◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 大阪で生まれた女:BORO | main | 春よ来い:はっぴいえんど >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  あの頃のまま:松任谷由実  ○●○
    Facesちんは今日も学校を休みました。おとといも休んだところです。
    風邪で体調がすぐれないのは確かだけれど、この程度の基準で休んでいたら、
    もし社会人だったら仕事にならない。
    成績さえよければ、多少の規則違反は大目に見られてしまう学校、ちんはずっと、教育の本音と建前の間で嫌な思いをしてきたのはわかる。
    加えて、最近、保育園時代からの幼馴染の裏切りにあった。
    バカ親の私も、傷つき、腹が立った。もしかすると、ちん以上に。
    女の私に比べたら、そういうことには冷静な茶犬でさえ、その話をした時、少し声を荒立てていた。
    そういうことが、ちんの、学校に行って活動するエネルギーをそいでいるのかもしれない。でも、生きていくには、ゆっくりでも前に進み続けるしかない。
    生活や時間にゆとりができた今、人は生きるのに理由が必要になってきている。
    考える余裕もなく、ただ、今日より明日の世の中が便利で明るいことを信じて、1日1日精一杯働いたり、遊んだりしていたころと違って。

    ちんにも、自分のために、自分サイズの幸せの基準を持ってほしい。
    世の中や学校がなんと言ったとしても。
    そんなことを考えていたら、以前にもアップした「あの頃のまま」が、
    頭の中に流れてきました。

    私にとって、この曲の中に出てくる「馴染みの店」は、今はもうなくなってしまいました。学生時代、バンドの先輩に初めて連れて行ってもらってから、ずっと通い続けていた店。短い階段を降りる、地下にある小さな店。
    そこのカウンターと椅子は、私の体にちょうど良くて、そこに座るといつも、自然にほっと溜息が出た。
    マスターの、優しい、でも、時に叱られそうな、顔。
    プロというのはこんなものだなと感心するほどの客への気配り。
    ちんが生まれてからは、なかなか私が行ける機会はなくなっていたけれど(茶犬もたまにしかいけなかった、職場と離れてるので)、それでも、いつ行ってもボトルを流さないでいてくれて、しかも、狭い店の中に、たくさんありすぎて床の上まで並べてあるボトルたちの中で、この辺、というのを全部覚えていて、行くとすぐにボトルが出てきた。
    あの店で飲むハーパーが、大好きだったのです。

    でも、数年前、そのマスターは逝ってしまった。肝臓ガンだと思う。
    そのあとも、同じ場所で、当時のスタッフが店を続けていたけれど、
    やっぱりマスターのいないあの店は、どこか、私の中のあの店ではなくなっていた。
    「子供までいる女が、こんなとこで飲んでちゃダメ」って叱られそうで、
    敷居が高く感じられたこともあったけれど、
    今思えば、あの店で私は、やっぱりマスターの胸をお借りしながら飲んでいたんだなぁと思った。

    ちんはあと3年ほどで、私が初めてあの店に行った年齢になる。
    時代が違う、というのは百も承知だけれど、
    この曲のコンセプトは今も変わらず。
    どうか、ちん、幸せの形にこだわらずに、自分を生きて行ってほしい。
    以前アップした時は、ブレッド&バターのヴァージョンをお届けしましたが、
    今日は、作者であるユーミンのものをお届けします。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!

                                  あの頃のまま → 

    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | 松任谷由実 | 22:25 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 22:25 | - | - |- pookmark

        生きるっていうことは前に進み続けることです
        それがゆっくりだったり
        駆け足だったり
        苦しかったり
        楽しかったり
        色々ある訳です誰にでも
        そうだから生きるのは大変だけど前に進むしかない


        | key-san | 2009/02/20 12:43 AM |
        学校に行く気がイマイチ・・
        あったな〜
        鍵っ子だったので
        その気になれば休み放題☆
        でも、欠席のあとにまた出て行ったときの感覚がイヤで
        なんとか頑張って行ってました。
        友だちの存在も大きかった。。
        だから
        ちんちゃんの落ち込みが登校意欲をそいでいる・・っていうあたりも何となくわかる。。

