◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< Can Anyone Ask For More:Ray Charles | main | 白いクリスマス:JUN SKY WALKER(S) >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  LADY:甲斐バンド  ○●○
    甲斐バンドストーリーこの前の受診の際、腹部造影検査を受けるために、放射線部の建物で、自分の順番を待っていた時のことです。一組の老夫婦と、若い中国人女性と私の4人が、ベンチに座っていました。
    中国人女性は、ずっと携帯電話で何か話していて、老夫婦は夫婦同士で話をし、私はひとり黙って待っていた。
    よくある夫婦、そのままに、奥さまの方が話題を探しては喋り、ご主人は、あまり愛想なく返事をする程度。それでも、その場を持たせようと、奥さまは、何かを話すように努めていた。
    少なくとも、私たち夫婦は、いつもそんな感じ。
    その挙句に、私の言葉の何かが茶犬の逆鱗に触れ、雰囲気まる壊れ、
    「何のために一生懸命話したのか」と、後悔するのがオチなのが常です。

    この老夫婦も、いつもこんな感じなんだろうな、でも、二人して検査に来るということは人間ドックかな、夫婦でドックに来るなんて、こんな穏やかな老夫婦に自分もなりたいものだなぁ、などと考えながら、私は順番を待っていました。

    しばらくして、老夫婦のご主人の方が呼ばれ、その場に奥様だけが残りました。
    すると、その奥さまが、初めて私に話しかけてきました。
    よくは覚えていませんが、おそらく、どこか悪いのか?くらいのことだったと思う。
    私は、いつも自分の病気のことを訊かれると、少し戸惑ってしまいます。
    フツーの人に言い放つには、たぶん、重い病名だろうな、と深読みしてしまって…。
    それで、いつものように、「ちょっと血液が悪いので」くらいに返したように思います。

    話をしていくうちに、ご主人が肺がんで、余命3か月と診断され、
    それから何とか1年生きていることが分かりました。
    私も、話していくうちに誤魔化せなくなって、白血病で、もう14年患っていると話すと、その奥さまは、「ごめんね、私の娘もちょうどあなたくらいの齢だから、
     自分の娘が、こんなに頑張っているのかと思うと…。かわいそうで…。
     この頃、涙もろくなってしまって、すぐに涙が出るの」
    と、おもむろに涙を流し始めました。

    泣かれると、いいですね、私はなんだか逆に、泣く気分でなくなった。
    「私も、1日1日と思いながら、今日まで来ましたから、
     ご主人もきっと、気持ちの持ちようでまだまだ何とかなりますよ。
     人の寿命って、わからないですもんね」
    などと、励まし側にさえ、まわることができた。

    ホントは、毎日24時間、たぶん眠っている間さえ、不安でいっぱいの時間を過ごしている。夢の中でさえ、不安でいる。
    でも、大切な人たちの前では、逆にその不安は出せない。
    大切な人たちは、いつも幸せでいてほしい。だから、自分の不安を分けるのは嫌だ。

    小さい時から、兄弟の中でも、体が丈夫で男勝りな「しっかりした子」ということで、
    いつも家族のしりぬぐい役、相談役だったし、そのカラーは今更変えられない。
    ましてや茶犬やちんは、自分が属している社会集団の中で、十分に疲れて、
    大変な思いをしているのに、家庭くらいは楽しくくつろげる場であってほしい。

    それでも、私はホントは滅茶苦茶ビビり屋なんだな、と、病気になってしみじみ思います。何をするにもビビり屋で、キャパ小さい、小さい。
    あの奥さまに、「かわいそうに」と、泣かれたことで、なんだか救われた気がしたんだと思う。

    頑張ってるね、とか、そんな褒め言葉を言われるよりも、
    かわいそうだと同情される方が、かえって納得できるんですね、今の私は。
    そうすれば、たぶん、自分で答えを見つけようとする。
    結局は自分で答えを見つけて、また次の瞬間から「頑張ら」なければいけないのです。
    一瞬でも、自分のつらい気持ちを共有してもらえるのが、たぶん、今の私の1番の救い。

    何をしてくれる、
    どんなものを買ってあげる、どんな保証をしてあげる、
    …ホントに落ち込んでいる時は、そんなものがなくても、
    自分の辛さを共有してもらえることが大切なんだなと実感した出来事でした。
    今日は、愛する人への思いをひたすらに歌った、
    たぶん、こんな詞は若い頃にしか書けないなと思うほどに、ひたすらな思いを叫んでいる、甲斐さんの曲をお届けします。
    明日は、甲斐バンドのラストツアーに行く予定です。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                       LADY →

