◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< シャワールーム:伊勢正三 | main | 水の影:松任谷由実 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  太陽の破片:尾崎豊  ○●○
    Wednesday穏やかな土曜日でした。
    ちんは、来週木曜から中間テスト。だから、1週間前ということで、珍しく部活がありませんでした。2時からミーティングはありましたが。
    いつもなら、土日は平日よりも早く弁当を作り、どこかの試合会場なんかへ送らなければなりません。今日はそれがなかったので、ゆっくりと朝から炊き込みご飯を作ることができた。

    午後は、30分ほど午睡をし、そのあとお湯を張って明るいうちから入浴。
    なんと平和な、なんと幸せな1日…。

    このところ、少しインターフェロンが抜けて来て、以前ほど筋肉が痛まなくなりました。いつまで減らしていられるかはわからないけれど、少しでも減らしている今、落ちた体力を戻そうと、リハビリトレーニングに夢中でした。
    ここまで落ちると、そして、ここまで運動ができずにいると、
    少しのトレーニングでみるみる筋肉が復活してくるのがわかって、
    もう、嬉しくて半ば中毒気味。
    そのせいで少し疲れが出たのか、ここ数日、夕食後に蕁麻疹が出て、
    ちょっと食べ物は選ばないといけないのですが(痛)。
    それでも、トレーニングはやめられない。筋肉というのは、間をおくといけないのです。
    一旦壊れた筋細胞が復活する時、壊れるまえよりもさらに増大して復活するのです。
    その繰り返しで筋肉が増えていく。パワーも同様です。
    そもそも、トレーニングと言っても、普通の人から見たら「?」って思うような量。
    自分の「負担度」で調節しているので、今はまだまだその程度の量です。
    だけど、続けることが大事。
    嬉しくて仕方ないので、何があってもやめられないと妹に言ったら、
    「松岡修造みたい」と笑われました。いいですよ、松岡修造さん、好きだもの(笑)。

    今日は、久しぶりに尾崎さんの曲をお届けします。
    その人以外は何も見えなくなるような恋。
    「愛」と言う言葉を尾崎さんは使っているけれど、
    私にはやはりそれは「恋」のような気がする。
    でもそれは所詮、本当に何もかも捨ててもいい、他の何も見えない、というほどの恋をしたことがない私の考えるたわごと…。
    物心ついた時から、もうすでに私は「純粋」でなくなっていたのでしょうか…。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ご訪問ありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                  太陽の破片 → 
    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 尾崎豊 | 20:35 | comments(13) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 20:35 | - | - |- pookmark
        これは記憶に鮮明な曲なんだ

        しちゅえーしょんは省略しますけど

        けっこう大人だったんで周りからは不思議がられた


        欲望こそが純粋なら

        恋なんて始末におえる代物じゃないよ


        だからいいんだけどさ
        | chabo48 | 2008/10/12 12:45 AM |
        ふふ
        笑顔をたたえてるよぴちさんが見えるようで
        なんか
        読んでてホッとしました。
        こういうときは
        日常の中にも
        いいこといっぱい見つけてるんだろうな〜。。
        尾崎さん
        亡くなる前は・・名前はきいたことがある・・程度でしたが
        亡くなってあっちこっちで
        とりあげられるのを観るうち
        なんて魅力的な人なんだろう・・モテるの当然!
        なんて思って
        ちょっとハマってCD買ったりしちゃいました。。
        >本当に何もかも捨ててもいい、他の何も見えない、というほどの恋をしたことがない
        殆どの女性はそうかもしれない。。
        常に
        頭ん中にゲンジツがチラつくから・・かも。。
        母性の裏返し・・っていうか・・身を守るっていう・・本能?
        男性の方がロマンチストで
        たいてい
        心の中に忘れられない「ひとり」をかかえてる・・
        ような気がする
        って
        この間、ある男性と話をしてました。
        女性だって
        ホントは
        何もかも捨ててもいいって思えるような恋に
        あこがれてはいるんだけどね。。
        | ありんこbatan | 2008/10/12 4:45 AM |

        Chaboさん
        そんな、勿体ぶった言い方されると余計に聞きたくなるじゃあん。
        「眠れない夜」くらいは、私もあったかもしれない。
        でも、やっぱ、そこまでですね…。残念!
        | よぴち | 2008/10/12 11:39 AM |

