◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< チェリー:スピッツ | main | 冷たい雨が降っている:吉田拓郎 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  不快指数100%の部屋:長渕剛  ○●○
    風は南からおととい、福井も入梅しました。
    その数日前から、どこか曇り空が続き、その割に、降るのかと思うと、お湿り程度だったりで、なんだかスッキリしない日が続いていました。

    しかし!
    例によって、入梅すると、いいお天気になるのであります。
    世の中って、どうしてか、そういうものです。


    今朝、TVのワイドショーで、三沢光晴さんの死を知りました。
    生前の彼の台詞をもとに、リングの上で死ねたら本望だろう、などという人がいるかもしれない。
    でも、やっぱり私は問えるものなら問いかけたい。
    三沢さん、本当に、リングの上で逝って、幸せでしたか?

    …どうにも逃げきれない何かによって、生き続けることを断念せねばならない時、
    最期を迎える場所を選びたくなる気持ちはわかります。
    でも、たとえ、いろんなつらいことがあっても、元気に生きている時に、
    ○○で死にたい、と考える、その考えの確かさには疑問を感じてしまう。
    誰しも、まずは、生きたいんじゃないか?
    どの場所でなら、どんな状況でなら、死んでもいい、ということが本当にあるんだろうか?
    少なくとも、前向きな気持ちでそう考えることが出来るんだろうか?
    例えば、最愛の人が亡くなったその場所で、生きる気力を失った自分も、死にたいとか、毎日が辛すぎて、もう生きていくのが嫌だ、というような、後ろ向きな気持ちで考えてしまうのはある様に思うけれど…。

    そんな、小さな誰かの一言に、酔っぱらいのようにグダグダ絡んでも、見苦しいだけですね。すみません。
    ただ、私は、格闘技は基本的にそんなに好きではないのですが、三沢さんは、珍しく好感のもてるレスラーだったのです。
    だから、もっともっと、生きていてほしかった。それだけです。
    きっと、三沢さんも、もっともっと生きていたかっただろうな、
    予知能力でも持ってない限り、「え〜っ、俺、今日、こんな風に死んじゃうわけ?」って、
    リングの上で、蘇生されながら、思っていたんだろうな…、思っていたと思いたい。
    また、対戦相手だった方が、今後、リングに立つことが出来ないような傷を、心の中に負っていないことを祈ります。

    今日は、長渕さんの初期の曲、「不快指数100%の部屋」をお届けします。
    今日は、すっきりと、比較的気持ちのいい日になっていますが、これを書き始めた昨日の時点では、梅雨の、「とりあえずザーザー降りではないけれど、なんかジメジメした感じ」で、とっても不快だったので…。
    私の場合、気圧が不安定だと、メニエールの発作が出やすく、頭痛や肩こり、めまい、吐き気などで、倒れるほどでもないんだが、なんだか身の置き場がない、いわゆる「体調が悪い」感じになるのです。

    ところで、この曲、1分強の短い、ギターだけのシンプルな曲なのですが、なんとなく、ビートルズの「Blackbird」を思い出してしまうわけで…。
    結構、私が中学の頃によく聴いたミュージシャンのアルバムには、1曲くらいは、ビートルズの「Blackbird」を思い出させる曲があった気がします。あ、もちろん、それは私の勝手な連想で、作り手は、それを意識してはいないと思いますが(笑)。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!
     よろしければクリックお願いします!

