◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< ネガイ:First Step | main | おまえが大きくなった時:かぐや姫 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  涙のシークレット・ラブ:ダウンタウン・ブギウギバンド  ○●○
    台風一過。
    今は、穏やかな福井です。
    昨日の今頃も、穏やかに雨が降っていました。
    ところが夜中2時半過ぎから、暴風が吹き始め、
    朝9時ごろまで続いたかな…。

    そんななか、今日は消化器科の胃カメラ検査と、
    いつもの血液内科の受診予約が入っていて、
    病院通いだった私です。



    結果は、あまりよくなかった。
    いつも気になる、食事療法が反映される検査値は、とてもいい値だった。
    白血球数も、肝機能値も、悪いままキープ。今の私は、これで十分なのです。

    でも、胃カメラの結果は…。
    静脈瘤は、この前の治療で少しは状態が良くなっている感じはあるも、当然、まだあって、今後のことを考えるといずれ治療が必要になる。
    けれど、今日のカメラでは、新たに、胃が非常に炎症を起こしていて、おそらくそれは、肝硬変から来るものだろうと思われた。
    これさえなければ、主治医は、続けて静脈瘤を処置してしまおうと考えていたようだったのですが(実際、それがBetterな方法だし)、今回、この胃の荒れ方を見ると、やはり、静脈瘤の処置によって肝臓に負担をかけた可能性が否定できず、だとすれば、やみくもに静脈瘤を処置すると、更に肝機能を悪化させる恐れがある…。

    白血病治療の方のインターフェロンを止めているにもかかわらず、血小板の値はちっとも上昇してこないし、また、白血病細胞が騒ぎ出してくれば、肝機能に負担がかかるのを承知の上で、白血病治療をせざるを得ないだろう。
    大抵の場合、慢性骨髄性白血病というものは、休薬するとまた悪くなるのが常なので、今は、受診のたびに染色体検査をして、動向を監視している。

    消化器科の医師も、正直、まいった、という様子だった。
    私の場合、ウィルス性のB型とかC型の肝炎から来る肝硬変と違うので、教科書通りにいかない…。
    結果、少し様子を見てみようということになった。

    深読みかもしれないけれど、消化器科の主治医は、白血病の併発である以上、白血病治療を優先すべきで、結果としてそれで肝硬変によって死に至ることになっても仕方ないのではないか、というような、あきらめに似た気持ちを抱えてしまったのではないか、
    …私には、そんな気がして仕方なかった。

    病気の話は、なるべくこのブログではしないでおこう、と思っているのですが、
    今の気持ちは、病気の話なしで書くには、すべて作り話のウソになってしまう程、
    落ち込んでいるので、今夜はお許しください。

    あきらめたくはないのですが、あきらめないといけないのかもしれない。
    命ある限りは、生きていかなくちゃいけない。
    生きていく限りは、悲しんでばかりもいれず、楽しく過ごしたい。
    そのために、「あきらめる」という、私にとっては前向きな選択肢なのです。


    今日は、ダウンタウンブギウギバンドの中でも、私が特に好きな曲の一つ、
    「涙のシークレットラブ」をお届けします。
    この曲の女性のように、私も、なぜかこの曲は、
    部屋で一人で聴いていると泣けてきてしまう。
    恋愛の上では、そんな経験はないのですが。

    このところ、毎日、テープやレコードの音源をディジタル化する作業に追われて、
    ブログ巡りもままならず、VDT作業(PCなどでの作業のことを言います)の
    グッタリする疲れに襲われています。
    それでも、まるで何かに憑かれたように、生き急いでいるかのように、
    また次の日も、朝からその作業をやってしまっている…。
    少し、ゆっくりしなければ。
    たいてい、状態が悪くなる時、「生き急ぐように」生きてきた気がするので…。

    そんなわけで、カセットテープから起こしたものなので、
    音質は少し劣りますが、私の技術および設備では、これが精一杯でした。

    懐かしい70年代の音をお楽しみください。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!
     よろしければクリックお願いします!
                             
                          涙のシークレットラブ → 
    JUGEMテーマ:音楽

    JUGEMテーマ:70年代・80年代


     
    0
      | ダウンタウン・ブギウギバンド | 21:50 | comments(18) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 21:50 | - | - |- pookmark
        懐かしい歌です、阿野時代のかっこよさをかんじる。
        いきがっていたのが、よかったな、

        ほんと、病と闘うのはたいへんそうですね。
        どういう言葉をかけても慰めても、
        生きてゆくあなたの道はあなたでしか歩めない。
        茨の道であろうと、がけのふちであろうと、
        あなたは、ここまで生きてきた。
        たぶん、泣き言も精神的な苦痛も
        誰も理解できないものであるけれど、
        ぼくはあなたを尊敬します。
        よびちさんでしか歩けない道なんだ、
        と、思う、
        | 長七 | 2009/10/08 10:36 PM |

        長七さん
        いつもありがとうございます。
        こんな、わけのわからない病態解説、そして勝手な落ち込み、しかも、細かな文字で長々と書かれた記事なんて、フツーにブログを楽しもうとしている皆さんにとって、絶対、読む気が起こらない類のものだと思うのです。
        でも、つい、他にはけ口もなく、書いてしまうんですね、私の弱さ。

        私の人生は私だけのものですが、これが、不幸な方だなんて言ったら罰が当たるくらい幸せな人生だとも思っています。
        ただ、ひとつ欲を言わせていただけるなら、私と一緒に生きることになった家族にだけは、もっともっと手放しで幸せな毎日であってほしいなと思います。
        頑張るからね!長七さん!
        | よぴち | 2009/10/08 10:44 PM |
        お〜〜〜〜い

        よぴっぴ

        オラとハモりたぃだろ?

