◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 私の青空:高田渡 | main | 雪:中島みゆき >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  海を見つめて:松山千春  ○●○
    木枯しに抱かれて12月最初の日は、明るい陽差しが射す1日でした。
    でも、こんな風に陽の射す日中でも、思ったほど気温が上がらなかった。
    あぁ、着実に冬になっているんだなぁと、実感させられました。

    玄関に、クリスマスっぽいリースを作って取り付けました。
    全部、100均の材料。
    我が家は茶犬家が浄土宗、私の実家は浄土真宗と、完全なる仏教徒ですが、
    クリスマスには、ケーキを食べる。
    花まつりには何もなし。

    ちんも、一応「彼」が出来て、本当ならクリスマスって、恋人たちにとっては一大イベントなのでしょうが、あの彼では、なにも期待できません…。
    忙しい、という理由で、プレゼントどころか、会うことさえ、儘ならないでしょうね。
    まぁ、あせらずとも、ちんにはまだまだたくさん時間があるから(あるはずだから)、これから、うんと、ロマンティックな経験をしていけばいい、と思います。

    今日お届けする曲は、松山千春さんの「木枯しに抱かれて」というアルバムから。
    シングルカットされた「人生の空から」のB面です。
    このアルバムは、私が中3の秋にでたもので、どうしても、アルバムと、中3の思い出がリンクする。
    福井では、11月に、高校入試の大きな模試があるのですが(それはほとんど全員対象で各学校で受験します)、だいたい、その模試の結果で、みんな進路を絞るものだから、いやがおうにも、その模試が終わる頃には「受験モード」に入ってくる。
    お気楽な私は相変わらず楽しくやっていたかったのだけれど、
    さすがにクラスの中のテンションも上がってきて、
    休み時間に参考書や問題集を開く輩も出てきたりして…。

    そんな中、冬休み、年末に千春さんのライヴが放映された。
    ビデオなんてない時代でしたが、あの時の千春さんのMCのひとつひとつさえ、
    覚えてしまうくらいに没頭しました。

    どうしても、「木枯しに抱かれて」は、私の中では暗いイメージではありますが、
    だからこそ、大好きなアルバムです。
    最後、「悲しい時には」で締めくくられていて、この曲には何度も泣かされた。
    というより、泣きたい自分を支えてもらった。

    私的には、とても完成度の高いアルバムだと思っています。
    今日お届けする「海を見つめて」も、暗い曲ではありますが、
    今でも、ギターを弾きながら涙してしまう曲の1つです。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。

                                  海を見つめて → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 松山千春 | 20:20 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 20:20 | - | - |- pookmark
        この曲・・初めて聴きます。
        なんだか
        ドラマチックに情景がパ〜ッと広がるような
        いい曲ですね〜☆
        曲で思い出がよみがえる
        そんなとき
        本当に音楽の力ってスゴイんだな〜って思いますよね。
        そっか〜
        早いなぁ
        もうじきクリスマスだね〜☆
        恋人たちの季節ね〜♪
        この時期になると
        相手のいない人は焦るんだろうな〜
        冷静に考えると
        クリスマス・・だからどうした!
        ってことなんだけどね。
        ちんちゃんはカレとロマンチックに過ごせそうもないの?
        女の子としては・・つまんないよね〜★
        でも
        お相手がちゃんといるんだからいいじゃん!
        心が寄り添ってれば
        それが至上の幸せ〜♪             
        | ありんこbatan | 2008/12/02 4:59 AM |

        ありんこさん
        千春さんは、初めはギター1本でやってる感じがすごくありましたが、「季節の中で」、「人生の空から」のヒットあたりから、バンドを組んだ曲になって来ました。
        当時はそれが淋しくて、コンサートに行っても、途中から第2幕って感じでバンドが出てくると、すぐにでも帰って、第1部で千春さんがひいてたギターを弾こう!とさえ思うほどでした。
        この曲も、ギター1本でない分、少し壮大な感じですが、自宅で、ギター1本で歌うと、しみじみいい曲なんです。
        そしてまた、私自身も、「千春さんは変わってしまった」とこだわったあの頃の幼稚さを捨てて、曲自体をしみじみと懐かしく聴けるようになりました。
        | よぴち | 2008/12/02 2:30 PM |
        ちゅう3の今頃も

        麻雀三昧

        学校終わるとちゃりんこ4人乗り

        母子家庭のヨロヒコの家で

        晩飯まで食わしてもらって

        うちのチューガッコ馬鹿揃いだから

        まったくそんな雰囲気なかったよ


        んでもって

        オラは掃除の時間に講堂のぴあのいたずらして

        下級生女子の瞳に星を浮かべさせてた

        ってわけさ


        なんでここくると

        告白ばーじょんになるわけ?
        | chabo48 | 2008/12/02 10:17 PM |

        Chaboさん
        え〜っ!
        実は私も、「悲しい時には」の曲をピアノ伴奏して、「卒業生を送る会」の、卒業生からのお返しとして歌った(正確には、歌わせた?)思い出があるのだ…。
        別に、だから何?って感じですが。
        Chaboさんの「講堂のぴあの」で、思い出しちゃった…。
        いいじゃん、ここでどんどん告白して〜!
        | よぴち | 2008/12/02 10:21 PM |
        そうそう、大ホールでギター一本で
        聞かせる千春は偉大だったな
        このLPも下宿で聞いていたな、
        なんで、あんなの心が打たれる「歌」
        があって、いまはないのか、
        千春も、もう魂を金と交換したのか
        傲慢になったのか、どうか、わからない。
        一番にいえることは、「売れる」ための音楽をし出して
        ミーハー名人がさわいで、きずけば去るというかんじかな