                          不快指数100%の部屋 → 



    JUGEMテーマ:音楽
     
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 長渕剛 | 17:36 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 17:36 | - | - |- pookmark
        梅雨いりとともに天気になる、
        病院にゆくと症状が治まる
        なんか、そういうことありますね
        長渕の初期のころはぜんぜん
        ちがうかんじでしたね。
        かわればかわるもんです、
        | 長七 | 2009/06/14 11:19 PM |

        長七さん
        ホントに、こんなに「変わったな」と思わせるミュージシャンは少ない気がする…。みんな時流に乗って、多少は変わっているけれど。

        そんな中、今でも、ライヴの時の「目」などに、昔のような優しさやかわいらしさを見つけることがあります。やっぱり人間って、見た目は変わっても根底はそう変わらないんだ、って思わせてくれる。
        | よぴち | 2009/06/15 12:36 AM |
        ホント
        梅雨入りしました・・っていうと
        晴れるんですよね〜
        気圧が不安定なときに体調が悪くなる
        すっごく
        わかります!
        長年いっしょに生きてる母がそうですから。。
        虚弱体質の母の子でありながら
        偏食を貫きながら・・アタシは丈夫体質!
        でも
        遺伝子の欠片はあるので
        頭痛くなったり
        あっちこっちヒクヒクしたりはするんですよ・・チビな規模ですけどネ
        だから
        病気持ってる人にとって
        梅雨は辛い季節だと思います
        無理をなさらず過ごしてくださいね。。
        この曲
        ホント
        初期だな〜っていう声・・音・・なんとも若いカンジ〜♪
        ほほえましいですね〜
        ○○で死にたい
        死の予感が全くしてない時or死に直面してる時
        どっちかのときに
        考えることなんでしょうけど
        うん
        普通は「行きたい願望」の方が圧倒的に強いと思う
        そうでない場合は
        心が病んでいる・・んだろうね〜           
        | ありんこbatan | 2009/06/15 4:46 AM |

        ありんこさん
        天気に左右されてしまうのも情けないんですが。
        やっぱり大自然の中で人間のいかにちっぽけなものか、と実感させられます…。

        ○○で死にたい、というのは、ありんこさんの言う通り、「死の予感が全くしてない時or死に直面してる時」に考えることでしょうね。死に直面してる時の願望はたぶん本音というか真実だと思うけれど、市はまだまだ遠い所にある時に考え付くのは、あてにならない気がする(笑)。
        私なんかもいろいろ考えたりもするけど(最後に何をしたいか、とか、さ)、結局その場に臨んだら少しでも長生きできるように、それだけに努めてあがく気がするんですよ(笑)。本当にその「間際」は、たぶん、私が逝くのを惜しんでくれる人が1人でもいるならその人が、悲しまないように努めるのみだと思います。
        | よぴち | 2009/06/15 8:08 AM |
        オラ昔波乗りやってて

        ボードすっとんで

        どんどん沖に流されて

        「ああもうだめ」って(泳ぎ苦手)思った

        でも何故か「助けて〜〜」とは叫べず


        こっちからは浜辺の景色や友達が見える

        なんだか不思議に穏やかな気分

        がぼがぼ海水飲みながら

        半分沈んでた時に地元の人に助けられた


        だから

        死ぬ時まで生きてる
        | 長chaboち よわし | 2009/06/15 7:07 PM |
        北海道は梅雨がないとか言うけれど
        ここ数日は雨ばかりで
        ジトジト。。。^^;
        寒いし、もう勘弁して〜〜!
        三沢さん、残念なことでしたね。
        あたしは格闘技に疎いので
        実は三沢さんのことを知りませんでしたが
        うちの夫がショックを受けておりました。
        ご冥福をお祈りしたいと思います。
        | IKUKO | 2009/06/15 8:28 PM |

        IKUKOさん
        北海道も、かなり遅れて、蝦夷梅雨とかいうのがあるって聞いたことあるけど…。それにしては早すぎますね。
        ちなみに、福井は毎日どうにか傘も要らず、ちんもチャリで学校に行ってますよ。
        今年って、なんか寒いよね?そう思いませんか?
        私もいつもなら半そで前回の時期なのに、未だ長そでとか7分そで着てたりする。
        もう、どうせいい齢だし、無理せず、フツーの人がギョッとしそうな格好でも、自分の暑い寒いに合わせて着ていようって開き直ってます!
        IKUKOさんも、体調崩したら損だから、あったかくしてね!
        | よぴち | 2009/06/15 9:24 PM |

        長chaboち よわしさん(←ってか、誰?)

