◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 貴方のいない部屋:因幡 晃 | main | たずねびと:さだまさし >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  いくつもの星の下で:オフコース  ○●○
    オフコース・i昨日、鳩山内閣が発足しました。
    このことについて、今、結構に記事を書きこんだのですが、全部、吹っ飛んでしまい、
    相当に落ち込んでいるよぴちです。

    ウケようとしたギャグを、
    「え?何?」と、聞き返されて、

    もう1度言うことは、なんとなく気がひけてしまう、
    …あんな感じで、今、もう1度書くことが、なんだか気乗りしない状況…。

    1つは、「脱・官僚政治」ということで、昨今はどうも裏目に出ていたように思う「議院内閣制」のメリットを、もっと活かした政治を期待する、という話。

    後1つは、子供手当、なるものは、いかがなものか、という話。
    じゃじゃ馬よぴちなら、中学を卒業するまでの子供一人につきいくらかの手当てがもらえる、ということが、子供を産むかどうかの決め手にはならない。
    どうせお金は手当以上にかかるし、中学を卒業した時点でかからなくなるわけでもないし。進学率がどんどん高くなってる昨今は、むしろそこから後の方がお金がかかります。

    安心して仕事を続けることができるように、保育・学童施設の整備・充実、フツーに産休・育休をとれるように、社会の空気を入れ替えること、
    そのことに力を入れてくれる方が、よほど「じゃあ、産んでみようか」という気になります。

    社会の空気の入れ替えとは、子供を預けて仕事をする女への「出たがり女」「子供より仕事をとる女」などという見方、家事育児に協力する男に対する「女々しい男」「女房の尻に敷かれている男」などという見方を払しょくする、ということです。
    産休・育休をとっても大丈夫なように、ワークシェアの考え方なども取り入れて、社会全体で企業を支えていく、そんな空気に入れ替える。

    家庭内での役割分担は、その家庭に任せればいいでしょう。他人がとやかく言うことじゃない。ただ、その家庭での決定に役に立つ社会を作っていくことが大事だと思うのです。
    そこに、新たな「雇用」も存在するように思うし、ものすごいお金と時間がかかるとは思うけれど、メリットは大きい気がします。
    あまりにもお金と時間がかかるので、何か始めても「そんな程度では何ほども変わらない」などと批判されて、引っ込めてしまう。
    でも、それでは、本当に何も変わらないままなんですよね。


    さて。そんな話はさておき、
    私にとって、秋というと、どうにも聴きたくなるのがオフコースと伊勢正三さんなのです。
    昨日は、茶犬のPCの整備をしに、日中、単身赴任先へ行きました。
    途中、加賀から金沢までのバイパスに乗るのですが、
    その間、ずっと正やんを聴きながら快適にドライブしてきました。
    でも、体調がいいと思って、ここ2〜3日少し張りきったら、
    昨日帰宅するころには、もう、食欲もないほど疲れ切っていました。
    やはり、無理は禁物。調子に乗ってはいけない(痛)。
    今日は、ゆっくりしています。

    今日お届けする曲は、オフコースの曲の中でも、鈴木康博さんの曲。
    鈴木さんは、福井放送だと日曜の午前11時から、「メインストリートを突っ走れ」というラジオ番組をやっているのですが(これが、すごくいいんですよ、スタジオに鈴木さんがギター持ち込んでて、その場でゲストとセッションしてくれたり。)、その番組のテーマ曲にも使われてます。
    私にとってこの曲は、なぜか秋なのです。
    部活が終わって、いい気分の時に聴く曲。
    今でも、お風呂につかりながらこの曲を聴くと、
    なぜか決まって、涙があふれてしまう曲です。

    こういう男が、歌の世界に現れ始めたのは、やはり80年代前半だと思います。
    それまでの男性陣から見たら、「軟弱男」などと言われてしまいそうな。
    でもたぶん、昔から、男も女も、強くもあり弱くもあって、
    本質的には何も変わってないのだと思います。
    男には女が、女には男が必要なことが変わらないのと同じように…。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!
     よろしければクリックお願いします!

