◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< ただお前がいい:小椋佳 | main | 身を捨ててこそ:長渕剛 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Knockin' on Heaven's Door : Bob Dylan  ○●○
    MTV Unplugged暦の上では「大寒」の今日。
    小節というのは、「昔の人は、うまいこと定めたものだなぁ」と思う日も、「暦の上では、でしょ」と思う日との2つしかありませんが、
    今日は、後者でした。
    福井は暖かく、冬には珍しく、天気予報が晴れマーク。
    穏やかな1日でした。

    福井県は、オタマジャクシのような形をしていて、北の方の「頭」の部分を「嶺北」、敦賀より南のしっぽの部分を「嶺南」と呼んでいます。
    その嶺南地方にある「小浜(おばま)」、ちりとてちんで一躍有名になりましたが、おいしいものがたくさんあって、気候も嶺北に比べたら穏やかな、とてもいいところです。今日は、バラク・オバマ氏が大統領に就任する日。
    小浜市も、いろんなイベントで、盛り上がっていたわけです…。

    アメリカの政治的課題について、私はアメリカ在住でもないし、よくはわかりませんが、ここのところ、何となく続いていた「よその国への過剰な政治的干渉→戦争」という流れだけは、どうしても改めていただきたい。
    確かに、弱い人たちを助けることは大切だし、いいことです。
    でも、それぞれの国には、それぞれの歴史、文化があって、他からは測れないものもある。日本人だって、日本はいい国ですかと訊かれたら、それほどいいとも答えないくせに、オリンピックになると盛り上がってしまうような、やはり、育ってないようで、誰の心にも潜在する「愛国心」。
    そこに、宗教が加わると、本当に他からは理解できない深い事情があるように思います。
    「宿命」ということに、どうしても弱い私だけれど、戦争は宿命ではない。
    人為的なものだと思ってしまう。
    それなのに、弱き人々はそれに屈さざるを得ない。
    私は、「火垂るの墓」も、「私は貝になりたい」も、「さとうきび畑」も、
    途中から観ていられなくなる。好きでない映画。
    悲しいだけでなく、悔しくなってくるのです。腹が立ってくるのです。
    どうして、こういう人達を、どうにか救ってあげられないのか…。

    今日は、反戦を歌ったBob Dylanの名曲をお届けします。
    この曲、TOKIOの長瀬さんがMTVに出演して、アンプラグドで歌ったと、朝のニュースワイドで報じられてました。
    クラプトンもカヴァーしてますが、クラプトンヴァージョンは、後々のお楽しみとして。まずは、本家本元Bob Dylanの曲をお楽しみください。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします。

                           Knockin' on Heaven's Door → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | Bob Dylan | 21:40 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 21:40 | - | - |- pookmark
        わかる、わかる、
        たとえば、フランダースの犬、ネロが最後に死ぬ。
        あのシーンは欧州ではほとんど、書き換えられた
        なんで、死ぬの?というもの、日本はそういう部分
        残酷かつ冷酷。哀愁をかんじさせることをポイントにおいてる、
        ほたるの墓もだんだん、感想がかわってきて、
        あのおにいちゃんがちゃんとしてれば、
        妹はしなずにすんだはず、おばさんのいうこともただしいと
        おもう。
        | 長七 | 2009/01/20 9:48 PM |
        とても簡単

        セカイがアメリカになればいい

        って

        アメリカは思ってる

        それは

        「約束の地」だから

        ある意味オバマはぶっしゅ以上に脅威だよ

        why You can'nt change?

        って笑いながら聞いてくるでしょう

        こちらに正義はまったくないわけさ
        | chabo48 | 2009/01/20 10:59 PM |

        長七さん
        ねぇ、あとのまつりといえども、何か方法があった気がしてしまいますよね…。
        一部の人たちの傲慢によってもたらされたものなら尚のこと、腹が立って仕方ない。
        どうか、これから先にはもう、こんなことが起きませんように…。祈るばかりです。
        | よぴち | 2009/01/20 11:03 PM |

        Chaboさん
        そうなんだ。要するに世界がアメリカになればいいと思ってるんだ。アメリカの考え方がいつも正義だと思ってるんだ。
        でも、どの国も、いろんな歴史をかかえてる。その上での、今の人たち。
        日本は、どうなっていくのか。もう、変わりようがないか。だって、すでに植民地化してるもん。
        今日は、結構過激発言のよぴちですな。
        | よぴち | 2009/01/20 11:05 PM |

