◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 転宅:さだまさし | main | ただお前がいい:小椋佳 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  襟裳岬:吉田拓郎  ○●○

    家へ帰ろう全国的に雪模様。
    福井も、日中は比較的落ち着いていましたが、夕方になって、降り方が強くなってきました。
    ちんを塾に送って行った頃は、風も強くて猛吹雪。思わず、道路を走る車のスピードも落ちていました。
    それでも、まだ、降ったりやんだり、ですから、大した積雪にはならないように思うのですが。これから1週間くらい続くみたいなので、最終的には、しばらく解けない雪が出来てくるでしょうね。

    いつから、こんなふうになったのか、自分でもわからないのですが、
    私は、本当の自分、というのを容易に他人に見せられなくなっています。
    社会の中で、そこそこ円滑に生きていくためには、誰もが少しはそうだと思うのですが…。
    いつも、「相手の出方次第」という、ずるさがある。
    どういうふうに「ずるい」のかというと、自分を守っているのです。
    相手をいい気持ちにさせたい、それで自分がいい人になりたい、
    結局は自分が傷つくのが嫌だから。

    そのうち、今では「じゃ、本当の自分、ってどうなのよ」という気さえしてる。
    そもそも、自分の中に、確固たる尺度が存在していない気さえする。

    これまで、いろんなこと言いたい放題してきたこのブログで、
    いきなりこんなことを書かれても、
    「え〜っ!十分いつも自己主張してるじゃん!」って、驚かれると思いますが(笑)。
    ま、「厚かましい」人間だということですね(笑)。

    今日お届けする、「襟裳岬」、
    H屬硫了譴とても好きです。
    「気遣いをしない、あっけらかんとした人間」っぽく振舞って、
    疲れるほどに気を遣った後に、いつも、この曲を思い出します。

      日々の暮らしはいやでもやってくるけど
      静かに笑ってしまおう
      いじけることだけが生きることだと
      かいならしすぎたので
      身構えながら話すなんて ああ 憶病なんだよね

    今日は冷え込むと聞いたので、夕食はおでんにしました。
    冷え込んだ日は、「暖炉」という言葉だけで、この曲を連想してしまう。
    また、食べすぎてつらいです…。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                                    襟裳岬 → 

    0
      | 吉田拓郎 | 21:59 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 21:59 | - | - |- pookmark
        襟裳岬なら拓郎さんバージョンだよね〜♪
        そう
        よぴちさんがあげてる箇所が、一番心にささる・・今も昔も。。
        本当の自分?
        う〜ん・・自分にはいろんな顔があってね
        どれもが本当の自分!
        って言えるようになったのは極最近。
        ある人との会話で・・
        どれが本当の私なんだろうね
        って言ったら
        どれもみんな本当のあなたなんだよ
        って返されて
        それであっさり納得しちゃったの。
        自分を
        のびのびと
        とても気持ちよく泳がせてくれる人、に言われたから
        全然ツッコミを入れる気にならなかった。
        相手の出方次第というのは
        今も昔もありあり。。
        ついつい相手に合わせて嫌われないようにしてる。
        そうだね・・結局は防衛手段なんだよね。。
        でも
        その方が生きやすいんだったら・・否定することもない・・かな。。
        以前は
        そんな人じゃないと思ってた
        そんなのあなたらしくない
        そう言われるのがイヤで
        この人の前ではこう振舞おうっていうパターンをいくつか持って
        頑張ってた時期もあったかもしれない。
        でも今は
        どれもこれも私!何わかってるつもりでいたの?
        って堂々と言える・・ただし心の中で (*゜ー゜)ゞ
        時々
        自分でもビックリするような自分を見ることがあるけど
        母親が不出来な我が子をあきれて見るような気分・・だな。。
        結局
        歳クッタっつ〜ことですかぁ?!
        いやはや
        今日も長くなっちまいました。。    
        | ありんこbatan | 2009/01/11 5:40 AM |
        誰も何もないない岬で

        風の音だけ聞いて暮らせば

        ほんともうそもない

        自分すらない


        ないないづくしの子守唄でございます
        | chabo48 | 2009/01/11 10:05 AM |
        誰しもそうかもねぇぇ。。。
        人間、自分が一番大切で守りたい存在だということを
        誰かが言ってたなぁ。
        「襟裳岬」といえば、
        最近TVで森進一さんの半生をやっていたけど
        壮絶なものでした〜〜。。。
        | IKUKO | 2009/01/11 3:28 PM |

        ありんこさん
        うん、そうなんです!
        いや、ありんこさんに、ぴったりの表現をしてもらった感じ。相手によって「この人ヴァージョン」がある。でも、完全に作られた自分かというと、そうでもない。
        少し前、特に「身構えながら」がひどい時期がありましたが、今は、少し開き直ってます。
        若い頃、「おばさんって強いな」と思ってた、そういう感じに自分も着実になって来ました(笑)。
        | よぴち | 2009/01/11 11:40 PM |

        Chaboさん
        ♪ないものねだりの子守唄〜
        って、全然意味違う曲が頭の中へヴィロテです。
        風の音だけ聞いて過ごすのは夢かもね…。
        でも、たぶん、その孤独に私は耐えかねて、やっぱり鬱陶しい人間社会に戻るんだろう…。
        | よぴち | 2009/01/11 11:42 PM |

        IKUKOさん
        そうだよね…。なんやかんや言っても自分が1番大切なんだ。他人を大切にすることも、その人の幸せが、自分を幸せにしてくれるからだもん、私の場合。
        森進一さんの番組、私もチラ見した。あの番組の中で、森さんがC型肝炎で副作用の強い薬で、って言ってたけど、森さんはそれを、1年間。私は同じ薬でもっと多い量を、15年だよ…。壮絶、っちゃあ壮絶かもしれないけど、TV演出もあるよね、結構みんな、それなりに壮絶な人生だったりする。長く生きてると(笑)。
        | よぴち | 2009/01/11 11:48 PM |
        茶犬さんこんばんは〜♪

