◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 春よ来い:はっぴいえんど | main | 歳時記:さだまさし >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  そして僕は途方に暮れる:大沢誉志幸  ○●○
    そして僕は途方に暮れる風は幾分冷たくとも、確実に春の訪れを実感する毎日。
    今朝も、茶犬が出勤する朝6時半過ぎの時点では、車の窓は凍みついていましたが、日中はぽかぽか陽気。ちんも、朝、着て行ったコートが、昼、期末試験を終えて迎えに行った時にはもう、暑そうに見えるほどでした。

    今日は受診日でした。
    私の今の症状のいろいろについて、主治医と話し合いました。
    が、やはり、結論はいつもと同じ。
    私の見解と主治医の見解はどこまでも同じ。
    それは喜んでばかりもいられないことで、要するに私たちの見解は、
    そのままの延長線上には、今の私の症状はつながらず、
    「じゃあなぜ、こんな症状が出るんだろう?」という、
    ???の結論になってしまうからです。
    だから、この先どうなるのか、全く予想がつかず。
    よくなっていくのか、悪くなっていくのかもわからない。
    とにかく今できることは、悪い白血球が増えてくるかどうかを常に見ながら、
    インターフェロンの量を加減すること、
    他にいろいろと出ている症状については、
    その症状を緩和できる方法があるものは、投薬などで対処して、
    経過を見ることしかできない。
    せっかちな私としては、先々の予測が欲しい。
    今、どんなにつらくとも、先々よくなっていくとか、
    このつらさも、終わりが来ると分かれば、我慢が出来る。乗り切るための努力が出来る。
    人はどんな時も、必ず「希望」が必要なんだと、しみじみ思います。
    パンドラが箱を開けてしまった後に、最後に残されていたものは「希望」だった。
    これこそが神の恵みなのでしょう。

    今日お届けする「そして僕は途方に暮れる」は、なんと発売後25周年だそうで…。
    この曲が大流行した頃のことを、こんなにも鮮明に記憶しているのに、25年も経っていたのか…。一言で「ショック」といいあらわすに余りある、なんだか不思議な気持ちです。
    私にとって、この曲はなぜか、「春」のイメージ。
    今年も、寒い冬はじっとやり過ごすぞ、と思いながらの毎日でしたが、
    今年はそんなに冷え込まず、雪もそんなに多くは降らないまま、
    今日の陽気や花木の様子、小鳥のさえずりなどから「春」を感じるところまで来ました。
    ラジオで、今日のFAX、メールのテーマは「この春、何か始めようと思っていることがありますか?」です、なんて言っているのを聴いて、
    そういえば私はこの4〜5年、何か始めよう、というような気持ちになってないなぁ、と思いました。現状維持が精いっぱいで、他人を交えた「新たなこと」は、始める勇気が持てないでいます。途中で、必ず迷惑をかけそうだし、そうなると申し訳ない気持ちから、ものすごく自分にプレッシャーがかかりそうだし…。

    それでも。
    なにか、春めいてきて気持ちが軽くなってきています。
    少しずつ、いい方に向かっていくような気が、してる。
    そんなわけで、春の曲、です。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつも本当にありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                             そして僕は途方に暮れる → 
    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | 大沢誉志幸 | 22:40 | comments(8) | trackbacks(1) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 22:40 | - | - |- pookmark
        ホント?
        25年?
        流行った頃のことをそんなにはっきりおぼえてるわけじゃないけど
        聴きはじめてから
        そんなに時間が経ったのね〜
        今ここで聴かせていただいて・・
        あれ?
        こんなにリズム感の心地いい
        楽器たちが活き活き跳ねてる曲だったけ?
        YouTubeではこんなにいい音のものは聴いたことがなかったから
        ちょっとこの曲を見なおしてしまった・・なんてエラそうに。。
        慢性的な病気で受診していて
        なぜ、こんな症状が出るんだろう?
        って腕組みされた経験あるけど
        それこそ
        途方にくれる・・って感じなんだよね〜
        うんうん
        もうじき症状はなくなる
        とか
        いい方向に向かってる
        とか
        言ってもらえるとすごくホッとできる。。
        気分が明るくなるから
        身体の方もそれだけ快方に近づくんだろうね〜
        身内の場合も
        もうじき治るんだって!よかったね〜!!
        って
        明るく笑って接することができるから
        病人本人も楽になるんだと思う。。
        そう思うと
        お医者様の言葉って重いもんだね〜
        よぴちさんの場合は
        知識があるだけに
        いい加減なことが言えなくて
        先生も慎重になるんだろうなぁ
        だから
        大丈夫!って言ってくれたときは
        ホントに大丈夫!!なんだよ
        その日が早く来るといいね☆
        | ありんこbatan | 2009/03/06 4:53 AM |

        ありんこさん

        あれ?
        こんなにリズム感の心地いい
        楽器たちが活き活き跳ねてる曲だったけ?
        .............................................
        …でしょう?
        邪魔しない程度に素敵なパーカッションが入ってるんですよ。当時、流行ってた新しいシンセサイザーの音で、ふんわりと全体を覆いつつ、これまた当時の新しいシンセの音で、リズムを刻んで…。
        音自体はすごく透明感があるのに、パーカッションとかヴォーカルはFunkyなんですよね、それがなんだかいいのです。

