◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 襟裳岬:吉田拓郎 | main | Knockin' on Heaven's Door : Bob Dylan >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  ただお前がいい:小椋佳  ○●○
    夕景正月に、幼馴染から電話がありました。私はいつものように年賀状を出したのですが、彼女は「今書いてるから!」って言う電話。
    彼女は京都に嫁ぎ、もう、長いこと会ってない。彼女のご主人は私の学生時代の先輩で、いつも実験で夜中や、下手するとオールナイトになる彼、コンビニもなかった時代、彼女はいつも、二人住まいの先輩の下宿へ、先輩とその同居人(同居人の先輩もまた、同様に実験で遅くなる人だった)の分と2人分の弁当を重箱に詰めては持って行っていたっけ。

    彼女は幼い時にお父様を亡くし、母子家庭で、3人姉妹だったけど、1番下の子は親戚に中学まで預かってもらってたほど、あまり経済的に恵まれた家の子ではなかった。
    お母さんは、お父さんが残した喫茶&スナックのお店を継いで、それで生計をまかなっていたので、学校から帰宅する頃にはいつもいない。
    お姉さんはもう高校生だったし、彼女はひとりの夜が淋しくて、いつも私に電話してきて、話しながら途中から返答がなくなって、「あ、もう寝たんだな」と、私が電話を切る、というのが常でした。
    私も、父が放蕩な人だったので、借金にまつわって夫婦げんかも絶えず、学校の集金も持っていけないような貧乏暮らしだったし、どこか似た者同士だったのかもしれない。
    亡くなった彼女のお父さんは、福井ではレコードも出していたような歌手だったので、彼女も、歌がとってもうまくて(正直、ドリカムの吉田さんとすごく似た歌声です)、私のギターと彼女の歌、いつも二人でハモってました。
    私が、中学校の時、ちょっとした「はずし」にあった時も、「あんな馬鹿な奴らなんか気にしなくていい」といって、唯一、私のそばにいてくれたのは彼女でした。

    久しぶりに話して、ホントに積もったいろんなこと話して…。
    切った後まで楽しかった。
    会う回数とか、話す時間の長さではないのです。
    私にとってやっぱり友達って呼べるのは彼女と、
    もうひとり、本当に幼い頃から近所で、銭湯もない田舎なのに風呂もない私が、
    時々「貰い湯」をして一緒にお風呂にまで入ってた、Aの二人だけ。
    Aとも、もうず〜っと会ってないし、電話もしていない。
    でも、何かあった時、頼みごとを出来るのはやっぱりAと彼女しかいないし、
    その二人の頼みごとならなんとしてでも協力する。

    電話を切った後、久しぶりにこの曲が歌いたくなって、もしかすると、私の今年のギター「初弾き」はこの曲だったかも…(←ほんの少し前のことなのにもう覚えてないのかよ!笑)。

    TVドラマ「俺たちの旅」で初めてこの曲を聴いた時から大好きだったのですが、小学生の私には「放物線」というのが分からなくて、中村雅俊さんが、なんと発音しているのか何回聞き返しても分かりませんでした。

    二人で石を投げながら、海や湖にでも行くことが今後もしあるとしたら、
    おそらくその時は、放物線の軌跡の上を、通り過ぎて来た青春のかけらが飛び跳ねることでしょう…。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします!


                                 ただお前がいい → 
    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | 小椋佳 | 23:04 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 23:04 | - | - |- pookmark
        あぁ〜
        この音のよさ〜〜〜〜
        感激です!
        これが入ってる小椋佳さんのテープ持ってるんです。
        でも・・随分聴いてない。。
        だって
        カセットデッキが次々ダメになるんです・・修理しても・・ダメ★
        どうやら
        カセットデッキ破壊の電磁波か何かが、ありんこ菌には含まれているようです。
        ま、それは置いといて。。
        小椋佳さんの作られた歌って
        誰が歌うよりも御本人!て気がするんですよね〜
        この曲もそうだな〜
        うんうん
        この曲の歌詞の中では
        「放物線」がやっぱりひっかかる・・もちろん、いい意味で!
        自然に
        目の前に放物線を描いてしまう。。
        是非、素晴しいお友だちと再会して・・石を投げてください!
        青春のひとときを
        思う存分よみがえらせて下さい。
        | ありんこbatan | 2009/01/16 5:54 AM |

