◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 涙のシークレット・ラブ:ダウンタウン・ブギウギバンド | main | さよなら:サディスティック・ミカ・バンド >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  おまえが大きくなった時:かぐや姫  ○●○
    かぐや姫・今日朝晩が、めっきり冷え込むようになってきました。1年1年、「寒さ」を感じ始めるのが早くなっている気がします。齢ですね…(笑)。

    急に寒くなった気がして、日中は多少暑かったりもしたので、急には厚着も出来ずに過ごしていたら、風邪を引いたようで、咳や鼻水が出るわけでもなく、発熱もないのですが、喉がほんの少しおかしいのと、胃腸の調子が半端なく悪い。

    調子が悪くなってから、もう10日近く経つので、いい加減、これは風邪ではないのかな、と不安になってきました。やはり、肝硬変から来た胃炎なのか、と…。
    体調が悪いと、どうしても気分も落ち込んでしまいます。

    このところ、少し活動しすぎているな、という意識もあったので、
    今日は、少しゆっくりしようと、午前11時ごろから、布団の中で横になっていました。
    日中はラジオを聴いて過ごすことが多い。
    JR福井駅前から発信している、コミュニティFMの「まちかど放送」を聴いて過ごします。
    今日は、10時からの枠で、1976年のヒット曲を特集していました。
    「揺れるまなざし」「盆帰り」「パールカラーに揺れて」など、懐かしい曲がオンパレードでした。
    体調の悪さで落ち込んでいることもあるのか、聴いているうちに涙が出てきて仕方なかった。

    このころの曲を聴くと、いつも思うのは、私は、結局、1976年ころの曲が、1番心に来るなぁ、ということ。
    前にも書きましたが、時間を逆戻りしたいとは思わない。
    でも、私の心の中で、多分、1番良かったと思える時期が、おそらく1976年ごろなのではないかと思う。

    実家のある「ふるさと」に帰っても、商店はかなり少なくなって、家々も建て替えられて、あの頃の面影があるわけでもない。
    人も変わり、今、そこにいる人たちと特に会話をするわけでもない。
    私が結婚する半年くらい前に、実家はかなりリフォームしたので、
    今の実家の建物には、あまり思い出はない。
    なかなか実家に帰ることがないので、今の実家のどこに何があるのかさえ分からず、
    実家には私が身体を休めることができるソファーもないし、
    くつろげるか、というと、そうでもない。常に「よその家」にお邪魔している気分。
    自分の家の方が、よっぽどくつろげる。
    でも、故郷に行くと、どこかほっとしたりする。
    それはたぶん、そこに「時間」の存在を感じるからでは…、と思っている。

    来年、もし、ちんがこの家を出たら、もう一生、帰ってこないかもしれない(この家を生活の拠点にはしないかもしれない)。
    茶犬は、当面は生活の拠点は小松だし、3人が3拠点で生活するのは、光熱費など、生活費やエネルギー資源など、いろいろ無駄がある。

    それでも、やはり私は、この家を守らなくてはという気持ちが、どうしてもある。
    この家には、時間がいっぱい詰まっているもの…。
    人の心は、たとえ家族でも計り知れず、
    茶犬やちんにとっては、「今」を精一杯生きているから、
    そんなにこの家が必要ではないのかもしれないけれど、
    何年も生きているうちのたった一瞬でも、
    この家に帰ってきて、何か慰安になれば…。
    存在するかどうかも分からないけれど、その一瞬の為に、やっぱり私はこの家を守らなくては、と思ってしまう…。

    今日お届けする曲は、このところ根を詰めてやっている(何かやり始めると、憑かれたようにやってしまう、この性格、直さなくてはと思いつつ…)、レコードやテープからのディジタル化によって、ディジタル化した、懐かしい曲です。
    何か、私が故郷に抱いている感覚と似たものを感じました。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。

    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いします。

                        おまえが大きくなった時 → 



    JUGEMテーマ:音楽
     
    JUGEMテーマ:70年代・80年代

    0
      | かぐや姫 | 17:36 | comments(13) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 17:36 | - | - |- pookmark
         
