◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< おまえが大きくなった時:かぐや姫 | main | For Your Precious Love : Otis Redding >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  さよなら:サディスティック・ミカ・バンド  ○●○
    加藤和彦さんが逝きました。
    いよいよ、自分に多大な影響を与えた、
    私にとって身近な人たちの訃報を耳にすることが増えてきました。
    ちょっと前まで、訃報のニュースを見ても、
    「ああ、そうなんだ」
    だったのに。
    最近は、「え〜っ!」と、思わず声が漏れてしまうことが増えた。


    私ごとですが、私の父方の伯母(父の実姉)も、火曜日に亡くなりました。
    先週土曜に、実母が、父の実弟を乗せて、
    伯母のいる新潟まで、車を走らせて見舞に行ったところでした。
    その時は、まだ意識もしっかりあって、会話もしたそうなのに…。

    茶犬が水曜日有休をとって、火曜夜に帰福したので、
    茶犬を駅まで迎えに行った車中で、私は伯母の逝去を知りました。
    それを聞いた茶犬が、
    「会わなければならない人に会うと、逝くんだ」と、
    ボソッと言いました。
    義父も、意識はないまでも、人工呼吸器でも、
    義兄(茶犬の兄)が東京から到着するまでは生きていた、って…。

    それから昨日は、南田洋子さんの訃報。


    何も、流れに逆らっているわけではない。
    加藤和彦さんも、自分で命を絶ったとはいえ、
    そうしなければ、まだ何十年何百年も生きたわけでもなく。
    人の生き死にも摂理、と言ってしまえばそれまでかもしれない。
    それでも、何か、その流れに抗いたくなる…。


    最近、茶犬が帰ってきている時で、私の体調がいい時に、
    芹沢さんのBARに、チョコチョコ顔を出すようになった。
    あそこは音楽好きのたまり場なので、
    決まって誰かが小さなステージでブルースや、ロックや、って、
    演奏を始める。

    この前行った時に来ていた60歳の方で、
    茶犬も仕事で関わったことのある方、
    いわゆる「ギター小僧」だったことがありありとわかる方。
    ギターを弾き出すと止まらない。ジミヘンから入ったとおっしゃっていた。

    その方が、
    「20世紀なんて不毛の時代、皆教えられたことを覚えているだけ。
    教えられたことを忠実に覚えたものがいい大学というところに入って、
    そういう大学を出た者が、世の中の中心になってる。
    お互いこんな時代に生まれてしまって不幸だけど、だからもう、好きなように生きよう!こんな馬鹿げた時代は、きっと何百年も先には、歴史にも残らないんだ、我々の1人1人なんて、クズみたいなものなんだ」
    というようなことをおっしゃっていた。
    そして、満面の笑みを浮かべながらギターを弾いておられた。
    もちろん、酔っ払ってのことだけど…。

    ちんに、そのことを話したら、ちんは、
    「そうや。そんなクズみたいなものだけど、無くなりはしないの!
     やっぱり長い歴史の中で、存在するんや!」
    と、切り捨てるように言い放ってました。
    ちんは、何かと諦め上手になっている気がしているイマドキの若者、
    …そう思っていたけれど、それを聞いて、少し救われた気がしました。
    そうだ、ちん、生きることをあきらめるなよ…!
    若い人は、自分の存在価値を信じて、たくさんのエネルギーを放射してほしい。


    今日、お届けする曲は、加藤和彦さん率いるサディスティック・ミカ・バンドの「黒船」というアルバムのラストの曲。
    このアルバムは、1曲目から、まるで黒船が日本に近づいてきたようなイメージを抱かせ、この、ラストの曲は、その黒船が日本の岸辺から遠ざかっていく感じがする曲です。
    思えば、加藤さんの存在そのものも、この黒船のようだったかもしれない。
    そう思うと、私には、加藤さんは、別の国に今、帰っただけのことで、
    また、呼べばやって来れるところにおられるような気さえする。

    そう思わないと、今すぐには受け入れられないよ。
    清志郎さんのことも、まだ私には、受け入れられてないのに…。

    公に発表する、公に知れ渡る、功績が、
    偉大でも、偉大でなくても、
    人の命は間違いなく存在して、歴史を作っていく。
    きっと私の、このちっぽけな命も。

    だから、やっぱり生きるのを頑張ります。




    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。

    ←いつもありがとうございます!
     よろしければクリックお願いします!


                              さよなら → 




    JUGEMテーマ:音楽
     
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 加藤和彦・サディスティック・ミカ・バンド | 16:11 | comments(9) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 16:11 | - | - |- pookmark
        拓郎が現実を受け止めろ。といっていましたので
        ナとか、僕も受け止めましたが、
        命というのはやがてすべて消えゆくもので
        その実感は悲しくも最後で理解するという現実。

