◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< Knockin' on Heaven's Door : Bob Dylan | main | 人魚:Nokko >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  身を捨ててこそ:長渕剛  ○●○
    Live Complete週末は西日本は荒れ模様、との予報ですが、福井の雪は大したことはなく、車の雪下ろし程度で済んでいます。
    この齢になると、冷え込み具合でわかる。今回は、さほど冷え込んでいない。
    ただ、人間の感覚は、慣れやその時の体調でも変わってしまうけれど、
    科学は確かなもので、比熱の関係上、着実に路面が凍るようになってきていて、
    昨夜はちんのお迎えで運転する時、道が滑って怖い思いをしました。
    10日ほど前の雪の時に、転倒して頭を打って脳しんとうを起こしていた母も、おかげさまで、だんだんとめまいの回数や1回あたりの時間が減ってきて、順調に回復しています。

    実家で母に付き添っていると、一緒にいる時間が長い分、いろいろ嫌な気持ちになることもありました。
    その中でも、特に私が嫌な気分になったのは、母方の祖母にもしものことがあったら、葬式代を頼む、と言われた時でした。
    母は数年前に現業職とはいえ公務員を退職し、以前に比べたらかなり少なくなったとはいえ、それなりの退職金をもらいました。それなのに、もう、それらは全く残っていないという。
    確かに、土地は借地なのにもかかわらず、それは地主がどうしても譲ってくれないので、そのまま住み続ける覚悟で、実家の一部をリフォームしたり、物置小屋を新築したりしていた。
    だから、母が、自分のためだけに遣ったわけではないのかもしれませんが、リフォームだって、私が結婚する年に1度やったところだから、私が今住んでいる家と同じ年数。でも、うちは多少の傷みは自分で補修し、積もった汚れは我慢して住んでいる。
    物置小屋だって、母と兄の車2台分のガレージを含むとはいえ、うちも妹夫婦も、「露天」で我慢してる。つまり、「どうしてもやらないと生活できない」レベルではなかったわけです。
    その上、どう考えても高いな、と思う見積もりなのに、知人の紹介で依頼した業者なので、その値段で説き伏せられたらしい。
    いや、もとい。何が言いたいか。
    「自分の親の葬式代も残らないところまで、遣いきってしまったのか」ということ…。
    そして、いつもいつも、今回の母の入院費といい、今までどこに食べに行くのもいつも、妹と母の分は私のおごりで当たり前、私が安いお勧めメニューで我慢していても、高いものを注文する二人、…とにかく、いつも彼女たちは「お金がない」と嘆いて、妹の出産費用もいったん立て替えたのは茶犬だった。
    独身の、まだ学生の頃から「奨学金」とか「アルバイト料」という稼ぎがあった私に、何かと経済的な負担が回ってきていたのですが、結婚して、もう、姓が変わってからもなお、私の足を引っ張るのか…、私が義父や義母に、どんなに負い目を感じて生きているのかわかっているのか…と思ったら、無性に腹が立ちました。
    その「いらだち」や「やるせなさ」がなかなか回復せず、自分でも、どうしたものか困っていました。

    今日、茶犬が一汗かきに、いつもの「ちょっとしたジム付き温泉(1300円なんです、エアロビなんかも受けられて)」に行き、ちんは模試、私は、ひとり、TVもラジオもつけず、静かな中で、過ごしていました。
    そうしたら、家の前で車、それも軽自動車のような車が止まる音がしました。
    いつもなら、母が、どこかにいくついでに、自分が作った野菜などを持って、ちょっと立ち寄ったりするタイミング。
    でも、今は、母はまだまだ、車を運転して出歩ける状態ではないので、ありえない。

