◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 太陽の破片:尾崎豊 | main | 砂に書いたさよなら:Bossanova Cassanova >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  水の影:松任谷由実  ○●○
    時のないホテルこんばんは。松岡修造です(笑)。
    今日から、ちん達は中間テスト。来週から修学旅行に行くので、た学年より1週間早く中間テストが実施されます。
    フツーなら、テストが終わって早帰りした子に、さっさとご飯を食べさせ、明日のテストに備えるべく、勉強させるのが当然でしょう。
    しかし、経験から、彼女はテストで早帰りした午後に勉強した試しがない。
    いつも、爆睡で終わるのです(今日も、例にもれず)。

    で、どうせなら、と、お昼ごはん食べにいこ!と誘って、わざわざ遠い所にドライヴがてら行ってきました。
    その車の中で、ちんとバボ君の話をしながら…。
    バボ君は、ちんがバスケ部のマネージャーをしてるのはホントは嫌なんじゃないか、って訊いたら、「そうかも。だって、ちんがバスケ部の愚痴を言うと、すぐ『やめてまえ!』って言う(笑)」。
    ちんは、いつも試合のたびに一生懸命スコアをつけているのですが、バスケ初心者なので間違ってることもあるらしいのです。
    そうすると、バスケ部の中には「ちんのスコアはいつも間違ってる!」って怒る子もいるらしく…。要するに、みんな真剣にやってるからなんですが。ちんなりに傷ついて、バボ君に話すと、「そいつを連れて来い!」なんていうらしいことは、以前にも聞いていて、私も、嬉しく思っていました。
    でも、バスケ部恒例の、バレンタイン・マネージャー手作りチョコなどは、バボ君いやなんじゃないかなと思って訊いてみたら、やっぱりそうだというし…。
    ま、微笑ましいことです。

    そこで開き直ったおばチャンが考えるのは、「ちんは、そういうのは、ただ、素直に聞くわけ?やめようとやめまいと私の勝手でしょ、あなたにとやかく言われる筋合いはないわ」とは思わないの?」
    …やはり、若いちんは、そんな発想は全くなかったようです。
    私も、若い頃は、そんな発想はなかった気がするな…としみじみ。
    たいていの男は従順な女が好きだからな、と、いい女ぶってみたり。
    でも、開き直った今は、従ったとしても、かなりのストレスがある気がする…。

    どんどん、かわいげのない女になってきているな、と反省するも、直す気もなく。

    今日、お届けする曲は、ユーミンの「時のないホテル」に収録された、シモンズも歌っていた曲です。
    時のないホテルは'80年発売。
    あの頃は、なにか、アジアや、世界を意識した作品が多かった気がしています。
    拓郎さんが「アジアの片隅で」を発売したのも同年だった気がする…。
    日中国交が回復して、少しずつ少しずつそれまでよりは距離が短くなった。東アジアは少なくとも、まだまだ気軽に旅行に行けるところではなかったのが、80年ころからようやくいろんな地へ行けるようになってきたと思います。
    相変わらずの米ソ間の冷戦はありましたが…。モスクワオリンピックのボイコットは、ホントに選手たち、かわいそうだと思いました。
    そういう背景からか、このアルバムにもどこか、グローバルなイメージを抱いてしまいます。

    この曲は、大学時代、ちょうど失恋と、ゼミ旅行が重なった友人が、
    旅先で電車に乗りながらこの曲を思い出して涙してしまったと言っていたのが忘れられない、ちょっと感傷的な曲です。
    今日、ちんの素直な感情に触れながら、ふと、この曲の
    「立ち去る時の肩のあたりに
     声にならない言葉聞こえた
     あなたをもっと憎みたかった
     残る孤独を忘れるほどに」
    の一節を思い出して、ちょっと感傷的になってしまったよぴちでした、、、。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。

                                    水の影 → 
    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | 松任谷由実 | 20:41 | comments(9) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 20:41 | - | - |- pookmark
        思い出の歌を聴くと
        そのときのシーンがでてきますね、
        僕は荒井由美のときが一番好きです。
        バレー部は僕は補欠でした。
        | 長七 | 2008/10/15 9:35 PM |

        長七さん
        そういえば、長七さんもバレー部でしたね。
        尤も、その頃はメインは「はがき職人部」だったようですが(笑)。
        これから聴く曲は、やっぱり何か打たれるものや、共鳴するものを感じる曲ですが、昔聴いた曲は、好きだったかどうか、いい曲かどうかに関係なく、無条件にその時のその場所へ引き戻してしまう。
        私はだから、聴くのだと思う。物理的にはもう戻れないのをよくわかっているからこそ、意識だけでも戻ることを楽しんでいるんだと思います。たとえそれが、悲しい、嫌な思いででも。
        | よぴち | 2008/10/15 10:33 PM |
        もしかすると

        その友人を悲しませたのはオラ?


