◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 晩鐘:さだまさし | main | 海を見つめて:松山千春 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  私の青空:高田渡  ○●○
    石1年を振り返るようなTVの歌番組が増えてきました。
    いよいよ、年の瀬が迫ってきたんだなぁと感じざるを得ないこの頃。
    ただ、昔はせいぜい12月の半ばも過ぎなければ、この手の番組はなかったように思います。最近は、なんでそんなに急いでいるんだろう。

    子供の頃、年の瀬は1年のうちで最も嫌いな時期でした。
    父が博打で負けた借金や、酒屋のツケの催促など、借金取りが多く来るようになって、
    たいてい、父はその頃になると家に帰らなくなって、
    母が怒っていたり、箪笥に隠れて泣いていたりして、
    子供の私にはどうすることもできず、
    とても嫌な時期でした。
    ただ、「早く私も自立して、稼ぐようになるんだ、そうすればお母さんを助けてあげるからね」と、心の中で思うのみ。早く高校を卒業して、働き始めることが私の当面の目標でした。
    ところが、高校3年の就職の時期になって、母は大学に行ってほしいという。
    借金をしてでも大学に行かせたい、と。
    「借金って、大学なんて国立大でも、3万や5万で行ける所じゃないし、それが4年も続くのに、この人はわかっているのかなぁ…」と思ったけれど、母は行かせると言ってきかない。しかも、どうせ地元しか無理。私が魅力を感じるような学部は地元大にはなかった。
    そうこうしているうちに就職シーズンは過ぎ、私は大学に行かざるを得なくなった。
    最初の入学金だけ、母は母の弟である叔父さんに借りて出してくれたけれど、
    その後は目処がつかず。
    幸いにも、授業料免除というシステムがあったので、私はそれでどうにか卒業した。

    でも、何とか今、明日食べるものにも困ったあの生活からは抜け出している。
    学歴なんて、といいつつも、この日本社会に根付いている学歴文化に、ひとりで立ち向かう勇気も力もなく。
    大学を出たら何だっていうの、と、何も知らなかった私は思っていたけれど、
    私を大学に仕向けてくれた母には感謝しています。

    そんな、ビンボーな我が家は当然借家で、お風呂もなく、6畳の部屋が2つあっただけでしたが、母はいつも、私たちが食卓について、その日のおかずに多少の不平を言ったりすると必ずこの「私の青空」を口ずさんで笑っていました。

    音楽的に好きだとか、この曲に関する歴史がどうだとか、
    そんな云々の前に、ただ、この曲は、私の中で永遠なのです。
    イルカさんもこの曲を歌い、最近TVに出る時など特によく選曲されるようですが、
    今日は、私の好きな高田渡さんのヴァージョンをお届けします。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                    私の青空 → 
    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 高田渡 | 21:49 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 21:49 | - | - |- pookmark

        MY BLUE HEAVEN
        久しぶりにと言っちゃ申し訳ありませんが
        いい歌を聴きました
        渡るの「石」これもいいアルバムですね!
        「私は私よ」も大好きです!!

        よぴちさん
        悪い人ですあなたは
        年寄りを泣かせないで下さい
        あなたの境遇のことでじゃないよ
        key-san自分のことを
        思い出したんです!!

        ♪狭いながらも 楽しい我が家
        ♪愛の日陰の 射すところ
        ♪恋しい 家こそ
        ♪私の青空

        ♪ラ・ラ・ラ・ラン
        ♪ラ・ラ・ラ・ラン

        | key-san | 2008/11/27 10:21 PM |

        Key-san
        私の同級ともなると、少しは日本も高度経済成長の波に乗ってきて、うちほどビンボーな家は少なかったですが、
        私より少し上の世代では、ビンボーじゃない家の方が少ないくらい、大多数の庶民は、まだまだビンボーな生活でしたよね。
        中村ブンさんの「かあさんの下駄」が今、売れてるみたいですが、あの曲を聴いていても、私の少し上の世代は皆、ビンボーを経験しているように思えます。
        ある意味、幸せだったなぁと。大人になりたい、という希望とか、生きる目標とか、自然に持つことができたから。
        今の子は、お腹が空いてないんですね、逆に大人になってからのつらいとこばっか見せられて(私も子供に愚痴言ったりする)、全然、大人になんかなりたくないし、苦労してでも生きたいとも思わないんじゃないでしょうか。
        | よぴち | 2008/11/27 10:42 PM |
        素晴しいお母さまですね。
        これを歌って
        自分にも「元気を出せ!」って気合を入れてらしたんでしょうね。。
        それに比べて
        自分はノ〜テンキだったなぁ・・と、つくづく。
        なりたい職業のためでもなく
        絶対にこれが勉強したい!というテーマも定まらず
        当時は女子が四大を卒業したら就職なんてなかなか出来ない
        ってきいていたのに
        ただ何かを勉強したい
        なんて甘い考えで進学させてもらって
        結局4年間は
        とにかく必死で単位をとったら
        あとは
        おもしろオカシク過ごしてました。
        案の定
        就職活動はむなしく終わり・・なんとかコネでOLの真似事させてもらいましたが
        元々、人が要るような職場でないところに無理矢理もぐり込んだので
        ヒマをもてあまして居心地の悪かったこと。。
        それでも
        職員の給与にかかわる資料に目を通すような仕事がまわってきて
        自分の何十倍も忙しく働いてる中卒や高卒の人が
        自分より安い給料しか貰ってないことを知って
        学歴って、こういうことなんだ〜・・と実感★
        母は
        仕事に活きなくたって、生活に役立たなかったって
        何かは身についているんだから
        何も肩身が狭いなんて思うことはないよ
        って言ってましたが・・
        まぁとにかく
        希望通りの進学をさせてもらったことに
        改めて感謝します。。
        | ありんこbatan | 2008/11/28 5:30 AM |

