◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 雪:中島みゆき | main | LADY:甲斐バンド >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Can Anyone Ask For More:Ray Charles  ○●○
    Ray Charles2ここのところ、いまひとつ体調も、精神状態も低調なよぴちです。
    こんな時は、ひとりきりが特にダメだ。
    考える時間がありすぎない方がいい。

    最近の「未曾有の不景気」、報道も躍起になって毎日暗いニュースばかり伝えています。茶犬の会社もご多分にもれず、景気はよくないわけでありまして。
    けれど、それとは反比例に、忙しさは増していく。
    帰りが遅くなってきたし、朝も、今までより30分早く出勤するようになりました。

    昨日も、何か大きな仕事が入っていたようで、茶犬は朝からテンパっていた。
    そりゃ、私なんかの仕事とは、重要性もなにも、大違いかもしれないけれど、
    とにかく私から見ると、茶犬は、何かミスが許されないような仕事の時はすごくテンパってしまう方。私も仕事の上で、そんな人を何人も見てきましたが、周りはちょっと困ったりします。
    そんな中、小さなことから、「離婚するしない」の会話に。
    わずか1分ほどのやりとり。
    私も、しまったと思いつつも、なんだか傷ついた。
    おそらく、向こうも…。

    付き合い始めてから26年。
    もう、小さなことが積もっているんですね、いいことも、悪いことも。
    いつ、「向こう側」へ転げ落ちてもおかしくないギリギリのところで、
    「積もっている物の中の、いい方向に作用するもの」たちに支えられて、立っている。ほとんどの夫婦がそうであるように…。

    ただでさえ、体調が悪く、それに曳かれて気分も落ち込みがちな私は、
    自分が今、治療が辛くても生きている意味は、「ちん」にしかないのか、
    茶犬にとっては、こんな間に合わない、高額な治療費だけ使う私は、
    いっそいない方が、いいのかもね、などと、ひねくれたことを考えたりしました(恥)。
    茶犬に対する不満は、大きく大きく存在していて、それが、こういうときにも出てしまうわけですが、それって、お互い様ですからね。

    でも、「大人になれよ、よぴち、たいていは、言葉の綾なんだから」
    「自分がいなくなったら困るだろう、と思っても、それは、生きている今のうちからわかっていてもらえなくてもいいことだ、いつかはいなくなる時が来るだろう、その時に、茶犬が茶犬の価値観で決めることなんだから。」
    …などと、一生懸命言い聞かせて、茶犬が帰宅する夜が来ました。

    案の定、茶犬は、気まずい雰囲気で帰宅した。
    朝、テンパってた原因になっていた仕事も、どうにか片付いたのでしょう、
    そうなると、帰って、私にどんなふうに接触したらいいか、気が重かったのでしょうね。
    ちょうど、ちんが年賀状を作るのを手伝っているところだったし、
    何事もなかったかのように、「はいおかえり」。
    茶犬は普段から、人の輪にすんなり入っていけないところがあるのですが、
    仕事で必要なものをちんに借りないといけない、ということもあって、
    それをきっかけに、私たちの輪の中に入って来ました。

    今日お届けする曲は、レイ・チャールズの定番中の定番、たくさんのミュージシャンたちがカバーしている曲です。
    ホントは、「慰謝料払ってでも離婚したい」のかどうか、知りたいところではあるけれど、”Can Anyone Ask For More?”

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。

                            Can Anyone Ask For More → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | Ray Charles | 18:15 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 18:15 | - | - |- pookmark
        慰謝料払えません!!!

        だから聞かないで!!!


