◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 身を捨ててこそ:長渕剛 | main | どんなときも。:槇原敬之 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  人魚:Nokko  ○●○
    人魚昨日、ちんをお迎えに行く時、車の中で、久しぶりに浜田省吾さんのテープを聴いていました。
    ちょうど家について、駐車スペースに車を納めた時に、テープの片面が終わった感じがしました。
    ほんのわずか、曲と曲とのブランクよりは長いと感じる程度のブランク、ここで私は「あ、片面が終わったんだな」と思った。
    ところが、その、少し長めのブランクの後に、なんだか、自前で録音したかのようなギターの音が流れ始めた。
    「え〜っ!」
    ちんも、即座に
    「何、これ!なんか、いかにもナマ音のような音がしたけど!」

    私は、超ビビりまくって、「ちょ、ちょっと、これは1回よぴちがチェックしてからでないと、ちんには聴かせられんもんが入ってるかも知らんで…(大汗)」

    結局、家に持って入って聴いてみましたが、昔、茶犬に無理矢理、サイドギターなどを弾かせたり、1回録音したテープを再生しながら私がリードギターやキーボードを弾いていたりする、重ね録りお遊びテープでした。
    テープの余ったところに、ちょっと録音してあったのですね…。

    でも、ちんは、茶犬と私の「若い頃の声」を、やたら気持ち悪がっていた。
    なんとなく、わかる。勿論、自分が一番聴きたくないです。
    ちんが気持ち悪がるのは、声の質なんかじゃなくて、
    お父さんとお母さんが、今の自分たちとそう変わらない、若者カップルだということなんだ。ちんにとって、まだ、親もただの人間、自分と変わらない子供のような人間だと認めるのは、ちょっとエネルギーがいるだろう。

    もう、あと数年。もう、その日は近いと思うけれど、
    必ず、ちんにも、親もまた、ただの男と女なんだと認められる時が来るのでしょう。
    私自身も、思い返すに、19か20歳の頃だったように思います。
    父は本当にどうしようもない人で、親の反対を押し切って、勝手に出てきた母は、私以外に父のことを愚痴る相手がなく、小さい頃からいつも父の愚痴を聞かされ、生活費の収支の計算をさせられてきていた。
    それでもなお、やっぱり私の中では父は父であり母は母であり。それぞれ、「人間」だとは思っていたけれど、二人が「男と女」だと認めるには、ちょっと時間が必要だったのです。父と母には、お互い、相手に対して「特別な感情」を持っていてほしいんだけど、それは家族愛のようなものであって、男と女の恋愛感情ではなくあって欲しい…。
    なんだか、表現さえうまく出来ないような、複雑な気持ちなのですが、
    おそらくこれを読んでくださった方のほとんどの方に、実感を伴って理解していただけると思うのは、私の独りよがりでしょうか…。

    今日は、nokkoの「人魚」をお届けします。
    この曲は、ちんがまだ本当に小さい時の曲。映画音楽のような音が好きでした。
    でも、私以上に、ちんにとっての思い出の曲だそうで…。
    私が仕事を続けるために、ちんは、いろんなところに預けられて、落ち着かない毎日だったのです。その、預け先の一つで、いつもこの曲が流れていたらしく、最近になって、この曲を歌ったら、「あ、これって懐かしい思い出の曲や」と、ちんに言われて驚きました。
    その頃のちんを思うと、私は今でも頭が上がらない。一生懸命ではあったけれど、やはりちんにはつらい思いをさせた。
    それでも、その頃のこの「人魚」を、思い出の、好きな曲だと言ってくれたのが、
    私にとっては救いのような気がしました。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                      人魚 → 
    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | レベッカ・Nokko | 18:00 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 18:00 | - | - |- pookmark
        わかります。
        物凄くわかります。
        両親が「男と女」だったということは
        あたしも大人になるまで受入れられなかったもん。
        誰しもそうじゃないかなぁ。
        多分ね。
        NOKKOの「人魚」大好きな曲です。
        レベッカ時代からNOKKOが大好きなんです^^
        「ちん」さんの一言、救われたことでしょう。
        あたしも檸檬に同じようなことを言われました。
        子供たちが小さい頃あたしも仕事をしていましたので。
        5歳の檸檬が こう言いました。
        「保育所から帰ってきても、ばーちゃんしか居なくて
        お母さんはお仕事してるけど、どこに居るのかわかるから
        寂しくないよぉ。にこっ」
        メカラウロコでしたね。
        確かにそう遠くない所で仕事をしていました。
        そこにあたしが居るのがわかっているから
        いいんですって。
        救われましたねぇ、この一言。
        「ちん」さんも同じ想いだったのでしょう^^
        | IKUKO | 2009/02/03 10:24 PM |