    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | 甲斐バンド | 18:25 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 18:25 | - | - |- pookmark
        朝から泣かせないで〜。。
        病気を持ってる人が抱えてる苦悩(←こんな言葉じゃない気がするけどほかに浮かばないのでごめんなさい)
        自分にはちっとも見えてないんだなぁ・・って思いました。
        家族の前では出せないことも
        ここでならかまわないでしょ?
        ため込んでいたら重くなっちゃうから書けばいいよ。。
        その奥様も
        誰かに話して少し軽くしたかったんじゃないかな。。
        辛さを共有してもらえること
        そう
        同じニオイがする人を求めている時って確かにあります。。
        甲斐バンドのラストツアーかぁ
        楽しんできてね!       
        | ありんこbatan | 2008/12/17 5:55 AM |

        ありんこさん
        やっぱ、でも、暗いこと書くと、みんな引くだろうな、とか、私だったら読んでて嫌になるかなとか、思っちゃう。
        私も、発病当初は、まだ、元気があったし、精神的にも「希望を持って」って、比較的、奮い立っていたんです。
        私の精神状態は、強いて言うなら、テロ集団に軟禁され続けてる感じかなぁ。さすがに14年も続くと、体も弱ってくるし、それに従って、最初のころ持ってた「希望」も、ちょっと力を弱めてきます。最初の頃の予定では、今、生きていたとしたら、もうそこそこ治って元気に生きてた予定だったし(笑)。結局これから生き続けたとしても、良くてこの状態、下手するともっと悪い状態で?…なんて考えると、ね…。
        ま、生きてるだけで丸儲け、なんですが。なんで、この言葉をすぐに忘れてしまうんだろ。ありんこさんのおかげで久しぶりに思い出したわ。ありがとうございます。
        | よぴち | 2008/12/17 10:34 AM |
        よぴよぴ

        つきつめると

        いきるもしぬもなんのこんきょもねぇ

        そこからしかはじまらねぇ

        ちみはすたぁときってるじゃねぇか
        | chabo48 | 2008/12/18 12:26 AM |
        人間は生きている実感というものが
        切羽詰らないと、わからない。
        僕も理解していない、
        でも、よびちさんは14年間も理解されている
        というか、かみしめている。
        すごいことだとおもう、

        | 長七 | 2008/12/18 9:05 PM |

        Chaboさん
        そうなんだ、もう1回新しく生きてると思えばいいんだ。
        でも、どうしても、「前の自分」が、本当には消えなくて困ってる。比べてしまう。
        前の自分とも、他の多くの同じような年齢の人とも。
        修行が足りないのかなぁ…。
        | よぴち | 2008/12/19 12:26 AM |

        長七さん
        私も全く実感してなかったですよ、14年前までは。
        まだ、自分の人生は本当には始まってないような、いくらでも今から変えられるような気さえしてたのです。
        そしたら、いきなり、「始まってるどころか、もうすぐ終わるよ」って言われた感じで、「え〜っ!どうしよう、じゃ、今までのうちにこうすりゃよかった、あれもああしとけばよかった…」みたいな。
        1番驚いたのは、案外、やり残したと思うことがなかったこと。いい妻といい母だけやってない、と、それだけが、残ったんです。
        | よぴち | 2008/12/19 12:30 AM |
        病室のふたり・・・つながり

        父が入院しているが、内視鏡手術は1時間ほどで無事に終了し、経過の確認中ですがとくに心配はありません。
        さて、なにかと手のかかる父が年内いっぱいを入院するということで、内心、安らかなものを感じていたが甘かった。

        深夜になると、30分毎にナースコールを鳴らして「家に帰るからタクシー呼べ」を繰り返してみたり、
        「となりの人のイビキがうるさいから、静かにさせろ」と怒鳴り散らしたり・・・。
        病院から緊急呼び出しがあり、「家族の付き添い」と「入院期間の短縮」を相談してきました。

        で、昨晩は、母と自分が病院に泊まることに。
        勝手に点滴などの器具を外そうとするので、24時間の看視体制。4時間交代で仮眠。
        病室でも、険悪な雰囲気でいいあう父と母。
        とりあえず、二人部屋のもう一人の患者さんを他の病室に移動されて、なにかと病院さんのご厚意により、治療を続けてます。

        静かなご夫婦。
        なにやら、この世のものとは思えない神々しいものを感じます。
        「静かでいいな」ってのは、谷山浩子さんのアルバムタイトルでした。
        | あさがお | 2008/12/19 7:10 PM |

        あさがおさん
        私も、職業柄、たくさんのご高齢の方々を見てきましたが、ものすごく多いですよ、そういうヒト。
        お財布の中には電話代くらいしか入ってないのに、タクシーを呼んでくれとか、夜中に「帰るから家族を呼べ」とか叫ぶ人。こんな所に入れて!と怒りだす人など、もう、悲しくなってくるんですよね、見てると…。
        あさがおさんも、お疲れ様でございます。
        | よぴち | 2008/12/19 11:02 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/180