        1976年と言えば、我々は小学生なんですね。でも何だか多感でした。マセていたのでしょうか。その頃、僕は自分用の小さなラジオを手に入れ、家族で見るテレビ以外の自分専用の音源を初めて持つ。そして、ガキながら深夜放送にのめりこんでいくのです。76年はそう考えてみれば、今も好きであり続けている音楽との出逢いの頃だったかもしれません。
        かぐや姫の「おまえが大きくなった時」。ピアノから始まり2コーラス目でベースが入り、徐々に編曲が大きくドラマティックに広がっていきますが、五回目に「おまえが大きく…」とこうせつ氏が歌うとき一瞬音が止みドラムが「タン!」と響く、あの瞬間はいつもじわっと胸に来ます。昔からそうです。

        僕が生まれ育った京都の家はもう跡形もなく、何か今は学生マンションみたいなものが建ってます。それを見たときに、何だか根無し草になってしまった感じがしました。今両親が滋賀県に住む家が一応実家なんですけど、そこは「両親の家」でしかありませんね。
        帰る場所って、自分の時間が内包されてる処なんですよね。結局。「一瞬の為に」といわれるよぴちさんの気持ちがなんだか分かる気がします。
        | 凛太郎 | 2009/10/15 11:11 PM |

        凛太郎さん
        我が家は、ドビンボーで、「自分の」ラジオは持てなかったのですが、親のラジオをほとんど私物化し、部屋も6畳2間しかない家だったので、ずっと親と一緒ではありましたが、片隅でラジオを聴いてました。親が寝た後は、ひとりで深夜ラジオを…。田舎なのでニッポン放送や文化放送、関西の毎日放送なんかの電波を拾うのにはかなり苦労しましたが、それがまた、よかったんだ、あの頃は。なんかプレミアムがついた感じで(笑)。
        帰るところがある、って、すごく素敵なことですよね。私は貧乏だったばっかりに、ずっと自宅で生きてきたし、借家、借地にもかかわらず、自宅はずっとそのままの場所ですが、後になって、帰るところがある幸運をしみじみと感じました。
        こんな日は、何か、さださんの「引き潮」を聴きたくなるなぁ…。「駅舎」とか、「距離〜ディスタンス〜」とか、ね…。
        凛太郎さんが旅が好きなのも、帰巣本能の表れかもね…。実は「巣」探しなのかも。
        だとしたら、ずっと、やめられないでしょうね、旅は。
        | よぴち | 2009/10/15 11:43 PM |
        うわ〜
        懐かしい
        レコードのノイズ
        いいなぁ・・カンゲキ!
        なんか
        これには
        曲の一部ってカンジでピッタリだし。。
        1976年を懐かしがるのは
        アタシたち年代だって〜!
        よぴちさん
        おマセだねぇ
        家は
        場所が変らず
        建物だけ10年ちょっと前に新しくしたから
        子ども時代、娘時代、を過ごした家は
        もうない
        家のまわりも随分変っちゃったし。。
        これで家は変らないと思う
        (変えるお金なんかありゃ〜せん)
        何年かして
        娘たちが出ていって
        たまに帰ってきたとき
        居心地のいい家であってほしい
        泊まる場合でも
        ゆっくり眠れた
        って言ってくれる家であったらいいと思います。。
        そうだね
        そういう家であるよう「守り続ける」のが
        親なんだろうねぇ
        | ありんこbatan | 2009/10/16 5:57 AM |

        ありんこさん
        我が家は中古を買ったので、すでに築19年。
        床下の湿気がどうにもならず、歩いていると、ふかふかと、何やら怪しい床の部分も…。
        いずれは、建て直し、もしくはリフォームしないといけなくなるんでしょうね…。
        それでも、ここにいれば、ちんも私と同じような感覚を持ってくれるんだろか…、どうなるやらわからないのですが、やっぱり、ここに居続けないといけないかなという気が、どうしてもあるのです。
        ただ…。
        建て直し・リフォームにはまず、先立つモノが必要…。そっちがまず心配な上に、つづいて、そのために今の家財をどこかに移動する、家の中を片づける、ということがまた、すっごく大きな課題であります…(汗)。
        | よぴち | 2009/10/16 7:43 AM |
        みつもりむりょぉ

