◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 人魚:Nokko | main | 大阪で生まれた女:BORO >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  どんなときも。:槇原敬之  ○●○
    就職戦線異状なし今年は本当に暖冬で、福井も雪がない2月。
    例年、福井のような雪の降る所では、ゴルフ場は冬場は開店休業状態だし、冬だけの商売、ということでスキー場が頑張ったりする。
    でも、今年は、相当、山奥の方のスキー場にしか雪はないし、
    そのかわり、と言ってはなんだけど、ゴルフ場はそれなりに営業出来ているらしい。
    ことし、受験生の子たちはいいな、と思います。ちんは来年。来年はどうなるんでしょう。確か、高校入試の時は、ほとんど降らない冬だったのに、たまたま入試の日だけ降って、車を出すのに苦労したような記憶が…。
    でも、こればっかりはあらがえない。今年は雪が多いから来年にしよう、なんてできないし。雪がないから今年のうちに、っていうのもできないし。

    日産自動車は、リストラにあたって運動部の活動を中止するという。
    世の中どこも不景気で、今年就職する学生たちは、本当に不運だなと思います。
    バブルがはじけた頃も、そう感じた時があった。結局、あの時に新卒だった人たちは、まともに就職できないまま、今やいい齢になってしまって、やっぱり若い新卒の子達に押されて、就職に恵まれずにいる。
    学生たちが悪いわけではないのに。彼らに能力がないとか、努力が足りないとかいうわけでもないのに。
    これも、「宿命」か…。

    今日お届けする曲は、私が新卒で就職した頃に流行った映画の主題歌でした。
    自分のはもう終わっているとはいえ、周りの友達たちの就職活動の話など聞かされていたし、この映画はすごく身近な気がした。
    映画の内容とは関係なく、私自身、この曲のような気概を持ち続けていたいとは思っています。
    たぶん、それはかなり難しいことだし(もうすでに、持ってないと言った方がいいかもしれないし)、逆に、こんなこと言ってたら「甘い」「青臭い」と叱られそうだけど…。

    今、実家にとってあった「麦ちゃんのビタ・セクスアリス」を読んでいます。
    高校時代、ホントに好きだった作品。
    その中で、主人公の麦ちゃんが、「ハムレット気どり」みたく言われているシーンがあって、それを読んでしみじみと、私が「麦ちゃん…」を好きで、今でもやっぱりいい作品だなと思ってしまうのは、私も、麦ちゃんみたく「ハムレット気どり」だからなんだな、と、今更ながら発見して、笑ってしまいました。

    いいんだ。この齢になると、もう開き直る。
    いつまでも青臭く、ヒロイン気どりで、行くぞ(笑)。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                 どんなときも。 → 




    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | 槇原敬之 | 19:14 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 19:14 | - | - |- pookmark
        福井の豪雪は伝説のヨウの友人から聞きました。
        就職活動はほんといやでした、ああいうのは、
        僕は嫌いでした。
        かけひきがきらいで、

        | 長七 | 2009/02/10 10:25 PM |

        長七さん
        何を基準に採用するのか、面接の何分かの間にその人の何がわかるのか…。
        それでも、みんな採用してあげられなければ選ぶしかない。
        かけひき、嫌いというよりも私は苦手で、結局、人生、かけひきがないまま渡ってきてる気がします。
        それでも何とか幸せに来ているのは、私は、周りにいる人たちにホントに恵まれるからなのです。
        私は何もできないのに、何か私をみんなして助けてくれるんです。今に罰があたると自分でも思います(笑)。
        | よぴち | 2009/02/10 10:32 PM |
        この曲は大好きだけど
        映画の主題歌だったなんて知りませんでした〜
        このVoxの音・・楽器が飛び跳ねてる感じで
        朝から元気になれるわ〜♪
        どんなときも
        私が私らしくあるために
        好きなものは好き!と言える自分でいたいです。
        就職活動
        たいしたことしてないけど(当時、四大卒の女子は就職できなくて当たり前だったから半分投げてた)
        とにかく
        世間というものを見た!という気がしたもんです。
        コネ付きさんにも10倍とかいう競争率が存在してて
        実際受けた面接試験でも
        同時に受けたどっかのお嬢さまは
        面接官と彼女のお父上の話なんぞ
        し始めたんですよ〜
        私の来るところじゃないじゃん!てカンジ。。
        曲を聴いて泣いたりできるのは
        いつまでも青臭く、ヒロイン気どりでいればこそ・・だよね。
        うん!
        いくつになってもこの路線で行くゼ☆
        | ありんこbatan | 2009/02/11 5:43 AM |

