◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 海を見つめて:松山千春 | main | Can Anyone Ask For More:Ray Charles >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  雪:中島みゆき  ○●○
    臨月今日の福井は雪でした。まだ、上空の気温が真冬ほどは下がってないために、大きな「ぼた雪」が、とめどなく落ちて来て、あっという間に市街地の我が家周辺も2〜3cmの積雪。
    ちんの送迎の他は、一歩も外に出ずに過ごしました。

    昨日は久しぶりに、脚の大筋群の引きつり発作が出ました。
    小さな、部分的な引き攣りは毎日のちょっとした動作でもしょっちゅうですが、そこから広がって行くような引き攣りは、最近はあまりなくなってきていたのです。
    それだけに、すごくショックでした。ちんを迎えに行かなくてはならない時で、でも、一歩ももう、動けない。
    ちんは今、テスト期間で、お迎えが昼間だったので、明るいうちなのが幸いして、慌てて電話して歩いて帰ってきてもらいました。50分くらいかかってました。

    今日は、カイロやなんやまで使って、完全防備。
    朝、起きた時点では、まだ、一触即発の感があって不安でしたが、
    徐々に落ち着いてきました。
    油断は大敵ですが、少し、精神的に元気が出ました。

    今日お届けする曲は、この前の千春さんの「海を見つめて」よりさらに暗い曲です。
    アルバム「臨月」に収められています。この頃はまだ、みゆきさんの曲はいわゆる「初期」のカラー。私の中では、みゆきさんはずっと、このカラーでいます。

    この前、阿久悠さんが亡くなったばかりなのに、今度は遠藤実さん。
    本当に、「昭和」を象徴するような方々が次々に旅立たれ、
    いやがおうにも時代の移り変わりを実感せざるをえません。

    重松清さん原作、大林宣彦さん監督で、「その日のまえに」という映画ができたようですが、さよならする日がわかっていて、その日のまえに、みんなが納得できるような日々を過ごせるのは幸せな方ですね。
    この、「雪」の中の人は、少なくとも残された人は、一生、抱えて行かなくてはいけない思いがある。
    私も、白血病を発症した時に、ものすごく、このことを意識し始めました。
    今日、朝、フツーに別れたその瞬間が最後にならないとは限らないのです。
    だから、なるだけ、人と別れるときは、嫌な空気のままで別れることがないように、
    …と、冷静な時には思っているのですが、これがなかなか(汗)。

    福井の雪は、明日には一段落の予報。
    本格的な冬は、まだ少し、足踏みしてくれているようです。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。

                                       雪 → 
    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | 中島みゆき | 23:24 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 23:24 | - | - |- pookmark
        おはようございます!
        福井は積雪でしたか〜☆
        いよいよ冬・・ですね〜。。
        どこかに病気を持っているから最もツラい季節、とおっしゃる方は多いことと思います。
        よぴちさん、なりふりかまわずの防寒なさって下さいよ!
        実は今・・パソコンがいつものものではないので、曲が聴けません。。
        なので、鑑賞は後のお楽しみって〜ことにしといて・・
        「その日のまえに」
        読みました!
        あるページは繰り返し&繰り返し読み
        ここだけでもいいから読んでごらん!て、娘にススメたのですが・・読んだかどうだか。。
        >朝、フツーに別れたその瞬間が最後にならないとは限らないのです
        時々、思うことがあります。
        でもやっぱり、よぴちさんのように身につまされてはいないんだろうなぁ。。
        >人と別れるときは、嫌な空気のままで別れることがないように
        ありがとうございます。
        とても大事なことに気づかせていただきました!!
        常に心して生きていこうって思います。    
        本当に
        お身体、大切になさってください。      
        | ありんこbatan | 2008/12/07 3:59 AM |

        ありんこさん
        おはようございます!って、3:59分って、まだ夜ぢゃないですか。。。(笑)
        でも、これが最後の別れになるかも、って、その瞬間は忘れてしまうことばっかりなんです、私。
        朝、茶犬とちんを送りに出るのですが、たとえば前日、茶犬にムカつくことがあった時など、つい、「ハッキリと」顔に出してしまう。もちろん、無言。
        で、少し落ち着いてから、いろいろ思うんですよね…。
        いずれにせよ、あくまでも「自己満足」のため。
        どこまで自分を愛してるんや、っての(笑)!
        | よぴち | 2008/12/07 12:26 PM |
        そうですよねー。
        最後の別れになるかもしれない別れを
        笑顔で、というのは大事ですよねー。
        あたしも心がけなくちゃ。
        。。。といいつつ、人間できてないからなー、あたし。
        ははは^^;

        昭和の歌謡曲の大御所が
        どんどん旅立たれていきますね。
        あたしたち世代にとっては
        ひときわ寂しいものがありますね。。。
        | IKUKO | 2008/12/07 2:30 PM |

