◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< Do What You Like(勝手にしなよ):佐野元春 | main | チェリー:スピッツ >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  いつか観た映画みたいに:忌野清志郎&2・3’s  ○●○
    やはり体調がすぐれず。
    体調がすぐれないからといって、気分まで比例して悪くなって行かないようにと心がけているつもりでも、正直、続くとだんだん、滅入る瞬間が多くなります。
    私の場合、長くは続かないのです。
    ただ、まるで顕微鏡で何かを覗いている時に、何もない画像の中に時折1点、曇ったものがあるかのように、
    時々、ふっと、何か「曇った」感情が覗くんですね。
    その不安を取り除こうとして情報を集めたりなんかするとやぶへびになることの方が多い。
    だからなるだけ、そういう感情は放っておくようにしています。そうすればしばらくで消えてくれる。

    自分が体調がすぐれないからか、この春は、「ああ、春だなぁ」ってしみじみ思わせてくれるような、暖かい、少しきらめいた感じの日が少ない気がします。
    福井という土地柄もあるでしょうが、私はずっと福井にいるのだから、福井のそれと比較しているはず。
    なんとなく今年は、くもり空の日、ほんの少しだけ雨が落ちる日、などが多くて、ピーカン天気な、「五月晴れ」なんて呼べる日はまだ数えるくらいしかない気がする。
    このまま梅雨に突入していくのかと思うと淋しいけれど、まぁ、私の遊び過ぎにちょうど良くブレーキをかけてくれて、いいことなのかも。

    毎日何となく体調や気分がすぐれない日が続くと、時に夢を見たくなりますね。
    こういうことが嘘のように、パッと陽が差し込んだように開ける時が来る、なんて…。

    私は自分で作詞作曲して、自分の気持ちを表現する能力はないけれど、
    他人が作った歌を歌う時に、自分の気持ちを代わりに表現することが出来るようで、
    (それが周りの人にまで伝わるのかどうかは疑問ですが、自分は出しきって満足できたりするのです)
    ギターやピアノとともに歌を歌って、自分の気持ちを落ち着かせることは多々あります。

    今日は、天国に行ってまで、清志郎さんが私の気持ちを落ち着かせてくれた。
    いつか観た映画みたいに、今の「いろいろ」がなくなって、
    素敵な時間を過ごす瞬間がきっとある。
    皆さんは、「いつか観た映画みたいに」と言ったら、何の映画を選びますか?
    いつか観た映画みたいに、どんなふうであってほしいですか…?

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!
    よろしければクリックお願いします!
                          
                          いつか観た映画みたいに → 

    JUGEMテーマ:音楽
     
    0
      | 忌野清志郎 | 17:55 | comments(9) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 17:55 | - | - |- pookmark
        「いつか何処かで」

        名画座で2本立ての1本でした

        内容もさることながら

        平日の真昼間に男1人でぼろぼろ泣いた

        しちゅえーしょんが心に残っています


        サヨナラ サヨナラ サヨナラ
        | 淀川chabo | 2009/05/31 8:54 PM |

        淀川chaboさん
        いつか何処かで、って言う映画…?知らないなぁ。
        男涙を誘うなんて、どんなお話か、知りたいけど…。
        昔は2本立て当たり前だったよね。
        もっと昔は、私の生まれ育った田舎では、土曜日の夜なんかに公民館とか小学校の体育館なんかに「映画が来る」ことがイベントとしてあって、その日は体育館に茣蓙が敷かれて、大人も子供もみんなが行った。すごく楽しみな日だった。

        映画館で涙ボロボロになると、出る時バツが悪いよね…。少し顔を戻してから出たくなる。
        昔は2本立て当たり前で、遅れて入ったら、またそこまで観たりできたけど、今は、完全入れ替えだよね。何かにつけて「きちんとマニュアル化」しすぎた世の中。
        | よぴち | 2009/05/31 11:06 PM |
        映画館で泣いたことはもう
        記憶の彼方。
        映画さえもみにゆかなんね

        体調くずされているとのこと
        ほんとうにたいへんですね、
        音楽が心を癒すんだ、
        | 長七 | 2009/06/01 12:23 AM |