        うわ〜、私も実は、ちんがまだ小学生くらいの頃、海で、ひどい目にあったよ。
        私は「素潜り」が大好きで、もぐってウニだのサザエだのを獲ったり、小さい魚を捕まえて、観察するのが好きなんです。
        で。岩場で、グダグダやってたら、波が岩と岩の間に流れ込んで、ものすごい力で私を巻き込み始めて…。私は岩にしがみついてはいたが、波の力には勝てず時折、ひっくり返って海の中に引っ張り込まれたり、岩にぶつけられたり…。
        マジでやばいなぁ、って焦った。
        やっぱ、最後の最後まで、生きてるよねぇ…。
        でも、泳ぎ苦手なのに、サーファーって…(笑)。
        ちなみに私はウインドやってたよ。昔だから、ものすごく大きなボードで、海まで運ぶのが重い重い(笑)。
        | よぴち | 2009/06/17 8:00 AM |

        よびちさんおはようございます〜♪

         昨日TVで、プロレスの三沢さんの急死が驚きを持って報道され、一体何が有ったのだろうと気になりならがらニュースを追いかけていました。
         新聞に頚椎離断という首の骨がずれ、神経が断裂されての死と有りました。
         人間何時何が起きて死があるやもしれぬ。

         死に対しての現実はロマンでもなく、残酷です。

        それでも、生きていく、自分を前向きに持って行く日々がときに辛いことが多くなっていくように思えてしまいます。

         人間の心理は、生まれたときからいろんなものを背負っていて、生きたいがために苦しんでいるかもしれない。

         日々雑多な事に追われ、自分は一体何を求めて生きようとしたのだろうかという疑問も湧く。

         よびちさんはもっと現実的な闘いを持って、家族愛の中を生きてらして、パラの日々はひよこの悩みと思われます。

        | パラ | 2009/06/17 8:49 AM |
        おひさしぶりです。
        とうとうブックマークさせていただきました。
        楽天のほうで書いていらっしゃったので、ブックマークさせていただくのも気が楽になりました。

        私は最近たった3日ですが入院しました。
        移植をする時に腎細胞がんが見つかって、今回たまたま撮ったレントゲンで、骨盤に怪しい影が見つかり、骨盤転移かと、一瞬死を覚悟しました。
        結局長期透析による合併症だったみたいですが、私の場合はダンナをひとり残すことをまず考えました。
        ○○で死にたいなんてこと、ぜんぜん考えませんでしたね。
        まず、ダンナをひとりにすることなんかできないんで、とにかくなんとかしなきゃしか考えられませんでした。

        三沢さんは、タイガーマスクの頃からTVで拝見していまして、私も好きな方です。
        私の場合は格闘技大好きなので、ノアの試合も見たことあります。
        TVで三沢さんやノアのファンにインタビューしていましたが、みなさん泣いていませんでしたね。
        なんかそれがすごく印象に残りました。
        林正英や李小龍も大大大好きなんですが、彼らも早く亡くなってしまいました。
        ファンにとっては、そういう背景の中で永遠に彼らの記憶が止まるわけで、それはそれとして伝説になるのでしょうね。
        でも林正英や李小龍が今も生きていたら・・・と思うことは何度もあります。
        惜しい人を亡くしましたが、私の中では彼らはちゃんと生きています。
        格闘技好きなんで、熱くなってしまいもうしわけありません。
        | えいちょん | 2009/06/17 11:45 AM |

        えいちょんさん
        ブックマークありがとうございます!
        はい、ブログにお邪魔した時に、入院しちゃったので退院したらコメントのお返事します、と書かれていたので、ああ、具合が悪いんだなって思っていました。