        | 長七 | 2009/10/23 12:12 AM |
        訃報に「え〜っ!」と声が漏れる
        多くなりましたねぇ
        そう
        誰しも命尽きるときは訪れる
        元気そうであっても
        今日かも明日かもしれない
        >会わなければならない人に会うと、逝くんだ
        あるんですよね〜
        何回も
        そんな話を聴きました
        人間が一番最後まで持ってるのは聴力だってハナシですが
        臨終のときには
        まわりに集まってる人の声が聴こえるのでしょうか
        こたえてあげられないむなしさに
        泣いているのでしょうか。。
        あぁ
        そういえば
        アタシを産んで
        一旦お花畑を行き川の向こうを見たという母は
        祖母(母の母)に
        名前を呼び続けられて
        うるさいな〜!
        と戻ってきたって言ってました
        丹波さんとか立花さんの
        臨死の風景を知るずっと以前に聴いたので
        多分
        ホントだと思います
        加藤和彦さん
        南田洋子さん
        そして
        名も知らぬ尊い方々
        心からご冥福をお祈りします。。       
        | ありんこbatan | 2009/10/23 3:54 AM |
        今年になってからかな、自分達が影響を受けたり、当たり前の様にTVやレコードで聴いていた人達の訃報を聞く様になったのは・・・。
        昭和という時代も終わり20年も経ってしまった。
        自分の年齢もいい歳になって来た。
        これからはもっと身時かな人達との別れも来ると思う。
        そのうち自分自身も皆と別れる日がやって来る。
        自然の摂理だからしょうが無い。
        死なない訳にはいかないので、如何に生きていくか、生き様、死に様の事も考える歳になった。
        そうやって次世代に血を引き継ぐ事が最近分かって来た気がします。
        だから自分に死が訪れるまで、次世代に引き継ぐ事を色々と考える日々があります。その時を迎えるまでは精一杯生きていきたい。
        自分の評価は自分の死後、妻や子供達がしてくれるでしょう。
        | SHIBU | 2009/10/23 9:09 AM |

        長七さん
        容易に受け入れられないから、ヒトは生きて使命を果たせるのかもしれません。
        私もまだまだ悟れそうもなく。
        だからこそ、生きていきます。
        | よぴち | 2009/10/23 1:24 PM |

        ありんこさん
        私の実父も、最終的には胃がんが元になって逝きましたが、その20年前に、58歳で脳卒中で倒れました。
        その時、意識不明で手術を受けたのですが、川の向こう岸に、綺麗な花がたくさん咲いている場所があって、そこにいる人たちが皆、楽しそうで、自分もそこに行きたかったのだけれど、何かで行けなかったとか、父の母(私の祖母)が、日傘をさして迎えに来たとか言ってました。
        私は、そういう話をあまり否定しない方なので、やっぱり、そういうのってあるんじゃないかな、と思ってます。
        ありんこさんのお母さん、命がけでありんこさんを産んだんですね。それだけで、ありんこさんの命って尊いって実感できますね〜。
        んで、結局、長生き。ありんこさんも何とか元気。
        結果、オーライですね!
        | よぴち | 2009/10/23 1:29 PM |

        SHIBUさん
        私は、白血病を発病当時、バンクからの骨髄移植で約50%の5年生存率、移植できなかった場合は、おおむね4〜5年くらいで急性に転化して90%以上、死に至る、という現実を前にしました。
        だから、その時点で、もう、残された娘に何を残すか、ハードではなくて、ソフトの面で、と、それしか頭になかった。
        意外にも、自分自身が自分の為にやりたいことって、あんまりなくて、それまでいかに自分が好きに生きてきたかが分かった程でした。
        だからって、何ができたか、それも分からないくらい、ただ必死に生きてきただけなんですが、良くも悪くも夫も娘も私の影響を受けているのは事実(←怖いですね〜、笑)。
        SHIBUさんも、自分の想いと身体の動きが一致しなくて、もどかしかったり悔しかったりすることも多いと思いますが、やっぱりSHIBUさんが生きて、そこにいるだけで、絶対に息子さんたちへの影響は大きいはず。良くも悪くも。そして多分、「良い」ことの方が多い気がします。
        精一杯、生きていきたいですよね、お互いに。
        | よぴち | 2009/10/23 1:43 PM |
        加藤さん亡くなりましたね。拓郎がニッポン放送で、[結婚しようよ]を編曲してもらったときのエピソードを熱く語ってました。
        素人からデビューしていくミュージシャンの草分けだと言ってました。
        [イムジン河]名曲でしたね。残念です。
        | 力道 | 2009/10/23 3:14 PM |

        力動さん
        「イムジン河」、いいですよね〜。
        なんか、加藤さんというのは、昔から「ハイカラ」なイメージ。それは、私の中では、五つの赤い風船の西岡たかしさんと、似たイメージなのです。
        どこかハイカラ。新しくて、美しくて。
        才能があって、それが表に出ると、私のように才能のない者が、それにすがって楽しむようになる。けっか、本人はいつしか自分に「かせ」をつけるようになって、その重さに耐えられなくなってしまう…。
        やるせないですね、人の世の無常ですね。
        | よぴち | 2009/10/25 10:46 AM |
        ・・・・あさがお、だってば。
        加藤さんの特番、NHK総合ではじまりました。

        フジテレビでは、和幸(かずこう)がでたミュージックフェアの再放送をCSかなんかで、やるそうです。(坂崎HPに時間など、でてます)

        南田さんの司会していたころのミュージックフェアは、再放送されたりしないのか。。
        | アシャカ王 | 2009/10/26 12:34 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/227