◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< Musician:伊勢正三 | main | Allentown:Billy Joel >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  眩暈:椎名林檎  ○●○
    ここでキスして。 ここ数日、暖かいを通り越して暑かった福井。
    冷えは禁物の私ですが、さすがにもう、「ばばシャツ」はやめようかと思い、Tシャツに、ハウスウェアという軽装にしてみたら、もう、その日の夕方から冷え込む冷え込む。
    まるで、私の行動を見ていて、タイミングよく意地悪をしかけたかのよう。
    まったく、春の天気は悪戯です。
    桜も、あっという間に終盤、それがまた、桜の価値を上げるんでしょうね…。人は皆わがままで、無制限に手に入るものは、やがて要らなくなる。

    ちんのバスケ部も、ちんの同級、新3年生は9人、新2年生は5人、新2年生のうち1人は、ご両親の成績に関する期待に押し負かされそうになって、しばらく部活に来れない期間が続いていました。
    これでは、新1年生をよほど獲得しない限り、ちん達の世代が引退したら、試合に出れなくなってしまう…。ちん達は、一生懸命チラシを作って、新入生が物品購入などで学校に登校してくる日にアピールしていました。

    ところがふたを開けてみると、意外にも入部希望者が15人近くも!
    もちろん、そのうち本当に残るのは15人もいないと思いますが、
    これでどうにか試合には出れるだろうと一安心。
    しかも、ご両親の反対に遭った子も無事、復帰。
    おまけに、去年は誰も入部してこなかった「マネージャー」も、どうにか1人はGET。
    ちんが言うには、あと2人、マネージャー獲得できそう、とのこと。よかった、よかった。
    でも、1年生マネは「土日はあんまり部活には出たくない」という意志表明。
    ちんなどは、勉学こそ「仕方なく」、部活をしに学校に行っているようなものなので、
    土日の部活を嫌だとは1度も行ったことはありませんが(土日まで弁当を作って、送り迎えをしないといけなくなる私は、結構、いやですが)、まぁ、イマドキの子はそんなものかも。
    学校側も、お勉強こそが大切なので、部活は全然どうでもいい、という感じです。

    イマドキの子、とにかく私世代とは力の入れどころが違う。
    私世代が子供の時に重視されたようなこと(例えば学校はよほどのことがない限り休んではいけないとか、ハンカチとかティッシュを持つとか…)は、別に、どうでもいいみたい。
    家族旅行、という理由で学校を休んだりする。
    何かの時に、ハンカチやティッシュを女の子がサッと出しても、それは全然女としてのポイントアップにはならないらしい。男の子はそういうところを特別重視はしてないらしい。
    ちんに、「よぴちは古いって」と、鼻で笑われてしまいました。

    でも、勉強は、私世代よりずっとまじめにやってる気がする。もちろん、子供の間にも大人社会同様、格差があって、勉強をするかしないか、はっきり大きく分かれていて、「中間」というのがあまりいない気はしますが。
    高度経済成長期の私世代の親に比べたら、私たちは少しゆとりがあるのか、子供に手をかける。でも、結局、その挙句に、すごい就職難。
    いわゆる「就活」の時になって、私たちの頃とは雲泥の大変さのようです。

    今日お届けする曲は、椎名林檎さんの「ここでキスして。」のカップリングだった曲。
    なんとなく、けだるいイマドキの子の心境を素敵に歌っている気がします。
    もちろん、基本、恋愛ソングだとは思いますが…。
    このところ、気圧の変化が激しいせいか、数年前にメニエール病を併発してからの私は、
    こんなふうに気圧の変化でめまい発作が出て困ります。
    数日前も、2〜3日、めまいが続いて困りました。
    せっかくの林檎さんの曲に、なんだか生々しい話をのっけちゃって、すみません…(笑)。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                   眩暈 → 




