◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< プライド | main | 銃爪〜ひきがね〜:世良公則 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  I 've been loving you too long : Otis Redding  ○●○
    Otis Redding脚の方は、順調に疲労回復してると思います。この疲労が取れれば、あとは、気をつけていれば、そんなに頻繁には連鎖発作にまでは至らないと思うので、気を緩めずに、筋肉痛が取れるのを待つばかり。
    昨日から、ファンケルの、「メリロート」という、利尿作用や血行促進作用のあるハーブサプリメントを飲み始めました。少し、水分が排出されてる感があります。
    むくみも、茶犬にリンパマッサージをしてもらって、少し戻ってきていたし、サプリメントの作用も多少はあるのか(あったとしてもこんなに速効はないと思うのですが)、一時期よりはマシな気がします。
    人間、前が見えないと不安になりますね。
    少しずつでも回復の兆しがあれば、希望を持って待つことが、そう難しくはなくなる。
    ただ、どうなっていくのか見えないと、不安で仕方なくなってしまうのです。

    仕事の方も、とりあえず電話やメールをし、もしかするともう、痛い足を引きずって、「そこそこ社会人が勤まってるよ」のフリをしてまで、行かなくても済む気がしています。良かった…。近頃は、インターネットというものが出来て本当に良かった。こうして、いろいろな方とお友達になれるし、買物も出来るし、私なんて本当に最近は、ネットのおかげでどうにか社会人を継続できているようなものです。本当にありがたい。使い方間違わなければ。

    今日・明日と茶犬は銀山で有名な(世界遺産)石見と、出雲への出張です。
    何も用事もないのに、さっき電話がかかってきた。さみしいのでしょうかね。彼、友達いないから。
    でも、さすがに私たち付き合いが長すぎて、そんな、話すこともないし、こういう時、夫婦の場合、結局強いのは女なのです。
    いつまでも電話を切ろうとしないので、私が切りました。
    世の男性諸君、母は強いのですよ、十分ご承知でしょうが。
    ただ、母も女になるときがあるとすれば(例えば昔の淡い初恋などを思い出して)、その時は弱くなってしまう。
    男も女も、ロマンには弱いのです。

    今日は、皆様の淡い初恋のような、私の大好きな Big O、”オーティス・レディング”の ” I 've been loving you too long ”をお届けします。
    「ずっとずっと長い間、私はあなたを愛していた、そして今も。」というところでしょうか。

    今宵もあなたに素敵な夢の時間が訪れますように。

                       I 've been loving you too long → 


    0
      | Otis Redding | 23:23 | comments(7) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 23:23 | - | - |- pookmark
        よぴちさん!
        オーティス・レディング好きでしたか?

        私、めっちゃ、好きやねん。
        うれしいわ〜。

        ライブインヨーロッパのライブ盤のレコードが特に好きです。

        体調、少しよくなって良かったね。
        | iku | 2007/11/06 11:58 PM |

        Ikuさんへ

        私も、ライブインヨーロッパのライブ盤が1番好きです!
        なんでかな〜、拓郎さんといい、加川さんといい、好みが似ているなあ…。この3人の音楽に何か共通点でもあるのでしょうか?
        | よぴち | 2007/11/07 12:03 AM |
        う〜んいいねぇ・・♪
        よびちさんも少しは楽な状態になったのかな?
        ブログのページのトーンが明るめに感じます。

        ホントに御主人とラブラブの御様子・・ごちそう様です!
        電話は・・よびちさんを心から心配してて、傍にいられないもどかしさ・・でショー☆
        よびちさんの愛情とか感謝の気持ちが凄く伝わって来ます。
        なんか、ワタス・・とってもハッピーな気分にさせて頂きました!
        | ありんこbatan | 2007/11/07 9:55 AM |

        ありんこさんへ
        いつもありがとうございます。
        茶犬とは、確かに普通に仲良し夫婦だと思いますが、傍にいられないもどかしさ…は、なさそうですね。
        彼は仕事は忙しい上に、いつも私と義母の介護で大変だなと思ってるので、ま、しばし休息していただければと思っています。
        今日は全国的にいいお天気。お偉いさんのお供で午前中は石見銀山の観光だそうですよ。午後、出雲で少し仕事をして、22:00ごろ福井着だそうです。
        | よぴち | 2007/11/07 10:40 AM |
        よちびさんはインターフェロン始めたのは、白血病発見があってからすぐでしたか?

        発見されたのは健康診断か何かだったのですか?

        茶犬さんが出張されている石見銀山が私の出身県です。近くに津和野子があって山陰の京都と言われています。

        私は昨年の夏頃は毎週土曜、日曜には10キロ以上のジョギングをしていて、病気で医者にかかったのは今回がはじめてでした。だから慢性骨髄性白血病と言われてもぴんと来なかったのですが、「あと1年から5年と」医師に言われて「あ〜大変なんだ」と思った程度だった。

        だから今も病気と真剣に向き合っているとは言えないが、ただ血液の病気だから、血液さらさらの爲のサプリメント、梅エキスやプロポリスなどを飲むようになりました。

        お互い不愉快な病気に取り憑かれてしまいましたが、病気とは喧嘩せず、仲良くならず 距離を保ちながら明るく行きましょう。
        | も〜いいかい〜 | 2007/11/07 1:04 PM |
        長七さんのところから、回ってきました。
        ご自宅に戻られているご様子です。

        >世の男性諸君、母は強いのですよ、十分ご承知でしょうが。
        ----------
        このことばと、全く反対なことを書いてきてしまったような・・・。でも、ないかな。
        男の子が母親には弱いのは、一生涯かわらないパワーバランス。
        ほんとうは強くなりつつある息子でも、あえて弱いポーズをとらないと、パワーバランスが揺らいでしまいます。

        でもここは、やせ我慢も含めて、背伸びをしてでも、言い返さねば。
        ------世の母親諸姉、息子と娘も強いのですよ、見ないフリされているのでしょうが。

        息子や娘の出番を用意してくれない、仕切り屋の母に、手をやいています。母が無理をする姿など見たくもないのに、無理をやらかしてくれます。
        よぴちさんは、「無理をしないよい母親」めざしてくださいね。無理はできるときだけすれば、いいんですよ。
        | あさ・がお | 2007/11/08 2:54 AM |

        あさ・がおさんへ
        我が家も、9月に義父をなくし、とうとう義母の世話は次男ですが福井に残っている私たち夫婦(長男は東京で独身生活)に回ってきました。
        義母はあまり社会経験がなく、当然車の運転も出来ないので、具体的には何も出来ません。
        でも、毎週末、電話がかかってきて茶犬はその世話で辟易しているようです。あさ・がおさんと同じで、義母は「母だから」という理由で無条件に茶犬を否定するからだと思います。
        母は強い、それは、具体的なものに対してじゃないのです。男性も、家族に対しては同じだと思いますが、子供のためなら、夫のためなら、という精神的なものですね。
        しかし悲しいかな、それはいつか子供矢夫に迷惑なものになってしまう。見返りを求めちゃいけないんですね。そこが、人として弱いところです。
        | よぴち | 2007/11/08 10:21 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/20