                          いくつもの星の下で → 


    JUGEMテーマ:音楽
     
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | Off Course | 16:42 | comments(23) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 16:42 | - | - |- pookmark

        同感!同感!!
        何がって?!
        「全部、吹っ飛んでしまい、
        相当に落ち込んでいるよぴちです」
        分りますお気持ちお察し申し上げます

        それから文章中段にある子育てから
        社会でも家庭内でも男女共同参画型へ
        そう空気の入れ替えしたほうがいい
        とボクも同感です!!


        | key-san | 2009/09/17 9:32 PM |
         
        少子化対策が進んでいます。子供のいない夫婦にはいつも世間の目が冷たい。こういう差別構造を国家が助長しているようにも思えてしまいますね。人の生き方をこうすべしと一方的に決め付ける世の中になって欲しくないなと。人にはいろんな事情があるんだよ。

        それはともかく(汗)、小松バイパスあたりを今の季節に走れば、やっぱり正やんはいいかなー。三号線ではなく八号線ですけど。そして日が暮れると鈴木さんの曲を流す。「いくつもの星の下で」。お風呂でなくても泣けますな。男の気持ちは、小田さんより鈴木さんの方がしっかりと伝えてくれていたように僕には思えたりします。結構切ないもんねぇ(笑)
        | 凛太郎 | 2009/09/17 10:40 PM |
        子ども手当て
        同じ意見です
        考えた方は
        長い本の前書きだけ読んで
        すべてを納得したような気になってしまった人
        みたいな。。
        子どもを持つ庶民の家庭の現場を
        実感してないんじゃないかな
        と思ったりします
        なにしろ
        国民から徴収した税金ですから
        「死に金」にならない使い方をしてほしいものです。。
        鈴木さん
        おもしろそうな番組やってるんですね〜
        ラジオ番組にゲスト出演されたのを聴いたとき
        おもしろい人だなぁ
        この人メインの番組やったらいいのに
        と思ったんですよ
        こっちで聴けたらいいんだけど。。
        ラジオって
        すっごく遠くの電波が入ったりするのに
        ものすごい地元・・スグそこなのに・・が聴けなかったりするんですよね
        (ちなみにウチはCBCラジオが殆どダメ)
        地デジ整ったったアカツキには
        また変わるって電気屋さんが言ってたので
        ちょっと期待。。
        この曲
        涙がこみあげてしまうの・・わかる。。
        ドラマチックな演奏(に聴こえる)に入るところなんか
        うるうる
        きてしまう
        はりきれるホド元気なのは
        とってもいいことだけど
        無理は禁物
        そうだよ!
        身体はだいじにしてネ         
        | ありんこbatan | 2009/09/18 4:13 AM |

        Key-san
        あ、やっぱKey-sanもあります?吹っ飛んだこと…。
        私はもう、何度もやってますが(ブログだけでなく、仕事でも)、ホント、落ち込みますよね…。仕事の時はもっと落ち込みます。

        男女共同参画社会、きっと実現できると思うんですよ。完全に世代交代するまで、もう、後少しの辛抱のような気がします。
        ただ、今までの社会の整備状況では難しいところもあります。育児にせよ、介護にせよ。でも、介護は必ず、誰もが通る道なのだから、絶対に整備しないと。育児の整備は、介護の整備にもつながってきますから…。
        | よぴち | 2009/09/18 8:47 AM |

        凛太郎さん
        うん、育児問題にはそれも含まれると思ってます。どんなふうに表現しても、それなりに不快な思いをさせそうで、あえて触れなかったのですが…。
        健康上の問題にせよ、勤務や住環境の問題にせよ、やっぱり税金をかけてでも問題解決のために少しでも整備して行かないとね…。
        私も、1人しか産んでないので、周りにはどんだけ言われたことか。病気のことは外からはわからないですからね。

        小松バイパス、なかなか快適です。私としては、1年のうちいつ走ってもいいのは海辺の道、秋に走りたくなるのは中央道なのですが(笑)。

        そう、鈴木さんの曲って、せつないの多いんですよ。私はオフコースの曲では鈴木さんの曲の方が好きな曲多いんです。小田さん、もちろん素敵なんですが、たぶん小田さんの方が、頑固で男っぽい気がする。鈴木さんは、より繊細な感じがします。
        中央道に、オフコースはとても合うんですよ〜。あ〜、行きたくなってきた!
        | よぴち | 2009/09/18 8:55 AM |

        ありんこさん
        やっぱ、ありんこさんもそう思います?
        ねぇ…。一定額の給付金、というのはどんな場合でも問題が多い気がしますよね。使った税金の割には効果出ないっていうか。
        そもそも、子育てというのは、1度産んだらず〜っと続くのに、いつまで続くか分からない、今の日本の政局で、給付しますと言われても、それが「じゃ、子供を産もう!」という決断の決め手にはなりにくいですよ。そりゃ人間だれでも、お金もらえるんならイヤだとは言わないだけで。

