◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< For Your Love : 柳ジョージ | main | 海:サザンオールスターズ >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  ほおずき:グレープ  ○●○
    三年坂こんばんは。お久しぶりでございます。
    えっ?退院…?

    …なら、いいのですが(笑)。
    1回目の施術は無事終わりまして、少し傷を癒して、
    来週水曜日に2回目の施術をすることになりました。

    で、んなら、週末は外泊させてくださ〜い!と
    我儘を言って主治医や看護師さんをどひゃ〜っと驚かせてしまった私であります。

    だって、家が気になるし…。
    家族といたいし…。
    とにかく、しかし、私の言動は、病院では「どひゃ〜」っと、引かれることが多いようで。
    まぁ、変わり者と言われるのは慣れているし、
    私の人生、どうせだれも背負ってくれないのなら、どう生きようと文句は言わせない。

    病院でも、涙が止まらない時もあります。
    まだ今は正直、肝硬変という状態を受容しきれてない。
    白血病の時も、そうだった。
    最初は、「考えないようにして」なんとか過ごしてる感じだった。
    今は、なんとか受け止めた。前を向く気持ちになった。
    でも、こうなるまでに、かなりの時間を要した。

    そんな、度胸なしの私だから、
    この、肝硬変、という事実を本当の意味で受け止めて、
    前向きになるには、まだ時間がかかると思います。
    今はまだ、考えてる途中で逃げ出してることが多い。
    でも、着実に、気持ちが前進してるのを実感はしています。
    しばらくは、こっそり泣くことくらい、神様も許してほしい。



    で。
    福井はなんと、まだ梅雨明けせず。
    どんよりとした日が続いています。
    もう、この週末には、自治体の夏祭りなど開催されるところも多いんですけどね。
    今日、病院から帰る時に、そうだ、夏祭りの時期だな、と思ったら、
    頭の中に流れてきたのがこの曲でした。
    悲しい曲ではあるのですが、夏祭りの歌です。
    私の実家は田舎なので、家の敷地内にほおずきが植えられていた。
    ほおずきが「商品」になっていることが、あの頃は想像がつかなかったのですが、
    浅草などのお祭りには付き物のようです。

    この曲を聴いてた頃は、本当に純粋だったし、
    結局、こういう人生になるとは夢にも思ってなかった。
    でも、戻ってやり直したいなんて思ったことはない。
    結構、どの時期も辛かったし、もう2度と戻りたくはない。
    そして、文句なし、とまでは言えなくても、
    今、本当に幸せだと思っているので…。

    さて、この更新を最初に見つける方はどなたでしょう?
    だから言ったじゃ〜ん、サプライズ、あるかもよ、って(笑)。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!
     よろしければクリックお願いします!
                                 ほおずき → 


    JUGEMテーマ:音楽
     
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | グレープ | 23:58 | comments(19) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 23:58 | - | - |- pookmark
        おかえりなさい
        お待ちしてました。
        僕が一番です。

        もう寝ます。

        なるようになるさ。
        これしかないです。
        | 長七 | 2009/07/25 2:52 AM |
        残念!
        一番じゃなかった〜
        そっか
        週末帰りができたんだ
        でも
        わが家の空気を吸ったら
        できるだけ目を閉じて・・
        (いろいろ見てたらあれこれやりたくなっちゃうでしょ?)
        なつかしい音なんぞ楽しんで
        心を元気にしてやってネ
        ちょびっと里帰りも治療に役立つもんだね
        って
        みんなに言わせてしまおう!
        さださん
        ライブ盤だと
        オシャベリがあるから
        1曲が3倍楽しい♪      
        | ありんこbatan | 2009/07/25 4:10 AM |
        めっけ!

        ヴぇてらんのくらんけは扱いにくい!

        なあすさん達のぼやきが聞こえるじょぉ


        干し場に鉢植えがあったな

        都会の長屋には庭がない

        路地や屋根の上にむりくり造った庭園
        | chabooずき | 2009/07/25 10:17 AM |
         
        少しはリフレッシュ出来てますか? (^-^) やっぱりうちが一番ですよね〜(笑)。
        梅雨がまだ駆け抜けてくれませんね。これはまた梅雨明けは八月になりますね。せめて夏祭りには雨も少し遠慮してくれればいいのですが。

        施術は順調のようで。それは良かった。
        ここまでこんなに一生懸命やってきたのにその上…。その理不尽さには何と申して良いのか分からんです。たぶん外面はかなり無理されてるのでしょうね。ブログからですらそれは伝わってきます。
        恥ずかしながらほおずきを噛んだ経験がありません。つーか売ってるのもあまり見た覚えがない。街のガキでした。
        | 凛太郎 | 2009/07/26 7:26 AM |

        長七さん
        1番乗りありがとうございます!
        そう、ケ・セラ・セラの精神でやっていきたいです。
        | よぴち | 2009/07/26 1:10 PM |

        ありんこさん
        うん…。ホントだ、目に入りますね…。
        そして、無理せず、と思っても、やっぱり今やらなかったら、次は退院後になるから、とんでもないことになっちゃう、と思うと、やっぱりやってしまう…。
        その結果、昨日は、ちょっとダウン気味でした…。
        (病院では食っちゃ寝なので、体力が落ちちゃってるのもある)
        さださん、喋り声が若いですよね。しかも、まだ「恥じらい」を知った、抑え気味トーク。今のさださんは、もう、ズンズンおばさん心に突っ込んできますよね(苦笑)。
        | よぴち | 2009/07/26 1:14 PM |

        Chaboずきさん

        うん、なんか縁日のほおずきって、そういう、2階の、おとなりの洗濯干し場がもう目と鼻の先の、木造のベランダっぽい。

        扱いにくいクランケ、って思われないようにおとなしくしてるつもりなんだけど、多分、もう思われてる。
        上等じゃないかよ!
        | よぴち | 2009/07/26 1:16 PM |

