◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 冷たい雨が降っている:吉田拓郎 | main | ほおずき:グレープ >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  For Your Love : 柳ジョージ  ○●○
    For Your Love7月1日付で、茶犬が異動になりました。
    車で1時間半くらいの近い所なのですが、茶犬の勤務先は24時間稼働の工場なので、夜中の呼び出しもないとは限らず、一応、単身赴任することになりました。

    充分日帰りできるところなので、業者は頼まず、茶犬と二人で連日通いで引っ越し作業。6月27日付で賃貸契約をしたアパート、7月1日には出金できる状況にしないといけないので、短期間に根を詰めました。

    まぁ、私は、こんな体なので、出来ることはわずか。
    茶犬は本当に大変だったと思います。
    それでも、日頃、日中2時間程は横になって休んでいる私には、買い物に歩き回ったり、1度も横になれないだけでも疲れてしまって、1日の終わりには、PCを立ち上げる元気も残ってない日が続きました。


    おかげさまで、無事茶犬は新生活をスタートし、ちんと私も、ボチボチやっています。
    …が、前にも書きましたが、私の食道静脈瘤の処置をどうするか、という問題がまたまた浮上してきて、今までは血液内科の主治医にのみ相談していたのですが、やはり1度、消化器の専門医に診てもらわなくてはと、今回思いきって消化器科を受診しました。
    やはり、私の想像通り、消化器科の医師は、かなり肝硬変が進んでいると考えた方がよいという意見でした。
    それは私にはかなりショックでした。私の場合はインターフェロンによる薬剤性の肝炎で、インターフェロンを減らしたり止めたりすることができれば、徐々に回復していくものだと信じてきたので、肝硬変という、不可逆的な所見であることは、できれば認めたくなかった。主治医の「僕は、肝硬変にはなってないと思う」という意見を、心のどこかで信じたい気持ちでいたのです、、、。
    今回も、依然、血液内科の主治医は、肝硬変化に疑問を持っているようで、木曜日に、さらに腹部MRIを撮ることになりました。
    けれど、私自身も、自分の血液データや、自覚症状を見る限り、肝硬変だと考えるのが妥当だと思っています。
    ただ、専門医にハッキリと言われたことで、命の期限切符が切られてしまったようなショックを拭い去ることが出来なかった、、、。


    食道静脈瘤も、いよいよハジけそうなサインが出てきて、私としては、入院治療をするとすれば、この夏休みが最後のチャンス、それ以降は、受験生のちんのことを思うとバタバタしたくなかった。できるだけ、こんな母のもとに生まれたことで、ちんの人生にブレが出てほしくない。
    同じように、茶犬も、私と結婚したばっかりに、自分の人生がブレてしまう(もう、すでにブレてますが)のは、最小限であってほしいと願っています。

    それで、今日、消化器科を受診した際に、自分から、もう、今すぐにでも入院して、お盆のころには退院したい、というのが希望だと伝えました。
    幸いにもベッドが用意できて、14日に入院、16日に1回目の施術、ということになりました。うまくいけば、3週間から1カ月で退院できるので、遅くとも8月第1週には退院できるのではないか、というのが私の皮算用です。

    そんなわけで、とりあえず、お盆明けくらいまで、このブログの更新はお休みさせていただきます。
    暑い時に、グダグダと文章の長い私のブログに付き合うのは、皆さんも大変だと思いますし(笑)。
    …と、いいながら、拓郎さんのツアーのように、「サプライズ」、あるかもよ(笑)。

    今日お届けする曲は、引っ越し作業で車を走らせている時に、何気なく頭の中に流れてきた曲です。
    ベタな曲なのですが、離れての生活をスタートした私たち家族にも、今回のしばしのブログお休みにも、それなりに合う気がして、この曲を選びました。

    それでは、8月下旬にはまた、きっと、復活しますので、
    その時にはぜひ、お付き合いのほどよろしくお願いいたします…。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いします。

