◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 春風:藍坊主 | main | 見知らぬ人:ゴンチチ >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  卒業写真:荒井由実  ○●○
    コバルト・アワー寒の戻りと思われるほど
    信じられないくらい冷え込んでいます。

    もうすぐ4月だと言うのに、
    今日もまだ、夕方には雪で一瞬、道路が真っ白になりました。車の窓も真っ白…。

    スノータイヤを交換するタイミングも見つけられず。


    この前の3連休で、ちんの引っ越しをしました。
    しかしまだ、完全ではなく、明日・明後日もまた、行く予定。
    京都と、小松とを往復し、今週は、昨日初めて自宅の布団で寝ました。
    疲れている、相当に…。
    でも、それを実感する余裕さえ、今はないと言うのが本当のところです。
    なかなか皆さまのところに遊びに行くことが出来ず、ご心配をおかけして申し訳ありません。


    前に、私はmixiにも登録している旨を(そして、そこでの記述にイヤな気分になることが多いことを)書きましたが、mixiで、一応、母校登録なるものをしており、自分の母校の同級生が新たに登録すると、知らせが来ます。
    少し前に、M君という新しい同級生が登録した知らせが来て、そのハンドルネームを見ただけで、「もしかして?」という思いがこみ上げて、さっそく、M君のところに行ってみました。
    M君は、プロフィールには本名を書いていたので、私は間違いないと確信して、すぐに、メッセージを出しました。
    彼は、長いこと私が、久しぶりに会いたい会いたいと思っていた、学生時代にビリージョエルのコピーバンドをやった時の、ドラマーだったのです。
    実は、高校でも、2年の時に、M君と、茶犬と私は、同じクラスだったのです…。


    長いブランクの間に、彼も私もそれぞれに病を患っていました。
    彼は大学を卒業した後、大手自動車メーカーに就職し、横浜にいることは知っていたのですが、その後はどうしているのかさっぱり知らず、アメリカに2度にわたって数年行っていたそうで、今は、神奈川に住んでいるとのことでした。未だ、独身。

    お互い、肩に力を入れずに生きていけたら、と思いました。
    病があっても、たとえそれが完治しなくても、
    持ったまま、漂うように生きて行くのもいいんじゃないか、って…。
    GWに帰省してきた時には、必ず連絡をくれるようにと言いました。
    茶犬と3人で飲もう、って。
    もっとも、私はもう、アルコールは飲めない身体になってしまいましたが。


    彼は高校時代の2年の時のクラスの女子は、もう全く記憶にないと言っていた。
    私のことは、もしかして、大学で一緒にビリージョエルをやった、あの「よぴち」か?と…。
    本当言うと、私も、高校時代はそんなにいい思い出はないのです。
    全く覚えていないわけではないけれど、覚えていたいと思うようなことが、あまりなかった。
    似たようなことを、卒業式が終わってから、ちんも言っていた。
    ああ、ちんも、私と同じように、あまりいい思い出がないんだな、って、かわいそうに思った。
    ちんは、引っ越しの荷物の中に、高校時代の卒業アルバムを入れてなかった。

    ただ、バスケ部の後輩たちが、寄せ書きしてくれたバスケットボールだけは、持って行った。
    ちんにとって、あのボールが3年間のすべて。
    1人の新しい生活の中にも、持って行きたくなった、そんな素敵な時間を、ちんにくれたバスケ部に、私は本当に感謝します…。


    そんなわけで、今日は、ユーミンの曲にしては非常にベタな、「卒業写真」をお届けします。この間、久しぶりにしみじみと聴いたら、やっぱり、染みてくるものを感じて…。

    卒業写真に帰りたくなるのは、あの写真に思い出の時間が凝縮されているからだとすれば、私はいつまでも過去にばかり留まっているのかもしれません。
    でも、未来が、ほんの少し、普通の人よりも薄い絵の具でしか描けない状態の私が、せめて過去の時間を楽しみながら日々を過ごしていたって、誰に迷惑をかけるものでもないのなら、許して欲しいと思います…。
    前を向いて、とか、元気出して、とか、
    そんなこと言われなくても、自分で命を殺めない限り、時は流れて、結果的に私は前に進んでいくのだから…。
    1日1日、やらなければならないことをやりながら、どんな形ででも楽しみながら生きていくことを、「生きると言うことは、こうあるべき」みたいな型にはめないでほしい。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつも本当にありがとうございます!
     よろしければクリックお願いします!


