画面が変わらないのよ)
        ので
        ひとつ前のページから
        クリックさせていただきました。
        この現象が
        ありんこのパソコンだけだといいんだけど。。
        | ありんこbatan | 2008/09/24 4:07 AM |

        長七さん
        うん、そうかもしれません。
        「暗い」とか、「ナルシ」とか言われても、多分、これが「私らしさ」じゃないかって思っています。
        仕事や育児が忙しいと、こういう感じをふと忘れて行くのです。仕事なんてのは、こういう感情を忘れたふりをして、合理的にやる方が評価されたりするし。
        今、こういう感情でいれることは、毎日が、とても平和で、幸せなんだと思います。家族や皆様に感謝!
        | よぴち | 2008/09/24 7:30 AM |

        ありんこさん
        ありがとう〜!
        リンク、貼り忘れてました、、、。
        著作権所有者の方に訴えられるといけないので、あまり派手なPRはしないようにしてるのですが、あれが唯一のPR。だから、向こうから来れればそれでいい、といえばそうなんですけどね。
        そう、日常では、やっぱり「流されてく」ことばっかですよね。私も、こういう感情を持ちつつも、別に、いつものように家事をやり、やらなくちゃならない仕事をやり、見た目いたって「フツー」の生活です。
        | よぴち | 2008/09/24 7:35 AM |

        せつない、せつない、と聞いていて(いや見ていてか?)
        切ないと、この俺も感じるところがあるのでした!

        いったい何が?世の中がですと!

        新聞.マスコミ.TV.みんな切ないなあ〜って!

        今思ったこと?を撫で書きってしまいました。
        関係ないことをスミマセン
        消さないでアップします!


        | key-san | 2008/09/25 10:08 PM |

        Key-san
        私にとっては、せつないは嫌な感情ではないだけに、
        みんなに感染し始めてることを、憂いてもいません。

        とうとう、Key-sanにも感染したか。ククク…って感じ(笑)。
        それにしても世の中、せつないですねぇ…。
        | よぴち | 2008/09/25 10:34 PM |


        「アタシにとっても、せつないは嫌な感情ではない」です。
        仕事でとてつもなくいやなことがあると、
        みゆきさんを聴いてメソメソするんだ。
        そうしないと、きっと、傷害じけんくらい、おこしたかも・・・。
        「きどあいらく」は、バランスよくすべてを消化しないといけないのだな。
        せつないは、「哀」のいちぶなのかな。
        | あさがお | 2008/09/26 11:59 PM |

        あさがおさん
        かなしい、って、古語では愛おしいという意味なんですよね。この2つはどこか共通したベースを持つのかもしれません。
        悲しい時、悲しい歌を聴いたり歌ったりしてスッキリするのって私も同じです。
        私は、これを「消極的ではあるけれども自己表現」だと思っています。創作の才能がないので、自分の言葉やメロディーで自己表現は出来なくとも、人のうたを借りて自己表現する、というか。
        | よぴち | 2008/09/27 12:06 AM |
        「悲しい時、悲しい歌を聴いたり歌ったりしてスッキリするのって私も同じです。」?
        ちゃうよー。
        怒りにわれを忘れてしまいそうなときに、
        みゆきさんの曲を聴いて、
        中和するんだよー。

        悲しいときにみゆきさんを歌ったりしたら・・・、
        なみだがザブンザブン、ながれてしまうよー。
        | あさがお | 2008/09/27 9:20 PM |

        あさがおさん
        これは失礼しました。すみません。
        でも、私は涙をザブンザブン流すことによって、悲しさを中和する人間なので…。
        怒りの感情は、比較的コントロール可能なのです、私。
        | よぴち | 2008/09/27 10:21 PM |
        [怒りの感情は、比較的コントロール可能]
        これを忍耐とか、なさぬ堪忍するが堪忍の堪忍とか、
        いうんですよー。
        よぴちゃんは、大人だぁ。
        | あさがお | 2008/09/28 2:37 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/160