◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< Natural Woman : Aretha Franklin(アレサ・フランクリン) | main | プライド >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  サルビアの花:早川義夫  ○●○
    サルビアの花サルビアの花は、赤いものと思っていましたが、最近、お花屋さんやホームセンターなどでは青いのや白いのもありますね。私の中では、サルビアといえば暑い時期にさんさんと輝く太陽の陽を浴びながら、群生しているイメージなのですが。
    そして、真ん中の、あれは、どの部分なのか知りませんが、そこを引っ張ると根元に甘い蜜が入っていて、それをちょっと拝借する、という…。
    楽天でのお友達、小豆アライさんとは、いつも高田渡さんや岩井宏さんなど、フォーク(小豆さんは、どちらかというと日本のカントリーフォーク風の音楽を好むようです)の話や、寺山修司さんの世界とイメージが結びつく松倉如子さんなどの話をするのですが、最近、ライヴの話になりました。
    というのは、私も、つま恋のDVDを観るにつけ、「何をおいても行くべきだった…」と、後悔しきりなのですが、今回、リベンジ、ということで一生懸命入手した拓郎さんのコンサートは中止に。
    やっぱり、「何をおいても行くべきだった」とか、「何をおいてもあの時やるべきだった」ということは、あるんだ、と実感しているこの頃なのです。
    小豆さんも、高田さんといい、岩井さんといい、もう、この世にいないしね。
    私にとっては他にも、NSP天野さんとか、村下孝蔵さんとか、河島英五さんとか、結局1度も生でのライヴを観ないまま、逝っちゃったし…。
    私自身も、どうなるかわからないし…。この前、福井県三国町であったブルースライヴで加川良さんが、「ここで僕と一緒にライヴやった人って、もう2人も死んでる(ひとりは高田渡さんです)。今日の中にも危ない人いるのかなぁ」なんて笑ってましたが、ホント、世の中わからない。
    それがわかっていても、小豆さんは今、お子ちゃまが、まだお留守番できる年齢ではないし、私も、体の自由が利かず、そうそうどこへでも出かけられる状況ではありません。
    だから、小豆さんは子育て一段落するまで、「早川さんは現役やってて欲しい」って、言ってました。
    もちろん、私もそれを願うばかり。そして、私自身も、現役を続けていれることを祈るばかり。
    そんなわけで、今日は「サルビアの花」早川義夫ヴァージョン(70年代の匂いがプンプンしますよ!)と、同じ曲の甲斐よしひろさんのカヴァーヴァージョンをお届けします。
    甲斐さんのは、意外に知られていないみたいなので。

                           サルビアの花(早川義夫)→ 

                           サルビアの花(甲斐よしひろ)→ 

    0
      | 甲斐バンド | 12:45 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 12:45 | - | - |- pookmark
        なつかしい曲をありがとう。。しかも甲斐さんバージョンは初☆でした!
        よびちサンが聴いたのって・・何歳だったんですか?
        ワタスは中2で・・それがリアルタイムだったんではないかと・・。
        「もとまろ」っていうグループの歌ってるのがイイよって言われて・・レコード買ったのか借りたのか・・もう、忘却のかなた★です。
        その後10年経たないうちに「シュガー」の♪ウェディング・ベル を聴いて、同じ気持ちっぽいけど明るいな〜と思いました。
        ん〜、>何をおいてもあの時やるべきだった< ということはワタスににもイッパイいっぱい山ほど腐るホドあります!
        ありますけど・・過去を悔やんでもどぉしようもないので・・そんなコトがあってこその今だ(→あの時アレをしなかったからコレが出来たんだよね)とか、
        結果オーライだ(→やれる時にやっとけばヨカッタって気付いたもん)って、気持ちを切り替えることにしたら随分荷物が軽くなりました。
        ・・て言っても、何はともあれ自由な身体を持つ幸せ者&脳天気なので説得力ないんですけど・・★