        ぼくらもだいぶ変わったし、千春は本当はそのまま
        なんだろうか、
        清い恋心もかわるからな。。
        | 長七 | 2008/12/03 2:44 AM |
        ぶほほ^^
        chaboの兄貴のコメントに笑った!
        どんどん告白してー!(爆)

        よぴちさんにとってこのアルバムは
        中三の自分とリンクするんだねー。
        曲聴いてると、鮮明に当時が蘇るでしょう?
        不思議なもんだよねー。。。

        ところで千春は、具合が悪くて
        (心臓だっけ?)
        コンサートとかキャンセルしてたけど、
        今は体調大丈夫なのかしらん??
        | IKUKO | 2008/12/03 3:44 PM |

        長七さん
        千春さんが変わってしまったのかどうかは分からない。
        でも、どちらかと言えば変わってない方かも。
        変わって行った人たちは、売れ「続けた」のです。
        千春さんは、一時期、ピーク時ほど売れなかった時代があった、そして今もピーク時ほどではない。
        拓郎さんも、しかり。
        ところで、最後の「清い恋心もかわるからな。。」発言が非常に気になるのですが(笑)。
        | よぴち | 2008/12/03 4:24 PM |

        IKUKOさん
        でしょー?
        チャリンコ4人乗り、って、漕いでる人と、前に1人、後ろに2人?
        みんな、ここで告白してってくれたらいい。
        音楽が、みんなを「告白モード」にしてくれてるんなら、ホント、嬉しいです。
        | よぴち | 2008/12/03 4:27 PM |

        ♪ちいさな窓から見ーえる、このせかいがぼくのすーべて♪
        が好きなのですが、この「海を見つめて」も自己完結でいいなぁ。

        自分のPCには、まつやまさんの「私を見つめて」って曲が入っていて、ここの曲は「海を見つめて」でしょ。
        もう一つあると、「見つめて」三部作になるのだけれど・・・。
        まつやまさんの「再生」のカバーの中に「伝道」があったのでびっくりしてます。
        | あさがお | 2008/12/05 5:14 PM |

        あさがおさん
        「窓」…。これだけはヤバい。
        まさか、こんなところでつつかれるとは…。
        「窓」は、あまりにも暗過ぎて、当時はイマイチの印象だったのです。
        でも、「窓」にはちょっとした思い出があって、今は、私にとって特別な曲。残念ながら、とても悲しい思い出ですが…。
        「私を見つめて」、これも、私のギター弾き語りによく出てくる曲。ああ、ヤバい、ヤバい。
        ちなみに、やっぱ千春さんのルートには、岡林さんや加川さんが大きく存在しているようです。当然か。
        | よぴち | 2008/12/05 6:13 PM |
        今 動画で 松山千春 悲しい時には を 視聴しています
        アルバム 木枯らしに抱かれて の頃の映像かなぁ。(ロン毛時代)
        松山千春 悲しい時には で プログ検索中です。
        僕の涙を拾い集めたら 流星になるかなぁ?
        挫折も人はあるけれど 夢と希望を 忘れない
        この涙を 輝く未来に変える。
        いい歌ですね。私は 松山千春 を 33年ぐらい前から 聴いています。あの当時の 流行とか いろいろあるけれど 千春を 青春時代
        聴いていて よかったかなぁと 思います。
        タバコは 失敗だったかなぁ。マセた 少年だったかなぁ。
        音楽同好会(名前検討中 松山千春を語る会 悲しい時には 
        | オン ザ 村石太 | 2013/04/07 8:37 PM |

        ....................................................................................
        オン ザ 村石太さん

        ご訪問、そしてコメント、ありがとうございます。
        「悲しい時には」イイですね…。中学卒業の時、在校生に送る歌としてクラス全員で歌いました。私はヘタクソながらピアノ伴奏と、コーラスアレンジをさせて戴きました。

        それから30年以上過ぎて、ここ数年の間に、また無性に「悲しい時には」で泣けた時期がありました。
        私は、一時、千春さんや、他の、あの頃聴いた曲たちから離れた時期があったのは事実です。
        でも、今また、原点回帰している気がします。トレンドとか、音楽理論的にどうのこうのとか、そんなの関係なく、
        自分のこころに響いてくるものに素直でいたいと思っています。
        | よぴち | 2013/04/08 2:45 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/177