    いつか、本当に母が、こんなふうに「突撃訪問」してくるようなことは、ありえなくなるんだろう。
    母は、母なりのやり方で、私を助けてくれている。私は、「してもらったこと」は忘れて、自分が「してあげたこと」ばかりのような気になっている…。
    妹に対しても。茶犬やちんに対しても。職場の人や、世の中の、いろんな誰に対しても…。
    そんなことを考えたら急に、本当に突然、言葉に出来ないほどのいろんな思いが突然、胸にこみ上げて来て、
    「あんたはいつから、そんなにエラくなったわけ?」って思ったら、涙が出てきました。
    生来、涙腺が弱く、しょっちゅう、大したことでもないことでウルウルする私。
    だから、いつものことで、特別焦ることもなく。
    でも、今日は違った。予想を反して、涙がポロポロとあふれて来た。
    その時の思いは、本当に言葉に出来ない。そんなに偉そうになってる自分が恥かしいやら、悔しいやら、かなしいやら、愛おしいやら。
    「あんたはいつから、そんなにエラくなったわけ?」って、次から次へと溢れて、顔も、服までも濡らす勢いの涙を、拭うことも忘れて泣いてしまいました。

    今日、お届けする曲は、長渕さんのライヴでのヴァージョンです。
    出直さなくちゃならない。天狗の鼻を自分で折って。
    このところ、体調も悪く、先行きが不安になったり、落ち込みがちだけど、
    今はまだ生きているのだから。まだまだ、生きるのだから…。
    最後の最後まで、納得できる自分でいなくては。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします。

                                 身を捨ててこそ → 
    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 長渕剛 | 18:04 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 18:04 | - | - |- pookmark

        泣き疲れたんじゃないですか?
        まあ泣きたくなった訳
        分からないでもないけど
        泣きたくなれば泣けばいいし
        笑いたい時は大声で笑えばいい
        怒鳴りたくなった時は怒鳴り散らせばいい
        眠くなれば眠り込んでしまえばいい

        勝手なこと生意気言いましたが
        人生は成るようにしか成らない
        と思いながら生きている自分です

        | key-san | 2009/01/25 8:34 PM |
        いわゆる家族と呼ばれる存在

        きりすとだって

        宮沢賢治だって

        乗り越えられた人はいない

        踏み潰された人はいっぱいいるけど


        雪は消えてるの?
        | chabo | 2009/01/25 10:36 PM |

        Key-san
        疲れはしなかったけど、まだまだウルウル来てる時に、ちんからお迎え要請の電話が入って、ちょっとそれが困りました。まさか、泣きながら行くわけにもいかないし。
        こうして、いろんな「生活の中でやらなくちゃいけないこと」に追われていくことで、今までやってこれた気がします。ひとりだったら、今頃もう、死んでいたかも(笑)。
        | よぴち | 2009/01/25 11:50 PM |

        Chaboさん
        こんな思いは、小さい頃からもう、数えきれないくらいしてきたのに、成長できないんですよね、私というヤツは。
        雪は、降っては解け、解けた頃にまた降って、まるで人の一生のようです。
        | よぴち | 2009/01/25 11:53 PM |
        よぴちさんの気持ち・・わかる。。
        身内に対して
        お金のことでゴチャゴチャ考えると
        腹のたつこともあるし
        自分に
        「あんたはいつから、そんなにエラくなったわけ?」って泣くこともある。。
        祖母が亡くなったとき
        母以外の祖母の子どもは
        極ふつ〜の香典以上には
        一切経済的なことに手を出さなかったので
        すべては母のお金でした。
        もの凄い腹のたて方だった。。
        多分
        ひとりになったとき
        相当泣いてたと思う。。
        自分の母親が死んだときに
        こんなことで・・って。。
        そして
        喪主も引き受けてくれない弟には怒りもピーク!
        というところに
        俺が喪主になってもいい
        という
        わが夫に・・別の涙を流していました。
        茶犬さんも
        いい人だね。。
        くやしくて泣いても
        悲しくて泣いても
        やさしさで泣かせてくれる人がいる限り
        だいじょうだよ。。           
        | ありんこbatan | 2009/01/26 5:54 AM |

        ありんこさん
        私もね…。自分の親の葬式代なら喜んで出したいと思う。
        でも、母は4人兄弟の1番上、2番目の長男はすでに他界しているとはいえ、弟も妹もいるわけです。でも、この二人は、母と違って、若い頃から転職を繰り返し、わずかな退職金で喫茶店をやって失敗したり、好きなようにやってきた結果、今は祖母と極貧生活中…。
        で、それら兄弟をすっ飛ばして、なんと私にいつもお鉢が回ってくるのです。1週間ほど前にも、祖母の受診料を私が出したばかり。こんなことは初めてじゃないんです…。
        私は、ひたすら茶犬に申し訳なくて。茶犬は、そういうこと一切義母には内緒で、やってくれてるから。それをいいことに(?)、母が「当たり前」に、さらっと言ってくるのが、なんだか嫌なんです。茶犬がかわいそう過ぎて。でも、仏の顔も3度、こればっかりは私もさすがに茶犬に言いにくい…。
        ま、いいんです。まだ「有事の際」なわけでもないし。今から考えて、嫌な気分になるのはやめようと思いなおしました。
        | よぴち | 2009/01/26 11:20 AM |
        大変ですね。お金がからむと、ますます大変。