        くらくないってばさ。
        たしかに、しあわせな歌詞ではないけれど。
        「さつばつ」でもないし、
        「ぜつぼう」でもないし、
        「なげやり」でもないし、

        このうたは、おわかれというか、おみおくりというか・・、
        れくいえむでしょ。。
        死んだ人をまえに、たちすくんでしまわずに、
        こちらがわでふんばっている人のうただもの。

        じかんはかかっても、
        かならず冬は終わるとしんじているから、
        うたえるうたなんだな。

        風のガーデンをこないだはじめてみたのですが、
        まつやまさんも、みゆきさんも、そうなんだけれど、
        北の大地に生きるひとには、
        負けっぱなしをゆるせない、強い気持ちがあるみたい。


        「北国の春」って、「こころのあたたかさは、さむさなんかにまけないんだよ」と、きこえてきます。

        河あきらセンセの「木枯らし泣いた朝」というまんがを、思い出します。
        | あさがお | 2008/12/07 3:56 PM |

        IKUKOさん
        >あたしたち世代にとっては
         ひときわ寂しいものがありますね。。。
        ..............................................
        でしょう?でしょう、、、、?
        ちょっと前まで、ちょうど自分たち世代が世の中の中心になって来たな、感があったんです。
        でも、そろそろ、終わってきてるな、って思わずにいられない今日この頃、、、。
        ま、いつでも、自分なりの楽しみを見つけて楽しくやっていけばいいんだけど。
        最近、中高年が、なぜ流行にとらわれないか、とか、中高年がなぜ、若い世代とは違うところで、すごく楽しそうなのか、とか、若い頃に、中高年がなぜ強いと感じたのか、などが分かってきた気がしてます。
        | よぴち | 2008/12/07 4:03 PM |

        あさがおさん
        あ、また、ツボを突かれた。
        「風のガーデン」。
        ちょっと、ここでは語れない。

        1回死んでみて、また還って来た人がいないから、
        ホントのところは誰にもわからないんだけど、
        私はたぶん、辛いのはいつも「こちら側で踏ん張ってる人」の方だと思っています。
        あ、これって、自殺を考えてる人への自殺助長につながっちゃうのかな。そういう意味では決してなくて。
        「別れの辛さ」は、こちら側の人だけが感じるもの、というか…。うまく言えないけど、きっと、旅立つ人は別れてないって言うか…。う〜ん。行き詰った。
        | よぴち | 2008/12/07 4:09 PM |
        >私はたぶん、辛いのはいつも「こちら側で踏ん張ってる人」の方だと思っています。
        >あ、これって、自殺を考えてる人への自殺助長につながっちゃうのかな。そういう意味では決してなくて。
        -----あとにのこされる母親、友人、その他もろもろの無念の思い(踏ん張ってる気持ち)を、想像することができたなら、自殺するなんてことができるだろうか。いや、できない。
        ってことかな。
        -----あさがおはツボがわからないので、痛かったら事故申告してね。 ほほえみの気功士、あさがお
        | あさがお(ケンシロウ) | 2008/12/07 6:54 PM |
        平成も20年、
        いつしか、昭和はとおざかる、
        この時代はきっと、後世に残る時代だとおもう、
        遠藤さん、森昌子さんが泣いてましたね。

        福井の豪雪。昭和の時代によくありましたね、
        亡き友人がいつも、腰がいたいと、
        嘆いてました、雪かきで
        | 長七 | 2008/12/08 10:12 PM |

        長七さん
        はい、20年くらい前までは、毎年何回かは、一晩で1mくらい積もる、というのが当たり前でした。
        3月半ばまでは間違いなく、普通の平野部でも道路わきなんかに根雪があったし、毎日、雪かきをしなくていい日の方が少ない感じ。
        今は、ホントに降らなくなりました。あの頃に比べたら…。
        年に2〜3回、せいぜい40〜50cm。山間部はまた違いますが。
        除雪にかかる予算は要らなくなったと思うし、ま、個人的には雪は困るので(スキー場だけにして!)、いいのですが、地球環境的にはどうなのか、怖くなります。
        | よぴち | 2008/12/09 12:31 AM |

        固有名詞を使うと、
        すべて、よぴちゃんにレシーブされてしまう今日このごろ。
        ふ、ふ、ふ、固有名詞のないカキコミじゃー。

        でも、内容もない・・・。

        関東方面も12月の声を聞いてから、めっきり冷えてきました。
        雪に足をとられてすっころばないよう、お気をつけてください。

        (関東方面、12月、雪、足の4名詞のなかに、ツボがあるようなら・・・・
        ♪見た目以上 なみだぼろい よぴちがいる〜♪)

        | あさがお | 2008/12/12 12:03 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/178