◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< For Your Precious Love : Otis Redding | main | ロードショー:古時計 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  夜曲:中島みゆき  ○●○
    臨月中島みゆきさんが紫綬褒章を受勲されました。
    別に、今日、そのことについて云々、ここに記すつもりはないのですが。
    私は、いわゆる「変わりモノ」なのか、
    勲章、というものの存在価値が、あまり理解できないでいるのです。
    日本国憲法下では、天皇は国民の象徴である。
    それは、分かっているけれど、

    だから、勲章というのは、国民全員から贈られるものなのだろうけど、

    …なんか、そういうの、授ける意味あるのかな、と思ってる自分がいる。

    著名人はともかく、地方の、私なんかの周囲で受勲された人って、ほとんどが「自ら欲して」もらってる方が多いし。
    私、こんな偉いこと、やったよ、って名乗り出て、
    受勲記念の、周囲へのバラマキの品を用意して…、まるで、ゴルフのホールインワンのよう。

    まぁ、それはともかく。
    中島みゆきさん、おめでとうございます。
    受勲される方ってお齢を召した方が多いので、
    みゆきさんも、もうそんなオントシ?って思ってしまいますが…。


    今日お届けする、みゆきさんの「夜曲」は、
    大好きな曲で、「歌姫」同様、
    私がよくギターで歌う曲の1つです。

    ただ、最近私がつくづく気づいたのは、
    私は、たぶん、「自分の為に」歌っているんだなぁということ。
    もちろん、上手だったらまた別だったかもしれない。
    下手だから、他人様に聴いていただくようなものじゃないから、
    必然的に、そうなるのかもしれない。
    でも、それでは、「他人様の為に歌っているわけではない」ということにはなっても、「自分の為に」歌うことの証明にはならない。

    私は、創作能力もない。
    だから、自分の気持ちを表現する歌を作ることができない。
    でも、好きな曲を歌う時、
    その曲の詞やメロディーを借りて、
    そこに自分の気持ちをのっけて歌っている気がします。
    自分で自分の言葉やメロディーを使って表現するのが積極的な方法だとすれば、
    私のは消極的かもしれないけれど、
    好きな曲を、ギターやピアノを弾きながら歌うことが、
    自分の自己表現になっている気がするのです…。

    歌いながら一緒に泣いたり、
    歌いながら嬉しくなってきたり。

    「夜曲」を歌う時も、いい気分なのですが、私は
     
      あなたの為に私はいつも 歌っているのよ いつまでも
      かなしいうたも 愛しい歌も みんな あなたのために歌っているのよ…

    というのでは、ない気がします。

    だからこの曲を歌う時、私は、歌が上手で、他人様の為に歌っている、
    ミュージシャンのような気になって、楽しんでいるのでしょうね。
    唯一、自分の気持ちを重ねられる部分は、

      あなたは今も 私の夢を 見てくれることがあるかしら

    という部分だけ…。
    ここだけが、時に、ふっと感情が乗って、涙ぐんでくることがあります。
    ただ、その時、私の中に、「あなた」の具体像はいないのですが(笑)。


    美しくもないので女優にもなれない。

    弾き語りは、そんな私の、「○○ごっこ」の独り遊びの一環かもしれません…。



    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いします!


                                  夜曲 → 


    JUGEMテーマ:70年代・80年代
     
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | 中島みゆき | 21:52 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 21:52 | - | - |- pookmark
        受勲記念のお品
        はい〜
        ウチにも。。
        菊の御紋が入ってるのは
        ちょいと扱いに戸惑ったりしますね〜
        受賞には
        政治家さんとのからみがあるようで
        そんなん知ってしまってからは
        かなり
        しらけた気持ちでみています。。
        誰かが作った曲に
        自分の気持ちをのせて歌う・・
        そっか〜!
        これで
        謎が解けたような気がする!
        他人の曲を歌ってるのに
        完全に「自分節」にしちゃってる人
        これなんだ〜
        逆に
        歌ってる人の向こうに
        曲を作った人が見え隠れ
        それは
        作られた人の気持ちに寄り添ってて
        よく言えば
        その方が表現したいであろうと推測されたことを
        忠実に伝えようとしてる
        悪くはないけど
        歌う人の気持ちではない・・
        そんな感じかなぁ
        すべてがこれ
        とは言わないけどさ。。
        >あなたは今も 私の夢を 見てくれることがあるかしら
        あぁ
        鼻の奥がつんとするフレーズだなぁ
        「あなた」の具体像が
        あるような
        ないような。。
        | ありんこbatan | 2009/11/07 3:44 AM |


        夜曲・・・・。
        はたち前後のころは、
        かなりよく、聴いていました。
        うたうことは、まず、ないです。

        この歌を聴いて、勝手に思い浮かんでくるのは、
        昔風な鉄塔型のアンテナとか、
        小さな操車場とか、
        電話の交換士さんとか、

        ひろがっていくものの出発点、発信源、
        波紋の中心のイメージがあります。
        ラジオのパーソナリティさんイメージのヴァリエーションなのでしょうが・・・・。(未解決)
        | あざ・あお | 2009/11/07 10:41 AM |

        ありんこさん
        もう、私の場合は自分節というか、その世界に「入っちゃって」ますね、家族に言わせると…。
        勝手にやってくれ、と思うみたいですが、自分がTVとか見てる時や、寝てる時は邪魔なようです…(痛)。
        具体像、あるような、ないような?
        いいなぁ〜♪
        何も煮て食おうっていうのじゃなし、思い浮かべるくらい、いいじゃん!
        | よぴち | 2009/11/07 9:11 PM |