        | ありんこbatan | 2007/11/02 2:47 PM |
        ずいぶんと出遅れたから知った時にはもう亡くなってはったりで。
        ”寺山修司さんの世界とイメージが結びつく松倉如子さん”ていうのは違いますね。
        松倉さんは渡さんの身近に居た人たちとよく一緒にやってはるし、いつか観に行きたいです。渡辺勝さんのピアノも生で聴きたい!
        夫が子守りして出かけさしてくれたらいけるねんけど、理解が得られず。近くて遠いライブハウス。
        去年夏、早川さんとHONZIさんの大阪ライブが金曜夜やったから夫に「早よ帰ってこれん?」聞いてはみたけどそんな先の予定わからんと、都合つけてくれることもなく...
        HONZIさんと一緒の早川さんを生で聴ける機会はあれが最後やったのね...
        | 小豆アライ | 2007/11/02 3:01 PM |

        ありんこさんへ
        いや、説得力ありますよ。だって、ありんこさん、ブログ見る限りではホントにそれ、実行してる感じがするもの。
        しょうがないんですよね、終わったことは。
        でも、終わる前に「また、いつでも出来る」程度に軽く考えるのはやめにしようと思います。
        「人生って、終わりが来るんだ」と思った時からやっと始まった感じの私。結局、テキトーに流れてきた今までの日々も私の人生ってことになるんだなぁ、今日も1日終わったら、それが積み重なって私の人生になるんだなぁ、という感じ。悪い意味じゃなく、自分で意思決定したものも、そうでないものも含めて、それが人生になるんだ、って思っています。
        私の場合、教科書的ないい子ちゃん人生が理想と思っていたので、そう思うことが、かえってすごく気が楽になったんですよ。あ〜、うまく言えないけど。すみません。
        | よぴち | 2007/11/02 3:56 PM |

        小豆さんへ
        そっかぁ、私、松倉さんというのは知らなくて、小豆さんが紹介してくれたYou Tubeがはじめてでした。
        そのときのイメージで、なんとなく私の中では寺山さんの世界と結びついたんだけど、松倉さん、高田さんとかとも一緒にやってるんですね。ぜひ一度、聴いてみたい。あの声と、高田さんの世界はどう融合するのか。
        私も小豆さんと同じで、リアルタイムで聴いたわけじゃないんですよ。早川さんとか、まあ、ジャックスなどの時代は私の中学生の頃にはもう一段落しちゃってた。
        ただ、小5のとき、田舎住まいの私が親と一緒に街へ買い物に出たとき、買ってもらった本が「これが君たちのフォークだ!」という本で、そこにURCメンバーのことなんかがびっしりと書かれていたんだよね。
        で、岡林さんの「友よ」が、私の最初にギターで弾けるようになった曲なんです(3つか4つしかコード使わないんです、あの曲)。
        | よぴち | 2007/11/02 4:07 PM |


        「サルビアの花」を初めて聴いたのは、早川義夫さんじゃなくて、なんと“もとまろ”女性3人グループが唄ったものでした。何故かシングル盤を買っていたんですね?
        それからもう一人カバーしているのが“金森幸介”です。この金森幸介さんがまたいいんだなあ〜。本当です!金森幸介さんを知ってますか?グループ「都会の村人」デビュー、「IMOバンド」そして今でもソロ活動をしているのです。

        | key-san | 2007/11/04 10:48 PM |

        Key-sanへ
        金森幸介さん…。音楽と名前は一致しないです…。
        やっぱりほんの少し、私はその辺の「フォーク」とは時代がずれていて、みんな後で追いかけて、という出会い方なので、順番も、実はつながっている人たち(URCでは、結構、いろんな人が入れ替わり立ち代り組んでたりするでしょう?)も、バラバラにしか知らないんですよね。追っかけようにもあの辺のフォークに関しては、以前は資料も少なかったし。今は、団塊世代の数の暴力で、なんだかブームになってきて、本やCDやテレビで取り上げられることなども増えましたが。
        私のリアルタイム青春はやっぱり70年代後半〜80年代。
        たった、5年ほどしか違わないのに、音楽は全く違ったものになっていった時代ですね。戦後、特に日米安保のあたりから、数年間で日本は猛スピードで変わって行ったのかもしれません。
        | よぴち | 2007/11/05 3:09 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/18