◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< よそゆき顔で:松任谷由実 | main | Do What You Like(勝手にしなよ):佐野元春 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Don't Let Me Down : The Beatles  ○●○
    Dont Let Me Down忌野清志郎さんが逝って、2週間以上経ちました。
    やっと、マスコミの「追悼」だとか「特番」が減ってきました。

    私は最初、日テレの夜11時枠のニュースで、その報道を見ました。TV局のミスで、アナウンサーが前のニュースを呼んでいる途中に、「忌野清志郎さん逝く」のテロップが瞬間的に出てしまったのです。
    「何?今のテロップ…」。もう、その瞬間からドキドキと動悸が始まって、しばらく止まりませんでした。

    2月に、私の食道静脈瘤の状態を見るのに胃カメラをした時に、下咽頭に腫瘍があるのが見つかりました。
    幸いにも、乳頭腫で、組織検査の結果も悪性所見は見られませんでした。
    でも、組織検査の結果が出るまで、内心、不安な気持ちを拭い去ることが出来なかった。
    1度、白血病という、なかなか当たらないはずの「くじ」を引き当ててしまった経験があるために、「まぁ、大丈夫だろう」というような、自分への「言い聞かせ」はもう、私の中では通用しなくなっています。
    そして、その時、清志郎さんのことが頭をよぎりました。
    咽頭、特に下咽頭は、ここに出来る腫瘍はかなりの確率で悪性のことが多く、
    しかも、リンパ節に転移しやすいため、あまり予後がよくないことが多い。
    もちろん、早期発見で対処すれば、必ずしも悲観しなければならないわけではありませんが…。
    清志郎さんの腫瘍は、どの部分に出来たのか、それは私は知りませんが、
    あの時、会見で殊勝に「ブルースはまだまだ続くから」と言ってくれた清志郎さんの、強さを併せ持つ優しさ、というのをしみじみ思い返していました。

    そして、今回驚いたことに、私は、清志郎さんの死を、受け止めない、という行動を初めて経験しました。最初、全く悲しい気持ちにならなかった。清志郎さんが逝ってしまったニュースを聞く前と、聞いた後で、私の中では何の変化もなかった。

    ところが、その後連日、TVやラジオで清志郎さんの追悼番組やVTRが流れまくる。
    私の中では、静かに、いつまでも変わらない清志郎さんだったのに、
    TVやラジオが、強引に「もう、以前とは違うんだよ、清志郎さんはいないんだ」と、
    これでもか、これでもかと私の中に土足で入ってきた。
    どんどん悲しくなって、どんどんやるせなくなった。
    実父が逝った時も、3ヶ月ほど経って、そこから長い、半年か1年くらいの「落ち込み」がありましたが、今回もそれに似たものを感じていました。

    今日、この記事を書いたのは、ようやくマスコミの「追悼」合戦も一段落して、
    私の気持ちも少し、落ち着いたからです。
    私の中では、やっぱり清志郎さんは死んでいないし、今までと変わらない。
    新しい歌も言葉も要らない、今までの清志郎さんが残してくれたもので十分だし、
    そもそも私は、その人がいなかったら生きていけない、というほど、
    自分の命や人生を他人に任せてはいない。

    それは、本当のファンじゃないからだ、という人がおられれば、それでもいい。
    でも、私は清志郎さんは、日本有数の詩人だと思っているし、
    日本有数のヴォーカリストだと思っているのです。
    何度も私の心を代弁して、私が歌えないぶんを表現してくれて、
    それを今後もしてくれると思う。

    今日は、初めてBeatlesの曲をセレクトしました。You Tubeでどれだけでも見れるので、これまでUpしたことなかったのですが…。
    GW中に、You Tubeで観た、清志郎さんの「Don't Let Me Down」、そのままPCを閉じると、私が使っているブラウザ”Firefox”では、次回立ち上げた時に前回開いていたものがそのままのこって立ち上がるのです。
    次の朝、PCを立ち上げた時に、
    自分でも忘れていた「Don't Let Me Down」が、静かな部屋の中に流れ始めて、
    驚きと同時に、なんだかもの悲しい気持ちになったのが忘れられない。

    清志郎さんが愛したBeatlesのものを、今日はお届けします。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!
    よろしければクリックお願いします!
                           Don' t Let Me Down → 


    JUGEMテーマ:音楽
     
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | The Beatles | 14:02 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 14:02 | - | - |- pookmark
        Nobody ever loves me, like she dose

