◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 夕焼け:高田渡 | main | Musician:伊勢正三 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  プリズナー:柳ジョージ&レイニーウッド  ○●○
    Y.O.K.O.H.A.M.A.年度末・年度初めといえば毎年、自分の契約更新のことで気分が悪い時期です。
    例によって、今年も嫌な気分で交渉中。
    自分に値段をつける、というのがどうにも私は苦痛です。
    じゃ、無料ボランティアをやるかというと、私自身は正直その方が、精神的には「ひけ目」を感じなくていいのでベターなのですが、独身ならともかく、家族がいると、そうもいかない…。多少なりとも、家族も巻き込んで仕事をするわけなので、ボランティア、では、できれば自分たちの世話だけに専念して体を温存してほしいと思っている家族への説得力がない。
    理事長以外の「お偉いさん方」には、ことごとく嫌われている私。だから、ホントに、嫌な時期。でも何とか乗り越えるしかない。
    私は理事長にだけは恩義があるのです。だから理事長が存命の間は、理事長の命にはそむけない。今、理事長のことも何も考えず、「辞めます!」と放ってしまったら、人間として、恩知らずだと自分を責めながら生きて行かなくてはならなくなる。それは、嫌なんだ…。

    どんな人も、ひとりでは生きていけない。
    だから、いろんな人に助けられているけれども、
    それは逆に、自分を縛ることになることもある。
    それでも、自分が信じた通りに生きて行くしかない。
    時には、「こういうのって、よくないよなぁ…」と思う生き方になったりしても。
    どんなふうに生きるか、毎日、毎瞬、自分で選択しているんだ。
    その自分の選択が誤っていることに気付いたとしても、
    自分の人生として受け止めて生きて行くしかない。

    今日は、少し疲れた気分を癒す意味でも、この曲が私の中に響きました。
    大好きな柳ジョージ&レイニーウッドの、アルバム「Y.O.K.O.H.A.M.A.」の1曲目です。武道館での解散ライヴの時は、エンディング曲でした。
    ”踊り続けて”行くしかない…。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                 プリズナー → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 柳ジョージ(&レイニーウッド) | 20:30 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 20:30 | - | - |- pookmark
        柳ジョージ&レイニーウッドの曲
        ラジオから流れてくると
        う〜んいいなぁ・・って手がとまっちゃう
        特集だったりしたら
        ず〜っと何もしないでひたすら聴いてる。。
        だけど
        タイトルをいえるものはほんの少し。。
        このアーチストの曲っていうだけでいいんです!
        歌声のかすれ加減が
        ほかの誰のかすれ声よりも好き!
        ボランティアという言葉に抵抗はあるけど
        一応そういう形でのことをしていて
        それがさせてもらえていることには
        ホントに夫に感謝しています。
        好きなようにさせてもらえるってありがたいことなんですよね。
        でも
        それも
        家族の生活に影響なくできることしかしてないので
        夫より帰りが遅いとか
        家事にしわ寄せがいって
        いつもと違う日があるとか
        がないから。。
        よぴちさんのような働き方(どんなんか細かいことは知らないクセに・・ごめんなさいっ)だったら
        やっぱり
        報酬はもらわなくちゃいけない!
        お金の交渉って
        ホントに嫌なんですよね・・う〜ん・・憂鬱さはわかるなぁ。。
        自分がどんな風に生きるかの選択
        そのときにコッチ!って決めて歩いてきてしまったら
        もう
        後悔はしたくない
        後悔したら
        そのときの自分を否定するみたいで悲しいもの。。
        常に
        コッチでよかったんだ
        って思いながら日々を重ねていきたいです
        | ありんこbatan | 2009/04/04 5:18 AM |

