◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< サイレント・イヴ:辛島美登里 | main | 私の青空:高田渡 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  晩鐘:さだまさし  ○●○
    御堂筋どうしよう。
    こんな日は初めてです。
    今日は、さだまさしさんの晩鐘をお届けしようと思いました。
    本当は、もう少し寒くなってから、と思っていたのですが、
    だからといって、「12月」というのは、この曲の私のイメージとは外れるので、
    やはり、11月中にと思って…。

    ところが、今日のブログを書くにあたって、この曲を流し始めたら、もう、涙で文章が出てこない。
    理由などなく、この曲を聴くといつも涙が出る。
    どうしても、どうしても、大好きな曲。
    どうしても、この曲を1番よく聴いて、1番よくギターで歌った頃の私が、かえってきてしまう…。

    風花は、湿度の高い福井ではあまり見ないものですが、
    それでも、あまりにも気温が低い時に、道の上を粉雪が舞うことがあります。
    湿度は、福井に生まれ住んで、
    嫌になるほど経験している私には、嫌なだけのものでしたが、
    思えば、思いやりとか温かみに通じるところもあるのかもしれません…。

    夕暮れに、教会の鐘が遠く聞こえる中、
    風花が舞うほどの乾いた寒さの中、
    残されて、それでも踵を返して歩いてゆくのに、
    どれくらいの強さが必要なのでしょうか…。

    ああ、とにかく、今日は、きちんとまとまりそうにはありません。
    晩鐘、どうしても好きな曲です。
    ずっと長い間、聴かない日々が続いていた。
    やっぱり、この曲で涙する日が来るとは思わなかった。
    あの頃の純粋さは今の私になくとも、
    少なくとも、失くなったと考える時間を持てただけでも、よかった。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                      晩鐘 → 
    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | さだまさし | 22:18 | comments(10) | trackbacks(1) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 22:18 | - | - |- pookmark
        茶犬さんこんばんは〜♪

         疲れたままタラタラとコメントを書いて呆れられてしまいますね。

         ブログが明るく活き活きしていて、とても嬉しいです。
        音楽はとても好きだけれど、最近は余裕も無くて車に乗っていても無音です。

         パラは今まで、最悪な状態ながら自覚症状の薄かった部位に痛みが強く出てきて、朝は体中痛くて、鬱っぽい目覚めになり勝ちで、自分で薬を飲んで抑制しています。
         未だ軽症なのですね。

         拘るパラで、バルバラの島を考える時が幸せに思えます。
        そういうところで、ブログ書いているようです。
        疲労があまりに大きいので、茶犬さんだけ訪問させて頂きました。

         おやすみなさい♪

        | パラ | 2008/11/24 12:07 AM |
        今の時期にピッタリの曲じゃぁないですか。
        さださんは
        やっぱり詩人だなぁ☆
        風花が舞うっていうことは「乾いた寒さ」ってことなんですか。
        雪が滅多に降らないところにいるので知りませんでした。
        「乾いた寒さ」
        これもいい表現だなぁ。。
        よぴちさんも詩人だね〜☆
        曲をきいて涙がとまらなくなる・・得意だ!
        それまでは
        せつなさはわかっているけど泣くまでは・・っていうものが
        ある日
        どうしようもなく泣けてしまう歌になってたりすることもあります。
        うんうん
        若い頃のような純粋さはないとしても
        曲で泣けるような自分を自分でホメたい!・・なんちゃて。。
        | ありんこbatan | 2008/11/24 4:41 AM |

        パラさん
        なかなかブログにコメントが書けずにいますが…。
        急激に寒くなってきて、「痛み」を持つ者にとっては厳しい季節ですね。
        どうぞ暖かくして、少しでも痛みが和らぎますように…。
        自分の気持ちの状態がいいところでブログを書く、ブログを書くことで自分をそこに持っていく、ブログには両方のアプローチがあるのかもしれません。
        | よぴち | 2008/11/24 12:18 PM |

        ありんこさん
        >若い頃のような純粋さはないとしても
         曲で泣けるような自分を自分でホメたい!・・なんちゃ  て。。
        ......................................................
        そう!まさに、そうなんです。
        なくなっちゃってるけど、自分が「失くした」ことにさえ気づかずにいるのはもっと悲しい。
        なんか、30歳を過ぎた頃から妙に涙腺がもろくなっちゃって、人と話してるときでさえ危ないことがしばしば。
        別に悲しい悲しくないとは関係なく。多分、感情が高ぶってくると。
        悲しいのも嬉しいのも腹が立つのもおかしいのも、根本でひとつに繋がってることを実感している今日この頃です。
        | よぴち | 2008/11/24 12:21 PM |
         