        悲しみ方も愛し方も人夫々

        想う気持ちに土足は厳禁


        蹴っ飛ばしてあげましょう
        | chaboはcahaboでも48 | 2009/05/17 3:35 PM |

        chaboさん
        そうだよね、人それぞれ…。
        なんか、ほんの少し頭の中を「君が僕を知ってる」がかすめて行くんだ。

        chaboさんって、実は48まで書くことを求めてるの?
        あ、そして!
        chaboさんって、そういえばRCの…。
        まさか!!!!!(爆)
        | よぴち | 2009/05/17 4:35 PM |
        そうだよ、ほんと、なんか、
        僕の中では、生きているし、ラジオでもがんがん
        流れてる。生の1981年ごろの派手なやつがとんがんって
        いる、
        だから、僕の中では僕が死なない限り彼は生きていることに
        なる。
        チャボが一番かなしんでるはず、
        一番のそばにいて、創生期から彼とのセッションを
        夢見ていたからな、
        ぼくたちがどうのこうのいうものでないぐらいにね、
        CDやLPや、カセットの中で生きているかれの
        音楽魂は、簡単には語れない、
        ぼくは不思議な気持ちだ、
        でも、彼の生き様は最後まで前を向いて
        生きていた。
        人はなぜ生きて死ぬのか、
        いまだに答えはわからない、
        | 長七 | 2009/05/18 12:31 AM |
        音楽関係の人が亡くなると
        ラジオやテレビは
        追悼番組を組んで
        その人が歌った曲、その人が作った曲を流し
        こんなにすばらしい人だった
        こんなに偉大な人だった
        ってやりますよね。。
        そこで
        死んじゃったんだよ
        もういないんだよ
        って言い聞かせる中に
        さぁ、もう・・あきらめなさい!
        って
        その人のいない世界へ強制連行されるような気がして
        大好きだった人が亡くなった直後は
        あえて
        そういう番組・・避けることも・・あるかな。。
        死を認めたくないんじゃないけれど
        思い出として整理するのは
        もっと先の「楽しみ」にとっておきたい
        訃報をきいたときの
        あぁ〜!が
        まだ終わってないんだもん
        清志郎さんが亡くなったことをブログでとりあげられた方も
        たくさんありましたが
        本文は読んでも
        用意してくださった曲は
        今回
        正直いって(内緒だよ〜)
        あまり律儀には聴かせていただきませんでした。

        昨日
        key-sanさんのところで
        初めて
        2曲ともすんなりクリックができました。
        少し
        あら熱がとれたんでしょう。。          
        | ありんこbatan | 2009/05/18 4:13 AM |

        長七さん
        ウチの理事長は、いつも、「人は、その人を知っている人がみんな亡くなった時に死ぬ」と言って、少しでも自分を子孫に知ってほしいと、やたら自叙伝や遺言や旅行記などを書き綴っています。
        私も、その通りだと思うけれど、別に、書いたものを残して、一緒に生きなかった人にまで自分を知ってもらおうとまでは思わない。
        人が死ぬ、ってどういうことなんでしょうね、本当に分からない。どれだけ考えても答えが出ない。
        | よぴち | 2009/05/18 7:53 AM |

        ありんこさん
        はい、全世界公開web上にて、絶対に内緒にすることをお約束します(笑)!
        昨日、私は、このAs Timeの中でさえ、RCは4曲アップしてたんだな、いったい何の曲をアップしたんだろ、と思って前の記事を読み返してみました。
        死んでほしくはないので、無理せずにいてほしい、なんてことを書いていた。
        今でもその気持ちに変わりはないけれど、終わったことはひっくりかえることはない。
        ただ今の願いは、清志郎さんが私たちファンのためでなく、家族のために生きてくれてたらそれでいいな、ということ。治療法の選択で、1度はファンを選んだのだから、最後くらい、家族と、自分の納得のためだけに生きてほしい。きっと、そうだったと信じたい。
        | よぴち | 2009/05/18 7:58 AM |
        こんにちわ。
        食道静脈瘤あるのですか。
        私は以前食道動脈瘤の診断を受けましたが、結局胸腺が普通の人の数倍あるということで、見間違えだったそうです。
        精密検査の結果、腎性脳動脈瘤のほうが見つかりました。
        良かったって言い方はおかしいかもしれませんが、悪性でなくて幸いでしたね。

        >新しい歌も言葉も要らない、今までの清志郎さんが残してくれたもので十分だし、
        そもそも私は、その人がいなかったら生きていけない、というほど、自分の命や人生を他人に任せてはいない。
        私は別のアーティストでしたが、よぴちさんとほとんど同じことを思いました。
        | えいちょん | 2009/05/22 2:34 PM |

        えいちょんさん
        食道静脈瘤…、これ自体があったという事より、これがあるということは、自分に肝硬変があるのか、ということの方がショックでした。
        肝機能が悪いのは、インターフェロンの薬剤性だからあくまでも肝炎で、インターフェロンさえ減らす・もしくは止めれば治ると思っていたのです。
        でも、肝硬変は不可逆的。もう、戻らないんだなぁ(その前にインターフェロンを止めることもできないでしょうけど)、と思ったら、自分の行く末が見えた気がして…。
        それでもまぁ、長い時間をかけてのことだと割り切って、誰も自分の人生の長さはわかってないことだし、と、また少しずつ元気取り戻しています。
        | | 2009/05/22 3:55 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/207