◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< If It's Magic:Stevie Wonder | main | 木根川橋:さだまさし >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  SOMEDAY:佐野元春  ○●○
    No Damage明日は、ちんの卒業式。

    今日の福井はあいにくの雨模様だったけれど、明日は晴れの予想。
    ちんの高校生活が晴れやかに終わるのは、きっと、頑張ったからだね、と言いたい。



    1995年2月、子宮筋腫の手術をすべく、術前スクリーニング検査をしたら、白血球数が5万5千あった。
    産婦人科の医師は、やんわりと、再検査を告げたけれど、悪い予感が止まらない。
    幸か不幸か私の職場は血液検査も可能な職場。
    我慢できずに自分で血液像を見てしまう。

    白血病の類と思われる像。どの文献を見てみても、そうだった。

    どうしよう。茶戌に、実母に、どうやって切り出そうか…。


    治療が始まってからも、どうしても、気持ちの整理が出来ない。
    怖くて眠れなくて、麻薬に近い薬を注射してもらうことも。
    ちんを置いていくのは辛すぎる。でも、どうせ置いていかねばならないのなら、
    せめて兄弟を残すべきか…。
    抗がん剤の投与が始まる前に、成熟卵の採取をして、凍結保存できないか。
    それが無理なら、今、妊娠して、出産してから治療をしようか。

    …分子標的薬が整いつつある今なら、可能な話。
    でも、当時はちょっと難しい話だった。

    …毎年、春が来るたびに、今年もまたちんと茶犬と3人で桜が観れたことを本当にうれしく思った。また来年も見れると良いな、でも、見れないかもな…。そんな思いが4〜5年は続いた。当時は、インターフェロン治療をしていてもなお、4〜5年で急性に転化して、そうなったら、最初から急性白血病だった場合よりも生存率が低いのが常識だった。ほぼ、90%以上の致死率だった。

    小学校に入学した時も、本当にうれしかった。
    小学校を卒業した時は、中学の卒業式はもう無理かなと思った。
    中学校を卒業した時は、今、思えば、インターフェロンの副作用と、当時おそらくもう至っていた、肝硬変による症状とで、本当に身体がつらく、もう、この先は1年たりとも保証がない気持ちだった。

    でも。
    毎日弁当を作って、ちんの部活の話を聞いて、
    忙しいと言いながら、楽しく過ごしている間に、
    3年が夢のように過ぎて、もう、明日は卒業式。

    Time and tide wait for no man…。

    私に、今日を迎えさせて下さったすべての神、すべての人、すべての物に
    心から感謝します。ありがとうございました。
    まだまだ欲張りな私は、もっともっといろんなものを手に入れます。
    次は、ちんが生涯を共にする人に会おう。
    そしてもしかすると、私の血を継いだ新しい命に会おう。
    茶戌の年老いた姿を見よう…。
    実母が他界する時に、必ずありがとうを言おう…。
    だいたい、白血病で早逝する、なんていうのは、まるで百恵ちゃんのドラマみたいで、ちょっとカッコいいんじゃないかな、と思うわけです。
    で、そんなカッコいい人生が、こんな、至極平凡な私に、用意されてるはずがない、と思うわけです。
    だからきっと私は、もう死ぬ、もう死ぬと言いながら、恰好悪く、ズルズル生きるんだ、
    そんな人生が私には1番似合っているし、きっと、そんな人生が用意されてるに決まってる。


    …今日、お届けする曲は、26年前、茶戌と私の高校の卒業式で、
    卒業生全員で、講堂で歌った曲。

    あの頃は、元春さんの曲の中では、そう好きな曲でもなかったのですが、
    今は、どうにも涙が止まらない曲になってしまっています。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いします。