        いいしごとしまっせ


        祖父の家が築80年以上(はっきりしない)の長屋

        東京大空襲も平成バブルも乗り越えちゃった


        叔母が一人で住んでるそこがコキョーかな


        自分の家にはまったく執着無し
        | chaboこうむてん | 2009/10/16 7:47 PM |
        めっきり寒くなりましね。76年や77年頃の音楽は一番好きですよ。かぐや姫は特に好き。78に一度再結成した時に出した、[かぐや姫今日]の中で、この曲は雄大でいい曲でしたね。
        2000年の再結成で、生でステージを見れて感激しました!
        | 力道 | 2009/10/17 12:15 PM |

        Chaboこうむてんさん
        築80年、って、それは逆に、すごく上質な建物だった証明では?
        故郷って、なんなのかな…。ホント、わからないわ。
        場所じゃなくて、匂いとか、音だったりもするし。

        リフォームの際は、遠く神奈川からお越し?
        宿泊交通費を含んでも、こっちで依頼するのと変わらない値段なら、ぜひ、chaboこうむてんさまにお願いしたいところ。
        しかし、予定はまったくない。今日も、外壁塗装のしつこい営業を振り払ったところです。
        | よぴち | 2009/10/17 9:41 PM |

        力動さん
        いいなぁ。再結成、みたのか…。
        TODAYの、このアルバムひとつをとっても、どの曲からアップしようか迷いに迷った。
        やはり、私の中では結構、かぐや姫は原点に近いところにいるなと再認識しています。
        「かぐや姫・Forever」、「かぐや姫・LIVE」、擦り切れるほど聴いた。懐かしいあの頃。
        | よぴち | 2009/10/17 9:44 PM |
        誰でもそういうのがあるね、
        神戸の町は、もう思い出どころでない
        御影の町も六甲道もあちかたもない
        違う街。
        人々の心の中に風景があり
        生きている。
        | 長七 | 2009/10/17 10:41 PM |

        長七さん
        私も、震災から5年ほど経った後に1度行きましたが、変わったなぁと思いました。
        幼いころから住んでいる人にとっては、もっと変わったという印象でしょうね。
        どこでもそうです。道路も建物も近代化。
        でも、たぶん外観じゃないんですよね、そこに行くとホッとする要因というのは…。
        | よぴち | 2009/10/18 10:53 AM |
        この夏の拓郎さんのライブ盤がでるんだってー。
        東京のみたいだけど・・。
        17回も引越しすっとね、
        どこも、ぼちぼちみたいな・・・、
         「いえ! ローマです!・・・」
        って、オードリーのまねなんだけどね。カスガじゃないほうの。

        ちゃぼさん、こんな名前もいいかも・・・
         「ガchaboン」
        | あさがお | 2009/10/20 10:43 PM |
        かぐや姫 おまえが大きくなった時 を 動画で聴いています。いい歌詞ですね。最高。こないだ カラオケで 歌いました。音楽同好会(名前検討中 かぐや姫を語る会
        | 村石太レディ | 2012/03/09 7:27 PM |

        ....................................................................................
        村石太レディさん

        ご訪問、そしてコメントありがとうございます。
        せっかく来て下さったのに、曲をアップするために使っていたサイトが無料サービスをやめてしまいまして、結局、動画で聴かれたとのこと、申し訳ありません。

        かぐや姫を語る会、いいですね〜♪
        私は、「フォーク酒場」と言われるようなお店(ギターなどの楽器が、客が自由に弾ける状態で置いてあって、ステージで歌えるBARです)で、今でも、かぐや姫を歌って楽しんでいます。

        「お前が大きくなった時」この曲に出会ったころは「お前」の方に近かったのに、今は、この歌詞の語り手側、それも、すでに「お前」が大きくなってしまって、もうすぐ「お前の子」が大きくなった時、って歌わなければならない齢になってしまいました…。
        そんな頃になって、ようやく、この歌詞をしみじみ実感する、成長が遅すぎる私です。

        こんな、グダグダブログですが、また、気が向いたらぜひ お越しくださいね。
        お待ちしています。
        | よぴち | 2012/03/10 10:46 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/226