◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 汐風:伊勢正三 | main | セプテンバー:チューリップ >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  DREAMER:井上尭之  ○●○
    戦国自衛隊昨日、夕方、ちょっと用事で外に出たら、
    秋の匂いがしました。

    涼しかった今年の夏も、まるで夏の意地でも見せるかのように、ここにきてほんの少し「残暑」を感じさせる日々。

    それでも朝夕は、着実に過ごしやすくなってきていて、地球は傾いているんだなぁと実感します。

    昨日、感じた「匂い」も、どんな匂いか言葉で表せと言われても困るのですが、私の中では初秋の夕暮れの匂いなのです。

    いつも、この匂いを感じると思いだすのは、小学6年の時の、市の連合体育大会の練習のこと。
    前年度、なんと100mで、2位以下に1秒近くも差をつけて1番になってしまった私は、学校中の期待を背負っていると勝手にプレッシャーを感じていた。
    でも、前年度の大会が終わった冬に、初潮を迎え、今年はどこか去年に比べて体の重さを感じていたのです。
    案の定、練習でタイムを計ってみても、去年より1秒近く遅い。
    それでも、学校の代表選手には問題なく選ばれてしまい、でも、このタイムでは、大会本番での優勝は難しいことを自分でわかっていただけに、毎日練習に明け暮れつつも、本音は、もう代表を降りてしまいたい気持ちでいっぱいだった。

    おりしも、その頃私が好きだった人(結局この人を、小学5年生から高校1年まで、思い続けるのだった)も、男子の100mの選手に選ばれていた。
    私は、毎日練習の最後にタイムを計るが、思うようなタイムが出ず、無駄なのに何度も走りなおしては落ち込んでた。
    そんなある日、その子が「いいんじゃない?成長過程にはいろんなことがあるんだから。ベスト尽くしてたらそれで。」…みたいなことを言って慰めてくれた。
    本当に嬉しかった。ずいぶん重い荷物が軽くなった気がした。

    練習の帰りは、いつも、もう空に月がこうこうと明るく見えるくらいの暗さ。
    その月を見上げながら、暗い気持ちで帰っていたのだけれど、
    その日は、少しさわやかな気持ちで帰れたことを思い出す。
    ちょうど、TVでは「ムー」(TBS系)が放送されてた頃で、
    月を見上げる頭の中にはいつも、郷ひろみさんの「帰郷」や、桂木文さんの(作詞作曲はさだまさしさん)「短編小説」が流れていた。

    あの匂いを感じると、その曲たちとともに、今、44歳の私の頭の中に、あの頃の思い出がよみがえるのです。

    今日は、映画「戦国自衛隊」のサントラ盤から、井上尭之さんの曲をお届けします。
    この映画は中3の時。大体、自分の行きたい高校を決める決め手になる、大きな模試の帰りに見に行きました。
    その際にも、その好きだった子に、度胸があるなぁというようなことを言われた記憶があります。私に言わせれば、「やった〜、終わった〜」の、映画鑑賞でしょう、ということなのですが、みんなは試験の結果が気になって、それどころじゃないそうで。
    だって、もう、終わってしまった試験のことを案じて、せっかく田舎からにぎやかな街中へ出て行ったのに、まっすぐ帰るなんて、愚かしいことのように思ったのですが…。
    秋でした。

    前にも書きましたが、「戦国自衛隊」のサントラは名盤で、名曲がいっぱい入っています。
    この曲も、曲の提供やドラマなどの音楽担当では、よく見かけるものの、なかなかご本人が歌っているものを耳にすることは少ない、井上尭之さんのヴォーカルですから…。



    今は、まだ病状が安定せず、2週間に1度、受診しています。
    この前受診した時に、心配してた検査の値が比較的良くて、
    毎日の食事療法に自信がなかったのが、少し、気持ちが落ち着いた。
    なんとか、やっていけるかな、と。
    やっぱりまだまだ、食事のたびに、これでいいのかなと不安にはなるけれど…。
    いろいろ考えた末、新しい薬も1つ、飲んでみることにし、そのことも主治医に伝えた。
    「後悔しないように、打てる手はすべて打っておきたい」というと主治医は、黙って、「うん」とうなずいてくれた。

    昨日は、母校へ帰って、母校の恩師とともに新しくやる実験の打ち合わせをしてきました。前を向いて行かなくては。
    頑張ります。


    ←いつもありがとうございます!
     よろしければクリックお願いします!

                           DREAMER → 



    JUGEMテーマ:音楽
     
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 井上尭之 | 22:17 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 22:17 | - | - |- pookmark
        井上尭之さんのヴォーカルって
        あんまり聴く機会
        ない・・ですよね。。
        ピアノの
        「ぽろぽろ」も「ダンダンダン」も
        いいなぁ
        そっか〜
        小6で
        かなりのプレッシャーと闘いながら走ってたのね。。
        >いいんじゃない?成長過程には・・
        って
        小学生が言っちゃうなんてスゴイ!
        中3の時は
        地元バンド(つボイノリオさんらのバンドを中心に)おっかけに明け暮れて
        度胸があるなぁ・・どころじゃなく
        馬鹿じゃないの?!っていう視線だったような。。
        匂いの思い出は
        夕暮れ時の
        なんとも家庭的お惣菜の匂いと薪を燃やすような匂い
        (できればここに、お豆腐屋さんのパフ〜が入ってほしい)
        おばあちゃんちに泊まる日の匂い
        近所のひとたちが行ったりきたり
        大きな声でしゃべり合ってて
        すごく賑やかしい環境で
        いつもの
        さみしい鍵っ子が
        このときだけは
        人にかこまれてる気がしてうれしかった。。
        退院後
        無理してないかと心配してたけど
        検査の結果が少しでもよくて
        ホントによかった!
        >前を向いて行かなくては・・
        また
        泣かされちまったゼィ。。          
        | ありんこbatan | 2009/08/28 3:48 AM |
        戦国自衛隊・・・これまた懐かしい。
        中3の頃、大きな模試や入試前後でも普通に過ごしてましたね。
        ちゃんと考えていたんですかねぇ。

