◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< In a Sentimental Mood : John Coltrane | main | Moonlight Serenade : 小野リサ >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Europe〜哀愁のヨーロッパ〜 : Santana  ○●○
    Santana今日の福井は晴れ時々曇り、程度のまずまずのお天気でした。
    当然、洗濯物はベランダに干しました。室内干しの場合は除湿機をかけますが、この電気代はかなりなものなので(実際、去年やめてみたら電気代が違うのなんの)。
    まず、そのために階段を一往復したわけです。

    夕方、そろそろ身体が固まりかけてきた頃に、ギターをちょっとだけ弾いていました。
    でも、やっぱり手が固まって来ていて、あまり思いきり弾けない。
    ちょっと調子に乗ると攣ってきてしまう。
    で、少しの間、弾いては休み、弾いては休みしていたら(←そこまでして弾きたいか(笑))、なにやら音がする。
    耳を澄ますと、2階から聞こえてくる。目覚まし時計の音。
    お〜い、ちん、きちんと朝、止めていってくれよ〜。
    死ぬ思いで目覚ましを止めに行きました。電池がなくなるのは諦めたとしても、近所迷惑なので。

    You Tubeでウッドストックのライヴ映像をいろいろ観ていたら、ウッドストックでのものではないけれど、サンタナの哀愁のヨーロッパを見つけました。
    70年代のにほひがする。ギターだけでなく、キーボードの音にさえ。

    今日載せた写真は、パッと見、CHARさんにも似て…。
    Charさんも、いつか取り上げなければ。

    もうすぐ、送別会で飲んでいる茶犬から「迎えに来て〜」の電話があるでしょう。
    で、その前にアップしました。

    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                               Europe → 

    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | SANTANA | 22:26 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 22:26 | - | - |- pookmark
        はじめまして、JUGEMのカテゴリから来ました!
        サイモン&ガーファンクルやジョン・コルトレイン、サンタナなどなど私もよく聴くんですよ。この時代の音楽は心地よくて好きです。
        同世代に同じ趣味の人間がいないので、ついコメントしてしまいました笑
        | リンゴスター | 2007/11/09 11:29 PM |

        リンゴスターさんへ
        ありがとうございます。リンゴさん、私がJUGEMでブログ始めてから、初めて出来たお友達です。とっても嬉しかった。
        私は、必ずしも洋楽に詳しいわけでもなく、フォークや、歌謡曲、はたまたクラッシックに至るまで、音が出るものが何でも好きなただのおばさんですが、これからよろしくお願いしますね!
        | よぴち | 2007/11/09 11:56 PM |
        そう言って頂けると勇気を出して(笑)コメントしてよかったと思えます!

        私も広く浅く、一部深くって感じですかね笑
        ヒップホップ以外ならジャズからブルーズ、ロックまで何でも聴きます。

        ちょくちょくお邪魔させて頂きますのでよろしくお願いします↑↑家事など無理なさらないで下さいね!
        | リンゴスター | 2007/11/10 1:08 AM |
        う〜む☆本日はギタリストさんと同じく「半袖OK」の天候でした。

        夫は大学時代ギター部で・・3本眠ってます。。
        弾き始めたら止まらないんですけど・・ここんとこ見向きもしてない★
        捨てちゃっても・・多分気付かないと思います。
        よびちさんが「いっしょに弾こうよ」って誘って下さったらヤツの呆けリハビリにもなるんだけどな〜・・。。
        | ありんこbatan | 2007/11/10 6:04 PM |
        よぴちさん

        先日はうちのブログに来て頂き、ありがとうございました。
        本当にブログのタイトルが同じですね。びっくりです。

        私は、49才の中年クラリネット吹きです。残念ながらジャズはあんまり分からないのですが、ビッグバンドは好きですね。

        2年ほど前にクラリネットを再開して、目下リハビリ中です。先日演奏会でモーツアルトのコンチェルト2楽章を吹きました。高校時代からの夢でしたので自分は大満足でしたが、あとで録音聞くとひどい演奏でした。

        急がず騒がず、練習をして音楽を楽しんで行きたいと思っています。また遊びに来てみます。
        | 春野おがわ | 2007/11/10 6:44 PM |

        ありんこさんへ
        ぜひご主人と弾いてみたいですね〜。好きな音楽の趣味が似ていないと始まりませんけど…(笑)。
        いつも、無理やり茶犬に簡単に弾けるようにアレンジしたパートを覚えさせて、ツインギターにしてるくらいですから。
        昔は、ラジカセでテープに録音しては自分で何役もやってました。でも、最近のラジカセって、意外とマイク録音が出来なかったりするんですよ…。
        | よぴち | 2007/11/10 10:33 PM |
        わざわざ来訪して下さってありがとうございます!