                          SOMEDAY → 









    JUGEMテーマ:70年代・80年代
     
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | 佐野元春 | 23:22 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 23:22 | - | - |- pookmark
        起きたてなのに・・
        画面がぼやけて
        読めなくなっちまったじゃないか〜!
        新しい命にも
        じいちゃんになった御主人にも
        ちゃんと会うんだよ!
        ウチの末っ子も
        今月卒業式
        これで
        学生の母 卒業です。。
        大学の卒業式は
        まぁ
        やっと来たか・・くらいの感情だけど
        小・中・高校のときは
        厳粛な気持で臨みました
        前日の夜から泣いてたくらい(笑!)
        次にそんな経験をするのは
        結婚式前夜
        になるかなぁ
        よぴちさんも
        絶対
        ちんちゃんの結婚式に出てね
        式をシキる(←ウマイッ)くらいの元気さで!     
        | ありんこbatan | 2010/03/02 3:13 AM |
        ウチの長男も3/1に無事高校を卒業しました。
        10年前より病気で父親らしい事も出来ず、長男に限らず他の子供達にも申し訳ないと思っています。
        この世に生を受けた事自体、よぴちさんまで血のバトンリレーをして来てくれた先人に感謝はすべきだと思います。
        そしてちんちゃんにバトンを渡したけど、まだ役目は終わってはいません。
        生きる事にもっと欲を出して、生き続ければ良いと思いますよ。
        恰好が悪いだろうとか関係無い、一生懸命生きる姿こそちんちゃんにとって母としてすべき事だと思います。
        と偉そうにいう私も、『もうこの辺でいいだろ、逝かせてくれ、辛いんだよ!』と嘆いておりますが、何とか次の目標、次の目標と思いながら生きていっています。
        お互い、『もういい加減にして!』と言われるまで生き続けましょうよ。(笑)

        SOMEDAYですが、バンドでヴォーカルしてた時、唄っていた曲です。余り自分では好きでは無いのですが、廻りには受けてた曲です。
        | SHIBU | 2010/03/02 11:20 AM |
        いや卒業本当におめでとうございます!
        そして、ある意味ズーズーしいくらいに生きましょう!応援しますよ。
        [SOMEDAY]いつか、また今日の日を思い出にするために!
        | 力道 | 2010/03/02 7:15 PM |

        ありんこさん
        私も、このブログをアップした、つまり卒業式前日からもう号泣です…。
        PCに向かって、SOMEDAYを聴き始めたらもう、涙が止まらなくって、隣でちんが爆笑してました(笑)。

        卒業式には行かなかった。いろいろ大変なので。
        でも、部活の後輩たちがやってくれる送別会を終え、さっき帰宅したちんと、アルバムなど見ながらいろいろ話して、やっぱり泣きそうになっては、涙をこらえ(また笑われるからね)。

        幸せですね。本当に。ありがとうございます。それしかない。
        | よぴち | 2010/03/02 7:28 PM |

        SHIBUさん
        ”父親らしいこともできず”
        …SHIBUさんのお気持ち、すごくわかります。
        でもたぶん、じゃ、何が”父親らしい”のか、といえば、誰も答えられない。
        存在自体、父親なのだと思ってます。私は、自分をそうやって慰めてる。

        私も愚痴も弱音も吐きまくり、めんどくさい妻及び母ですよ(笑)。
        でも、見事”世にはばかり”たい(笑)。

        そう、SOMEDAYは当時は、客ウケする曲というイメージ。娘が高校を卒業する、と言うことが私の中にリアルに迫ってきたころから、もう1度、曲として意識し始めて、この詞が、少しジンと来るようになりました。
        | よぴち | 2010/03/02 7:33 PM |

        力動さん

        >[SOMEDAY]いつか、また今日の日を思い出にするために!
        .................................................

        そうなんです。今日、またこの曲をアップして、この曲は2つの思い出になりました。
        次はいつにしようか。
        そうやって、特に何をするわけでなくても、とりあえず前を向いて、流れていきたいなと思います。
        ありがとうございます!
        | よぴち | 2010/03/02 7:55 PM |
        よびちさんこんばんは〜♪

         娘さんの高校卒業おめでとうございます。
        ちんさんの卒業式は、きっと涙涙だったことと思います。

         生きる目標をいくつも書き出されて、パラは自分が死の前にしたいことを考えるのは怖いです。

         母、叔母、叔父、義父と見送って、一番記憶に遠いのは母です。
        母の死を未だ認めたくないのかなと思ったりします。

         お気に入りの音楽、なかなか聞くことが出来ないでいて、いつもコメント書いて良いかなと思ってしまいます。


        | パラ | 2010/03/03 12:19 AM |
        これからもだよ

        素敵な音楽は過去と未来を

        等分の線で結ぶんだ

        しかも光の速さ

        オラたちは憧れに目を輝かせて

        今を祝うんだ


        ちん!おめでとう!

