◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 男らしいってわかるかい:ザ・ディラン | main | 冬京:風 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  心はなれて:オフコース  ○●○
    オフコース・i雪でした。
    予報では、今夜(2月6日土曜夜)まで、と言っています。
    明日には、冬型の気圧配置がゆるんでくると…。

    最近は、全体的に見たらやはり、雪が少ない。
    もしかすると、もう、今年の雪も最後になるのかも、なんていう気持ちさえしてしまう。

    例年、ここに書いてますが、後、雪が降るのはもしかすると、3月の、卒業式か、高校や大学の合格発表の頃の「なごり雪」になるのではないかと…。
    20年くらい前なら、こんなことは到底考えられなかったのですが。
    2月こそ、雪が降って、しかもそれが解けていかず、どこの道路わきも灰色の雪、
    スパイクタイヤやチェーンを巻いたタイヤによってできた、でこぼこの雪の塊がいっぱいの道路。
    今は、降っても、1週間くらいで、道路自体はそこそこ綺麗になってしまいます。

    昨日くらいから見かけるようになったのですが、ソフトバンクのCMで、福井の「一乗谷」でのロケのものが放送されています。
    あそこに、樋口可南子さんや、「カイ君」が来られたんだなぁ、と、しみじみ…。
    一乗谷と言うのは、福井市の東の方で、その昔、北陸地方を広く支配していた戦国武将「朝倉義景」氏の城址遺跡があるところです。
    「ツバメ返し」で有名な佐々木小次郎氏が、山にこもってこの術を編み出した、その土地でもあると言われ、「小次郎の里」とも言われています。

    ちょうど、雪がある頃に撮影したようで、雪深い感じが、とてもいい。
    あの、一乗谷の風景にとてもマッチしていると、相変わらず故郷贔屓の私は思ってしまうわけなのです。

    前にも書いたけれど、私は、暖かい家の中で、しんしんと雪が降り積もるのを感じている時間は、嫌いではない。

    そして、そんな夜に聴きたい曲は、体が反応してしまう「R&B」よりもやはり、中学・高校時代に聴いた曲たちなんですね。
    とにかく、涙が出てきてしまう。たぶん、そういう曲を聴いていた頃の自分の純粋さに。
    この前、ようやく北陸でも放送されるようになったMBS(TBS)系のドラマ「深夜食堂」の、バターライス、の話で、若いころの恋を純粋に貫いていた2人の話を観て、わけもなくダダ泣きして、ちんや茶戌に笑われた。
    たぶん、あの「ダダ泣き」も、その純粋さに泣けたんだと思う…。

    純粋だったあの頃の曲を聴きたい、と思うけれど、
    戻りたいとは思わない、と、前に書きました。
    では、どうして泣けてくるんだろう、と、考えました。

    たぶんやはり、純粋だったあの頃を「よかった」と思っていることは間違いない。
    なのに、戻りたいとは思わないのは、
    もうすでに、時間を止めることなどできない、という事実を知ってしまっているからで、
    もし、あの頃に戻って、そこに、ず〜っとそのままいれるのなら、
    戻りたいと思うんじゃないだろうか、
    …そう考えて、納得できた私です。

    あの時点に戻って、やり直せたら、というのもよく聞く言葉ですが、
    私は、それも思いません。
    結果はどうであれ、自分の選択や決断については、比較的、納得しています。
    負けず嫌いだからかな、自分の人生を自分自身で否定したくないのかもしれない。
    運命のようなものがもしあるとすれば、それを呪うことは、ときどきあってしまいますが…。
    自分で招いた結果については納得できるけれど、そうでないものは、時々、受け入れるだけのキャパシティが用意できなくなってしまう。


    …今日、お届けする曲は、雪がしんしんと降る夜に、聴きたくなる曲のひとつです。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。

    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いします。


                           心はなれて → 



    JUGEMテーマ:70年代・80年代
     
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | Off Course | 01:11 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 01:11 | - | - |- pookmark
        読ませていただいてて
        わぁ
        曲....なんだろなんだろ ワクワク♪
        おぉ〜 これだったか〜☆
        短いけれど
        心にささる歌詞が流れますよね。。
        自分のこれまで・・
        いろんなことがあって
        決して
        他人には言えないようなこともしてきた
        けれど
        それがあって
        今!
        そう思っています。。
        負けず嫌いにはホド遠い性格だけど
        まぁいいや

        根本に持ってるからかな??
        遠藤周作さんの書かれたものを読んでて
        >誰にも
         恥ずかしくてあかせない過去がある
         それがあってこそ
         人間なんだ
        っていうのを読んだときに
        とっても救われた気がしました
        自分のしてきたこと
        自分の選択
        後悔しません
        | ありんこbatan | 2010/02/07 4:50 AM |
        その時点に戻って、やり直したい。それもネガティヴ思考ですものね。
        時は待ってくれないから、精一杯生きるしかないですよ!
        | 力道 | 2010/02/07 3:23 PM |
        後悔してる暇があったら

        麦を踏め!

