◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< サボテンの花:チューリップ | main | Don't Let Me Down : The Beatles >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  よそゆき顔で:松任谷由実  ○●○
    今回の風邪は本当にしつこく、今だスッキリしません。
    発熱はあるわ、のどは痛いわ、咳は出るわで、もう、参っています。
    でも、長患いをしていると、辛いから、ということで活動せずにいると、本当に何もできなくなってしまうので、辛い中でも、気持ちの持ち様、なんて言い聞かせて、結構、この連休は活動的に過ごしました。
    正直、38度くらいありながら、でも、このくらい日常茶販事でもあって…(笑)。 celica profeelCelica back
    写真上は、GWに福井で開かれた、クラシックカーミーティングでのセリカです。
    私が大学の頃は、学生で車を持つなんて贅沢なことで、でも、福井は田舎で、車がなかったらどこにも行けない、Ken&Mary
    それで、必然的にお金のない若者は中古車、ということになるのが普通でした。
    その、中古車の中でも、出来るだけ「カッコつけたい」。
    私が所属していた軽音サークルの先輩の中にも、白のせりかに乗っている人がいました。

    そして、私はと言えば、車好きの兄が車を買っては、途中からローンの残りを払わされ、その代りその車に乗れ、というパターンばかりでした。兄はその当時自衛隊にいたため、いろんな基地を転々とし、必ずしも車を持ち込める状況ではなかったのです。
    兄は、大の日産(というよりも、日産の中でも特にプリンス車)ファンでした。
    フェアレディZから、スカイラインはケンメリ、ジャパンなどを買い、そのローンを私に担がせるのです。
    私は、19・20歳の女の子が乗る車とは思えない、ケンメリ(写真右上)などに乗るしかなく、周囲からは「ヤンキー」のレッテルを張られ、学内はもちろんのこと、田舎の福井では、車が好きな人の間で秘かに「若い、髪の長い女の子で、ケンメリに乗ってるのがいる」と噂されてしまう(後日、人から聞いて恥かしくなった)ようになってしまいました。
    白のケンメリ、ホイールはセンスが悪いことにオレンジで、そりゃ目立ちました。
    私自身は別に「走り屋」でも何でもないのに、信号待ちで横に並ぶと、必ずヤンキーなお兄さんたちに声をかけられたり、勝手に競争されたりしました。
    そして、ビンボーな私が、通学・バイトのためにやっとお金をやりくりして乗ってるのに、友人たちは、すぐに、私のケンメリに乗りたがった。深いシート、フロントパネルがウッドだったりして、まるでコックピットにいるみたいで好き、なんて言われたりして…。
    私は、156cmしかない身長で、しかもどちらかというと脚が短いので、ノースの長いプリンス系の車は、正直、アクセルやブレーキに脚が届きにくく、シートをずいぶん前に出して、それでも、多分外から見たら「無人で車が走っている!!!」という感じだったのではと思うのですが…。乗せてもらう側は、そんなことお構いなしに、まるで「アッシー君(←死語?笑)」のごとく、使っていたような気がします、、、。

    久しぶりに、セリカやスカイライン、それに117クーペなどを見て、若かったころを思い出して楽しかった。本当に、私は高度経済成長期に生まれ育って幸せだったんだな、という気もした。どんどん便利なものが出来て、カッコいい車が出来て、そういう憧れてたものを手に入れる喜び。
    どうしたら、今の若い人たちに、あの楽しみを味わわせてあげられるか、いつも考えています。

    今日は、観音埼の歩道橋に立って、白いセリカが下をくぐって行かないか、探したら、見つけたこの気持ちを、ユーミンのこの曲に託します。
    先輩のセリカもボディがへこんでいたなぁ。勿論、私の車も。
    追い越したり抜かれたり、走った。
    今は静かに生きています。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!
    よろしければクリックお願いします。
                      
