◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< あの頃のまま:松任谷由実 | main | そして僕は途方に暮れる:大沢誉志幸 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  春よ来い:はっぴいえんど  ○●○
    はっぴいえんどなぜか、このところVOXでの音楽ファイルのアクセプトが悪く、今日はこの曲、と思い曲をアップできず、更新が滞っています。

    今年も、「ああ、寒くなってきたなぁ」と思い始めた頃には、また長い、耐え忍ぶ季節がやってきたように思っていたのですが、気がつけば、もう2月も終わり。
    ちんは、卒業する先輩たちへの色紙の準備をしています。
    春。あたたかくて、何か新しい、ワクワクする春。
    でも、それと同時に、必ず別れもあってしまう…。
    この季節は、いつも、Billy Joelの"Say Good bye to Hollywood"の中の
    "Life is a series of hellos and goodbyes
    I'm afraid it's time for goodbye again"
    の歌詞を思い出してしまいます。
    この曲は、私が学生時代、自分の周りの大切な友人やその親御さんに、
    それまで私が友人のためにやってきたつもりのすべてを否定されて、
    そこに就職問題も絡んで、自分の母にさえ、それまで家庭のために犠牲になってやってきたつもりの自分を全否定されて、
    本当に打ちのめされた、人間不信にさえ陥った時に、
    バンドでコピーしていて、しみじみとこの歌詞をかみしめた思い出の曲なのです。
    もう、あの時の私には帰る場所がなかった。何カ月も実母は私と口をきいてくれない状態が続いていたし…。
    夜中3時過ぎまで飲んで、財布の中には700円くらいしかなかったけれど、
    ガソリンだけは満タンに入っていたので、
    国道を神戸へと走った。
    いつ死んでもおかしくなかったな、と思うほどの暴走で、
    海岸線でヤンキーの車に追いかけられるも、ぶっちぎって走った。

    その時、神戸の、茶犬の周りの友人たちの「普通」の気遣いがとても温かくて、
    「自分は、間違ってないよね、生きていてもいいよね」って心からホッとした。
    そして、卒業を迎えたのです。

    今日は、まだほんの少し肌寒い、春と呼ぶには少し図々しいこの頃に似合いの、
    「春よ来い」をお届けします。
    もう、イントロからいきなり70年代の音。
    いつもいつも繰り返してしまいますが、はっぴいえんどのセンスは、
    ちょっと光っていました。
    音楽の教科書に載るような、爽やかでも暖かでもない「春よ来い」。
    生まれた時から日本がすでに「自由」だった、そんな若者たち第1号の、
    自由な旋律をお楽しみください。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。
                                    春よ来い → 




    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | はっぴいえんど | 22:10 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 22:10 | - | - |- pookmark
        74年某高校講堂

        オラのBassでびゅぅはこの曲だった

        「自由」が見せかけだと気付きだした頃

        それにしてもオラのキオクは漂白されてサラサラだ
        | chaboyend | 2009/02/27 11:23 PM |

        Chaboyendさん(←それにしても毎回よく思いつくなー笑)
        そっか、でびゅうはこの曲でしたか…。
        もう、いきなりイントロから70年代してて大好きなんです。
        ちなみに、娘のちんもこの曲好きだそうで…。ま、ちんは、はっぴいえんどでは「はいからはくち」がダントツの1位みたいだけど。
        いいね、記憶がサラサラなのは。
        私のココロも、サラサラよ♪(←大嘘!)

        | よぴち | 2009/02/28 12:02 AM |
        春よ来〜い・・この声きいてたら
        なんとも
        なつかしい気持ちになってきました。
        講堂横にささやかに作られた屋外ステージ
        雑然と置かれた機材
        腕組みしながら観てる人
        その前を堂々と横切って歩く人
        そんな風景の中にしばし。。
        そっか〜
        よぴちさんには
        ちょっとつらい春の思い出・・があるのね。。
        自分がもうグチャグチャになってて
        誰かにすがりたい
        何かやさしい一言が欲しい
        だけど
        ただの慰めは悲しくなるだけ
        っていう時・・「普通」の気遣いが身体にしみるんだよね〜
        やっぱり
        これは
        女の世界より
        男の世界で得られるものなのかも。。
        春は環境の転期
        心も脱皮したがってるんだよね
        学校を卒業する子たち
        夢を持ってがんばってほしいな。。     
        | ありんこbatan | 2009/02/28 6:01 AM |

        ありんこさん
        田舎の、ほとんど単科大学のようなところで、なんだか閉鎖的でみんな価値観が似てる感じで、ちょっと異端児だった私は、どこか息苦しさを感じながらの学生生活だったのです。生活環境も、全然違ってたし、周りは親に車を買ってもらったり、家が遠いわけでもないのにマンションの部屋を借りてたり…。でも数の暴力で、そっちが普通で私が普通じゃない、といわれると…。そのうち、「私がおかしいのかな」と、気持ちが揺れてしまいます。
        そんな中、茶犬の周りの人たちのフツーの気遣いが、私には、自分の感覚に自信を持つ材料になったんです。
        人ってみんな、ある意味ひとりで生きる。
        迷惑をかけない中で、自分を貫いて、納得して生きてほしいですね。
        | よぴち | 2009/02/28 1:37 PM |

        細菌の和歌象は・・・。

        「でも数の暴力で、そっちが普通で私が普通じゃない、といわれると…。」
        ここすうねん、「お風呂とトイレが別」がいいという男子学生が増えている。
        りゆうはまだない。
        ただ、「俺は、ふろとトイレが別だぞ〜」と、
        自慢するオバカがふえたためらしい。

        もっと、オバカがいて、
        「某誌によれば、お風呂とトイレが別の部屋でないとおんなのこが泊まってくれないんですよ」というせつじつなようでばかばかしい理由だった。

        「僕よりも真剣にお部屋のことを考えてくれる」・・
        「僕のことはどうでもよくって、お部屋にほれてやってくる」・・
        きみを「ヘッシー」君とよぼう。
        「あっしー」「めっしー」「へっしー」

        (ちんちゃんがみるとまずいネタかなぁ。やばかったら、消しといてください)

        | あさがお | 2009/03/01 10:00 PM |

        あさがおさん
        へ〜、そうなんだ…。
        私ももちろん、お風呂とトイレ、別々がいいけど…。
        それは単に、濡れないように気を遣いながらお風呂入るのが嫌だから。出張時のホテルなんかで、いつも楽がない思いで入ってます。
        まぁ、「ばかばかしい」なんて言わずに…。
        人生には、それこそが「すべて」という時期もあるからさ…(笑)。
        | よぴち | 2009/03/01 11:35 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/194