        人の死って、結局、その人を知っている人が全員亡くなったら訪れるものかもしれません。
        私の職場の理事長は、その考えから、自分の人生を本にして綴る、ということを繰り返しています。書いておけば、自分とまったく時間的には重ならなかった子孫に、こんな先祖がいたと知ってもらえるから、って…。
        私はそこまでしようとは思わないけれど、今は、どちらかというと、生きて自分がどうしてもしたいこと、というのはあんまりなくて、私の周りの人が幸せであることだけが希望なので、自分の肉体が滅んでも、私の周りの人が亡くなるまでは自分は生きているのかもしれないな、って思ってます。
        | よぴち | 2009/06/19 12:09 AM |

        パラさん
        私は、悩みとか、辛いという気持ちに、大小はないと思っています。
        悩んでいてつらい気持ちは、その原因がどうであれ、みんな同じようにつらいんだと思うんですよ…。
        パラさんの悩みがひよこなら、私の悩みもひよこです。最近、ブログを拝見していると、少し疲れているのかな、という感じがして、「パラさん、ゆっくり、ゆっくりね」、と心の中で念じています。
        | よぴち | 2009/06/19 12:12 AM |


        長渕はそれでも変わったんだね。

        むかし生のラジオで、拓郎さんと陽水さんが話していたんだけれど、
        突然、拓郎さんが長渕に電話をかけると言いだしてさ、
        「フォークはお前にまかす。おれたちは違う方向へ行くから、フォークはお前が守ってくれ」とか言い出したんだ。

        で、あさがおの部活の先輩にも、似たようなことを言うやつがいて、なんか「部の存続が最優先」みたいな理屈に反発を持っていた自分と重なってさ。・・・・。
        イチモク置いてたはずの先輩が、突然、ヘンクツなこと言い出すと、困るんだよねー。今なら、はいはいはい、って聞き流すところなんだけど。
        という、深層の思い出(大昔のグチ)を語らせてもらって、帰ります。

        | あさがお | 2009/06/19 1:41 AM |

        あさがおさん
        う〜ん、たぶん、若い頃の私も、同じ反発を感じたような気がする。
        で、今は、反発すべきか、従うべきかもわからなくなってる。かといって、あさがおさんみたく、はいはいはい、って聞き流すほど大人でもない。
        なんか、生きていろいろ見てくると、かえって答えが出せないことが多くなった気が。
        もちろん、モノの好みなんかは「これでないとダメなんや」という、頑固さが固まってきてるんだけど。
        | よぴち | 2009/06/19 8:01 AM |
        初めて若い声の長淵さんの声を聞きました^^
        こんな優しい声も出すんですね〜^^私の勝手なイメージですがマッチョな体でギターを強く弾いて、とっても大きな声で歌っている!! そんな人だと思ってました。

        自分勝手だと思いますが、自分を含め最愛の人などもずっと
        元気で生きててくれる。死なんてない。って心のどこかで
        思ってしまってます。万が一があれば・・・想像できないです。 夫には私は1日位が限界かもしれません。(´・ω・`)
        姉が免疫疾患を患い発症から4年が経過しました。最初の頃から比べ病状がだんだん重くなり大量の薬と毎日腹膜透析をして日々生活しています。
        それでも私よりも生きてくれると信じてますし
        いなくなるなんて想像できないです。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・
        どんな方法でも、いつも体を労わって欲しいそう思います。
        お邪魔しました〜(^-^)ノ~~
        | うさぎ | 2009/06/21 7:50 AM |

        うさぎさん
        コメントありがとうございます。
        そうですか、お姉さん、頑張っておられるんですね。
        今日の医療技術と、なにより自分を信じて、日々、生きていらっしゃるのでしょう。
        私も、調子がいい時は、「意外と長生きできたりして…」なんて思ったりするのに、体調が悪いのが続くと、ちょっとバテて来て、未来のことが考えにくくなったりします。
        でも、そんな時でも、いつも自分に言い聞かせるのは、結局は自分の運命はわからないから、まずは、この瞬間瞬間を、悔いのないように生きよう、ということ。とはいっても、毎日後悔の連続で、ちっとも成長できませんが(笑)。

        | よぴち | 2009/06/22 12:55 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/212