        ほんま

        みぞうゆうのふけいきですわ
        | chabo48 | 2008/12/12 10:15 PM |

        Chaboさん
        ちなみに茶犬は、お金を払ってでも別れたい、なんて、言ってましたよ。
        でも、現実、難しいですよね。

        みぞうゆう、今年の流行語大賞でもよかったのに。
        | よぴち | 2008/12/12 11:01 PM |
        どこの夫婦でも・・と言ってしまうのは簡単で
        あくまでも想像の世界みたいなんだけど
        この歳になると
        深刻な実話として聞いてしまうようになりました。
        友人がいくら打ち明け話をしてくれてても
        やっぱり他人には言えない部分もあるだろうから
        めったな口ははさめない・・じっと聞いてるだけ・・ね。
        それぞれ
        いろんなことを抱えてるんですよね。
        それが
        何かのキッカケであっという間に崩れていく夫婦もある。。
        何を隠そう
        うちも随分前だけど「ヤバッ」っていう瞬間を感じました。
        ちょうど
        夫が研修で10日間ほど家を空ける直前だったので
        その研修期間に救われた・・んじゃないかな。。
        夫の忘れっぽさも役に立つもので
        あんまりひきづらない人・・演技かもしれないけど・・なんです。
        出勤前に何かギクシャクすることがあっても、帰ってくればケロリとしています。
        子どもがかなり緩和剤になってくれてることも否めないなぁ。。
        よぴちさんのところも
        ちんちゃんの存在が大きいでしょ?
        してみると
        定年後・・子どもたちも出て行って・・となった時がコワイ★
        そんな頃は別れるエネルギーなんて持っちゃいないだろうけど。。
        | ありんこbatan | 2008/12/13 5:16 AM |
        みんな、いろいろあるよね。
        うちも最近は夫が家に居ないよー。
        朝早くから夜遅くまで居ない。
        大変だな、と思いつつ
        「居てくれなきゃ困るんだよー。
        雪かきとかさー!」と思ったり。あはは^^
        「言葉のあや」って多々あるからさ、
        あまり気にしないほうがいいよー。
        | IKUKO | 2008/12/13 10:03 AM |

        ありんこさん
        うちなんて、ひとりっ子だからさ…。
        万一、ちんが県外の大学になんて行ったら、もうあと1年で2人きりになるわけ。
        その前に、茶犬が単身赴任、って可能性も大ですが。
        だけどホント、みんな、崖っぷちに立ってるんですよね。
        ただ、かろうじて立っているか、向こう側へ行くのか、それは、小さなきっかけで、ということも多いけれど、やっぱり実は大きな分かれ目なんだと思う。
        | よぴち | 2008/12/13 6:50 PM |

        IKUKOさん
        いない方が楽なところもあるけれど、ずっといないとなると困ったりするんですよね。
        今の私は体が不自由なので、特にそう。高い所のものを取るとか(蛍光灯の球を変えるとかさ)、重いものを運ぶとかさ…。あと、町内会の付き合い等。
        「この人と一緒にいたい」などという、甘い気持ちでいるご夫婦はそれでいいですが、結構世の中の夫婦は、「共同生活者」として、なくてはならないから一緒にいること、多いと思うなぁ…。
        | よぴち | 2008/12/13 6:54 PM |

        あー、あさがおは、この件に関しては・・・。
        まぁ、無力だなぁ。
        けっきょく、傍観者でしかないのである。

        うちの両親が、昔から年中ケンカしているので、
        場馴れの感はあるのですが・・・。
        あさがおんちの停戦は、最長で30時間しかつづかなかった。
        大学入試の10日くらい前に
        「なにかできることがあるか」ときくからね、
        「ケンカしないで静かにしてくれたらそれで充分」とこたえたけど、5時間後にはケンカしてたさ。
        40年もさわいでいるくせに、まだ離婚ができないって・・・・・。

        どうせケンカするなら、じかんがたっぷりあるときにしたほうがいいさ。最低6時間は確保したほうがいいですよ。
        とりあえず、途中中断して遺恨だらけなんてのが一番めんどうなので。まわりにあたりちらすパターンなんだな。
        うちのとうちゃんは、根性がないので、だいたい3時間くらいで、逃げ出すものだから白も黒もありゃしない。

        よその家庭もそうだけど、
        4時間も騒ぐと冷静になって、2時間で和平協定を構築する。かな。

        むかし、ドラマの中なんだけれど、
        喫茶店で、そういう話を淡々と進めるシーンがあったんだ。
        おおきな声をださずに、冷静に話し合う夫婦っていいよね。
        まわりが、気づかないくらいなのが。
        そんな両親だったら、大人ってえらいなぁと、おもえるでしょ。

        いやいや、未婚ものが出過ぎました。
        | あさがお | 2008/12/14 11:02 PM |

        あさがおさん
        ホントに話し合う時には、静かになるものではないでしょうか。
        尤も、我が家はいつも静かですが。
        夫婦に限らず、人間って、けたたましく罵りあう方が、仲良く見えてしまう。
        これって私だけかなぁ…。
        | よぴち | 2008/12/15 11:08 PM |
        喧嘩しないひとはおかしい。
        問題のないひとはいない。
        乗り越えて生きてこその「充実感」
        | 長七 | 2008/12/15 11:19 PM |

        長七さん
        そうですよね。
        でも、わかっていても、けんかした直後は後味は悪い…。
        ま、同じことを繰り返してしまう「愚かさ」が、また、人間のいいところかも。
        いつも完璧だったら、たぶん、もう、生きてく楽しみが全くなくなってしまう気がするんです。
        | よぴち | 2008/12/15 11:31 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/179