        私はなぜかこの曲は春のイメージなのですが、特に、やさしい雨の降る春なんです…。
        「別れ」もまた、ある意味「春」の代名詞。
        | よぴち | 2009/03/06 1:14 PM |

        始めてみようかと思う事はありますが
        自信がないんですね
        それはダイエット
        そして僕は途方に暮れるんですね?!

        | key-san | 2009/03/07 9:40 PM |

        Key-san
        ホントにダイエット必要なんですか?
        世の中、「メタボ」が大流行、年齢も何も関係ないBMIや、「腹囲」で騒いでますが、私は、メタボ健診におおいに疑問を感じているひとりなのです。
        結局、内科を受診したら、体のサイズでなくて、血液中の脂質や糖代謝の状態で診断する。その血液検査をやっているのにもかかわらず、さらに「腹囲」のような、アバウトな数値を測定することに意味があるのか???
        もちろん、腕に採血の注射針を刺さず、血液検査をせずにメタボの疑いがあるかどうかを見る、というのなら、腹囲測定も意味があるのでしょうけど…。
        あ、話がそれてアツくなってしまいました。ダイエット、ですね。何が言いたいかというと、Key-san、そんなに切羽詰まってないのならやらなくていいよ、ということです。
        年齢相応の体重、体脂肪率、というものがありますから。若い人と同じような体型でなくていいんですよ、健康上は。
        実際、血液検査でメタボ症候群の診断が下されてるんじゃないのなら、別にいいじゃあないですか。あんまりお酒も飲まないんだし。楽しく行きましょー(笑)!
        | よぴち | 2009/03/07 10:19 PM |
        よびちさんこんにちは〜♪

         パラも先日Dr.に、今のままでは生活に「希望が無い」と訴えたところでした。

         何をしても完全は無いけれど、どう捉えるかによるからと、今技術では一番信頼するDr.とのお話でした。

         悪いところに目を塞いでも、逃れ切れないものが常に有ります。

         このところはとてもお元気そうで良かったなと思っていました。
         最善は、どうあるのか自分で最終は決めなくてはならないかもしれない。

         上手に表現できないけれど、今日は此処までね♪

        | パラ | 2009/03/08 11:44 AM |

        パラさん
        人はみんな、いろんなことを抱えていますね。
        私の場合は、やはりどう考えても、まだ家族を残して逝くということの中に幸せを見出すことはできそうにありません。
        とらえ方次第、というのであれば、今は自分の、この運命について、よいとらえ方はできそうにないんです…。
        器が小さいとか、人間的に未熟だとか、どんなふうに言われても、です。
        だから、毎日「現実からどう気持ちを逃すか」ということが課題になっています。忘れて、過ごしても、ず〜っと考えながら過ごしても、同じように時間は流れて、それが積もって「人生」ということになるのであれば、と…。
        やらないといけないことが適度にあると、それも逃れるためのいい手段になるし、あとはギターを弾いたり、何かを作ったり…。そうして15年生きてきたように思います。
        | よぴち | 2009/03/08 2:46 PM |
        こんばんは。
        過去の日記にコメントするってほんの少し未来からお邪魔するような気になりますね。

        僕の場合、日記の内容を曲タイトルにすることが多くて…
        この曲なんて毎日でも使いたいです。

        何なんでしょうね…銀色夏生の詩が妙に素敵で…
        君の選んだことだからきっと大丈夫さ。

        それと僕が思い出すのはカップヌードルのモノトーンの女の子の顔です。

        おやすみなさい。
        | 風√空 | 2010/10/24 12:37 AM |
        ...................................................................................

        風√空さん

        ああ、ここにコメントをくださったおかげで、
        今、頭の中に、この曲が流れ始めて、
        すごく、いい気分になれました。ありがとうございます。
        今日、最後に、素敵な曲で、眠りにつける。。。
        尤も、この曲を聴いたり、頭の中で反芻するということは、
        必ずしも、「穏やか」だったり、「ウキウキ」だったりはしないのですが…。
        この曲が流行っていた当時は、きっと、ウキウキだった気がしますね〜、なんとなく。
        でも、今や、ちょっと、せつない曲にもなってるなぁ。
        理由はひとつ。自分が、その時点にず〜っと居られたらいいなぁ、と思うような頃の曲だから。

        風√空さん、私、女性の方だと決めつけていました。
        男性だったんですね。失礼しました。
        どちらでも、構わないことですが(^_^;)
        | よぴち | 2010/10/24 12:58 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/195
        そして僕は途方に暮れる
        よぴちさんのブログを読んでいて、大沢誉志幸の「そして僕は途方に暮れる」が発売されて25年経ったということを知りました。そうか。四半世紀か。ある意味途方に暮れる思いがします。 そして僕は途方に暮れる(25th ver.) 大澤誉志幸 大沢から大澤へと改名(漢字
        | 凛太郎亭日乗 | 2009/03/07 4:53 PM |