◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< どんなときも。:槇原敬之 | main | あの頃のまま:松任谷由実 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  大阪で生まれた女:BORO  ○●○
    大阪で生まれた女日中、あまりTVを観ない私ですが、ここのところ、ケーブルの「ファミリー劇場」で、朝10時から「俺たちの朝」を再放送しているので、それだけは毎日観ています。
    世間の多くの皆様が、せっせと働いている時間帯、非常に申し訳なさを感じつつ、でも、毎日観ています。
    あのドラマが放送されていた頃、私は小学校低学年だったように思う。
    あの頃は、勝野さんや長谷直美さんがただただ、あこがれのお兄さんお姉さんだったし、自分もあんな風に青春することに憧れたし…。
    でも、今見ると、もう、あの頃憧れだった勝野さんたちが、私にはまぶしい「若者」であり、そのお父さん・お母さん(勝野さんのお父さん役は北村和夫さん、お母さん役を加藤治子さんが演じています)の人生が、リアルに迫ってきて、
    あの頃とはまた違ったView Pointから観ています。

    今日お届けするBOROの「大阪で生まれた女」、初めて聴いたのは中学3年か、高校1年くらいの頃か…。本当は、18番くらいまである、まるで「ロード」のような曲です。
    私もまた、関西か関東か、と問われたら、完全に関西派の人間で、東京と大阪では大阪の方がなじむのですが、この曲を初めて聴いた頃には、
    「大阪の女やから 東京へはようついて行かん」
    というのが、いまひとつ実感を伴っては理解できなかったように思います。
    今は、すごくわかるのですが。
    この曲の女の人は最終的に大阪を出て、この男の人について行ってるけれど、
    今の私には、それこそが「若さゆえ」という気がする。

    私が実際に青春が終わった気がしたのは、一緒に研究していた仲間が教授になって、
    研究室をでていくために整理途中の山積みの書物の中で、
    ギター弾いて、飲んで歌った時…。「いちご白書…」が、泣けて歌えなかった。
    「これで、青春も終わりかな…」と思った。
    その思いがさらに決定的になったのは、その後、その仲間が、新しい大学で「教授」として、トレードマークのジーンズはやめてスーツにネクタイを締めて行ってるというのを聞いた時だった。

    歌は世につれ、と、NSPの天野さんは歌ったけれど、
    世、とまで言わなくても、1人ひとりの人生の中で、歌は、いろいろに変化していきますね。ドラマも、然り。あの頃の青春ドラマを、今、私は自分がもう通り過ぎてしまった時間と重ねてみているのです。
    そしてあの頃の人生ドラマを、現在進行形の自分と重ねていたりする。
    あの頃聴いた曲も、あの頃を思い出すだけでなく、今の自分の目線で聴いて、
    また思いを新たにしている今日です。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                大阪で生まれた女 → 


    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | BORO | 20:59 | comments(13) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 20:59 | - | - |- pookmark
        初スーツ買ったのが45歳の時

        近所の奥さんたちに「七五三〜〜〜可愛い〜〜〜」と

        お客さんの新年会に着ていったら

        しばらく誰も気付いてくれませんでした

        そんな

        東京で生まれた男やねん!

        | chaboro | 2009/02/16 10:57 PM |

        おおさかの男子は知り合いが多い。
        あかだくん、おかのくん、たなかくん、はなだくん・・・。
        ところが、おおさか女子は、、、、、。いない。

        それほど、みんな、「とうきょうへはよーいかん」なのかな。

        なかじまんちのおかんは5年ほどこちにいたが、
        いまはおおさかへ帰ってしまった。(なかじまもいっしょだよ)

        と、いうわけで、おおさかのおんなには、まいなすイメージがないんです。
        (アッコねえさんは、おおさか男子にぶんるいしました。)