                              For Your Love → 


    JUGEMテーマ:音楽
     
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 柳ジョージ(&レイニーウッド) | 23:24 | comments(18) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 23:24 | - | - |- pookmark
        良い子にして

        待ってるから

        | for your chabo | 2009/07/07 12:42 AM |
        タイヘンな日々だったんだね
        入院したら
        とりあえず
        家事のことは忘れて治療に専念してね
        元気100倍になって退院してきて!
        よぴちさんの
        自分のために
        茶犬さんやちんちゃんに迷惑かけて・・
        なんて
        そんなこと
        絶対にないよ
        いつも
        どんな状態のときも
        かけがえのない家族だよ
        がんばってきてね!
        | ありんこbatan | 2009/07/07 3:49 AM |

        for your chaboさん

        はい、、、。
        出来るだけいい子にしていなきゃ、と思うのですが、、、。退屈すぎると、どうなってしまうやら(痛)。
        でも、for your chaboさんも、いい子にして1ヶ月くらいで帰って来たよね。私も、なるだけいい子にして、早く出所できるよう努めます…。
        | よぴち | 2009/07/07 9:11 AM |

        ありんこさん
        「本当は、もういっそ、私なんかいなくなった方が、茶犬やちんには、いいんだろうなぁ」と思うこと多々あります。最初は多少悲しいかもしれないけど、人って「忘れる」という素晴らしい能力を与えられているし、いなければ、助けにもならないけど、荷物にもならなくてすむから…。
        でも、生きてる今、それを言葉にして言うと、茶犬やちんにしてみれば、どうにも気持ちの持って行き場がなくなるだろう、私を目の前にして「そのとおり」とは言えないし、今はやっぱり、悲しい気持ちの方が強いと思うので…。だから、「図々しい」病人でいるしかありません。
        肝臓は強い臓器だから、部分的にダメになっても残りでどうにかやっていく。その限界まで、まだまだ時間があると思うので、私は、出来る範囲で今後も好きなことをやって行こうと思ってます!
        帰ってくるまで待っててね〜♪
        | よぴち | 2009/07/07 9:19 AM |
        病院には、ねっとはないよねー。
        けーたいも禁止だよねー。
        うー。うー。
        しんぱいはしないで、まってるぜ。

        ふじみのよぴちへ、
        | あさがお | 2009/07/07 11:52 AM |
        何をコメントして良いのか、大変ショックです。いろいろ病気についてのアドバイス頂きました。そして頑張っているよびちさんを尊敬しています。 どうか元気で戻ってきて下さい。 首を長くして待ってます。
        | sige | 2009/07/07 12:29 PM |

        あさがおさん
        最近は、急性白血病なんかで長いこと病室に監禁される場合(無菌室)など、ネット環境整っているところもあるんですよね。電話は当然だし。
        私が入院する福井日赤も、無菌室ならあるのかも。
        でも、私は、そんな「重病患者」ではないんで、もしかすると個室さえ無理かも、、、(泣)。
        でも、最近ケータイはもう容認らしい。
        だからケータイで皆さんのブログは覗かせていただきます。コメントは、基本、ケータイから入力するのあんまり好きじゃないんで、なかなか出来ないかもしれないけど。
        よろしくねン。
        | よぴち | 2009/07/07 11:01 PM |

        Sigeさん
        ありがとうございます。でも、大丈夫。今回は、ドクターの手技ミスさえなければ、そんなに高いハードルじゃないので。
        さっさと治療して、一刻も早く帰ってきますよ〜!
        Sigeさんも、体力を消耗する上に汗をかくこの時期、出来るだけ「できもの」に天下を取られないように、しっかり休みながら、無理せず乗りきってくださいね。お互い、1日1日積み重ねですね、、、。
        | よぴち | 2009/07/07 11:04 PM |
         