        そうだなぁ

        曲は何がいいかなぁ?



        「二人の銀座
        | ダウンタウンchaboウギバンド | 2009/10/08 11:00 PM |
        あれ、chaboさんは、よぴちをごしめいですか。
        あぶれたあさがおは、ひとりでみゆきさんをうたいます・・。
        病気の件、自分の立場では、なにもいえないのが本音です。
        chaboさまのように美声であれば、歌でおつきあいするとこですが・・・。
        「おしゃべり階段」読みますかー。おくりますよー。って、
        時間のないよぴちには、目の毒だな。。。
          
        | あさがお | 2009/10/09 12:15 AM |

        ダウンタウンchaboウギバンドさん
        う〜ん、ふたりの銀座もいいし、居酒屋もいいな。
        でも、一番お得意は「ロンリーチャップリン」?
        それともチャゲアス?コブクロ?

        え〜い。歌ってしまうことだな。
        さっきから、そうしたい気持ちではいたんだ。
        | よぴち | 2009/10/09 12:26 AM |

        あさがおさん
        おしゃべり階段、読んだしなぁ…。
        「愛のアランフェス」と「生徒諸君!」と「バナナフィッシュ」、「あさきゆめみし」は全巻、そろってるし。
        みゆきさん、歌おうかな。
        「おまえの家」でも。う〜ん、後、何かな。
        歌って、ダダ泣きするといいんだ。そのときだけでもスッキリするもん。その繰り返しで生きていってもいいよね、誰にもダメだとは言わせない。
        | よぴち | 2009/10/09 12:31 AM |
        病気のこと
        書いていい
        不安な気持ち
        さらけ出していいよ
        「あきらめる」って
        そうだ
        前向きな選択肢なんだ!
        あきらめて
        じゃぁ!って
        別の方法を探す・・試す・・
        そこまでできなくても
        静かに
        今あるものを受けとめる
        大事なことだよね。。
        精一杯の作業結果
        竜童さんの歌声がしみたゼ!       
        | ありんこbatan | 2009/10/09 3:56 AM |
        病状深刻ですね。前向きに行きましょう!
        あまり作業も急がす、ゆっくりやればいいですよ。ダウンタウンの宇崎さんの声、シミますよね。
        | 力道 | 2009/10/09 7:20 PM |

        ありんこさん
        この曲、「あいつの好きそなブルース」という2枚組のアルバムを録音したテープからアップしたのですが、他にもこのアルバムは名曲がいっぱいで…。
        で、CDにも焼いたのですが、自分でも音が気に入らなくて、今、再度(実は、すでに3回目ですが)、音質調整やってます。
        今度はもう少し、いい音になったので、まだまだアップしますね。
        次は12月にまた胃カメラをしますが、その時には、昨日の結果が嘘のようになってるといいなって思ってます。
        | よぴち | 2009/10/09 10:43 PM |

        力動さん
        竜童さんの曲、なかなか渋いブルースが多くて…。今でも、ギター1本でカッコよくやってたりするのを見ると、つい、自分もやりたくなってしまうのです。
        ボチボチと、確実に、ディジタル化した音源が増えていってますよ。
        少しずつ、アップしていきますね!
        | よぴち | 2009/10/09 10:47 PM |

        せめて何か気の利いたことでも書きたいと思って少しの時間考えましたが…ダメですね。そもそもそんな小ざかしいことをしようなんて不遜なんだな。ごめんなさい。生きるということをここまで真摯に考え抜いている人に対してね。
        今宵は、涙のシークレットラブを聴きつついろいろ昔のことでも思い出してみようかな。アホなブログとか書くのはまた次にして。

        以下、雑談。
        僕は、音楽はわりに好きなんです。でもなかなか通人にはなれませんし、人には「オマエわかっちゃいない」と多分思われてるんだろーなと。言うこといつもトンチンカンですしね。
        最も問題なのは「音質を求めない」ことだろーな。つーか良し悪しがよくわかんないのです。エアチェックのモノラル音でも平気で聴いてます。聴こえていればいい、という程度の耳なんですね。
        この「涙のシークレットラブ」も何も遜色なく聴こえてきます。「音質は少し劣りますが」とよぴちさんはおっしゃいますけどね。どこが劣ってるんだろ?