        じぶんはとうほく色の濃い関東かな。

        | あさがお | 2009/02/16 11:37 PM |

        Chaboroさん
        七五三…、う〜ん、見てみたかった…。
        ちゃんと体にあっていたのかなぁ、大きすぎじゃなかったのかなぁ、と、妙におばちゃん根性が出てしまう。
        そこがまた、大阪おばちゃん?
        | よぴち | 2009/02/16 11:48 PM |

        あさがおさん
        いや〜、あさがおさんは、生粋のトウキョー男子、ってか、横浜シティーボーイでしょ。
        アッコ姉さんは、大阪女子に入れたとしたらマイナスなの?
        いつも言ってるけど、私、ものすごくアッコなんだよね…(↓↓↓)。
        | よぴち | 2009/02/16 11:50 PM |
        僕のあのドラマすきで
        極楽寺駅にいった、江ノ電にのってね
        高校生だったかな、
        | 長七 | 2009/02/16 11:51 PM |

        長七さん
        あのドラマ見てると、まだまだ駅も街も古いんですよ。
        いい感じに自然が残ってて、ホントに、行きたくなる。
        いつもドラマの最後に、勝野洋さん、小倉一郎さん、長谷直美さんの3人が銭湯に行くシーンが映るんですが、銭湯、というのがまた、私にとっても青春でして…。
        憧れで見てたけど、もう、今や、2度と帰れないシーンになっちゃってる、って言うのがなんだか複雑。
        | よぴち | 2009/02/17 12:09 AM |
        今の自分の目線で観たり聴いたりすると
        うんうん
        ドラマも歌も
        あの頃とはずいぶん違うよねぇ。。
        こまかいところでは
        言葉に対する想い・・
        歳を重ねるうちに
        たったの三文字四文字が
        とんでもなく長いシッポをつけてきちゃった。。
        ちょっとした話を聞いても
        漠然とした
        タイヘンね〜
        かわいそうね〜
        を越えて
        物凄くリアルに考えられるようなことが
        増えてきました。。
        「若さゆえ」をもう一度してみたい・・
        そんな気持ちがチラと頭をかすめても
        やっぱりできない
        いろんなことがわかってきたから。。
        平穏な今を大事にしなくちゃ!って迷わず思う。。
        娘たちに
        口では
        馬鹿なこと考えないで冷静に見てね
        って言うけれど
        心のどっかでは
        若いうちしかできないこと・・今のうちにやっちゃいな!
        って小声で囁いてる
        これで、青春も終わりかな…
        っていうときは
        あっという間に来ちゃうもんね。。
        | ありんこbatan | 2009/02/17 5:29 AM |

        ありんこさん
        そう。私も、ちんのいろんな行動を見ていて、
        経験から答えはある程度見えていて、
        失敗するだろうな、とか、悲しい結果になるだろうな、とか思うと、そんな思いをさせたくなくて、つい橋を渡る前から渡らずに行く方法を考えちゃったりする。
        でも、心のどっかで、「あんな時代もあったね」って、笑い話のネタの1つや2つ、ないことには人生、面白くなさ過ぎ、っていう気持ちもあって、「たぶん、傷つくだろうけど、やっちゃったら?」っていう思いもある…。
        そしてなんと!
        病気になった時点で、人生あと4〜5年かぁ、って思ったんだけど、やっぱり今でも、どこか夢の中のような、自分の青春もまた、まだbe動詞+ingというか、いつでも始められるというか、なにか、もう2度とない人生、って感じがないんです、実は。
        どこか、人ごとというか。うまく言えないんですが、どうも私って、そういう変なとこがある。血液型占い、信じてないんですが、これってふたご座AB型、細木和子さん占いの「金星人」のせい(笑)?
        | よぴち | 2009/02/17 8:47 AM |

        大阪で生まれた女
        これはBOROさんのレコーディングした歌
        なんでしょうね?!初めて聴いたよ!
        BSフォークなどに出演されて
        ステージで唄っているヤツなんかは聴いてたけどね