                            卒業写真 → 

    *追記:ずっと、紹介する曲の著作権所有者の方に申し訳ない思いで
        このブログを続けています。
        こんなことで、著作権所有者の方に許諾いただけるとは思っていませんが、
        せめて今後は、紹介する曲が入っているアルバムなどを購入するサイトを、
        写真にリンクしようと思います。
        これまで、アフィリエイトで、さらに曲を利用して私に利益があるように
        思われるのが嫌で避けてきたのですが、アフィリエイトなしで、
        とにかく、リンクさせていただこうと思います。
        皆さま、よい曲だと思われた際には、ぜひご購入を!



    JUGEMテーマ:70年代・80年代
     
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | 荒井由実 | 00:20 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 00:20 | - | - |- pookmark
        ちんちゃんのお引越しで大忙し
        で・・
        もしかして
        くたびれ果てているかな
        と思ってましたが
        昨日初めて自宅の布団で寝ました
        って
        そんなことになってたんだ〜
        お身体たいせつにしながら
        やってくださいね〜!
        どんな形ででも楽しみながら生きていく
        そう
        そうなんです
        自分でどうにもできないことはあって
        シッパイした!
        と思うこともあって
        ぐぐっと落ち込みロードが見えてくる・・
        でも
        立ち止まってるヒマがあったら
        今日すべきこと片付けてしまおう
        考えるのは
        それが済んでから!

        こなしてるうちに
        なんか楽しいものと遊んでる
        根本は
        持ち前のノーテンキ
        なんですけどネ (*゜ー゜)ゞ 
        卒業写真
        もっと上手に歌われる方はあるけど
        結局
        ユーミンちゃんバージョンで聴きたくなる
        そこが
        偉大なるアーティストさん
        てことなんでしょうねぇ     
        | ありんこbatan | 2010/03/27 4:27 AM |
        −−−−−−−−
        引っ越しご苦労様でした。
        ウチも昨日、長男の引っ越し先への家電・家具類の搬入に行って来ました。
        まだ完全では無いのですが、車を運転する妻がもう行きたく無いと言うので、あとは長男に任せるしかありません。
        私が運転出来る様に車を改造してもらえればいいんだけど・・・。

        高校の同級生に思わぬところで出会うと嬉しくもあり、懐かしくもあり・・・。
        私も以前mixiをしていた時、出身校のコミュニティに入っていたら、当時の私の悪さの数々を覚えている後輩達がいて、ちょっと気恥ずかしい思いをしました。(笑)
        今はmixiは退会しております。

        人それぞれ、高校時代が楽しかった人とそうでもない人といるのでしょう。
        私は楽しい時期を過ごしたし、未だに繋がっている先輩・友人達もいます。
        長男は余り楽しく無かった様子です。
        その時の自分の状況と環境で変わって来るのかもしれませんね。
        “卒業写真”は良い曲だと思いますが、私はユーミンが嫌いなのです。(^^;)
        でもそれぞれ、その時期の思い出の曲や思い出の品ってあると思いますね。
        それがちんちゃんの場合バスケットボールだったという事で、卒業アルバムには興味や思い出が詰まって無かったのではないのでしょうか。
        新たな生活が思い出深い楽しいモノになればいいですね。
        とっても長くなりました、ゴメンね!
        | SHIBU | 2010/03/27 10:25 AM |
        おおおおお!すごい!
        mixiで古い友人と出会えるなんて!
        良かったですねぇ〜^^
        あたしもmixiの母校のコミュに入ってるけど
        なかなか知り合いに出会えないよぅ。
        3人で会える日が楽しみですね。
        引越し。。。バタバタでしょう^^;
        あたしも去年は「かぼす」の引越しでクタクタになった。
        体に充分気をつけてくださいね。
        無理はしないでね。
        ガンバ!!
        | IKUKO | 2010/03/27 4:48 PM |
        去年友人の家で卒業あるばむ見せられた