                               よそゆき顔で → 



    JUGEMテーマ:70年代・80年代

     
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | 松任谷由実 | 15:44 | comments(13) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 15:44 | - | - |- pookmark
        セリカ、スカイライン、117クーペ・・
        なっつかし〜!
        あの頃って
        テールランプが個性的だったのよね〜
        こちら
        トヨタのお膝元のせいか
        公共交通機関の網羅不足のせいなのか
        車を持ってる人が
        よそよりは多いような気がします。
        大学生も結構いい車に乗ってたりする・・
        男の子なんか
        マイカー持ってることがモテる条件だったり。。
        自分も
        学校まで
        車だったら
        乗り物のハシゴでたどり着く3分の1くらいの時間で
        行けたので
        生意気にも車通学してました。
        しかも叔父のカオで新古車を安く手に入れたので
        派手なアップルグリーンのジェミニ。。
        運転が下手なこともあって
        知り合いにしょっちゅう目撃されて
        合図され
        そのまま喫茶店やファミレス(当時はそんな言葉なかったけど)の駐車場へ入り
        お茶して(←あの頃から市民権を得た言葉かな?)オシャベリしたり
        ほかの仲間のいそうなところへ行って「遊びの日」になだれこんだり。。
        ホントにお気楽なバカ娘だったなぁ。。
        はは・・懐かしいこと思い出させてくれてありがとう!
        咳はまだ出ますか?
        これから真夏の暑さが定着するまでは
        汗をかいても気持のいい時期
        早くすっきりさせて
        鼻唄まじりで動けるようになってね!
        おだいじに。。
        | ありんこbatan | 2009/05/11 4:23 AM |

        ありんこさん
        やっぱり、私たち世代には、懐かしいですよね〜。
        当然、会場も私たち世代より上の方々が多く、
        若者はせいぜい30代前半くらいの人がチラホラ、程度でした(笑)。
        私も、ケンメリ・ジャパンの次は、黒のジェミニに乗ってました。なんと、ジェミニなのにディーゼル。
        けど、ターボ付き、というとっても変わった車でした。街の遊撃手、っていうのが新しく出た頃でしたが、私にはそんな新しい車は手に入るはずがなく…。
        車も、音楽と同じで、「時間」とか「思い出」を乗せてますね。そのことをしみじみ実感したひと時でした。
        | よぴち | 2009/05/11 6:53 AM |
         
        セレクトは「愛と風のように」じゃなくて「よそゆき顔で」なんですね。よぴちさんらしい(笑)。この歌って、マリッジブルーなんでしょうか。それとも…。このへんのオンナゴコロが理解しにくいんですね、いつも。
        といいますか、セリカってクラシックカーなんですね。へー。
        僕は車はホント全然知りませんで、ランサーもコロナもカリーナも皆同じに見える阿呆なんですが、セリカは分かりますね。セダンで見分けがつくのはセリカとフェアレディとスプリンターくらいです。セリカってなんだかキリっとした眉毛をしてるじゃないですか。それが印象的。
        と、最近そういえばセリカを見ないなと思ってちと検索したら、とっくの昔にモデルチェンジしてるんですね(笑)。それで、あの目がキリっとしたセリカはクラシックカーなのか。隔世の感どころか、知識が小学生の時以来進歩していません。車はよく分からんなーやっぱり。
        というわけでスカイラインもジェミニもイメージが湧かないのですが(汗)、なんだかデカそうな車みたいですね。「走り屋」のイメージか。カッコいい。そういうのに乗り込む優等生っぽいお嬢さんというのもまたいいですなぁ(想像)。僕は軽自動車しか買ったことがないものですから、ちょっとそういう光景が眩しい。高度経済成長期に生まれ育ったくせにあまり有難みを体感しなかった勿体無いアホ男はそんなふうに思うのです。

        熱は下がりましたか? お大事に。
        | 凛太郎 | 2009/05/12 12:27 AM |

        凛太郎さん
        私も、基本的にはメカに弱く、当時も、それぞれの車のデザイン以外の何が違うのか、さっぱりわかってなかったし、好きな車を選ぶ時の基準は、あくまでもデザインでしかなかった。
        今は、さらにデザインもどうでもよく、ひたすらコストパフォーマンスのみ(笑)。
        「よそゆき顔で」、強いて言うならマリッジブルーのひとつなのでしょうね。でも、そこまで「ブルー」でなくても、なんとなく結婚前に、女性は自分にけじめをつけるというか、どこか人生の節目を意識するように思います。それは勿論、男性にも言えることなのでしょうが、残念ながら私は男性の心のうちが分からないので。
        今回の風邪はホントにしつこくて、抗生剤を丸4日飲んだ今朝でさえ、まだ咳が残るし、のどが痛くて唾を飲み込むにも一苦労。熱は、ずっと解熱剤(のどの痛みをとるため)を飲み続けているので、とりあえず下がっていますが…。
        こんなにしつこい風邪は、もしかすると初めてかも、と思うほどです。凛太郎さんもお気を付けください。
        | よぴち | 2009/05/12 9:16 AM |
        「クルマ」ってもう使命を終えた感じだね