         先日何気なく森進一のおふくろさんに纏わる番組を見ていたら、同じ様に3番の歌詞がよぎって涙がどうしても止まらなかったと言っていました。
         人の心をうつものは、やはり共通項があるのですね。



         
        | パラ | 2009/01/11 11:55 PM |

        パラさん
        そっか、あの番組でこの曲も紹介されたんですか…。
        人それぞれ、曲の中のほんの1フレーズでも、
        ぐっとこみあげるものを感じるものなのだと思いますが、
        つまりはそれだけ、みんな、生きてると、いろんな思いが積み重なってくるということなんでしょうね…。
        誰もみな、楽しいとか幸せなことばっかでは生きていない。
        いい意味で、「これでいい」、という満足感も、本当には持てず(言い聞かせるだけで)、常に、何かに向かって生きているのでしょう。そんな時に、曲の中の歌詞でもいいから、自分と共感し合えるものを見つけると、そこで救われたり、よし、やるぞ!って力になったりしますよね。
        | よぴち | 2009/01/12 12:21 PM |
        全国的に雪模様。

        うち、ぜんこくにはいってへん。
        ・・・・
        ほうしゃ冷却みたいです。
        やたらと冷え込むのですが、からからです。
        いつもなら、雪がほしいと叫ぶところですが、
        今年ゃ、派遣村さんとかのニュースもあり、
        すこしでもあたたかく、雨がすくなくと、祈るばかり。

        昨晩は、近所の居酒屋さんで「あらふぃー(around50)」の貸切があり、
        いつもはJAZZしかながさない大将が、
        拓郎さんをばんばん流してました。
        よぴっちゃんは、5歳分くらい耳年寄なんだな。
        | あさがお | 2009/01/12 9:00 PM |

        あさがおさん
        …あさがおさんも、確か私と1つくらいしか違わなかったですよね。
        あさがおさんは、4歳分くらい耳年寄なんだな(笑)。
        | よぴち | 2009/01/12 9:50 PM |
        ここまで見せる相手とか。
        何も見せてあげない相手とか。
        人によって見せる部分が違って当然ですよ。
        こんな事言うと誤解されるよなー、私でも誤解するよ、なんて事は言わないに限るし。分ってくれる相手にだけ言えばいいんですよね、きっと。
        防衛本能働くのも、いい事なんです。
        闘いたくもない相手の敵になる事はないもの。
        | iku | 2009/01/13 2:31 PM |

        ikuさん
        そうですね、戦いたくない相手の敵になる必要はない。
        たいてい、戦いたくないから時々ストレスだったりするんだけど。みんな、人間関係でストレス感じるときって、そうなんだろうな。
        分かってくれる相手、って、なかなかいないんだけど(家族だけはそうだと信じてる、それだけでも幸せな方ですね)、たま〜に、ある1点についてだけでもわかってもらえる人がいると、ホントにうれしくなってしまう。
        | よぴち | 2009/01/13 10:31 PM |
        あさがおは、よぴっちゃんより、かなり目上ですぜ。
        37年のとらどし。

        としはべつとして、
        あさがおは結婚式も、出産もしてないから、
        経験値的には、よぴっちゃんのが、うえなんだな。
        | あさがお | 2009/01/14 1:35 AM |

        傷つきたくもないし傷つけられたくもない、そして傷つけたくもない、だから相手の顔色も見るし出方も見る。これってずるいことなんかな、本当の自分はどこ行っちゃったのかな、と迷い苦しむ。
        こういう人を「ええかっこしい」だとして蔑む人が居ることも知っていますが、そういうのは思慮が浅いんじゃないんかなとも思ったりして。自分を見失う程気遣い悩んでいる人に対してね。
        僕は少なくとも、そういう葛藤や逡巡を知らない人とは望んで付き合いたくはないし、友達にはおそらくなれない(笑)。臆病と言われる人は、多分繊細なんです。その繊細さを知られたくないと思うのもまた、繊細な人にとっては自明のことなんですもん。そのくらい分かってやれよ。周りを気遣うことなく自分を前面に出して「これが人間らしい生き方だ」なんて言って省みない人たちよ(笑)。

        拓郎さん(つーか岡本おさみさん)は、臆病なんだよね、と歌いながら、その臆病な人たちに慈しみの思いがありますね。だから悲しみを暖炉で燃やしている人に対する目線は、あたたかい。黙りとおした歳月が何なのかを知っているからでしょう。
        寒い日はおでんが美味いですねー。燗酒もすすむみたいな(笑)。
        | 凛太郎 | 2009/01/14 10:57 PM |

        あさがおさん
        そりゃ、あさがおさんは出産は無理でしょうね。
        でもそれを言うなら私だって、男のあさがおさんなら当然経験済みの○○も××も経験してませんから(笑)!
        お互い様ですよ。
        | よぴち | 2009/01/15 11:16 PM |

        凛太郎さん
        悲しみって、本当に暖炉や美味しいもので燃えるように思いますね、私も。
        そういうふうに、天が作ってくれたのだと。

        うちは、1度おでんをすると、2〜3日続くんですよ。もちろん、他のおかずもするのですが。おでんも、新しい「種」を足しながら、続くんです。だんだん出汁がおいしくなってくので、もったいなくて。最後は「おじや」にまでします(笑)。
        | | 2009/01/15 11:20 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/185