◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 歳時記:さだまさし | main | 旅立つ想い:南こうせつ >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  ひと足遅れの春:とんぼちゃん  ○●○
    ひと足遅れの春この前のブログに書いた第一志望がダメだった、ちんの先輩は、結局、浪人の道を選んだようです。
    東京で、その第一志望用の予備校に通う、と。
    入寮したようで、ちんに「TVは談話室にしかない」という話をしたそうで。l
    他の先輩も、「○○先輩は××日に福井を出発だって」などと、具体的に出発っていく様子が感じられて、いつものように私まで、新鮮な、そしてほんの少し身の引き締まるような思いを共有させていただいてます。

    今日、お届けする「ひと足遅れの春」、
    どんなふうにでも解釈できる詞なのですが、私は例によって、いろいろ決めつけて聴いています。
    なんとなく、この二人はNSPの「さようなら」の二人のような気がしているのです。
    「こたつ」という言葉が出てくるからかな…。
    でも、チューリップ「サボテンの花」のように、突然飛び出して行った、若い恋ではなくて、例えば卒業などの状況によって離れ離れになり、そのうち心も離れて行った、という感じ。。。

    私は、自分が小学校高学年から中学くらいまでの間に、「第一次自分の音楽時代」を迎えました。どういうことかというと、TVの番組などで勝手に耳に入ってくる音楽(歌謡曲や演歌など)とは違う、あまりTVでは聴けない音楽で自分の好きなものを、ラジオや、近所のお兄さんお姉さんのレコードやテープから聴いた時代。
    その時、自分の中では、「ニューミュージック」という言葉がイマイチ納得できなくて、ずっと、そう呼ばれている音楽を、勝手に「フォーク」と「ロック」に分類して捉えていたように思います。
    でも今思うと、「ニューミュージック」だな、と。
    多分に歌謡曲や演歌の要素を含んでいる曲が多い。でも、従来のものとはどこかが違う。やはりこれは、表現するなら「ニューミュージック」ということになってしまうんだろうな、と、今は思います。
    あの頃は、「ピンスポット」の時間しか見えてなかったから。
    望んだわけでもないのだけれど、今は、もう少し前から、その後まで、見えてしまったからでしょうね…(笑)。

    この、「ひと足遅れの春」にも、歌謡曲の親しみやすいメロディーラインを感じ取ることができると思います。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!

                               ひと足遅れの春 → 


    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | とんぼちゃん | 18:54 | comments(6) | trackbacks(1) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 18:54 | - | - |- pookmark
        とんぼちゃん、なつかしいですね
        よびちさんがぼくより
        かなり若いのによく昔の知っていると
        関心してます、

        福井から旅立つ、若い人、
        僕の友人も30年近く前
        そうだったんだな、
        福井駅もかわったろーな
        | 長七 | 2009/03/18 9:50 PM |

        長七さん
        福井駅は、新しくなって、新幹線を迎え入れる駅として(実際は、最近予算がついたばかりで、駅が先行しちゃったんですが)、高架対応の今流行な駅になりました。でも、肝心の駅周辺の街づくりが今ひとつで、浮いてるんですが。
        ご友人のお父様が駅長さんしておられた、って言ってなかったっけ?そういえば、私がよく行く、例の「マスターが逝ってしまった店」の厨房の人のお父さんも駅長さんだったんですよ。福井の前には北海道の駅にもおられたって言ってたなぁ…。
        | よぴち | 2009/03/18 11:03 PM |
        ニューミュージック
        具体的な言葉で定義づけて考えたことはなかったけれど
        確かにそうだ・・
        多分に歌謡曲や演歌の要素を含んでいながら
        それとも違う。。
        アレンジや歌い方によっても
        かなり別歌になって
        同じ曲なのにジャンルは別れてしまいそうなものもあるよね。。
        拓郎さんの歌がその代表かな。。
        森進一さんや由紀さおりさんが歌えば
        演歌、歌謡曲なのに
        拓郎さん御自身が歌えば
        ニューミュージック☆

        どろどろした演歌や
        いかにもテレビ向きっていう歌謡曲に
        嫌気がさしてる人にとっては
        ニューミュージックとして聴いた方が心地いいんだろうね。。
        今のテレビの歌番組は
        ほとんどのものが
        チラ見する限りはやかましいだけ。。
        ラジオもFMは同じ曲を流すものが多いよね・・それでも
        ちゃんと聴かせてくれるところは
        テレビよりまだいいか。。
        寮には「TVは談話室にしかない」・・っていう状態
        今の子には不満かなぁ。。
        これを機にラジオデビューして
        音楽に目覚めるかも・・ね!        
        | ありんこbatan | 2009/03/19 4:48 AM |

        ありんこさん
        そっか、拓郎さん、ね…。
        私の中では、松山千春さんだったり、渡辺真知子さんだったり…。やっぱりTVで観るよりラジオで聞く方が多かった。コッキーポップですよ、大石吾郎さん。それから、若者の代名詞、オールナイトニッポン、セイヤング、e.t.c…。
        ちんの先輩の場合、TVがないから困る、というニュアンスでは決してない気がします。あの子はもともと、そんなにTV中心の生活してない気がする…。
        私の周りで1番TVに縛られてるのは、茶犬とわが妹のような?
        | よぴち | 2009/03/19 6:20 AM |
        てれびのないせいかつなんて・・。

        実は、やってみたことがある。18〜19歳の1年と、30〜32歳の2年間かな。(べつに、税務署にはいっていたわけではないよ。)
        部屋においてないというだけで、銭湯とかそば屋とか、けっこうあちこちで見てはいたんですが。
        後者はリレハンメルオリンピックにあたっていて、ラジオできく冬季オリンピック中継なんてもう、妄想力の鍛錬としてはさいこうです。
        | あさがお | 2009/03/19 7:56 PM |

        あさがおさん
        TVに縛られてるのって、意外と私たちのような、世の中にTVが普及し、けど、それ以外の、たとえばゲームとか、ネットとかっていう娯楽があまりない時代に育った者たちではないでしょうか?
        今の子供達って、TVなくても結構大丈夫な気がする。むしろ、ないと困るのはケータイとかPCなんじゃないかな…。
        | よぴち | 2009/03/19 10:54 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/197
        とんぼちゃん「ひなげし」
         最近、とんぼちゃんばかり聴いている。特に理由はない。だが強いてあげるなら、郷愁かもしれない。なんかいいんですよね。  とんぼちゃんをちゃんと聴いたのは、実は80年代半ばになる。知ったときには、もう解散していた。正確には「ひと足遅れの春」はラジオのエア
        | 凛太郎の徒然草 | 2011/06/01 9:36 PM |