◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< カラクリ工場:芹沢信治 | main | 摩天楼のヒロイン:南 佳孝 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  置いてきた日々:チューリップ  ○●○
    Welcome to My Houseこの間まで、まだ、綿の入ったジャケットを着るには、少し恥ずかしい感じだったのに、季節は瞬く間に、「晩秋」へと動いて行ってしまったようです。
    これからは、ほんの少しの「暖かい日」を、この上なく有り難く思うのでしょうね…。

    故・中島らもさんが、エッセイの中で、浪人中に自殺してしまった友人のことを書いておられました。
    自分達は、いつも予備校をサボるためにたむろしていた喫茶店のおしぼりで、耳の穴を拭いてしまうようなおっさんになったけれど、その友人は、あの頃のままだ、と…。

    私も、大学4年の時にバンドのサークルの2つ下の後輩をバイク事故で失いました。
    もうずいぶん前になりますが、自分のステージのビデオを観てみたら、その彼が司会をしていました。
    当然のことながら、あの頃のままです。
    もうずっと、これからも、彼はあの頃のまま。

    あの頃のままでいれるのはいいなぁと、中島さんは言いながらも、
    "でも、しょうもないおっさんになりながらも、生きていたら、
     たま〜には「生きてて良かった」って思う瞬間がある。
     その瞬間があったら、ほかの、たくさんの、煩わしいことや
     嫌なことなんかがあっても、
     やっぱり生きて行こうという気持ちになってしまう。”
    と書いておられた。

    私も、時々、生きてる方がつらいかもね、と思うことがあります。
    でもやっぱり、辛いと思う事より、回数的にはずっと少なくても、
    幸せだなぁ、と思うことがある。
    だから、やっぱり生きて行こうと思う単純バカ。
    昔の日々を、決して昔に置いて来たんじゃなくて、
    それを土台に積み上げてる1番上にいるだけのこと、って、
    私は思ってます。

    今日お届けする曲は、チューリップの後半(…と、勝手に言わせていただきましょう)、
    「夕陽を追いかけて」や、「約束」の頃の曲です。
    "Welcome to My House"のB面でした。
    「動かざること、山の如し」というほど、全く動かないものには「静」や「強さ」を感じますが、同じ動きを繰り返す、風車や観覧車や振り子などには、かえって、淋しい「静」を感じますね…。
    この曲の歌詞中にも風車が出てきますが、それはかなしい風車です…。
    サウンド的には、さすが、ビートルズに魅かれて組んだバンド。って感じ。
    コーラスなど、すごくビートルズっぽさを感じさせます。
    チューリップは、後半、どんどん音作りが洗練されてきて、
    この曲のような、おしゃれでポップな曲になってきたように思います。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!

                                 置いてきた日々 → 

    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | チューリップ | 17:22 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 17:22 | - | - |- pookmark
        誰も死んだ事無いんだから

        較べようがないじゃぁん


        どっちかって言うと

        バーズっぽいな


        ちなみにオラは

        お風呂で本を読む
        | chabo48 | 2008/11/12 6:21 PM |

        Chaboさん
        なるほど、バーズ、って言うとちょうどぴったりかも…。

        ところで、お風呂で本ってよく聞くけど、ページがぶよぶよになってしまわないの?
        私は、サウナの中でさえ、汗が落ちる気がしてためらわれる…。
        | よぴち | 2008/11/12 9:23 PM |
        らもさんはうちのいまの店の近くでわかいころ
        うろうろされていたようです。
        生きるほうが死ぬほうよりもたいへんです。

        修行です。

        死んだ友人はずってわかいまま
        | 長七 | 2008/11/12 11:32 PM |
        チューリップ大好きなくせに
        こんなステキな曲を知らなかったとは★
        楽器の音もコーラスも
        すっごくいい☆
        御紹介くださって、ありがとう!
        幸せ感があふれた時
        生かされていることに感謝するばかり。。
        そうそう
        過去のいろんなことがあってこその今、どれもこれも無駄なことなんてなかった
        って思っています。
        今日も
        しあわせ探ししながら生きていこう!    
        | ありんこbatan | 2008/11/13 5:00 AM |