    JUGEMテーマ:音楽
     






    0
      | 椎名林檎 | 23:04 | comments(13) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 23:04 | - | - |- pookmark
        椎名林檎さんのこの曲
        マトモじゃん!
        っていうほど
        この人は「個性的」・・を超えて「異質」な気がします。
        一昔前なら
        放送禁止区域に入ってしまう曲もいくつかあって
        世間的には
        眉をひそめられる人の部類に入りそうな。。
        それほど多くの曲を知らない者の偏見なのかな?
        とにかく「イマドキの人」を感じます。
        ちょっと前に聴いた
        女子大の先生の講演で
        近頃の若者は「異星人」
        わが子のことがわからないというのは当たり前
        自分の講義を受ける学生たちは・・
        という
        言ってみれば暴露話に
        ビックリするやらあきれるやら。。
        でも
        自分の娘たちも異星人
        と思うことにしたら楽になりました〜
        男の子しか持たない自分くらいの人が
        息子にお嫁さんをもらった日にはブッ飛ぶだろうなぁ
        という想像は難くないです。
        | ありんこbatan | 2009/04/16 4:52 AM |

        ありんこさん
        椎名林檎さんは、ナース姿にコスプレして歌ったのがあまりにもインパクト強かったので、「変わってる」とか「派手」とかいうイメージを持っている方も多いと思います。
        が、シングルとして世に出る曲は、やはりインパクト狙いのものが多くても、アルバムを聴くと、そうでもなく、ジャズだったりボサノヴァだったり、とにかく才能あふれる人だなぁと感じます。トークを聞いていても、頭がいいね、と思ったり。
        イマドキの子、「異星人」ね…。でも私は、どうも、自分こそが「超異星人」だったようで、自分の若い頃に比べたら、今の若い子は、本当にいい子に思えちゃって仕方ない。無茶苦茶でしたね、今思えば私は(笑)←笑ってごまかすしかない、、、。
        | よぴち | 2009/04/16 9:12 AM |
        よびちさんこんばんは〜♪

         椎名林檎さんって凄いなと思う。
        このセンスが凄いから、才能比例しているのだと思いますがいかがでしょう。

         セリフにドッキリしながら、許せる〜〜そんな説得力は魅力!

         冷えは一番の大敵です〜〜そこは同じでしょうか。
        しかし、洋服選びが難しい季節です。
        思いっきりの格好は、汗が出ても我慢です。

         よびちさんの子供とのやり取りには、いつも関心します。
        出来そうでなかなか出来ないことだと思います。

        | パラ | 2009/04/16 10:36 PM |

        パラさん
        うん、私も、林檎さん、すごい才能ある人だと思う…。芸術家として、訳わかんないけどなんだか「ハジけてる」というのとも違う、トーク番組などで話してるのを聞いてると、至極もっともな、常識的な発言をされていて、やはり根っからのアーティストなんだな、と思うのです。
        しかし、ここしばらくのお天気には、まいってます。
        5月に入れば、少し寒さも落ち着くかな…。
        ゆっくりと、待つことにします(笑)。
        | よぴち | 2009/04/16 10:43 PM |

        お嬢さんの話をお伺いしていると、ああ黄金時代だなと思います。おそらく、一生消えない記憶を積み重ねておられる頃だと。走って欲しいですね。この追憶が、いずれ自分の中で神話になる。

        僕は椎名林檎さんについて詳しくもなく、知るのはメディアで流れてくる楽曲に頼っている程度なんですけれども、この人はいつもすげぇなと思います。
        何と言いますか、刻み付ける言葉が鋭角的なんですね。
        こういう言葉を紡ぎだせる人というのは、いったいどんな経験を積んできたのだろうか。そんなことを思います。まだ若い人なのに。挫折も焦燥も屈服もみんな消化してしまっている。それに、おそらく読書家で取り込むことに長けているんでしょう。頭いいんだろうなあ。
        眩暈を表現するのに「其の日は確かに地面が音も立てずあたしの歩みを妨げ揺れて居た」ですよ。ほとほと感心します。
        怒られるかもしれませんが「評論したくなる人」ですね。こういう人はもしかしたら陽水さん以来かもしれません。
        僕もいつかもっと聴き込めたら、書いてみたいと思っています。