        誰でも長生きしたいし、生きてる間は出来るだけ楽しく快適に過ごしたい。だから、介護の整備は必須。そのためにも子供を育てる、ということをもっともっと大切に考えてほしいです。
        正直、自分で働いて稼げる世代のための娯楽施設や道路の整備などは後でもいいので、子供と高齢者のためのハード・ソフト両面での充実をホントにお願いします!
        すぐに、自分も必要になるんで…(笑)。
        | よぴち | 2009/09/18 9:02 AM |

        追記

        鈴木康博 「メインストリートをつっ走れ!」

        放送局      放送日時 
        新潟放送  (土)16:20〜16:35

        福井放送  (日)11:00〜12:00

        北日本放送 (土)22:00〜23:00

        南海放送  (水)23:40〜24:00

        岐阜放送 (土・日)21:40〜21:50

        山陽放送  (日)22:00〜22:25

        大分放送  (日) 11:00〜11:55

        IBC岩手放送 (日) 16:30〜17:00 

        高知放送 (土)10:10〜10:50

        ありんこさんのところは、う〜ん…。
        岐阜放送、拾えたらいいのですが。でも、この番組1時間番組なのに、2日かけて10分ずつ、って、どうなんでしょ?
        | | 2009/09/18 9:16 AM |
        だんじょきょうどうさんかくは

        かならずさんかくかんけいのぞうかにつながる

        ゆえにこんいんこせきほうのかいせいがひつよう

        つまりようしょうじのあなーきずむきょういくがだいじ

        りんりとしゅうきょうといっしょにふごうりを
        | chaboに給付金 | 2009/09/18 12:35 PM |

        chaboに給付金さん
        悟ってるな、Chaboさん。
        そうなんだ、アナーキズム教育が大事かも。
        頼ってばかりじゃダメなんだ。
        そして、世の中不合理、不条理。
        それにも耐えて、生きるのを放棄せずにやってくための教育。
        う〜ん、、、。
        | よぴち | 2009/09/18 4:52 PM |
        こんばんは。コメントありがとうございました。
        >男には女が、女には男が必要なことが変わらないのと同じように…。
        このフレーズ、どこかで聞いたような・・・
        そうだ!!  心の支えはいつの時代も男は女 女は男
        C&Aの「男と女」だ〜。実際のところ、まさに世の中、一人では生きてゆけないものなのです。
        | たすの | 2009/09/18 10:33 PM |
        ぼくも聞きたいが、きけないな、
        やすはほんとうに
        自分の生きる道をえらんだね
        小田さんとは対照的なんです、
        そこがまた不思議な関係。

        子供手当てというものが
        どうなるか、わかりませんが、
        みんすがいつこけるか、ひやひやします。
        | 長七 | 2009/09/18 11:43 PM |

        たすのさん
        そうなんです、私も頭の中「男と女」イメージだったのです。
        「男と女」も、このブログでアップした気がします。

        以前見た、C&Aのライヴで、チャゲさんが、飛鳥さんのことを、「こんなでかい図体して、どんな顔でこんな詞を書くのかねぇ…」と、MCで笑いをとっていたことがありました。
        | よぴち | 2009/09/19 12:08 AM |

        長七さん
        聴けない、って、ファイルの形が問題なのかなぁ。
        また、教えてくださいね、PCの問題なら解決できるかもしれないので。

        長七さんのおっしゃる通り、私も、何が心配って、すぐに政権交代してしまうんじゃないか、ってこと。
        ホントに、すぐに政権交代する、こんな調子では1つも法案が決まっていかないんですよ。
        | よぴち | 2009/09/19 10:16 AM |
        今、はじまったよー!