        ありんこさん
        私も同じですよ…。「仕方なく来た」って言う思いで、4年間、バイトとバレーボールとバンドに明け暮れてました。
        4年になって卒論を書かなければならなくなり、その時ようやく、自分のやりたいことが見つかりました。
        ただ、当時地元大には大学院がなく、やっぱり家を出るとなるとお金が…。それで、とりあえず職について、自分で稼ぎながら、勉強したいことをもう1度やりなおしたのです。
        母だけでなく、茶犬やちん、いろんな人のお世話になりましたよ。そして、その割に今でも、自分の好きなことばっかやってます、、、。
        ま、ランラランララン♪ってことで(笑)。
        | よぴち | 2008/11/28 9:47 AM |
        同じです〜。
        うちも貧乏でしたぁ〜^^;
        父はあたしが2歳のとき、事故に遭い
        生きるか死ぬかの瀬戸際だったらしいです。
        何年も入院していましたので、母は夜勤でお金を稼ぎ、
        あたしに「今の時代、短大くらい出なきゃ」と
        進学を薦めました。
        今考えれば母はすごいな〜と思います。
        よぴちさんのお母様、素敵!
        困難を音楽で乗り越えようとしてたんだね!
        音楽のチカラってもの凄いものがあるからね。
        前向きな姿勢、尊敬します。^^
        | IKUKO | 2008/11/28 10:42 AM |
        6畳1間に親子5人

        少し経って4畳半が増えたけど

        何故か1番下の叔父や従姉妹もいたりして

        その代わりオラは同じアパートの

        ホステスさんとこで飯食ってたり

        そのヒモのチンピラ兄さんときゃばれぇ行ったり


        まあそんな感じ
        | chabo48 | 2008/11/28 10:07 PM |

        IKUKOさん
        だいたい、みんな結構ビンボーだったよね〜。
        私も、もうあと5つくらい上だったら、
        全然浮いてなかったと思うんだ…。
        たまたま、私の同級には、もう、学級費を持っていけないとか、みんなで揃えて買うものが買えないとかいう子がいなかったの。
        でも。ビンボー話って、結構飲んだ時のいいネタになったりする♪勿論、今が幸せな証拠だけど。
        | よぴち | 2008/11/28 10:30 PM |

        Chaboさん
        なんか、小説に出てきそうなシチュエーション。
        ちょっと、羨ましかったりする…。
        こういう子って、童貞喪失がプロとか年上のヒト相手だったりするんですよね。
        あ、過激発言?
        | よぴち | 2008/11/28 10:32 PM |
        いい話をありがとう、
        偉大なるお母様、ありがとう。
        音楽は心のオアシス
        | 長七 | 2008/11/29 12:14 AM |
        年上の人でしたよ

        ところが

        いまだプロしらず

        うふふ
        | chabo48 | 2008/11/30 2:24 AM |

        長七さん
        昨日、BSで和田アキ子さんのアポロシアターでの公演の特集をしていました。その時に、薬物中毒だった神父さんを救ったのはゴスペルだった、という話も出て、その後、アポロシアターで和田さんと、教会の人たちが一緒に歌っていた。
        やっぱり、音楽って、それこそ「脳」に働きかけるんですよ。
        | よぴち | 2008/11/30 10:33 AM |

        Chaboさん
        やっぱり、ね…(笑)。
        ま、こんなところでChaboさんの「経歴」および「潔白」を告白させてしまった私も罪だなぁ…。すみません(笑)。
        | よぴち | 2008/11/30 10:34 AM |
        この曲、遊佐未森さんバージョンでPCに入ってます。
        あちこちでカバーされるのは名曲のしるし?

        技巧派&ハイトーンの男性歌手が最近は多く、
        高田さんみたいな調子で歌われると、
        あったかいですね、、、。

        長くなりすぎそうなので、 貧乏ネタは、またこんど。
        | あさがお | 2008/12/01 1:00 PM |

        あさがおさん
        高田さんの、ひねりの利いた詞だとか、
        カントリーギターの響きだとか、
        …高田さんが今でも人気があって評価される理由はたくさんあると思いますが、私はやっぱり、1番に彼の朴訥とした歌い方が好きです。
        好き、というより、たまに、救われる。
        気をつけないと、すぐ生き急ぐ私だからなのかもしれません。
        | よぴち | 2008/12/01 8:26 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/176