        イヤだなと思った事は、やらないでおいたらどうでしょう?
        お母さんや妹さんと食事に行く時など。
        「今日はお金持ってないよ、ワリカンで行く?」と言ってみるとか。
        お祖母さんに何かあった時には。
        「実の子供であるおじさん達をさしおいて葬式代なんて出せないよ。」とか。
        そんなことを言える雰囲気でないから、よぴちさんは悩んでしまってお金も出してしまうのでしょうけど。
        だんな様に対する気兼な気持を思うと、辛いやろうなぁと思います。

        | iku | 2009/01/27 5:09 PM |

        ikuさん
        いつもいつも愚痴ってばっかりですみません…。
        そして、いつも真剣に考えてくれてありがとうございます。
        でも、これ書いて、皆さんのコメント読んで気がついた。
        なんで腹が立つのか、それはたぶん、母に対してじゃない。
        母にはなんで言えないか。それは、母もまた、苦労してきたことをわかっているから。私が逃げだしたら母がそれを背負うだけのことだから。
        つまり多分私の怒りの矛先は、好き勝手やってる母の弟妹に対してなんですね。
        茶犬には、ホントに申し訳ないと思います。しかも私も、茶犬に尽くしているわけでもないし(笑)。
        とにかく、今から考えるのはよそう。結局、今回のように自己嫌悪に陥るだけだし…。
        そういうふうにしか生きられないのなら、そうやって生きてくしかないしね…。

        | よぴち | 2009/01/27 9:43 PM |
        こんばんは〜♪
         自分の思ったことを、伸び伸び書いて涙もたっぷり流して落ちついている頃でしょうか。

         皆、同じなんだと、パラも親に対して今も何故?と解決できない思いが有ります。

         それも、これもあれもお互い様で終わりにしておかないと、
        他人に不満を言うと母は、何処で自分が他人様にご迷惑かけているか判らないんだからと言って、相手を責めないでいたのを思い出します。

         それでも、自分の苦しみが理解されなければ、弁護士立てても解決しようという気の強さも出るときが有ります。

         過去は解決付かないから、考えないことと、苦しい時は言われています。

         今日はパラも良い反省の機会になりました。
        よびちさん ありがとうございます。

        | パラ | 2009/01/29 5:47 PM |

        パラさん
        そうですね。"どこで自分が他人様に迷惑かけているか判らない"…ズキッときました。
        人って、一辺倒では言い表せないですね。いろんな「その人」がある…。
        そして、ある時不愉快な思いをしても、また、その人と関わることで楽しい、嬉しい時もあったりする。特に家族は。
        そんなふうに、過ごしていくうちに、結局、人生になって行くのかも。そして、許せたり、許してもらったりするのかも…。特に家族は…。
        | よぴち | 2009/01/30 12:36 AM |


        さわらぬ女性にたたりなし・・・。
        とは、おもうのですが、さしでぐち。
        ほんの10分ほどまえ、わが母とわが妹のばとるが、
        わけのわからんまま、休戦しました。
        母親にたのまれ父親を病院につれていった妹が、
        いままでとちがう薬をつかうというお医者にYESとしたことを、
        「それじゃダメだ自分が行けばよかった」と母がヨコヤリをいれたもので・・・。

        「かんぺきをめざす」性格で「妥協をゆるさない強情」は、
        母から妹へひきつがれた遺伝性のもの。本人らはぜったいにみとめませんが・・・・。

        姑VS小姑。はげしいですよ。
        「だまっていればいいものを・・・」って感覚は、
        男子のびとくなのでしょうか。

        | あさがお | 2009/02/04 7:29 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/189