        民放FM45局で、いまわのきよしろーさんの特番・2時間です・・・。
        | あさがお  | 2009/09/20 1:04 AM |
        よぴちんち辺は、2:00からだぞー。

        2009年9月20日(日)午前2時〜午前4時
        FM福井、
        | あさがお | 2009/09/20 1:07 AM |
        現在育休中の33歳男です。
        「社会の空気を入れ替える」という部分、共感しました。
        7歳、4歳、2歳の3人の子どもがいますが、
        その3人の子どもと妻と、とても「人間らしい生活」をしています。
        妻が復職と同時に私が育休に入ったのですが、妻は有難いことに働きながらも育児にも家事にも時間を惜しんで取り組んでくれています。
        自分が仕事に出ていたとき同じくらいのことをしていたか?というと恥ずかしいことに、完全にNOです。
        このことが本当の意味で分かっただけでも私の、そして家族の今後のためにも良かったのではないかと思います。

        一方で、育休に否定的な方々の主張を色んなところで聞いていると、もうすこし、「休むこと」や「家の事情を言うこと」に寛容な、懐の深い世の中になってほしいと思います。

        | ほしいも | 2009/09/20 10:00 PM |

        ほしいもさん
        ようこそ。ご訪問ありがとうございます。
        そうですか、育休中…。
        おっしゃるとおり、相手の立場は、本当になってみないとわからない。
        今、家にいて家事・育児を引きうけると言うことはどういうことか、実感しておられることと思います。
        自分の家の世話だけでなく、家にいると、営業勧誘や、地域社会との接触という役割も担いますからね…これが、結構なストレスでして(汗)。

        まだまだ、ご主人の理解が得られず、大変な思いをされている奥さんは多いと思いますし、逆に、家事育児を、全く言い訳には出来ない立場で仕事をするということの厳しさを、本当には理解できずにいる「兼業主婦」も多いと思います。
        互いの立場を理解することが、「おいしいところを突く、効率のよい協力」の第1歩だと思います。
        ほしいもさんのご家庭の、温かい笑い声が聞こえるような気がしました。
        | よぴち | 2009/09/22 11:23 AM |
        よびちさんこんにちわ!

        私もよびちさんと同意見です!!
        うちはコウノトリ様をお待ちしている状態ですが(笑
        私の会社は「授かったら辞めて欲しい」と言われてます。
        手当よりも、働ける環境が欲しいなぁって思います^^
        | うさぎ | 2009/09/23 8:54 AM |

        うさぎさん
        お久しぶりです!
        そうですよね、やっぱり「産む世代」は、こういう意見の方が多いと思うんですよ。
        お金がないからというのは、子供を産むと稼ぎにくくなるからで、お金を生み出すことが出来るのなら、また、身体的・環境的事情のあるご夫婦は、その解決に必要な費用をねん出することが出来るなら、子供がほしいと思っているご夫婦は多いと思います(もちろん私は、産まないという選択を否定する気持ちもありませんが)。
        どうして国会議員の方々はそう思わないのか不思議です。
        | よぴち | 2009/09/23 2:23 PM |
        そうそう。。。
        うちも今、一番お金がいる。。(切実)
        小さい頃って案外お金かからないよね。
        今になって思えば。
        「秋」=オフコース 伊勢正三
        わかりまーす!
        なんとなく「秋」のイメージですよね^^
        | IKUKO | 2009/09/24 5:45 PM |

        IKUKOさん
        そうですよね〜。
        高校、大学・専門学校って、ホントお金かかる。
        授業料の他に、小中の時のように、家から徒歩かせいぜい自転車で通える範囲に学校があればいいけど、そうでない場合は交通費もいるし。
        だからって、手当を支給せよ、となると、いったい何歳まで?ってとこでまた難しいと思うし、だから私は、少子化対策、という目的なら、手当という形式はやめて、子供を授かりやすい、子育てしやすい環境整備に税金を大量投入すべし、と思っちゃうんですよ。

        それはそうと、このブログにもたまに来てくれるSHIBUさんが、今日、ご自身のブログ(http://shibu914.vox.com/)で、YELLOW MONKEYのJAMを紹介してましたよ。
        皆それぞれ、曲には思い出があるものですよね…。
        | よぴち | 2009/09/25 5:22 PM |
        「YELLOW MONKEY」のボーカルのひとがね、
        髪型にもよるのだけど、
        月影先生(at ガラスの仮面)にみえてしまうのさ。

        | あさがお | 2009/09/27 12:19 AM |

        あさがおさん
        まぁ、ロン毛美男子、となりますと…。
        わかる気がしますな。
        なんか、同じロン毛美男子でも、キムタクじゃないんですよね。
        あの「眼ヂカラ」かなぁ…?
        やっぱ、髪型の影響大きいと思うけど。
        顔的には月影先生のあの、「流し眼チック」なニヒルさは、エースをねらえ!の宗方仁、という感じもあるもん…。
        | よぴち | 2009/09/27 8:42 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/222