        武蔵なんて屁のかっぱ

        おしゃれなイケメン剣士

        小次郎に一票




        負けちゃうんだけどさ
        | chabo郎破れたりっ! | 2010/02/07 4:44 PM |

        ありんこさん
        はい。私も、「人には言えないこと」いっぱいです(笑)。
        でも、ホント、それがあっての今ですよね。ある意味開き直りかもしれないけど。
        答えが見えてしまったら、逆に、生きてくモチベーションが下がる気がする。
        生きていかなきゃ分からないから、生きていけるのかも…。
        | よぴち | 2010/02/07 11:17 PM |

        力動さん
        そうですよね。ネガティヴ思考ですよね。
        まぁ、「反省」ということは必要なのでしょうけど、やり直せたら、って、過去の一時点に固執していても仕方ない。
        「後悔はしないぞ」って、自分に言い聞かせながら、日々、小さな選択の連続を続けて生きています。
        | よぴち | 2010/02/07 11:20 PM |

        chabo郎破れたりっ!さん
        そう。負けちゃうんだけどさ。
        でも、後悔する暇あったら、麦を踏めだよね。

        麦踏むと、血糖値下がるしね。

        …ところで、肝心のソフトバンクのCMは観ていただけたのでしょうか…?
        | よぴち | 2010/02/07 11:23 PM |
        最近民放TV見てまへんねん

        (EX NEWS,MOVIE,MUSICair)

        だが!

        こおろぎ橋って知ってますか?(かりとうど風に)

        やまなかおんせんじゃぁ

        ひぐちかなこのでびゅ〜作じゃぁ

        ういういしかったのぉ

        ホンキで嫁にしたかったのぉ
        | そふとchabo | 2010/02/08 1:32 AM |
        そちらは最近、大雪だそうですね。
        大変ですね。。。
        こちらは雪はそうでもないのですが
        「シバレ」が凄くて。。。
        今年は数年振りに「鼻がくっつく」(わかるかな?)
        「まつげが凍る」思いをしました。
        マイナス20度近くいったもんなぁ〜^^;
        雪がシンシン降る夜も大好き♪
        そしてキーンとシバレる日もエゾらしくて大好き♪
        あ、あたしもね、「ダダ泣き」すること多々あり。
        「あの頃がよかった」と思っているからか、
        何なのか。。。自分でもわからんが。。。
        | IKUKO | 2010/02/08 11:09 AM |
         
        僕はどうも弱い人間なので、今でも「そこへ戻れたら」といつも思ってしまいます。自分の選択や決断には後悔だらけ。自己否定は日常茶飯事。でも、今の頭脳と経験値を持って行かないと、そこへ戻っても結局は同じであるような。そう思って、あきらめるのです。
        「もう遅すぎる」と言われると何かが締め付けられる思いが。
        やっぱり戻れないんだなー(←まだ言ってるアホ^^;)。

        一乗谷のCMはまだ視てはいないのですが、歴史オタクの僕は何度もそこへ行きました。奇跡的に残っているあの遺構は感動的ですらあります。
        | 凛太郎 | 2010/02/08 11:09 PM |

        ソフトChaboさん
        「こおろぎ橋」
        いや〜、なんと、嬉しそうに私は、家族で写真まで撮っちまった。大好きな場所。

        映画を見ない私は、樋口可南子さん、大好きなくせに、そんな映画があったとも知らず。
        どうにもミーハーな私は、樋口可南子さんの昔の映画、と言ったら、「湾岸道路」と、片岡義男さんの世界になってしまふのだった、、、。

        | よぴち | 2010/02/08 11:16 PM |

        IKUKOさん
        いや、やっぱり「シバレ」の方が大変だと思うよ、、、。
        氷点下20度って、もう、目を開けていられない気がする。粘膜が凍ってしまいそうで(いや、そうか、すこしなら、体温というモノがあるか)。

        ダダ泣き…。やっぱ、IKUKOさんもありますか。
        そう、自分でも何故かはわからんのです。ホントは。分かったように、言い聞かせてるだけで。
        | よぴち | 2010/02/08 11:19 PM |

        凛太郎さん
        そうなんですよね、結局、今の頭脳と経験値がなければ、戻ったって同じ事なんだ。
        だから私は、もう、その地点から動かなくていいの。
        ただ、そこにいたいと思ってしまう。
        で、それが出来ないことが今の私にはもう分かっちゃってるので、じゃ、戻らなくてもいい、ということになるんでしょうね。

        凛太郎さん、今度、来福の際(いや、なんなら、金沢に来られた時もOKよ)には、必ず、声をかけて下さいね。
        もう、十分ご存じで、来られてもいると思うけど、まだまだ、福井には、織田信長ゆかりといわれる織田町とか、継体天皇なり、紫式部ゆかりの越前市(旧・武生)、大正ロマンを残している三国町の旧・森田銀行あとなど、いろいろあります。
        ちなみに、私の卒業した中学の校区で、山の方には、「足利」と「高氏」姓が多い、という集落もありますよ。
        | よぴち | 2010/02/08 11:26 PM |
        オフコースの心はなれて
        雪のイメージがありますね、
        一乗谷はいったことがないです。
        | 長七 | 2010/02/10 1:12 AM |

        長七さん
        長七さんも、雪のイメージ、あります?
        なんかこの曲は、雪というか、私にとって、
        「冬」とか「白」のイメージなんですね…。
        もう、完全に右脳人間の私なので、どの曲にも、いや、もっと言うと自分の記憶すべてに、なんらかのイメージが重なっています。
        (でも、その割に、最近増えてきた「右脳ドリル」的なゲーム感覚のトレーニングなんかをちょっとやってみると、もう、全然ダメなんですけど ^_^;)
        | よぴち | 2010/02/10 2:05 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/242