        凛太郎さん
        素早いコメント、ありがとうございます。
        そっか、凛太郎さんって街っ子だったんだ。
        ほおずき、種をとるのが難しいんですが、私はそれが得意でね…。
        口に含んで鳴らすのは、そんなに上手でもなかったし、そのことに魅力も感じてなかったけど、「ほおずき笛」のようなものを作ることには、至上の楽しみを感じていました。

        梅雨明けどころか、きょうなんて大雨洪水警報ですよ。何考えてんだか。地球は確実におかしくなってきてますね。
        いい方に考えれば、私の運命も、従来の医学の理論通りにはいかないかも、ってことですね。
        意外と長生きするかもね…、と、本気で考えたりしています。
        | よぴち | 2009/07/26 1:20 PM |
        なんや、なんや、みんなえろぉ、はやいやんけ。
        うちでハゲマス会やっても、おちつかないので、
        二次会はkeyさんちで、やろうかなぁ・・・。

        じゅんすいだった「ほおずき」のころ?
        そのころ、よぴちは・・・?
        あったりまえでしょうが、
        小学生がなに、ナマびーるいってんの!
              Cha坊主(と、偽装したかったが、しかたがわからなかった)

        | あさがお | 2009/07/26 1:39 PM |

        あさがおさん
        グレープの「ほおずき」を初めて聴いたのは中1くらいだったと思う。小学生ではなかった。つまり、リアルタイムじゃなかったんですね。
        中1の時の、英語の先生が、新卒で、うちの近所に下宿していて、時々、みんなで遊びに行った。
        その先生も、グレープのファンだったので、「ほおずき」や「雪の朝」が好きだという話をしたなぁ…。
        その頃はなんと私は、いつもノートを持って歩いて詩を書いてばっかりいる、今以上のナルシだった(笑)。詩のことも、よく語ったなぁ。
        その先生は男子バレー部の顧問で、あの「元全日本のエース」、中垣内君の育て親なんですよ。
        | よぴち | 2009/07/27 12:36 AM |
        週末を自宅で過ごされて、もう病院に戻られたかしら。
        ちょっとブログから離れていたら、よぴちさんが入院・手術なさっていたなんて…。
        驚いています。
        しんどい時に何の力にもなってあげられなくて、申し訳なく思います。

        現実を受けとめるのには時間がかかって当然やと思います。そやけど、ひとつひとつ対処していくしかないものね。手術もそうやしね。
        頑張ってね。
        ちんちゃんや茶犬さんにはたくさん甘えて。
        よぴちさんの笑顔いっぱい見せてあげてね。
        | iku | 2009/07/27 9:57 AM |

        おやおや
        よろしいのですか
        病院のベッドの上で
        おとなしくしていなくても

        と言ったところでよぴちさんには・・・・。
        こうでもしないと息が詰まっちゃうんでしょうね

        ボクは全然心配しないからね
        だから早く良くなって♪帰って来いよー!


        | key-san | 2009/07/27 9:18 PM |
        もう、病院にもどったのだろうか
        貴方の生きるつよさを
        いつも感じています。

        | 長七 | 2009/07/27 11:16 PM |
        長七さん
        もう病院です。また絶飲絶食の1から。まぁ、私の場合、死ぬだけの強さがないだけなんですが。命ある間は生きるだけですよね。
        | よぴち | 2009/07/28 1:47 PM |
        key-san
        はい、頑固者のよぴちです。誰が何と言おうと好きに生きます!ただ…。病院ではギター弾けない事だけがつらい。外泊して、録画した「音楽寅さん」の桑田さんと一緒にギター弾いて歌ったら、もたれ気味の胃や食道がスッキリしていくのを感じました。わたしにとって音楽はやはり最良の薬のようです。
        | よぴち | 2009/07/28 1:55 PM |
        ikuさん
        ありがとうございます。そうなんです、あれからすぐに決まって…。拓郎さんも私も、爆弾抱えてるだけに、一会がすごい奇跡。行けてホントによかった。拓郎さんにもikuさんとダンディなお友達にも(お名前忘れて済みません)会えた。
        でもまた、きっと四人で美味しいもの食べましょうね!
        | よぴち | 2009/07/28 2:03 PM |


        >>ただ…。病院ではギター弾けない事だけがつらい。

        あれ??? ゆいいつ、病院のなかでさわげる場所(プレイルーム)で、ギブスの足をひきずりながら子どもとあそぶヤツがいたけど・・・。
        めざせ! 歌のおね、おね、おね、、、お姐さん!
        | あさがお | 2009/07/29 8:53 PM |
        因幡晃の「S.Yさん」を検索したら、こちらのブログがヒットしたので、お伺いしました。
        昔、何度もこの曲を聴いて、「白い靴とスリム」が似合う女の子に出会いたいなぁと思いました。
        今聴くと、ちょっと重すぎて辛い感じもしますが、別れた恋人に対する、美しいメッセージが心にしみますね。
        ご病気のようですが、どうか頑張って下さい。
        | カフェラテ党 | 2009/08/01 9:11 PM |

        カフェラテ党さん
        ご訪問ありがとうございます。
        そうなんです、今聴くと結構へヴィなんですよね、因幡さんのヴォーカル。
        でも、あの頃はそんなことも感じず、ひたすら好きだったなぁ。勿論、モノマネは得意でしたが(笑)。わかってくださいとか、別涙(わかれ)とか。

        まだまだ因幡さんの曲でアップしたい曲があるのです。よろしければまた、暇な折に覗いてみてくださいね。お待ちしております。
        | よぴち | 2009/08/05 4:33 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/215