        もしかすると

        1番好きなアルバムかも知れない


        先日久し振りに会った友人と

        テストで早く終わった学校帰り

        鈍行列車で小旅行した話をしてた

        あてもなくなんとなく気に入った駅名で下車

        ただふらつくだけだったけど

        彼にとってはお気に入りの思いでだったらしい
        | chabo48 | 2008/10/16 4:57 AM |
        バレー部は・・夫でした。。
        ちんちゃんたちのお話
        ホント「微笑ましい嫉妬」ですね。
        嫉妬されると
        なんで?
        も、ありつつ
        ちょっと嬉しかったりするのよね・・。。
        うん
        ありんこも若い時は
        「私の勝手でしょ、あなたにとやかく言われる筋合いはないわ」
        っていう発想はなかったかも。。
        好きな人にクチゴタエなんで出来なかったな〜。。
        従順ではなく
        ただの臆病モンだっただけなんだけど。
        今は
        例えば
        娘がそんなようなことポロリこぼしたら
        よぴちさんと同じこと言うと思う。。
        この曲
        し〜んとした朝イヤフォンで聴いたら・・心にやさしく響きました。。
        ありがとう!
        引用された歌詞読んでたら
        ううっ・・うるうる。。
        嫌いになって別れるのはちょっと×な思い出だと思ってたけど
        その方がいいんだな
        その人がやさしかったこと、その人といて幸せだったこと
        そんなことばっかり思い出すのは
        つらいな〜・・なんて。。
        | ありんこbatan | 2008/10/16 5:00 AM |

        Chaboさん
        早起きですね〜。
        鈍行列車、小旅行か…。この話、しみじみ、今、余裕がなくなっていることを実感させられた…。
        お金がない学生時代、神戸にいた茶犬のところへ遊びに行くのは、いつも、大会終了後のわずかな練習休みの間、鈍行列車で、でした。
        1日の大半を列車の中で過ごすことになっても、まぁ、楽しかった。
        試合へも、弱小わがバレー部は鈍行だった。強豪チームは特急もしくはチャーターバスで来る中…。
        でも、鈍行列車はいろんな人間ウォッチングが出来るし、車窓の景色や、駅の様子もゆっくり見れるし、何か楽しかった。
        今は、目的のはっきりした、新幹線か飛行機、車でもすぐに高速に乗っての移動ばかり。
        | よぴち | 2008/10/16 7:12 AM |

        ありんこさん
        皆様、こんな、内容のない長文を読んで下さるの、ホントにありがたい。ありがとうございます。
        そうだ、昔、今ほど自己主張しなかったのは、「失うこと」を恐れての臆病さからかも。
        今は、失う恐れが、多分、昔ほどないのです。
        また、いざとなったら失ってもいいや、くらいの開き直りさえあるのです…(笑)。
        この曲を初めて聴いたのは10代のころ。私も、初めて、「別れるときって、憎むほど嫌いになって別れた方がいいんだ」と認識した瞬間でした…。若い私は、当然、「きれいな別れ方」の方がいいように思ってましたから…。
        | よぴち | 2008/10/16 7:17 AM |

        こらこら。 鈍行=貧乏?
        鈍行列車に乗ったばかりの人間が見たら、
        気を悪くするでしょ。
        そんなのアタシくらいかな。ま、びんぼうだし。

        >10代のころ。私も、初めて、「別れるときって、憎むほど嫌いになって別れた方がいいんだ」と認識した瞬間でした…。
        >若い私は、当然、「きれいな別れ方」の方がいいように思ってましたから…。
        ----おませだったんだねぇ。
        だいたい10代は、「別れがくるなんて思わなかった」ではないのかい。
        <こんな曲、「あったはず」でも、でてこない>
        | あさがお | 2008/10/17 8:26 PM |

        >こんばんは。松岡修造です(笑)。
        -----(空をみあげ、鼻をつまむ)こんばんは、コウダシャーミンです。
        -----(アゴをひいて、ホッペをりきむ)こんばんは、タァラ・コゥタローげす。
        | あさがお | 2008/10/17 8:32 PM |

        あさがおさん
        鈍行、って、確かに昔はビンボーだったから乗った。
        でも、たぶん、今は、ある意味ビンボーだから乗れない。
        鈍行って、ホント、贅沢ですよね。今となっては。
        | よぴち | 2008/10/17 8:48 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/165