        勿論道具としての「自動車」はこれからも残るけど

        例えばほんとに優れたデザイナーが作るものは

        一握りのひとのためにしかならないだろうし

        「クルマ」が「文化」であろうとした時代はもう終わり

        そうそう

        オラにとって「文化」って「自由」って意味だけど
        | chabo117 | 2009/05/12 7:17 PM |

        chabo117さん
        やっぱchabo117さん、ミュージシャンだなぁ…。
        文化が自由、って、なんか不倫は文化、みたいな(笑)。
        もう、すっかり車は機能性。
        プラス、今や「エコ」。
        かく言う我が家も次買うときはハイブリッド車かなぁって思ってるもん…。
        | よぴち | 2009/05/12 10:21 PM |
        ほんと、憧れの車がたくさんあった。
        音楽を聴くシーンも車になったあ。

        セリカ、スカイライン、
        ソアラ、セド、グロリア
        スターレット、レビン、トレノ
        実はぼくはFXというすごいやつにのっていて
        210キロはでたのを覚えている。
        みんな、どこかへいったね
        しかし、いまだに大切にのっているひとは
        尊敬する。
        | 長七 | 2009/05/13 9:35 PM |
        のったくるまのアンケートの日なのか?
        あたしは・・・
        4足は、レオーネ! たんぼみちで踏み外しても、ジリキではいあがる4WDきのうつき。
        2足は、TM125! これもオフロード。無免許なので、私有地内でしかのれないのだけれど、たしか駐車場3台分のスペースで8字ができた。という、かわりもの。

        所有したのはこの2台だけです。

        いちばん乗ってるのは、業務用の白いカローラ。115KMまではでたよ。
        | あさがお | 2009/05/13 10:25 PM |

        長七さん
        そうなんです、最初の登録のまま、まだ乗ってる人、というのがおられるんですよね…。感動でした。
        しかし、長七さんも、やっぱりスピードの出る車でしたか。実際、フツーに走ってる道路で出せるはずもないのに、やっぱり速い車って、カッコいいというイメージがありましたよね。
        これで、稲垣なんかBGMにしちゃって、すっかりブイブイ言わせてたんですね(笑)。
        | よぴち | 2009/05/13 10:59 PM |

        あさがおさん
        >のったくるまのアンケートの日なのか?
        ................................................
        期せずして、そうなってます(笑)。
        それだけ、車って、あの頃よく聴いた音楽、と同じように、人の人生に沿っているというか、思い出になるものなんですね…。
        あさがおさん、レオーネとはこれまた渋い選択で。スバルに乗る人って、コアなスバルファンになりやすいと聞くけれど。
        業務用の白いカローラには、まさか店舗名が入っていたりするんだろか。
        女性に無縁な生活っぽい?あ、余計な御世話。すみませんでした〜(爆)。
        | よぴち | 2009/05/13 11:04 PM |

        >女性に無縁な生活っぽい?あ、余計な御世話。すみませんでした〜(爆)。
        -----いつもなら、ききのがすとこだけど・・。
        じじつだからしかたないね。

        ききわけのいいあさがおより・・・
               ・・・158CMのアッコ姐さんへ
        | あさがお | 2009/05/16 9:08 PM |
        いきなりおじゃまします^^;

        明日、ユーミンのコンサートに行くのであわてて予習してた流れから 「よそゆき顔で」にたどり着きました。

        ほんとなつかしい時代ですよね。
        若者の誰もが中古車を手に入れて乗り回せる時代になった時でしたよね。
        | べん。 | 2009/06/14 3:37 AM |

        べん。さん
        辿り着いていただいて、ありがとうございます!
        ユーミンのコンサートですか、いいなぁ…。
        私は、ユーミン大ファンで、ほとんどのアルバムは持っているのですが、シャングリラ時代は、そんなにコンサートに行きたいと思わなかったのです。
        今後、ユーミンももう少しゆったりと、イベント仕掛けでないライヴをやるようになった頃、私がもし元気だったら、ぜひ行きたいなと思っています。
        楽しんできてくださいね。
        | よぴち | 2009/06/14 4:53 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/206