        長七さん
        なぜか、私の実母や実妹、妹の子までが体調イマイチなのがもう、2ヶ月くらい続いてるんですよ。
        私のように病人じゃなくても、調子が狂ってるのを見ると、「誰でもそんなこともあるんだな」と、逆に少し落ち着いたりもします。
        ちんが小さい頃は、子供映画なんかを見るのに、まだ映画館へも行きました。が、最近はホントに行ってない。そもそも、そんなに映画が好きでもない、というのもあるのですが。
        茶犬は好きですが、ほとんどDVD、もしくはケーブルTVの「日本映画専門チャンネル」とか、そういうの利用してますね。途中でトイレにも立てるしね。寝転がっても観れるしね。
        | よぴち | 2009/06/01 12:29 AM |
        こちらも
        なんか
        ちょっと物足りない
        ナカミの薄い、手ごたえがハッキリしない春・・のような感じ
        このままだと
        夏も
        ぼんやり、ふわふわ流れていってしまうような気がしないでもないです。。
        いつか観た映画
        感動したもの、もう一度観たいもの
        いろいろあるけど
        映画館に出かけて観たものは
        そのときのことを思い出すのね
        受験目前だったのにどうしても観たかった・・とか
        むしょうに一人映画館の中に埋もれていたくて入ってしまった・・とか
        相手の懐が心配だったから
        自分で前売り買っといて「二枚もらったの!」って誘ったり・・とか・・ネ
        最後に映画館に行ったのはいつなんだろ
        思い出すのもタイヘンなくらい
        ず〜っと前だわぁ。。        
        | ありんこbatan | 2009/06/01 5:10 AM |
         
        いつか観た映画みたいに、というシチュエーションはうまく思いつかないのですが、あの映画を観ていた頃の僕のように、であればいろんな追憶が甦ってはきます。
        涙ポロポロ溢すのは涙もろくなった今の僕なんでしょうけれども、涙こそ溢さずとも、何かの物語を観て心が揺れ動く度合は、今とは比べ物にならなかったような。感受性が磨耗したと思うのは寂しい限りですが、現実はそうです。
        あの頃の時代に戻ることは叶わぬことですが、せめて、いつか観た映画、そしてその映画を観ていた頃の僕の尖がっていたキモチには戻りたい。だいたい夢想で終わりますけれど、まだ少しだけ希望は持ってます。キモチだけでも劇的にあの頃に戻らないとも限らない(笑)。
        そういえば、春なのにきらめいた日が少ないような。
        これは、春に思い入れが少なくなってしまったからかもしれないんですけどね。「そして僕は途方に…」の時も思いましたけれど、あの頃の春って、寒かろうが雨が降ろうがキラキラしていました。今はそうじゃない。ただ冬と夏の間。花粉も飛んだりしてなおさら始末に負えない季節です。ダメだこりゃ(汗)。なんとかしなくちゃ…。
        | 凛太郎 | 2009/06/01 10:00 PM |

        凛太郎さん
        ねぇ、確かに、春って無条件にキラキラしてたんですよ。少なくとも去年の春、まだ、少しはそうだったんですよ、私には。
        我が家にはまだ学生がいますから、そこに便乗して、それなりに何か清々しいような、はじけるような、スタートラインに立って緊張しているような…そんな気分があった。
        ことし、それがイマイチ感じられないのは単にお天気のせいだけではないのかな…。
        私はおばちゃんなせいか、涙腺は年々もろくなってます。が、どこで涙がこらえきれなくなるか、その「ツボ」は、昔とはかなり違ってきてる。
        まぁ、間違いなく「恋愛」ではないな。
        親子モノとか動物モノ、あと、男女モノでも恋愛というより、静かだけれど深くて確かな愛情のような、そんなところに移っている。
        劇的に戻らないかなぁ、というのは「夢」として私も持ってますね。ある意味、今の私の夢って、それなのかもしれないと、凛太郎さんのコメント読んで気付きました。
        | よぴち | 2009/06/01 10:26 PM |
        東京はじめじめ雨が降っています。梅雨入りが近いのかなあ〜 体調がすぐれないとか 心配です。
        早く医学の進歩で完治出来るようになれば良いんですが、、、。 この病気の病人の絶対数が少なくて研究が遅れているのでしょうか? 
        私が入院した大学病院では、骨髄移植の実績はまったく無いと云われました。 テレビ等の報道では随分有名人が移植手術されて、一般には多い病気のように誤解されているようですが。
        | sige | 2009/06/05 11:37 AM |

        Sigeさん
        ご心配をおかけして申し訳ありません…。
        なんでしょうね、この春は、ず〜っとしつこい風邪に、いい季節を盗まれてしまいました。
        骨髄移植は、やはり実績数に差があるようです。おそらく、実績のある病院には次々に移植希望患者が殺到し、逆に、実績のない病院にかかっていた患者は、移植の時になると病院を変わるんでしょうね(医師もそれを勧めるのでしょう)。
        研究はどちらかというとこの疾患は進んでいる方だと思います。そもそもが、危険な病気過ぎて、これでも恵まれてきたのに、私たちが納得出来る水準にまでなかなか到達しないんですよね。
        だって誰も死にたくないし、生きる以上は楽しんで過ごしたいですもんね。フツーの生活くらい、望んでも罪じゃないでしょ、って言いたいですよね…。
        | よぴち | 2009/06/05 9:48 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/210