        いえいえ、むしろ私が子どもですみません。60〜80年代が大好きな18歳です笑
        あ、娘さん高校生なんですか!今は女性も自由に社会に出て行けますから、逆に進路に迷ってしまうと思います。自分がそうでした(^^;
        ですが浪人して予備校で様々な人と出会い、やっと自分のやりたいことを見つけましたよ↑↑

        娘さんのことは焦らせずに支えてあげて下さい。夢や目標が曖昧な時、一番やる気が起こらないんですよね↓↓そんなときに親にうだうだ言われると反抗してしまいます!私だけかもしれませんが笑

        でも、よぴちさんならきっと大丈夫ですね↑↑ちゃんと娘さんの意志を尊重しているように感じます(・u・)
        | リンゴスター | 2007/11/11 12:19 AM |

        リンゴスターさんへ
        いや〜。心がけてはいるのですが、ついつい、自分の経験と照らしては、「転ばぬ先の杖」を出そうとしてしまうバカ親ですね。
        そうなんです、ちょっと言うと反抗ですよ。すぐに「死ねって言うことか」などと吐き捨てるように言いますよ。
        彼女は、中学のときに気の合った友達が不登校になってしまって以来、臨床心理の方面に進み、将来、そういう子の味方になりたいといっています。しかし、行きたい大学(親が行かせたい大学?)の文学部心理学科の偏差値は彼女の現在とはちょっとかけ離れている気が…。夏休み明けからは通算しても10時間未満ですもんね、勉強時間。
        私も、もちろん同じような高校生活だったのですが、あの頃と今では、なにか違う、「受験テクニック」みたいなものをトレーニングしないと入試にはパスできず、パスすることが夢への第一条件なので、やっぱり抑えるべきところは押さえるしかない世の中になっちゃってると思うのです。
        入試のために「押さえるべきところ」は、人が生きて行くにあたって大切だったり、社会の役に立つために必要なこととは、ちょっと違うように思うのですが、とりあえず、第一歩のために、頑張ってもらうしかないと思っています。
        私が友達がいなくて、すぐにあの子を遊びに誘うのが、1番大きな障害かもしれませんが笑。
        | よぴち | 2007/11/11 12:41 AM |
        考えてみるとだよ
        うっどすとっくに出てて
        今だばりばりなのって
        さんたなぐらいじゃん
        すげぇ

        オラの半分はうっどすとっくで出来てる
        っていうか信じたいだけかも
        しれないけどさ
        | chabo48 | 2007/11/11 6:00 PM |
        サンタナはムーンフラワーと言うアルバムでノックアウトされて、エレキギターを買いに走った想い出があります。中でも哀愁のヨーロッパのクィーーーーンと伸びる音にしびれたな〜(^^ゞそれに、あの音はどうやって出しているのかが不思議で仕方なかったです。今思えばアンプをハウリングさせて伸ばすフィードバック奏法と呼ぶらしいですが、当時は分からず、同じ音を伸ばそうと相当苦労しましたね。あー懐かし(笑)
        | きんとんとん | 2007/11/11 8:19 PM |
        きっと、本人の意志がまだ弱いんだと思います。本当に譲れない夢であれば自然と努力するようになりますし、あまり親が干渉するのは良くない気がしますね。私の経験上は、ですが笑
        「わかっちゃいるけど頑張れない」というのもあると思いますよ!そういうときに周囲から「大丈夫なのか」などと言われると、「わかってるよ!」と苛ついてしまうものです。高校生って面倒な年頃ですよね(^^;

        やっぱり自分の意志で勉強するのが一番ですし、よぴちさんが不安になる気持ちもわかりますが、今は好きなようにさせてみてはいかがでしょうか。
        今まで私が見てきた中で気付いたのは、義務感で勉強をしている人はどこかズレているということです。“夢のためにやるんだ!”というのではなく“大学に行くために勉強しなきゃ”と思っている人は、ものすごく勉強しているのに成績はイマイチ…ということが多いです。自らが決めた目標というのは本当に何よりも強い原動力なんですよね('A`)

        長々と申し訳ないですm(_ _)m
        | リンゴスター | 2007/11/11 8:51 PM |

        Chaboさん・きんとんとんさんへ
        お二人とも若くて(30代は私にとっては、若いということになってしまう…)、ウッドストックなんてあんまり関心がないと思ってました。
        日本の「フォークジャンボリー」はたまた「つま恋」って感じですよね!
        私は個人的にはジャニス・ジョップリンなども大好きなのですが、確かに、今は少し活動が地味かも。
        哀愁のヨーロッパ、1度はコピーしようとしてしまう曲ですよね。あと、ママス&パパスの「夢のカリフォルニア」とか、イーグルス「ホテルカリフォルニア」とか(笑)。
        | よぴち | 2007/11/11 9:45 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/23