        この歌は好きな方で飲み屋さんへ行って
        お酒飲んで酔っ払っては唄いだし
        最後には付き添ってくれてる方と
        ベッタリと踊ってたりしています!
        嗚呼ブルースなんですね!
        こんな感じもありです!!

        | key-san | 2009/02/17 8:03 PM |

        Key-san
        こんな感じ、あり!あり!
        いいじゃないですか、心地よく酔って、ちょっと踊って…。
        私は、踊りというのは苦手で、仕事の付き合いでも、
        スナックなんかで踊りを求められると困ってしまう。
        どうしても断れないヒトの場合、仕方なく踊りにつき合いながら、「なんでお金払ってまでホステスさんの仕事してるのかな、私」って、思っちゃうんですが。ホステス料頂戴、って(笑)。
        | よぴち | 2009/02/17 8:46 PM |
         
        カースケとオメダとグズロクの「俺たちの旅」と異なって、オッスとチューとカーコのこのドラマは、女性がメンバーに入っています。それが、思春期一歩手前だった僕にはちょっとドキドキさせる展開だったように憶えていますね。
        自分も少年から黄金色の青春時代を経ておっさんになり、今このドラマを再見したらどう思うでしょうかねー。北村和夫さんにシンパシーを感じるでしょうか。僕は阿呆なので、まだ小倉一郎さん視線になってしまうような気がします(勝野洋さんじゃないんね^^;)。全くのところ成長しとらんなぁ(汗)。まだ青い何かを引きずっている自分にいつも反省はするのですが。
        否応なしに終わらされる青春というもの、たいていは学校を卒業しモラトリアム終了段階で「はいっそこまで」と言われてしまうわけですが、そんなに簡単に切り替えられるはずもなく、割り切れぬままに船出してしまった23歳。そのもやもやをまだ昇華しきれずに僕は20年経ってしまったような気がしています。だから、何だか自分の中に「まだ大人に成りきれていない何か」を時々発見します。親になれなかったからかもしれないのですけれども。「少年の心を忘れない」てな格好いいものとは違う妙に青い自分。ジジイになってもそうなんかなあ。恥ずかしい限りです。
        僕は大阪の近県の生まれですが、何故か「大阪で生まれた女」の人には縁が無かった(笑)。このうたが18番まであるのなんて知りませんでした。
        | 凛太郎 | 2009/02/17 10:18 PM |

        凛太郎さん
        私は、たった一人とはいえ娘もいて、
        確かにその子育てのプロセスの中では、いわゆる「大人」にならなきゃいけないこともありました。
        が。やはりそれとは全然違った次元で、「どこか大人になりきれてない何か」を発見するし、そうありたいと思っていたりする。
        そして、最近では生意気なことに、同世代以下はもちろんのこと、先輩諸氏にまで、「どこか大人になりきれてない何か」を見出したような気になってしまうことがあります。
        大学時代が、自分にとって「青春」らしい過ごし方が出来る1番の時期だったとすれば、私はずっと大学時代に忘れ物をしてきた気持ちが消えなくて、時折悩むほど。
        それを、娘に託そうとまでしてしまう自分を猛省したり。
        幼い頃に、想像していた43歳、って、こんなじゃなかったなぁ…。少なくとも、あの頃私の周りの43歳、もっと大人な気がしてたなぁ…。
        でも今。たぶん、あの頃の43歳も、こんなだったんだろうとさえ思い始めています。これは開き直り?先輩諸氏の怒りを買うでしょうか?
        | よぴち | 2009/02/17 10:43 PM |
        よぴっちゃん???

        >いや〜、あさがおさんは、生粋のトウキョー男子、ってか、横浜シティーボーイでしょ。
        -----とちぎうまれですが、なにか?
        18のとき、「出身地は?」ときかれて「どこにみえるアンケート」を実施したさ。
        なぜか10人中3人が山形、あとはにいがたとかながのとか、関東近県はいばらきが1票。
        してぃーぼーいの称号は、長さんに!
        | あさがお | 2009/02/18 10:02 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/192