        ありんこさん
        ありんこさんと私、そんなに歳が違うわけではないけれど、あの頃は女性の社会での地位確立、という面では1年1年が大きかったので、私の時でもかなりだったから、ありんこさんの時はさぞかし、「女は結婚までの腰掛で、男が仕事するのに都合がいいように、笑顔とお茶をふるまって、雑用してくれてりゃいいの」って感じだったでしょう。
        ウーマンリヴ、って鼻息荒く主張するつもりはないけれど、やっぱり、今は社会もずいぶん変わってきたなぁと思いますね…。
        そうそう、いつまでも、曲聴いて泣こうね!
        だって…。いつもヒロインは自分だもの…。
        私なんて、いつでも1番Loveは自分ですよ(困笑)。
        | よぴち | 2009/02/11 12:49 PM |
        いいと思います。
        「青臭く」「ヒロイン気取り」
        そう思っていれば、トシとらないような気がするよ。
        あくまでも「分別」は忘れない「ミスターチルドレン」に。
        「どんなときも。」元気が出る曲ですね♪
        最近、外国のかたが日本語でカバーしているのを知り、
        「おぉぉ!マッキーすごいねぇ」と思いました(にこっ)
        | IKUKO | 2009/02/11 3:44 PM |
        そういうぼくも
        バイトの面接は数千人した、
        ぼつにしたひともかなりおおく。
        人生は複雑です。
        | 長七 | 2009/02/11 10:23 PM |
        就職したことないんですよぉ

        いいも悪いも今まで運だけで生きてきたモンで

        ある意味ひろいんじゃね?
        | chabokky | 2009/02/11 10:56 PM |

        IKUKOさん
        そういえば、どんなときも。は、綾戸智恵さんもジャズ風に歌ってた気がする。マッキーの曲って、詞が好きなことが多いのですが、彼が1度ドラッグで捕まって、アッチ系の人だということを知った時、わかる気がした。だから、こんなに女にとってツボを突くような言葉の使い方が出来るんだな、って…。
        | よぴち | 2009/02/12 12:20 AM |

        Chabokkyさん
        就職したことない? そうだ、ぷー太郎だもんね…(笑)。
        私も、「人に尽くさせる才能がある」と自負しているわけなんだけれども、Chabokkyさんのは、なんだ?
        アートか?
        やっぱり、アーティストなんだな。アーティストは就職してはいけない。人生、アートだから(爆)。
        | よぴち | 2009/02/12 12:23 AM |
        よびちさんこんばんは〜♪

         「いつまでも青臭く、ヒロイン気取りで」

        そういう気持ちは前向きで、未来が有って、人生はそうでなくては〜〜。

         パラの大学病院の教授が、部下が別の病院で副医院長しているところに、その道の権威なので紹介状を書いてくれたの。
         少し気持ちが軽くなったようです。

         未だ行かなくては判らないことだけど、終わったらまた自分がパラの今後を見るからと、教授が先の予約もしてくれた。

         精神病ではないけれど、自分の人生で納得出来ないこと、他人はどう考えるのか、決着付けたら人生に素直になれるのかなと、そちらも紹介状書いてもらって来週行くことにしました。
         人生の先に自分をヒロインに見立てることが出来るパラに変身できるか、時間が未だかかりそうだけれど〜〜青臭いヒロインに惹かれてコメント長々してしまいました。


        | パラ | 2009/02/13 10:57 PM |

        パラさん
        うん、なんかすごくわかります。パラさんの気持ち。
        前向きに考えて生きてくことと、自分の中で自分をヒロインにすることには、共通項がある気がします。
        私も、自分Loveで、ヒロイン気どりだからこそ、やってこれたんじゃないか、なんて、そこまで開き直ると皆に呆れられそうですが(笑)、そんな気さえしてるんですよ。
        身体の調子と気持ちもまたすごく密接に連動しているけれど、たとえ体の調子が変わらなくても、その状態に納得できていたら、過ごす時間の幸せ感というか充実感というか、そんなものはすごく変わってくる気がしますね。
        | よぴち | 2009/02/13 11:13 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/191