        「晩鐘」はさだまさしさんの粋を集めた作品だと痛感します。ある意味最高傑作かもしれないと僕などは思います。圧倒されますね。
        この曲を初めて聴いてからどれくらい経ったか。歳を重ねるにつれ、対峙する姿勢もまた変わってきますね。今は「哀れ蚊」と呼ばれてもいいから、潔くなくてもいいからしぶとく生きていきたいと思う心が勝ってきています。未練たらしくてもいいから散りそびれたい。でもそのためには、よぴちさんのおっしゃるように「どれくらいの強さが必要」なのでしょうか。そう思い当たると、涙腺が緩む気持ちもまたわかってくるのです。胸が締め付けられますね。
         
        | 凛太郎 | 2008/11/24 4:21 PM |

        凛太郎さん
        この曲の中の男性は、彼女が痛々しくて言葉をさえぎっている。たぶん、私も遮るような気がしますが、それは、相手への思いやりよりも自分を守るため。その意味で、この男性は充分に強い気がします。
        凛太郎さんが、哀れ蚊と呼ばれてもいい、未練たらしくてもいいから散りそびれたいと思うのも、ある意味強くなったからでしょう。
        ただ、人の弱さを実感をもって理解する経験が少しずつ積まれるにつれ、涙腺が弱くなっちゃうんでしょうね…。これは、私の場合、もうセルフコントロール不可能です(痛)。
        | よぴち | 2008/11/24 9:48 PM |
        あのさ、
        前回は12月なのにサイレント・イブでOKなのに、
        この曲はどーしても11月でないとだめなの。
        うーむ。B型かな。

        自分がコントロール不能になるのはね、
        日本酒3合+「ハナミズキ」です。
        しらふでは、さすがにね。
        さださんの「桃花源」でも泣いたことがあったなぁ。

        よぴっちゃんの次に泣き虫のあさがおでした。
        | あさがお | 2008/11/25 1:36 AM |

        あさがおさん
        ま、正直言って、私の中でサイレント・イヴと、晩鐘との間には思い入れに大きな違いがあるのは事実です。
        だから、サイレント・イヴにはあんまりこだわりないのですが、晩鐘はやっぱり、晩秋じゃないとダメで、12月と言うと、福井の場合、もう、「初冬」なんですね(笑)。
        そうですか、あさがおさん、日本酒にハナミズキで泣けちゃいますか。
        悲しいわけではないのに涙が出る。いわゆる心が動く、感動して涙が出る。
        心の動きに対してのブレーキを、お酒というのは緩ませるようで。私も、飲んでギター、という時に泣きながら弾くことが多いです。
        | よぴち | 2008/11/25 11:55 PM |
        久しぶりに福井のさだまさしのコンサート行きました。
        外は冷たい雨

        メニューは定番の16曲でしたが

        晩鐘の歌が頭をぐるぐる

        詩ってほしかったなぁ
        | コナン | 2011/11/26 10:57 AM |

        ...................................................................................
        コナンさん

        コメントありがとうございます。
        福井の…とおっしゃるということは、福井の方なのでしょうか…。
        「晩鐘」を好きな方が、同じ福井におられて、このブログを通じて触れることが出来たこと、とてもうれしく思います。

        11月25日は、他の予定が重なって、コンサートに行くことは出来ませんでしたが、きっと、素敵な時間を過ごされたのでしょうね…。

        そうですか、「晩鐘」は歌わなかったか…。
        まぁ、どちらかというと、コンサートでウケる曲ではないかも…(^_^;)

        私にとって、さださんの曲は、大勢の中で一体感を感じながら聴くというより、ひとりで静かに聴きたいものなのかもしれません。

        さださんの曲ばかり とりあげるわけではありませんが、よろしければまた是非、お越しください。

        | よぴち | 2011/11/27 3:30 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/175
        さだまさし 償い 歌詞
        紅白厳選26対戦、初陣14組で常連組は落選 日刊スポーツ対戦数の少なさは常連と言われる、さだまさし、谷村新司、香西かおりらのほか、グループとしては10年連続して出場していたモーニング娘。も姿を消した。番組関係者は「限りある枠だ。今年の活動を総合的に判断し
        | 気になるニュースについて記事にするブログ | 2008/11/26 2:50 PM |