        ありんこさん
        音を褒めてもらえると、とっても嬉しいです。
        完全に私は「ほめて伸ばす」タイプです(笑)!
        コメントが遅くなってすみません。
        このところの雪&氷点下の朝の影響で、実母が実家の前で転倒、頭を打って、幸い、脳内出血等、大事には至らなかったものの、脳しんとうで倒れ、未だめまい吐き気が取れない状態…。
        実母が倒れると、いろんな所にしわ寄せが来て、幼子を抱える妹に代わり、私は、ちょっと大変な毎日です。
        私を含め、みんなが実母に頼り過ぎていたことを反省するいい機会になりました(しかし、他のみんなは反省しているのか?)。
        | よぴち | 2009/01/17 10:10 AM |
        いい友達だね。
        放物線の奇跡のあと、
        なんて詩がよくかけたとおもう、
        小椋さんが夢で見た風景で、夢の中のこと
        をむりやり、テレビドラマの題名にひっつけ
        雅俊さんは歌詞も強引にかえたところがあるらしい、
        小椋バージョンはぜんぜんちがう。
        実母さん大事にしてください、頭はほんと、精密ですから

        よびちさんと、ぼくもどっかでつながっているんだと
        ふとおもいました。
        福井の友人の妹が福井銀行でまじめなこだった。
        | 長七 | 2009/01/17 9:59 PM |
        ごめんなさい。
        日記の内容より
        お母様の容態が気になって気になって。。。
        その後どうですか?
        脳震盪を軽く見てはいけないですものね。
        心配ですぅ。。。
        やはり妹さんより
        長女の よぴちさん なんですね。
        だいじぶ ですか?
        あまり「重いもの」を引き受けないようにね。
        妹さんとシェアしてください。
        あたしも「長女」なので色んなもの引き受けてますが
        妹が「脳梗塞」で具合が悪くなってからは
        シェアどころか全部引き受けてますがね。
        ははは。。。^^;
        お母様、早くよくなりますように。。。

        追伸
        先日の森進一さんのコメントについて。
        あたしが「壮絶だった」と言ったのは
        森さんの病気のことじゃなくて
        森さんのお母さんの自殺までの経緯です。
        言葉足らずでごめんなさいね。
        とっても理不尽なことで
        お亡くなりになったのだな
        と、思ったら「壮絶」という言葉を使ってしまいました。
        あまり使うべき言葉ではないですよね。
        反省です。。。

        | IKUKO | 2009/01/17 11:15 PM |
        次男です

        だのにだのに

        空に投げた石が

        落ちてきませんっ!!


        友達っていいよね
        | chabo48 | 2009/01/18 9:49 PM |

        長七さん
        え〜っ!長七さんの同級生の妹さんなら私とよく似た齢では…?
        もしかすると、知ってるかもね…。だって、福井ってホントに狭いんだもの。
        | よぴち | 2009/01/18 9:58 PM |

        IKUKOさん
        ご心配ありがとうございます。
        はい。ちょっと、お疲れ気味です。
        でも、おかげさまで少しずつ快方に向かっていて、明日は1日、私はゆっくりするつもり。
        襟裳岬のコメント、私もあの番組をよく見ていたわけでもなく、ほんの少しだけチラ見しただけだったので…。また別の番組で知ったのですが、ホント、あんな形でお母様を失うとは、皮肉なものですよね…、運命が悪意を持っていたずらしているかのような…。
        それよか、IKUKOさんこそ、妹さんまでもが脳梗塞では、なんだか大変そうです。無理しないように…。
        ただでさえ、同居でストレスもあるだろうに…。子供も私みたいにひとりではないし。
        やっぱり、人間生きていくと、いろんなことがあるなあと再認識。IKUKOさんの人生もなかなかですよ…。
        | よぴち | 2009/01/18 10:04 PM |