        うーむ。
        おとことおんな。
        それはまちがいないのですが、
        あまりにてんでんばらばら。

        あ、うちの両親のことです。

        とてもおなじしゅぞくとは、おもえない・・・。
        「ふうふは似てくる」ということの反証を50ねんも、くりかえしてきたんですから・・・。

        ふうふのなかには、珍種もまじるということかな。
        | あさがお | 2009/02/03 11:45 PM |

        IKUKOさん
        レベッカ世代ですよね〜、私たち♪
        私は、「好き〜!」というほどでもなかったように思うのですが、バンド仲間たちでコピーしてる奴多かったし、土橋安騎夫さんをリスペクトしまくってるキーボード担当は多かったし、私もやっぱりシングル曲はほとんど歌えるわけです…。nokkoさんの声は、フツーじゃないから、今後もボチボチと、歌い続けてほしい。私には絶対にない、美しい喉を持っていらっしゃる…。
        | よぴち | 2009/02/03 11:54 PM |

        あさがおさん
        男と女って、似てるから魅かれる場合が多いかもしれないけれど、パッと見、全く相反しているから一緒にいるパターンもあると思うんです…。
        何を考えているのか、だいたい腹が読めてしまうと、平穏に過ごすにはいいかもしれないけれど、あまりに自分と違うと、「不快」も含めて新鮮だと思う。
        夫婦って、わからないもんですよ、あさがおさんのご両親も、ご両親同士で相手をどう見てるかはわからないもんね…。ハッキリ言って、「本当に別れようと思えば別れることができるのに、別れずにいる」二人なんだから(笑)。
        | よぴち | 2009/02/03 11:59 PM |
        テープの話、いいですね、
        僕も30年まえの自分の歌声がテープの最後
        にでてきて、驚きました。
        あのときの自分が今の自分に聞かせたとは
        おもうことなく、歌ったようです。
        父や母もまたひとなりですね、
        いろんなことがあります、
        | 長七 | 2009/02/04 12:05 AM |

        長七さん
        うん、「残そう」と思って録るものや、残そうと思って書く、「○年後の自分へ」的な意図もなく、ただ楽しんで撮ったものを偶然見つけたときって、何か本当に、不思議な気持ちになります…。
        たまたま、私たちは今も一緒にいるので、今の接し方と比べて反省したりも(笑)。
        自分Loveの私は、自分たちのバンドのステージ録画なんかも、大事にとってある。私以上に、ちんが何度も観てました。ただし、母のバンドではなく、一緒に出てた他の仲間たちのバンドですけど(笑)。
        | よぴち | 2009/02/04 12:52 AM |
        この曲は
        特別な想い出もないのに
        聴いてると、いろんな・・過去に抱いたことのある感情がこみ上げてくる不思議な歌☆
        特別な想い出がないから
        聴く度にこみ上げてくるものは違うの。。
        今朝は
        しあわせだけどちょっとせつない・・そんなものがドドッと
        きちゃって
        ん〜・・やっぱり涙誘われてしまった。。
        そっか〜
        ちんちゃんにはそんな思い出の曲だったんだね。。
        ホント
        好きな曲だって言ってくれてよかったね!
        お母さんが活き活きとしてた
        っていう思い出がひっかかるのかもよ。
        いい子だね。。              
        自分の親が男と女・・そうねぇ・・イヤかもしれない。。
        淡い恋物語の部分はほほえましくても
        そっから先はききたくない。。
        うちの娘たちもそうなんだろうね
        仲良くしててほしいけど
        男と女の顔は見たくないって。。
        まぁ
        今となっちゃ
        男と女じゃなから見せようがないけどさ〜 (^−^;
        | ありんこbatan | 2009/02/04 5:30 AM |