        よぴちさん、休みながら動いてくださいね。
        | 凛太郎 | 2009/04/16 11:07 PM |

        凛太郎さん
        ミュージシャンを「ジャンル分け」するのっていかがなものか、とは思うし、難しいとも思うし、それでも、そういうことに慣れてしまってる私は、つい、ジャンル分けしてしまいそうになる。
        で、ジャンル分けするとすれば林檎さんは「ロック」ということになるのでしょうが、これまた私の偏見で、"一般的には"ロックは歌詞は重視しない、というイメージがありまして。もちろん、例外たくさんありますが。
        で、この林檎さんは見事に例外なわけなのです。
        すごく歌詞が深いのです。
        そして、世に出たシングル曲以外のアルバムを聞いてみると、曲も「ロック」というカテゴリーの中には入りきらない、多種多様であることを発見。
        もともと、ちんが林檎さんの大ファンで、ちんの影響でアルバムを聴いたわけですが、アルバムを聴いて見事に私の中で、イメージが変わったわけなのです。
        陽水さん、ね…。うん、「ミステリアス」という感じで共通したものがあるかも。
        | よぴち | 2009/04/16 11:16 PM |
        名前に果実をつける

        桑原 柿

        斉田 無花果

        時田 用無し


        ぽくね?
        | charinbo | 2009/04/17 12:35 PM |

        charinboさん
        時田「用無し」
        …なんで"おじさん"って、こういうの上手いかなぁ(爆)。
        名前の果実はわかったけれど、これらの名字には何か意味があるのか、それが気になって仕方ありません…。
        そういや、chaboどうたぁも、新たな出発ぢゃなかったっけ?
        でも、都会に住むと、別に大きな変化はないんだろうなぁ…、いいなぁ…。
        | よぴち | 2009/04/17 4:32 PM |
        なんでかって言うとね

        毎日新聞読んでっから



        マイニチ新聞じゃないよ!
        | chabojisann | 2009/04/17 6:56 PM |


        ショパンの事情から、
        目眩はしないがミミナリがする毎日。
        何年か前にやったトッパツとおなじだなぁ。
        あれやこれやと、じんたいじっけんをくりかえすのですが、
        まぁ、じぶんのだから許してやってください。
        ♪あいきゃんすとぷ ろんりねー
          みみなりが とまらなぁい〜♪
        あ、あさがおはおじさんでないので、しゃれがへたれぇ。
        | あさがお | 2009/04/18 11:32 PM |

        あさがおさん
        耳鳴り…。
        血圧が高い時なんかも耳鳴りが出ますよね。
        トッパツやったけど、治ったんなら素晴らしい!
        結構あれって、「クセ」になっちゃう人、多いから…。
        GW中や、GW明けが、こういう病気の発作が出やすい時期ですよ。病理学的にはどうか知らないが、統計学的には、そう出てる。
        お気をつけて!
        | よぴち | 2009/04/19 1:15 PM |
        わ〜い^^
        林檎たんだ〜!!
        「眩暈」大好きな曲ですぅ♪
        てか
        林檎たんは、ぜ〜〜〜んぶ好き
        と言っても過言ではないほど好き。
        もう大大大好き〜〜!!!
        林檎たんは天才だと常日頃から思っております。
        (キッパリ)
        「イマドキの子」も「え」と思うことありますが
        あたしたち世代より若い
        「イマドキのお母さん」にも
        「??」と思うこと多々ありです^^;
        よぴちさん、体調はいかがですか?
        あたしは最近、寝込んでおりました。
        一気に疲れが押し寄せて。。。
        お互い頑張りませう〜〜
        | IKUKO | 2009/04/23 4:15 PM |

        IKUKOさん
        やっぱ、ぱそ子の調子だけではなかったのね…。
        あまりにも忙しかったもんね、IKUKOさん。
        でも、檸檬ちゃんの方は、まだもうしばらく、いろんなことが続くんでしょうね、PTA総会だの、新しく部活にも入れば、その「順応」だとか(笑)。
        私も、来年は泣いても笑っても、ちんは卒業するわけですが、私の場合はちん1人しかいないので、紛れるような「もう1人」の世話もなく、なんかいろんな意味で、「寝込んでしまいそう」な気もしてる…。
        イマドキの若いお母さん、でも、しっかりした人もいれば、私たちと同世代でも、すっごく常識ない、図々しい人もいますよね。
        子供がいると、そういう、「個人的には絶対付き合いたくないヒト達」とも、どうにか交わっていかないといけないのが、なかなかのストレスです、、、(痛)。
        | よぴち | 2009/04/23 10:58 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/202