        体調は早く万全の状態に戻るといいですね。
        まっ、いずれにせよ、前を向いて進まなければ!
        | SHIBU | 2009/08/28 11:36 AM |

        ありんこさん
        やっぱり、一人っ子のカギっ子って、どっか寂しがり屋さんなんだろか。
        高3にもなるちん、未だ、自分の部屋で過ごすことがないのです。寝る以外はすべて、私たちのいるリビングでやります。宿題も…。
        小学生ならともかく、18歳ですからね…。
        でも、なんとなく、人気がほしいのかなぁ、と思ったり。

        白血病にしろ、肝硬変にしろ、あんまり自覚症状はない病気。検査して初めてビックリ、って感じなので、怖いけど、逆に、調子のままにまかせて、あんまり暗くならないようにしよう、って思ってます。
        でも、たぶん、ホントに受け止めるには時間がかかると思う。それでも、今日もまた1日生きるためには、前向いて、生きていかなきゃね…。私らしく、楽しく、楽にね…(笑)。
        食べるのが大好きな私なのに、それも取り上げられちゃって、今は、ますますギターに傾倒してます。久しぶりに最近は、左手の指先の皮がまた、剥け気味で、硬くなってきました♪
        | よぴち | 2009/08/28 2:58 PM |

        SHIBUさん
        懐かしいでしょう?
        SHIBUさん、高校1年か2年のころかな。
        まぁ、昔の子供は、今の子ほどは受験のことなんか考えてなかった気がするんですが。少なくとも私の周りの田舎では、塾へ行ってるのはお金持ちの子だけだったし、通信添削なんて、だれもやってなかった。

        体調は、もう、SHIBUさんお分かりの通り、万全、というときは来ないのでしょうね。でも、「慣れ」てくれば…。
        焦らずに、待ちますよ、これまでもそうしてきたし、それでも結構楽しかったから。ありがとうございます。
        | よぴち | 2009/08/28 3:02 PM |
        季節の匂いって感じますよねぇ^^
        雨が降る前に、雨の匂いも感じない?
        そういうのって何だか不思議〜。
        そしてこの日記を読んで
        「うんうん、うんうん、ぜ〜んぶわかるっ!」
        って思うあたしも44歳であった。(笑)
        | IKUKO | 2009/08/28 4:48 PM |
        鼻がつまってて何も匂わない今日この頃

        隊長良好なによりなにより

        報告終わりっ!
        | 戦国chabo隊! | 2009/08/28 7:05 PM |

        IKUKOさん
        うん、雨の匂いってある…。特に、夏。
        アスファルトの匂いと混ざったり、あと、学校の制服が雨にぬれた時の匂いも、昔も今も変わらない。

        田舎育ちで今も田舎に住んでるから、
        秋の匂いの中には、もみ殻を焼く匂いなんていう、「農業」に絡む匂いもあります。
        海辺に生まれていたら、のりやワカメを干す磯くさい匂いなんかが、季節の匂いに加わるんだろな。
        | よぴち | 2009/08/29 8:16 AM |

        戦国chabo隊!さん
        姑もそうで(彼女は耳鼻科通いの人)、匂いが分からない。
        君は一時の誤りのようだが、彼女はずっと、である。
        うらやましいのだ。汚くても臭くても分からずに、幸せに暮らしてる。
        Are you happy?

        解散!
        | よぴち | 2009/08/29 8:20 AM |
        戦国ジェイ体は原作の本をかなりまえに読んでいて
        映画のほうは、あんまり・・。でしたが
        当時の角川映画は気合がなんでもはいっていました。

        お体たいへんそうですが
        いつか、逢える日がくることを!
        | 長七 | 2009/09/01 2:31 AM |

        角川映画、ほんとに力入ってましたよね。
        お金もかけてたし。それ=映画の良さではないとはいえ。
        ただ、女性の目線から言うと、やっぱりバイオレンス部分が強調されすぎ、っていう感じはありました。たいてい、かわいいとか、きれいなヒロイン(薬師丸ひろ子さんとか、小林麻美さんなど)が、派手に撃たれたりして、その部分は妙にスローにコマ送りされる。きっと、角川映画は男性より女性に人気があるんじゃないかなと思います。
        ただ、挿入曲はいつも、すごくよかった。ブルース系が多かった。私は挿入曲が好きで、観てた様に思います。

        病気はゆっくり進むので、まだ時間があるはず。
        私自身が、肝硬変とのおつきあいに慣れてくれば、また、できる限りいろんな事やろうと思ってます。
        だからきっと、そのうち神戸にも行きますよ!
        茶犬の下宿、長七さんのお店、大好きなお好み焼き「小町」の他に、御影にも行きたい所ができたし(笑)。
        | よぴち | 2009/09/01 9:03 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/219