        あさがおさん
        なぜか、私も、この曲とともに頭に浮かぶのは、同じくみゆきさんの「りばいばる」なんです…。「根雪」とか、ね。
        「りばいばる」は、完全に立場逆だし、全く別物なんだけど、やっぱ、その背景に私もあさがおさんと同じく、
        「昔風な鉄塔型のアンテナとか、
         小さな操車場とか、
         電話の交換士さんとか、

         ひろがっていくものの出発点、発信源、
         波紋の中心のイメージ」
        を描いているんじゃないかな…。
        | よぴち | 2009/11/07 9:13 PM |
        ぶっちゃけ

        ○○食らえなんすけど


        見ず知らずの女の子に曲褒めてもらった事を

        唯一の拠り所にオラは生きてます

        最高の栄誉だと思ってます


        などとのたまわってみたりする夜
        | chabo褒章 | 2009/11/08 12:34 AM |
        勲章って、
        しばた+なごや・・・。いさおと、あきら。。。

        紅白みたいに、「辞退」なっていわれたら、
        おかみもびっくらするのかなぁ。
        でも、たくろーさんやようすいさんやひとしさんやけいさんだって、もらってないのに・・・。みゆきさんの、いったいどこが??
        舞台(夜会)をしているからかなぁ。かぶきのひとなんか、よくジョクンしてるもんね。 
        | あさだよ | 2009/11/08 8:11 PM |

        chabo褒章さん
        いいな〜。最高の栄誉だよ、それは。
        バラマキ必要ないし、
        拠り所になるし、最高。

        私も、欲しいもんだ、そういうの。
        でも、何も生み出せないからな…。
        | よぴち | 2009/11/08 9:25 PM |

        あさがおさん
        前のコメント、あさがおさんだよね?
        そう思って返事書いちゃったけど、
        実は、別の人だったのかしらんと、
        ちょっと不安になってしまった…。
        | よぴち | 2009/11/08 9:26 PM |
        みゆきさんもそんな歳かと思うと、少し寂しくもあり。
        僕は自分で自作の曲をよく弾いてましたが、ギターをやり始めた頃は、アリスやかぐや姫、チューリップなんかをよく弾き語ってましたね。無論、誰のためなんてのはない。
        でも歌って、その世界に感情移入して、入り込むうちにいつしか、心が癒されてるんです。
        夜曲。いい曲ですよね!全体の構成では、この[臨月]が一番良かったかな。
        | 力道 | 2009/11/09 1:49 AM |
        叙勲の話ですが、自分のおじさんが数年前に叙勲されましたが、それはそれは大騒ぎでした。一昨年はお世話になっている方が長年受刑者の保護司、教誨師ととして奉仕された事への功労だったようでした。夫婦で皇居へ出向いての式で緊張されたようです。私の父も軍人で勲章をいただいていて、父の葬儀でに叙勲の話が出ましたが、子供の頃の遊びに使ったバッジが叙勲の印だったことでびっくりでした。
        叙勲は、まあ〜私などには関係ない話になります。よびちさんの病気に対する前向きな姿勢に勲章をあげたいと思いますよ。同じような病気で悩んでおられる方々に希望の指標になりますから。
        | ssige | 2009/11/09 10:05 AM |

        力動さん
        そうなんです。
        なんとなく、入り込んで歌っているうちに、癒されてるんですよね。
        楽しい時は、楽しさにもっと拍車がかかるし、
        悲しい時や悔しい時は、泣くなら泣きながら歌ってるうちに、まぁ、いいか、って気になってくる(←単に、単純バカ?笑)
        私も、「臨月」、好きです。でも、「愛していると云ってくれ」も捨てがたい。
        ブルース色が濃いな、と思うのは「みんな去ってしまった」だし…。
        いずれにせよ、私は自分が青い時代に聴いたものが、名盤になってしまうところがあって、最近は、アルバムではあまり聴かなくなってしまいました。
        もっとも、発売されるアルバムが、ベスト盤が多い、ということもありますが。
        | よぴち | 2009/11/10 7:57 AM |

        Sigeさん
        すごいですね、身内にそんなに叙勲者がおられる、というのは…。
        昔、軍人さんが叙勲されたのは、当時の社会背景的に理解できるのです。
        でも、今の、日本国憲法下では、どうなんだろう、って思っちゃうんですよね。
        一体だれが、誰を褒めるのか、って…。
        保護司の方などは、ボランティアですから、わかるのですが、叙勲者の中には、普通に、その人の職業を全うしただけじゃないか、と思われる方もおられる。だとしたら、私は、世の中に人の為じゃない仕事なんてない(よこしまな詐欺や違法品の密売など法にふれるものを除いて)、と思っているので、みんなに勲章あげなきゃいけないんじゃないか、って思ったりもします。
        病気に関しては、私など、弱さの塊ですよ…。
        Sigeさんはじめ、いろんな方の頑張りをみて自分も襟元をただし、また、このブログを通しての皆さんの言葉や、周囲の人達の励ましで、どうにかやっているようなものです。
        生きることに、執着があるのか、単に、「死」に対してあまりにも怖がりなのか、まぁ、その程度の志ですが、結果として、死にたくないから頑張っています(笑)。
        | よぴち | 2009/11/10 8:06 AM |
        >前のコメント、あさがおさんだよね?
        >そう思って返事書いちゃったけど、
        ------
        そうなんだけど・・・。
        かいじんchabo面相の、もほー犯するのって、
        むずかしいから、もうやめる・・。 
        | あさ・がお | 2009/11/11 12:03 AM |

        あさ・がおさん
        そんなこと言わず、果敢にチャレンジしてよ…。
        想像力に乏しい私が悪いんだからさ。
        | よぴち | 2009/11/12 10:46 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/229