        ありんこさん
        ボランティア、って、結局、「させてもらってる」んだ、っていつも思います。そうすることで、自分がいい気分になるというか、自分が嬉しいんだもんね。
        身体的な負担のみならず、仕事をしていると、ストレスも少なからずあるし、家族にしてみれば、できればそういうことは避けて、自分たちの世話を「もっと愚痴を言わずににこやかに」やってくれればそれでいい、って思うんだと思う…(でも、お仕事しなくても私は家事には愚痴を言いそうだけど笑)。
        自分の選択に後悔をしても、もう戻ってやり直せるわけでもなく、やっぱり前に進んでいくしかないんですよね。それなら、腹をきめて、常に前に進むべし!…わかってるけど、時々、「な〜んであんなことやっちゃったかなぁ…」なんて、落ち込んだり。
        こうして、私の人生が刻まれていくんですね。
        | よぴち | 2009/04/04 9:50 AM |
         よびちさんこんばんは〜♪

        お久し振りです。

        どんなふうに生きるか、毎日、毎瞬、自分で選択している。
        確かにそうで、いつも自分に恥かしくない自分でいたいと努力しているはずなのに、いつも自分は羊だなと思ってしまう〜〜気持ち的に、群れるのは余り好みではないから。

        自分の人生として受け止めて生きて行くしかないと言えるよびちさんは後悔無い人生、誇りを持てる人生ではないかしら。

         今、パラはどうか?
        迷い多い人生、過去も何故そうだったのか?
        謎解きの自分の足跡です。





         
        | パラ | 2009/04/05 10:06 PM |

        パラさん
        私も全く同じです…。
        毎日迷って、ホントは後悔して…。
        でも、後悔してもどうにもならないし、
        運命は自分の力ではどうにもできないこともあるし、
        一生懸命、誤魔化しながら前に進んでる…。
        ひとつだけ、昔に比べて変わったことがあるとすれば(あえてそれを成長と呼びたいのですが)、それは、諦めるのが上手になったことです。
        | よぴち | 2009/04/05 10:50 PM |
        こんばんわ
        私なんか何もわかってない奴が大変失礼かもしれませんが、無理されないでくださいね。
        | 浅羽由紀 | 2009/04/06 11:34 PM |

        浅羽さん
        コメントありがとうございます。
        こんな、コメントのしようがないような愚痴話に、皆さん付き合ってくださるだけでなくコメントまで書いて下さると、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
        なかなかに図々しい私なので、無理は決してしてません(笑)。すでに楽な毎日を過ごしているくせに、「超」楽な毎日を望んでしまう贅沢者なんですね。誰もみんな、いろんな中で懸命に生きている。言葉に出してしまう私は、むしろ幸せですね…。
        | よぴち | 2009/04/06 11:50 PM |
        ほんと、あの震災のときは
        ボランテイア元年といわれるほど
        いろんなことがあったな。
        「ありがとう」もいわない
        といいながら去ってゆく、偽善たち。

        そう、何事も求めてはいけない、
        全部、自分のため
        全部、自分の修行だな、
        あれは、
        | 長七 | 2009/04/08 12:02 AM |
        最後に風呂入るんで

        洗濯機のたいまぁせっとはオラの役目

        でもって時間間違えたり洗剤入れ忘れたり



        間違った洗濯?

        ぼらんちあですから!
        | 柳chaboji | 2009/04/08 12:36 AM |

        長七さん
        何かあると、わりとあちこちで、ボランティアについての論議が巻き起こりますね。
        難しい概念です。アメリカでは、実験研究をする時に、有料でやる被験者を募りますが、これって日本だったら「アルバイト」という感じですが、英語で論文に書くときは「ボランティア」って書くんですよ。
        各国、各宗教、なかなか深い問題ですね。
        | よぴち | 2009/04/08 7:32 AM |

        柳chaboji さん
        ぼらんちあでも、「タイマー間違え」「洗剤入れ忘れ」、許せんな…。
        でも、みんなの洗濯物と一緒に洗えてもらってるんだ…。我が家は、茶犬のカッターシャツとかTシャツは、1回首回りを手洗いしないと、洗濯機だけではどうしても、だんだん黄ばんでくるので、茶犬には、自分のものは別に置いておくように「指導」しています(笑)。
        | よぴち | 2009/04/08 7:35 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/200