        もちろん僕が分かったように言えることでもないのですが、こういう時は気持ちが揺れますね。やっぱり。
        もう一昔前になりますが、相方が入院したときのことを思い出していました。必死に食い下がって何度も何度も同じ事を聞いてしまったインフォームドコンセント。承諾書へのサイン。自分が施術するわけでもないのに寝られぬ日々。
        んで、何とか還ってきてくれました。
        当事者の大変さは計り知れないわけで、待つ方はただ待つだけのはずなんですけど、やっぱりこんなもんです。
        でもまあ、そんときには、せめて当事者に周りの心配はさせたくなかった。あんたは自分のことだけ考えてりゃいい。後のことも何も心配するな。それだけは言い続けていたような。
        よぴちさんも、優しい人だからつい周りのことを考えてしまわれますが、ここはまず自分です。そうでないと、よぴちさんのことが大好きな人たちは困ってしまわれるかと。「ご自愛専一に」なんて決まり文句は遣っていて恥ずかしさもありますが良く出来た言葉です。

        「For Your Love」を聴かせていただいてました。雨も降っている辛く哀しいうたのはずなんですけど、なんだかそれほどウェットでもなく少し乾いた感じまでして心地いい。この曲を選んだよぴちさんは、まだまだ前を見ることを忘れていないなと少し嬉しくなりました。

        そんなに心配しませんよ。お帰りをお待ちしています。(^-^)
        | 凛太郎 | 2009/07/07 11:34 PM |

        凛太郎さん
        そうですか、凛太郎さんの奥さまも、そんなことがありましたか…。
        私は、消化器科の初診問診で「治りにくい病気の場合に、その説明をどうしますか」という設問に「自分にだけしてほしい」「自分と家族の両方にしてほしい」「家族にだけしてほしい」とあって、「自分にだけしてほしい」を選んだ人間です。もちろん、茶犬に言わないでいるつもりではないのだけれど、自分からなら言葉や程度を選べる。医師は、家族にははっきりとすべて一気に話してしまう気がして…。
        今回の入院治療については、まだ見通しは明るいのですが、再発は免れない。消化器科の医師にも断言されました。
        今後の動向を思うと、つい、落ち込みがちですが、まぁ、考えても仕方ないですから。
        ただ、茶犬やちんが幸せでいてほしい、それだけが、本当にそれだけが願いなので、それだけは叶えてくれませんかと、神様仏様に祈るばかりです、、、。
        | よぴち | 2009/07/08 12:39 AM |
        私の姉も膠原病を二つもってます。
        姉は大阪、私は長野です。
        先日も入院していつも心配してます。
        待っている家族はどんな事をしてもどんな方法をとっても
        ずーっと(心は)そばにいて欲しいって思ってます。
        ついでに、【いなくなちゃう】って選択肢は全く持ってないです。なので入院したらいつも心配だけど絶対帰ってくるって思ってるので「いつも家に人がいて知らん間に家事を
        しすぎたり、自分の体を休めないことあるでしょう?
        だからたまには入院して体を休めてね^^」って話をしますし本当にそう思ってます。


        よびちさんも同じです。いつもいくら大切な家族でも
        一緒に暮らしていると知らぬ間に無理してしまってるかもしれないので、つかぬ間の上げ膳据え膳を・・・・^^

        音楽聴きました♪
        私も、なんだか別れの寂しさの中に漂ってる明るさが
        とっても心地よく感じました^^

        遠く離れていても、空は繋がっている・・。
        よびちさんがブログの最後に「…今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。」いつも言ってくれるように(この言葉に
        すごく癒されてます)私もそう思いながら、帰りを待ってます^^
        いってらっしゃい^^
        | うさぎ | 2009/07/08 12:45 AM |

