◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< Don't Let Me Down : The Beatles | main | いつか観た映画みたいに:忌野清志郎&2・3’s >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Do What You Like(勝手にしなよ):佐野元春  ○●○
    Back to The Street未だ、体調がすぐれない毎日。
    マジで、これは実は新型インフル?
    それとも、これは実は結核?
    とさえ思ってしまうほど…(笑)?

    まぁ、長い人生の中で、こんな春もあるさ、と自分に言い聞かせています。

    この春は、まずはお笑い芸人の結核から始まり、
    その後は新型インフルエンザと、すっかり世の中感染症ブーム。

    最近になって、「騒ぎすぎでは?」という声がよく聞かれるようになりましたが、
    私はそうは思わない。
    たまたま、今回のインフルエンザは、従来からあったインフルエンザと同じ程度の危険度だったから、大して大きな恐怖にならなかっただけだと思うのです。
    もし、ここまで騒がずに、死亡者が多発するようなことになったら、日本人は、行政や医療をなんと非難したことか。
    自分たちに「勝ち」の雰囲気が見え始めて来てから、
    「初めから自分はそう思ってた」というような、ずるさが見えて来て、
    何となく私は、そういう風潮がいやです。
    21世紀は、人類の、がんとの戦いにはある程度光が見えてくるように思いますが、
    やはり、微生物にはかなわないところがある気がしています。
    向こうも、生きるために進化していく。
    そもそも、太古の昔から、微生物の力には、たくさん助けられている人類なのだから…。
    バカにせず、共生していくしかないのではないでしょうか…。
    地球上にはいろんな細菌やウィルスが共生していて、日頃から、感染症のリスクはすごくあるにも拘らず、日頃はほとんど手洗いもうがいもしないまま、食事をしたりしている。
    今回も、ここまで騒いでようやく、マスクをする程度、騒がなかったらおそらく、うがいも手洗いも大してしないのではないかという気がする…。

    インフルエンザといえば、アメリカ放浪の旅に行っていた芹沢さん、大丈夫かなぁとずっと気になっていました。途中もマメにブログで報告してくれていたのですが、少し更新が滞ると、「もしや、インフルエンザ?」なんて心配になってしまったり。
    無事、帰福されたようです。今、休んでいたお店の大掃除中だそうで。

    アメリカで、芹沢さんはいろんな人の温かさに囲まれて、いい時間を過ごしていたようです。しばらく芹沢さんを「置いて」くれたジミーという中年紳士、この方が、ジェリーリールイスのファンだと聞いて(詳しくは芹沢さんのブログ)、真っ先に私の頭の中に浮かんだのが、今日お届けする曲です。
    ジミーが好きなのはミュージシャンのジェリーリールイス、この曲に出てくるのは俳優のジェリールイスだと思うので、全く別人だと思うのですが(笑)

    ニューヨークという乾いた街は、きっと、ジェリールイスと口笛が似合うんだろうなぁ…。
    いつか、行ってみたいなぁ…。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!
     よろしければクリックお願いします!

                            Do What You Like → 


    JUGEMテーマ:音楽
     
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 佐野元春 | 17:30 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 17:30 | - | - |- pookmark
        どこからどこまでがヒトで

        どこからがういるすか

        明確に腑分けすることができない

        生命体とはそんな風になりたっている


        リーがついてもつかなくても成立してるが如く


        しかも魂のすぴーどときた日にゃ

        マシンすら混入しちゃってらぁ
        | chaboielus | 2009/05/26 1:56 AM |
        曲がはじまったら
        あ・・key-sanワールドだ〜♪
        インフルエンザ騒ぎ
        感染した方、疑いのかかった方々は
        ホントにお気の毒だったけど
        いろんな教訓をくれましたね。
        うがいや手洗い・・基本中の基本を思い出させてくれたし
        マスクの効用や過信の解説もけっこう聞けたし
        人々が情報しだいでどんなにパニくるか
        そのほかにも
        行政の不手際・・検疫体制のずさんさ
        厚生労働省の守備範囲の広さ
        いろいろ勉強させてもらったところで
        あとは
        無事終焉を祈るばかり。。
        こればっかりがニュースのメインになって
        ほかの大事なことから
        国民が遠くなってしまうのも
        心配なことじゃないかなぁ。。
        | ありんこbatan | 2009/05/26 4:11 AM |

        chaboielusさん
        たくさんの微生物とともに、今日もムシャムシャ食べまくっているよぴちです。
        もう、彼らは共生している仲間というよりも、自分の一部ですな。いや、一部?全部(爆)?

        頭の中は、そもそも、微生物に占領されてしまってるな。ホントはあいつらの方が賢いんだろうけど、私が賢くなってしまうと自分たちがやられてしまうので、バカなふりをしてるんだろう。
        | よぴち | 2009/05/26 7:50 AM |

        ありんこさん
        結果論ですよね。今、批判的に言われているいろんなこと。
        だから、ありんこさんの言うように、「教訓」として、みんながこれからに役立てていけばいいんだ。
        最初からこうすべきだった、なんて、自分もしなかったくせに、他人の仕事にだけナンクセをつけるように、尤も顔で言っている人を見ると、なんだか退いてしまうのです。
        私なんか、感染症がマジで命取りになるんで、新聞の「感染症情報」欄をこまめにチェックする癖がついてる。そこに出ている感染症の種類はいつもそう変わらないのですが、勢いのあるなしは多少差があるので、今、どの感染症が勢いを増しているか、知らないよりは知っておいた方がいいので…。
        | よぴち | 2009/05/26 7:54 AM |
        細菌もウイルスも微生物も
        仲良くできればいいとおもう、
        ガンやウイルスなどの問題は
        いつか、解決しても、またすごい耐性
        のあるのがでてくる、
        いずれは人類の滅亡のあとの
        肉体を解体してくれるのだろうか、
        | 長七 | 2009/05/26 11:25 PM |

        長七さん
        >いずれは人類の滅亡のあとの
        肉体を解体してくれるのだろうか
        .............................................
        確かに、そうかもしれませんね。
        そうして、宇宙では、これまでも地球のような星と、今、地球上に生きているいろんな生命体たちが生まれ、滅びてきたのかも…。
        共生できたら御の字、おそらく人類は微生物には勝てないような気がしますね…。
        | よぴち | 2009/05/26 11:30 PM |
        前のブログにコメントするとハズレるので、曲に対してですが、前に書こうとしたのはこの曲。カッコイイんですよ。ジャジーで。
        | 力道 | 2009/09/28 8:57 AM |

        力動さん
        うん、きっとこの曲のことだろうと思ってました。
        なんか、ニューヨークを思わせる曲ですよね。オシャレで、ね。
        | よぴち | 2009/09/28 4:33 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/209