        長七さん
        らもさん、三宮付近をウロウロしてたみたいですね。
        もう、いないなんて信じられないのですが…。
        長七さんの失ったお友達のことも思い浮かべながら、綴りました。
        | よぴち | 2008/11/13 11:15 PM |

        ありんこさん
        チューリップは初期も好きなんですが、多分それは、初期のころをよく聞いていた自分の時代が重なってのことで、音楽的には後半が好きだったりもします。
        初期の頃は、銀の指輪とか、悲しきレイン・トレインとか、好きかな…。結構、姫野ボーカルの曲が多かったりする(笑)。
        | よぴち | 2008/11/13 11:18 PM |
        こんばんは〜♪

         今朝、駐車場に向かう時に坂井泉水さんのことが、頭をよぎりました。
         彼女は、いずれ死ぬなら苦しまずに死のうとしたのだろうか?
         病気と闘っても、転移していることで、どうせ死ぬと見てしまったのだろうか。
         だけど、人間はいずれ死ぬことになるのだから、自分で選択????

         ふと、思ってしまった。


        | パラ | 2008/11/14 8:24 PM |

        パラさん
        人は、自分の寿命を決められない、と私は思っています。
        もし、自分で自分の命を断つことがあったとしても、それもやはり、神が決めているのだ、と…。

        生きるだけ。神が決めたその時まで、ただ生きるだけです。
        | よぴち | 2008/11/14 10:58 PM |
        TULIPの「置いてきた日々」を検索していてここに来ました。
        病気と闘いながらも音楽を愛する気持ちに感動するばかりです。
        今年50歳になるこちらもおじさんですが、TULIPは高校生のころからずっと好きで、伝説の鈴蘭高原ライブに行けたことが唯一の自慢です。
        バンドでやったりもしましたが、今はアコギのソロで時々ライブハウスなどで弾き語りするぐらいです。
        こんど「置いてきた日々」をやろうと思ってます。
        財津さんのKeyは高くてそのままでは歌えない曲が多いのですが、この曲なら行けそうなので。
        では失礼します。
        | PONTA | 2009/05/21 9:01 PM |

        PONTAさん
        星の数ほどあるブログの中から、ここにたどりついて下さったこと、本当に感謝いたします。
        私は、Tulipを初めて聴いたのは、小2の時、言わずと知れた大ヒット曲「心の旅」でしたが、その後、心酔し始めたのは、中学に入る頃からで、中2の時、近所の電気屋の売り出しで初めてステレオのラジカセを買ってもらった時に聴いた「魔法の黄色い靴」のイントロの美しさに酔いしれて、何度も何度も聴き返したのを思い出します。
        初期の頃の曲調といい、解散の頃の曲調といい、その曲調までビートルズと似ているなぁ、と、今、しみじみ思いますね…。
        ライブ、近くならぜひ行きたいところですが…。
        素敵なライブになること、お祈りいたします。
        | よぴち | 2009/05/21 11:42 PM |
        「魔法の黄色い靴」あの美しい3フィンガーのギターで始まりますね。
        TULIPは「サボテンの花」なんかもそうですが、ギターのイントロが素晴らしいですよね。
        僕も彼らのサウンドはビートルズの影響が色濃く出ていると思いますよ。
        そういえば初めて買った洋楽のレコードはシングル版「HEY JUDE」でした。
        それこそ擦り切れるくらい何度も何度も聞いていたものです。(それから赤盤、青盤に移って行きました)

        ライブにぜひ来ていただきたいところですが、こちらは名古屋ですのでちょっと無理ですね。
        今月末に40分ほどのソロライブが入っていますが、今回も「70年代フォーク」で行こうと思っています。
        「陽水」「拓郎」「かぐや姫」で育った世代ですので、その辺りの曲と自作曲を1〜2曲やります。
        「置いてきた日々」はその次ぐらいにやろうかな。なんて思っています。
        | PONTA | 2009/05/22 7:56 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/172