        うさぎさん
        >ついでに、【いなくなちゃう】って選択肢は全く持ってないです。
        ...............................................
        不覚にも涙が出ました。
        茶犬とちんが幸せでいられるように、
        私の寿命は、それだけをかなえるために神が決めてくれればいいと思っています。
        その気持ちの裏には、「茶犬とちんの幸せのためなら、寿命が短くてもいい」という気持ちがある。
        でも、うさぎさんの言葉を聞いて、考えすぎて茶犬やちんを余計に悲しませるようなことだけはしないようにしなきゃ、って思いました。
        最後まで、茶犬とちんには「いなくなる」という選択肢を持たずにいてほしい。いなくなった後に多少困ったとしても、いなくなる前に考えて、暗い気持ちで時間を過ごすのは愚かですもんね。
        同様に私も、なるだけ嫌なことは考えないようにして、楽しくやっていきたいと思います!
        | よぴち | 2009/07/08 12:56 AM |
        どういうことを伝えればいいのか
        ご主人もむすめさんもきっと
        貴方に人生をどうのこうの、と思ってない
        と、思うよ。
        生きるということは死ぬことと表裏一体、
        家族はそれを共有する場。

        拓郎の気持ちは拓郎でしかしらないように
        よびちさんのきもちはだれもわからない。
        つらさも苦しみも僕には到底、わからないだろう。
        同情も哀れみも禁物だろう。

        歌が貴方を救う。これだ。
        | 長七 | 2009/07/09 1:19 AM |

        長七さん
        全く私は、弱音を吐いてばかりの弱虫です。
        でも、茶犬の転勤が決まり、ちんも来年にはこの家を出て行くのかな、と思った時、はじめて「残される側」の気持ちを少しわかったような気がした。
        実父が他界した後も、つらい時期があったけれど、それとはまた全く違う気持ち。
        それをわかっている今だから、いろいろ考えてしまいますね。甘えたい時に素直に甘えるのが良いのか、それとも、家族に辛さを分けないように頑張るべきなのか、、、。
        まぁ、考えても、行動は一瞬一瞬の積み重ね。いつも慎重には出来ない私のことだから、なるようになっていくでしょうね。

        病室にギター持ち込みたい気持ち。でも、それはいくら何でも許されないだろうから、ラジオで我慢です。
        | よぴち | 2009/07/09 7:38 AM |
        はい^^
        気長に待っておりますね。
        お互い無理せずボチボチいきませう。
        拓郎さんといえば
        倒れてしまったとのニュース
        なんともなければ良いのですが。。
        心配ですね。。。
        | IKUKO | 2009/07/09 4:10 PM |

        IKUKOさん
        拓郎さん、何とか今回は行けるかな、と思ったんですけどね、、、。
        やっぱりかぁ、という思いはあるけれど、
        無理してツアー続けてもらってもファンは嬉しくない。「頑張らなくてもいいんですよ」。

        私も、ボチボチと頑張ります。
        待っててね〜♪
        | よぴち | 2009/07/09 10:02 PM |

        よびちさんこんにちは〜♪

         ブログを読み進めていくうちに、大変な事態で、大丈夫なのだろうかと不安でした。

         ご主人のことも、責任感の強いよびちさんのこと、ご自分の身体のこと第一に集中してくださいね。
         それには入院して十分に身体を良い方向に持っていけるようにすることが一番良いと思います。
        またブログ再開するのを朗報と共に待っていますね。

         よびちさんの力になれず、パラも父の退院に向けての準備に心を悩ませています。
        いつも頼りにしていて、でもよびちさんの良い方向に持っていけるのではと思うと嬉しいです!

         



        | パラ | 2009/07/10 5:45 PM |

        パラさん
        責任感が強いというか、どうしてこんな性格なのかな、と思います、、、。
        要するに、「いい格好しい」なんですよ。他人のことを考えているようで、実は、自分が納得できさえすればいいという…。
        だから、茶犬やちんが、もしかすると私を思ってくれている気持ち、何かしてあげたいと思ってくれているを踏みにじっている可能性もあります。
        そういうことが、今までも多々あったような気がするのです…。
        とにもかくにも、今回は、自分は無力で、どう格好つけたって、実際、入院してたら茶犬やちんの具体的な力にはなれない。
        万事休す。元気になって、長く生きるための、前向きな入院治療だと思っているので、精一杯、その目的を果たして帰ってきますね!
        | よぴち | 2009/07/12 12:48 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/214