        | chaboday | 2010/03/03 3:36 AM |
        よぴちさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
        遠慮せず、どんどん「欲張り」でいきましょう。
        僕も病気になった時は健康も仕事も結婚も諦めてました。
        でも少し元気になると、せめて他人と同じように働いて社会の一員になりたいと思い、
        運良く就職できると、今度は他人と同じように家庭を持ちたいと思い、
        結婚すると、一度は諦めた子供を望み…。
        でもそれは当然のことなのでしょう。生きてるんだから。

        ただ1つ、よぴちさんのこの記事を読んでハッとさせられました。
        今の生活が当然になりすぎて僕は今「感謝」することを忘れていたのかもしれません。
        思い出させてくれてありがとうございます。

        元春、僕も大好きです。
        初めて買ったシングルが「Young Bloods」なんです。
        「Someday」はもちろん、そこからいろんな元春の曲を聴いてました。
        最近聴いてないから今夜あたり聴いてみよ(^^)
        | ちりー | 2010/03/03 12:51 PM |

        パラさん
        死の前にしたいことを考えるのは怖い…。
        それは、もちろんです。
        だから私は、死なない前提で考えてる。
        死ぬと思ったら、もう、その"Xデー"がひたすら怖いだけの毎日になってしまう。それは経験済みです…。

        もし魂は生き続けるという、仏教思想が真実なら、残された人に死を認められて初めて、その人は現世での死を迎えるのかもしれません。
        そういう意味では、パラさんのお母様はまだ生きていらっしゃるのですね。
        | よぴち | 2010/03/03 1:32 PM |

        chaboさん

        そうなんだ。等分、なんですね。
        でもきっと、これからの時間はもっと早いだろうなぁ…。
        あっという間に齢をとっていたい。そして、あっという間にたくさんのことを楽しみたいのです。

        chaboさんとこも、去年か今年か、ご卒業だったのでは…?遅ればせながらおめでとうございます。
        | よぴち | 2010/03/03 1:36 PM |

        ちりーさん
        …忘れますねぇ、感謝の気持ち(笑)。
        当たり前にするどころか、更に不満を言いまくり(笑)。
        でも、私の場合、不満や欲しいものがない時って、=生きる希望がない時だったように思います(言い訳・笑)。

        ちりーさん、やっぱお若いなと思ってしまった。Young Bloods と聞いて。
        私は、むしろあのあたりから、元春さんから少し離れた気がしています。あのあたりから元春さんは歌い方も、曲調も変わってきた気がして。
        久しぶりに聴いたのかなぁ、元春さん。どうでした?青春はありましたか(笑)?

        | よぴち | 2010/03/03 1:41 PM |
        まうすぐ、ことしのさくらが、さくね。
        そのあと、らいねんの、さくらがさくさ。
        そいでもって、さらいねんのさくらが、つづくのね。
        きっと、それよりも、何度も何度ものさくらを、
        よぴちがみているという、そんな予感がします。
        あたるのよ。あたちの予感。
        予想はあたらないのに、
        予感はあたるの。
        | あさ・・・・・がお | 2010/03/06 10:33 PM |

        あさ・・・・・がおさん
        うん、私もそんな予感がする。
        私も、予感、当たるのよ。馬とか船なんかも、1枚しか買わないけど、結構当たるの(あれ?これ、話が違う?)。

        なんか、あさがおさんが「予感」って言う言葉を使うと、みゆきさんを連想しちゃう。
        あ、みゆきさん、ごめんなさい(爆)。
        | よぴち | 2010/03/06 10:51 PM |
        ちんさん、卒業おめでとうございます!
        ちょっとおめでとう言うのが遅くなりました。
        ごめんね^^;
        「SOMEDAY」は、若い頃より今聴くと
        泣けてきます。
        どうしてだろう???
        あたしももう号泣に近いくらいな感じですよ。
        本当に名曲だなぁ。。。
        | IKUKO | 2010/03/07 4:07 PM |

        IKUKOさん
        あ〜、IKUKOさんもなの?
        そうなんです、なんでだろ、最近は号泣SONGなんですよ…^_^;
        昔、この曲が出たリアルタイムの頃は、なんか、元春さんにしては「売れ線」な気がして、あんまり好きじゃなかったんです。私の中で、Back to the Street、HERATBEATの魅力がすごすぎて、ちょっと、最初、SOMEDAYは、元春さんが遠いところに行ってしまった感があったのかもしれないし…。僻み根性満載なんで。

        で、なぜか、今、この詞を実感しているくせに、今の元春さんが歌うのよりも、この、昔の音源の方が泣けると言う、変な現象でいます。
        | よぴち | 2010/03/07 4:25 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/245