        こんばんは〜♪

         福井県小浜市は水上勉と京都から近いイメージが、パラの若い頃に残っています。
         今は「オバマ」と呼んで人気が盛り上がっています。
        「サトウキビ畑」は読んでいないけれど、「火垂るの墓」は読み、「私は貝になりたい」は映画で見、戦争の個人の力ではどうにもならない悲しみが怒りに変わって行くのを、そして怒りは行き場が無い。「誰がために鐘は鳴る」など戦争映画は悲惨で残るのは虚しさだけ。

         思いは同じですね!



          
        | パラ | 2009/01/21 12:29 AM |

        パラさん
        小浜、ご存知でしたか。
        日本海はサンセットが見れるので、夏や秋の小浜もいいですが、おいしいものを堪能するなら、ぜひ、冬の小浜にお越しください。
        越前がに、若狭ふぐ、ブリ、牡蠣、これが全部堪能できるうえに、小浜でも山際の方でとれる猪のボタン鍋や焼き肉、それから三方五湖(淡水だけれど、若狭湾に通じているので若干、海水が混ざる)のうなぎなど、本当においしいものが勢ぞろいです。
        戦争映画は、その悲惨さを残すだけが使命なのかもしれません。それを観て、また、小説や史実を読んで、「もう2度と…」と思わなければいけないのかもしれませんが、私にとっては、もう充分に戦争の悲惨さは伝わっていて、ただ空しく、腹立たしさだけが残るんです。
        | よぴち | 2009/01/21 12:46 AM |
        オバマさんの日に
        ニクイ選曲だ〜♪
        Bob Dylanの歌声、大好きです!
        この曲はハーモニカの響きが心にしみる。。
        この大統領の力で
        完全なる世界平和に一歩でも近づいて行けることを
        願わずにはいられません。
        日本人も
        いろんなことで
        フィーバーできるけど
        小浜市は

        本当に誇らしく胸をはっているんじゃないかと想像できます。
        また
        世界をよろこばせるようなニュースが飛び込んで
        ますます
        フィーバーできるといいですね!        
        | ありんこbatan | 2009/01/21 5:09 AM |

        ありんこさん
        小浜市…頑張ってるんですよ、観光地として経済的に豊かになるように…。
        でも、オバマ氏に便乗するのは、政治的な影響が出てくると難しいので、もう少し考慮しても良かったかな、という気もする…。

        やっぱ、フォークにはハーモニカがツキモノ。私も、自分の好きなキーのハーモニカをもちろん取り揃えてあるのですが、独身時代、実家は田舎なので騒音とか気にしたことなかったけど、結婚してからは、茶犬に「近所迷惑」とか言われてなかなか…。
        ひとりで主メロも伴奏もやろうと思うと、ギターとハーモニカは欠かせないんです…。しかも、歌が極端にダメな私にとっては…。
        | よぴち | 2009/01/21 11:52 PM |
        そうそう。
        戦争は人為的なものということに対して
        腹が立ちます。
        人間って本当に愚かな生き物。。。
        「火垂るの墓」「さとうきび畑」は
        一度観ましたが、もう2度と観たくありません。
        悲しい、を通り越して
        心臓が痛くなってくるからです。
        うぇぇ〜〜ん(;;)
        | IKUKO | 2009/01/22 4:54 PM |

        IKUKOさん
        うん、なんか、「悲しい」を通り越してくんですよね。
        どうして、国民はみんなそう思ってるのに、日本は、少しずつ危なくなってる気がしちゃうんだろう。
        やっぱり、私たちも、「どうでもいい」と思わずに、1票入れる時によく考えるべきなんだよね。
        自分の地域の発展だとか、自分の経済的な生活を守ってくれることも大事だけれど、そういう、戦争だとか、子育てだとか、高齢者をどうするかについて、いいことばっかり言うんじゃなくて、具体的に、きちんとしてくれる人。多少の我慢は私たちも飲まなくちゃいけないし。
        う〜ん、期せずして今日は政治色の強いコメントになっちゃったなぁ…。
        | よぴち | 2009/01/22 10:43 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/187