        ありんこさん
        まさにそのとおり!
        やっぱ、いわゆる防衛本能のようなものなんじゃないでしょうか。
        でも、女の中にも、いますよね、好きになった男のために何もかも投げ出せる人。
        憧れてはいるけれど、「守るべきもの」を持った今は、到底できそうにない。
        尾崎さん、いい男ですよね…。ちょっとアブない感じがまた母性本能くすぐりますよね…。
        あ、おばちゃん口調になってた(恥)。
        | よぴち | 2008/10/12 11:42 AM |
        こんばんにゃ^^
        トレーニングかぁ。。。
        あたしもやろうかな〜。
        年々、筋肉の衰えを感じる今日この頃。。
        とほほ^^;
        尾崎豊さんが亡くなった日のことは
        鮮明に覚えていますねぇ。
        衝撃的だったもの。
        「卒業」の12インチシングル持ってます。
        「太陽の破片」は覚醒剤事件のあと、
        すぐに出したシングルだったよね?
        違ったかな?
        歌番組で鬼気迫る歌声を披露していたのを
        覚えています。
        その時、何だか泣けてきたのよ、あたし。
        素晴らしいシンガーだったのに
        もったいないね。(;;)
        | IKUKO | 2008/10/12 8:39 PM |

        IKUKOさん
        結局、尾崎さんはどうして亡くなったのか、未だ真相がわからない。
        自殺、という説もあるし、よからぬ人に絡まれた揚句、という話もあるし、単にドラッグなどが手伝った事故死、とも言われているし…。
        きっと、やさしい人には違いない。やさしい人は傷つきやすい。傷つくのが怖くて孤独になったりもする。
        アーティスト、というのはやっぱり生き方からアーティストじゃないとダメなのかなぁ…。
        作りものでなくて、絞り出された真実だから人の心を打つんだろか。
        | よぴち | 2008/10/12 9:20 PM |
        尾崎豊の死亡事件は薬物うんぬんとか暴行とかいわれたけど
        やっぱ、純粋すぎた人間は早く召される運命を感じる。

        | 長七 | 2008/10/12 11:00 PM |

        長七さん
        そうなんです。なんか、純粋すぎる人って早く召される気がします。印象深いだけで、きちんと統計を取ったらきっと、そうでもないのだと思いますが。
        少し話は違いますが、誰が見ても、まっとうな生き方をしている人が早く召されるシーンに出会うと、それが神の恵みだとすれば、現世で生きることこそが実は「苦」であって、人は神に召されて安楽の地へ行けるのか、と思ったりもします。
        | よぴち | 2008/10/13 11:03 AM |

        逆に、長生きすると、悪いところも目立っちまうのかなぁ。

        50歳までは英雄なのに、
        70歳くらいではただの頑迷な老人になってしまうというのは・・・、
        はて、なんのお話だったか思い出せない。
        中国の皇帝さんのだったと思うのだが・・・。

        ジェームス・ディーンなんて、全人生の30%をスターの時期が占めていて、
        で、スタァ・にしきのはというと・・・。

        きんさん&いんさんは、人生の最後の5%くらいをメジャーにいきたんだな。

        まぁ、思い通りの人生は、詰まんないし、
        ♪うまく行く恋なんて・・・♪
        ってうたもあるし・・・。
        (((やば、オチつかない。ごめん)))
        | あさがお | 2008/10/13 11:46 PM |

        あさがおさん
        いつのまにか、生き死にの話題になってしまいましたね…。決して、そういうつもりで書いた記事ではなかったのですが…。
        なぜだか、人って、死ぬといきなり英雄になるんですよ。
        よほどのワルでない限り。
        私も死んだら少しは、褒められるのかなぁ…(笑)。
        | よぴち | 2008/10/14 12:19 AM |
        茶犬さんこんばんは〜♪

         これでコメント書けたかしら。

        最近更新が無いので心配していました。

        筋肉は落ちるのが早くて恐いですね。

         今、パラも痛くても歩かなくてはいけない状態です。

         茶犬さん、健康管理頑張ってくださいね。

        | パラ880873 | 2008/10/14 12:54 AM |

        パラさん
        私もいつも覗くばかりで、気の利いたコメントも書けずにいますが…。
        お心遣いありがとうございます。

        ちょっと今は難しい季節なので、風邪にやられっぱなしです。
        お互い、無理せず、やれる範囲で頑張って行きましょう。
        | よぴち | 2008/10/14 7:14 AM |

        >私も死んだら少しは、褒められるのかなぁ…(笑)。
        -----そうかなぁ。
        素直なよぴちちゃんはぁ、長生きしたほうが、褒められるチャンスはあると思う。(あくまで、本人の心がけ次第ではあるが・・・。)
        | あさがお | 2008/10/14 12:48 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/164