        Chaboさん
        そっか、Chaboさん、次男なんだ。狙い目だったんですね。
        ちなみに茶犬も次男ですよ(危うく「痔なんですよ」と変換してしまうところだった)。
        だのにだのに、空に投げた石が落ちてきません…。
        | よぴち | 2009/01/18 10:07 PM |

        菜っ葉のいろのコート
        「あおしま」よりもまさひこさんのが、先輩ですね。
        まさとしさんが刑事役をするときは、スーツだったけど・・。
        「踊る大走査線」のあの衣装って、
        「モラトリアムのまま刑事になった主人公」をあんじしていたのかなぁ。じぶんの同世代(アラ50)の人たちが、あちこちに、暗号をかくしているように思える今日この頃です。
        | あさがお | 2009/01/19 1:28 PM |
         
        お母様大変でしたね(汗)。大事に至らなかったことだけは幸いでしたが、雪の降る北陸はこういうことがしばしばおこってしまいます。
        昔、金沢に住んでいた頃、よく転びました。ツルツルの道を「きんかんなまなま」と土地の人は言っていましたね。多分加賀弁でしょう。スパイク付きの靴をまだ捨てずに置いてあるのですが、温暖化のご時世、こちらではもう履く機会はないかもしれません。

        若い頃の友達って、いくら齢重ねても変わらない何かがありますね。陳腐な言い方ですけれども「絆」なんてものは、その時代にしか形成し得ないものなのかとも思ってしまいます。あの頃は打算なんてものは無かった。
        人によって評価は違うと思いますが、僕は博堂さんやさとう宗さんと並んで、小椋佳さんの声が好きなんです。なので、小椋さんの曲を他の人が歌うと実に違和感がある。それは、抜群に歌唱力のあるひばりさんや布施さん、研ナオコさんでもそう感じてしまいます。でも雅俊さんなら許せるかな。それは、やっぱり「俺たちの旅」を観ていたからかも(笑)。あのTVドラマにも打算のない絆が描かれていましたね。
        | 凛太郎 | 2009/01/19 11:15 PM |

        あさがおさん
        「モラトリアム」という言葉には、痛い思い出があって、ちょっとドキッとしてしまう私。またもや、私のツボを突きましたね(笑)。
        モラトリアム、を、どれくらいの時間だと思うか…が、時代によって違ってきているのかもしれませんね。まるで、成人を何歳からとみなすか、に似たような。
        私など、いつまでも青臭くいたい、なんてさえ思ってるところがある。ということは、たぶん、大人って、そうじゃなくて、しかも今、自分は大人でなければならないと思ってるからなんだ。
        | よぴち | 2009/01/19 11:44 PM |

        凛太郎さん
        そう。学生時代の友達は、「今の自分の状況」を知らなくても、「自分」を知ってくれている。
        結局、一緒にいる時間は、たとえば職場の人間の方がず〜っと長かったりして、そういう人は、今の自分の状況はよく知っているから、そういう具体的な話をしたり、実際に飲みに行ったりすることは多いんだけれど、いかんせん私の場合、その人たちには「自分そのもの」は見せていない。そしてたぶん、向こうも。
        小椋さん、昨年夏に、ちょっとしたきっかけで、近く接する機会があって、目の前で見て、歌を聴いて、なんと、世界に1枚しかない、オリジナルの色紙まで書いていただいたんです。もう、感激でした…。
        | よぴち | 2009/01/19 11:49 PM |
        いつも、[俺たちの旅]は憧れの世界でしたね。これはエンディングで、散文が出る。それがいいんですよね。
        | 力道 | 2009/09/29 11:17 AM |
        力動さん
        うちの母親なんて、最後に出てくるあの4行詩を、ノートに書いておけ、とまで言いましたよ(笑)。
        TVでは雅俊さんのヴァージョンでしたが、小椋佳さんの、さらっとした感じも好きです。
        ちなみに夫の茶犬は、岡田奈々さん、今でもファンですね。多いんじゃないでしょうか、私たち世代で、今でも岡田奈々さんへの憧れを忘れられない人って(笑)。
        | よぴち | 2009/10/03 12:46 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/186