        その子と同じ学校じゃないとしても
        友だちって何だろう・・があるもんね。
        そんなこともあるんだ
        っていう勉強だったと思って
        強くなっていってほしいね。。
        よぴちさんの「馴染みの店」ストーリー
        いいね〜
        ドラマだね〜
        マスターのイメージがわいてきましたよ〜
        ピアノが店内の雰囲気
        ユーミンの声の向こうのコーラスが
        お店のお客さんたちの静かな喧騒・・のような。。
        >しあわせのかたちにこだわらずに
        まさにそうだ
        自分のしあわせは
        ほかの誰かの尺度で測るんじゃなく
        自分が決めるんだな
        って・・あいだみつをさんみたいになっちまった  (*゜ー゜)ゞ
        | ありんこbatan | 2009/02/20 6:11 AM |
        信じていた人の裏切り
        あたしも何度経験してきたことか。
        そうやって
        人と人の波に揉まれ、
        人間って成長していくものだと思います。
        ちんさんも、もっともっと人の気持ちのわかる
        大きな人間になっていくと思います。
        苦しいことを踏み台にして
        ステップアーーーップ!^^
        | IKUKO | 2009/02/20 9:23 AM |
        ますたー とか おやじさん のいるお店。
        あさがおは、ワカゾーのころは無口で・・・。
        30すぎてからかなぁ、かうんたーへすわる度胸がついたのは。

        あ、23〜4のとき、あけものばしのたちぐいそばのおじさんには、グチをきいてもらったことがあったなぁ。
        | あさがお | 2009/02/20 9:53 PM |

        Key-san
        そうですよね。
        でも、それって、今の43歳の私には同感できるけれど、
        ちんの年齢の頃には、実感はなかった気がする…。
        だから理由なんか理解できなくてもいいから、
        とにかく歩き続けてほしいです。
        | よぴち | 2009/02/20 11:13 PM |

        ありんこさん
        ちんは、小さい頃からあんまり大きな声で泣いたり、我儘を主張する子でなくて、お店なんかでも親の方が買ってあげたくて、じれったくなるような子なんです。
        でも、今回は私の前で、声をあげて泣きました。
        結局、悲しいけど人生の中で、ホントに信じれる友達って数少ないと私は思っているんです。だから当然、みんな裏切られることをたくさん繰り返しながら、本当に信じられる友達を淘汰していくんだと…。
        時が解決してくれる、と、私は信じています。
        | よぴち | 2009/02/20 11:17 PM |

        IKUKOさん
        そうですよね。みんな、経験して生きてくんだ…。
        ちんは今、ちょっとした人間不信みたいになってるみたいで、それも私も経験したのでよくわかるんだけど、
        やっぱり生きていくと、人の温かみを感じることもあったりして、そうやって、許しながら、愛しながら、人って生きていくのかも…。と、ちょっと詩人気どり(笑)?
        | よぴち | 2009/02/20 11:19 PM |

        あさがおさん
        確かに、カウンターに座るのはなかなか勇気が必要だった。
        若い頃は、何となく、出来なかった。常連の場所、という感じもしたし。
        立ち食いそばのおじさんに、ってのも粋で、逆に大人を感じるけど。
        | よぴち | 2009/02/20 11:22 PM |
        馴染みの店ってきらいだった

        カウンターに座るのもきらいだった

        いつでも「異邦人」でいたかったのかも知れない

        根を持つ事で避けられないとらぶるが

        怖かっただけかも知れない


        なんだか相変わらずだな
        | chaboomin | 2009/02/26 6:57 AM |

        Chaboominさん
        確かに、私も対面販売より自動販売機、電話よりメールを好んでしまうところがある…。
        今でも、ご主人に顔を覚えられているようなお店は、避けたい日もあったりして、「覚えられている」ということが必ずしもその店に行く要因にはなってない。むしろ行かない要因になることが多い。
        あの店も、子供が生まれてからは1年に2〜3度行けたらいい方、って感じだったので、だからこそ、よかったのかも。
        | よぴち | 2009/02/26 9:13 AM |
        早速、のぞいてみました。

        素敵なblogですね。
        僕も音楽が好きで
        H.Nのchesterは僕の好きな
        LINKIN PARKのVo.のchesterからもらいました。
        よぴちさんにとっては雑音のような音楽かも?

        ”あの頃のまま”いい歌ですね
        僕の中でユーミンといえば”あの日に帰りたい”ですね
        といってもSugarSoulの97年にカヴァーした”ThoseDays"ですが

        あの頃は楽しかったなぁ

        あぁーあの日に帰りたい
        ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
        過去にすがる女々しい男の寝言です
        | chester | 2009/02/26 5:58 PM |

        Chesterさん
        ご訪問ありがとうございます。
        あの頃は楽しかったなぁ、って、ホントよく思いますよね。
        私は病気になってから、ほとんど自分の中では時間が止まっている感覚なので、なおのことです。
        ず〜っと同じ時代の中で、いつも夢を見ているように生きています。その分、記憶もわりとあって、毎日忙しく生きてる人がとても覚えてなんかいられない小さな思い出まで、鮮明だったりします。
        でも。
        やっぱり私は「帰りたく」はないんです…。
        もう、やり直すエネルギーなし(笑)。
        車の運転も、「バック」は嫌いなおばちゃんです(爆)。
        | よぴち | 2009/02/27 7:46 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/193