        と、「私がグッタリするほど疲れながら音質を上げてるんじゃないのっ!」というよぴちさんの声は聞こえてきたような。はーごめんなさいっ。音質は分からんでもそういうのは聞こえるんですわ(笑)。
        僕には何も出来ませんので、せめてよぴちさんの努力の跡くらいは分かるように頑張って聴いていきたいと思っています。ずっと「As Time Goes By」のリスナーでいたいですからね(汗)。

        さらに余談。
        コメントレス見ていて思ったのですが、「愛のアランフェス」以外は僕も持ってるなあ。BANANA FISHは嫁はんが風水の本を読んで、西側の書棚に置きました。なんか黄色いものを西方向に置くと金運が上がるそうなんで。
        でも、迷信だったな…(≧ヘ≦) ムスー
        | 凛太郎 | 2009/10/09 11:27 PM |

        凛太郎さん
        そっか、そういえばBANANA FISH、黄色だなぁ。
        あれは、寝る前に読むといけないマンガなのです、私にとって。夢の中で、必ず追われるんですよ、んで、よく眠れない(笑)。

        アランフェスは完全に少女漫画です。ただ、ミーハーな私は、あのマンガで「アランフェス協奏曲」を知った。ギターで弾きたくなった。

        生きることに執着を持てば持つほど、命が逃げていく気もしています。たいてい、最近また、生き急いでるなと思っていると、病状が悪くなってることが多いし。
        チャゲアスの曲で
        「追いかけて追いかけても 
         つかめないものばかりさ
         愛して愛しても
         近づくほど 見えない」
        というフレーズがありますが、まさにそうだと思う。ボチボチやってくと、結局つながって人生が出来あがってくような気がしています。

        | よぴち | 2009/10/09 11:55 PM |
        因幡晃さんの「貴方のいない部屋」の話で、すみません。少し前に見て、あっ出てるなと思ったのですが、瞬間的にコメントが浮かばなかったです。
        「貴方のいない部屋」は、曲の主人公の女性を具体的に想像するのが難しいのが、弱点かなと思います。
        カウントベイシーを聴いて、ドヌーブの写真を眺めながら、別れた彼を思い出しているような、ハイグレードで余裕のある女性って、ほとんどいないような気がします。(笑)
        独創的だけど大ヒットしなかったのも、リアリティーがあまりなかったためかなと思います。
        病気との闘い、どうか頑張って下さい。
        | コーヒー党 | 2009/10/10 11:55 AM |

        コーヒー党さん
        お越しいただきありがとうございます。
        因幡さんのファンでしょうか、よくご存じだなと思います…。
        五木寛之氏の「青春の門」で、主人公・伊吹信介が通っていた赤線で働く女性(映画では桃井かおりさんが演じていました)など、いわゆる、「ハイグレード」な女性だったかもしれません…。確かに、なかなかいないですね、現実、身の回りには(笑)。
        因幡さん以外にも、70年代の曲、アップしていきますので、またぜひ、お越しください。
        | よぴち | 2009/10/11 12:42 AM |




        よぴちへ
        「愛のアランフェス」と「生徒諸君!」と「バナナフィッシュ」、「あさきゆめみし」は全巻、そろってるし。
        -----アランフェスは自宅に、生徒諸君は近所のマンガ喫茶に、バナナとゆめみしは、近所の貸本屋さんに。あたしの半径200M以内には、とんでもない数のまんが本がねむっています。

        歌って、ダダ泣きするといいんだ。そのときだけでもスッキリするもん。その繰り返しで生きていってもいいよね、誰にもダメだとは言わせない。
        -----♪なみだはこころのあせーだー
             かまわずながしてみろぉよー♪
                
        | あさがお | 2009/10/11 7:13 PM |
        血液検査の結果で一喜一憂する。これは同じ病気をもっている我々の習性になってしまっている。でも血液検査では分からない人間の生命力があります。負けない心がきっとよびちさんに良い結果をもたらすものと信じています。 いまZARDの負けないでを聞いています。この曲を聴きながらジョギングしています。 頑張れ 頑張れ 頑張れ 頑張れ〜
        | sige | 2009/10/13 9:50 AM |

        あさがおさん
        ありがとさんです。
        ちなみに、たっぷり流してみようよ、だったような気もする…(笑)。
        | よぴち | 2009/10/13 11:07 PM |

        Sigeさん
        ホント、検査結果や、小さな自覚症状にいちいち神経質になってしまいますね。
        それが、決して身体にいい影響を与えないと、頭では分かっていても…。
        受診日の2〜3日前から、胃腸の調子が急に悪くなり、今も、それは続いています。おじやを食べています。
        …が、これは、自分の経験からすると、たぶん、「風邪がお腹に入った」という感じなのです。決して初めての症状ではないし、急に朝晩が寒くなってきてから、突然、こんなふうになったのです。

        だから、とにかく、あまり気にやまないようにしようと思ってます。確かに受診日は、胃の調子が悪かったのだから、そりゃカメラで見てみたら、炎症を起こしているのは当たり前。
        だからと言って、即「肝硬変から来るものだ」と決めつけるのも…。
        落ち着いて、様子を見てみます。
        Sigeさんも、落ち着いて続けていたら、少しずつ走れるようになってきてるみたいですもんね。人間の身体ってすごいですよね。
        | よぴち | 2009/10/13 11:12 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/225