        ありんこさん
        あ〜、曲を聴いて何かしら心を動かしてくれると、本当にうれしい。やっててよかった、という気持ち。

        そうですよね、見せようがないんですよ、今じゃ…。だからこそ、子供にはギャップが大きくて、なおのこと受け入れられないんだろう…。
        エディプスコンプレックス、というのがありますね。男の子が母を巡って精神的に父と闘って、父に負けたということを認めざるを得なくて、自分を父に置き換えてみたり、その自分と闘ってみたり、という…。
        生物学的には、そういう心理を持ってるんだけど、いかんせん、具体的に自分の親を男、女って見れる「子供」はなかなかいないんだろう…。
        | よぴち | 2009/02/04 1:05 PM |
         
        nokkoの人魚という曲、もちろん存在は知っていましたが、始めから終わりまでちゃんと聴いたのは実は初めてのことでした(恥)。最近の曲のように思ってしまっていましたが、もう15年くらい経つのですね。あまり音楽を聴いていなかった時代だな…。
        ところで、いい曲ですね。なんだか映画音楽みたい。イントロといい、「つめたい夜は…」の部分といい。また「涙が枯れるその前に…」と、なんとも言えないリリカルな表現と描写にいいぞいいぞと思い、そこでこのうたのタイトルが「人魚」であることに思い当たってハッとしました。名曲ですね(今頃何言ってんだか^^;)。編曲も冴えていますねー。機会を与えていただいて感謝致します。

        僕は、自分が書いたものは実にこまめに残しているのですが、自分の音源などは一切ありません。だってヒドいんですもん(笑)。
        男と女って、生々しすぎるんですね。家族ってそこから発展しているのは間違いないんですけど、子供からすればそりゃ認めるのは難しいでしょう。恋愛って他人相手に成立するもので、家族の絆で結ばれていると思っていた父母がそもそも他人なのだ、というのもまた認めがたい。幸せな家庭であれば尚更ですね。この感情って思春期の人には消化できないでしょうねぇ。
        | 凛太郎 | 2009/02/04 11:36 PM |
        人であると同時に

        男であり

        女でなければならないとしたら

        それは逃れられない傷


        それに気付いた時

        痛みを共に分かち合えるか否か


        切ない選択でしかありえない


        | chabokko | 2009/02/04 11:56 PM |

        凛太郎さん
        人魚、フルで聴く機会になりましたか、ああ、それはよかった。
        違法行為の危険性が高いのを承知で(フツーは違法とされるようですが、戦いようによっては負けないかも、と考えています)、こんなブログをやってる甲斐があります。
        映画音楽みたいな幻想的さに、当時魅かれたわけなんですが、今聴いてみると案外音が薄かったりして、それはそれで、機械音が幅をきかせている最近の音楽に慣れてきてしまった耳には新鮮なものがあります。
        ところで、人魚、って、どこか憧れてますね。女性らしさの象徴のような気がするのかなぁ。もちろん自分に決定的に欠けているものだからこそ、憧れるわけですが(笑)。
        | よぴち | 2009/02/05 10:03 PM |

        Chabokkoさん
        男か女かどっちか選択しなくちゃならないのにもかかわらず、ホントは、グレーゾーンの人って多いと思うんですよね…。しかも、なぜかヒトって、自分はグレーでも相手には白か黒かを強要すること多い気がする…。
        せつない選択の結果、今一緒にいる人と一緒にいるんでしょうね、みんな。痛みを分かち合えるかどうか、判断は結果からしかできないし。判断できた時にはもう後戻りできなかったり。
        あ〜、せつないねぇ…。
        | よぴち | 2009/02/05 10:08 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/190