        オラは持ってないから

        何故か

        「写真部」にいた

        もちろん写真部なんかには入ってなかった


        だから思い出のカメラも持ってない


        ちんに幸多かれ!
        | chabo引越しセンター | 2010/03/27 10:10 PM |
        昔の友人から連絡があっただけラッキーですよ!
        一度会って、話などすればいいのでは。
        僕も高校にはいい思い出がないけど、大学は楽しかった。ちんさんの卒業写真がどうか、後で見て懐かしく楽しく思えるものになることをお祈りします!
        | 力道 | 2010/03/28 1:15 PM |

        ありんこさん
        うん!たぶん、私も、ベースに「ノーテンキ」があるのです。だからこそ、やってこれたんだろうな、って思う。つまり、「実証済み」なのです(笑)。
        しょっちゅう、落ち込むのです。
        でも、続かない。落ち込むことに疲れてしまう。
        んで、もう、しょっちゅう自分に「ご褒美」ばっかりあげて、おいしいもの食べたりして、楽しくやってしまう。
        なんか、昔は「私の人生は、こんなことをやりました」的な人生でなきゃ、っていう気持ちが漠然とあったのですが、もう、今は、諦め。
        でも、その分、世間に取り沙汰されるような何かをした、というわけではなくても、粛々と生きてこられた、自分より長く生きているすべての方々を尊敬するようになりました。
        | よぴち | 2010/03/29 7:56 AM |

        SHIBUさん
        長いコメントは大歓迎!(^^)!
        こんなブログでも、コメントで楽しんだりストレス解消して下さるのなら、本当にうれしい。

        SHIBUさんとこも、引っ越しなんじゃないかな、って思ってました。夏ごろに、電車でオープンキャンパスに行かれたようなことを書いておられたので。
        岡山へは、修学旅行で倉敷へ1回、仕事で2度ほど岡山大学に行きました。路面電車の走る(今はもうないのかな?)、いい街ですよね。
        ご自分で出来る方法があるのに、出来ないもどかしさ、すごくわかります。人にしてもらって楽だよね、って思う方もあるのかもしれませんが、人にしてもらわないといけないのは本当にストレスですよね。自分でやるのが1番です。
        とはいえ、お金のかかる話だから…。なんとかならないか、遠巻きながらお祈りしてますね。
        | よぴち | 2010/03/29 8:05 AM |

        IKUKOさん
        私も、mixiで同級生に出会えたのは、これが初めて。もう少し若い人たちは、たくさん登録があるようなんだけど、私くらいの年齢になると登録者激減するんだよね…。

        引っ越しは一段落し、楽なような、寂しいような。
        これで健康だったら、遊びまくるんだけどな…。
        まぁ、どうやって楽しんでいくか、ゆっくり考えますわ!
        | よぴち | 2010/03/29 8:08 AM |

        chabo引越しセンターさん
        引越センターさんのとこは、引っ越しはなかったの?
        まぁ、都会だから通える範囲にいっぱいいいところがあるかぁ…。

        卒業アルバムのクラブ活動のページって、
        「あれ、こいつ、この部にも、あの部にも…、あっ、こっちにもいる!!!」っていうようなのが、何人もいるよね。
        かくいう私も、メインはバレー部だけど、学校誌の編集部にもいます(笑)。
        でも、ホントに編集やってたも〜ん。

        ちなみに、我が家は、7年前くらいに買ったデジカメしかなく、今やもう、ほとんど使えないくらいの品質で(画素数といい、手ぶれ防止なんかの機能といい)、でも、ちんの学校はケータイが禁止なので、おおっぴらにケータイで撮影することは出来ず、ちんも、学校祭とか遠足とか、修学旅行とか、っていうイベントの時の「個人的な」スナップ写真は1枚もないんですよね…。それだけはかわいそうなことをしたと思ってます。
        でも、思い出は写真の中じゃなくて、心の中に残るものだよね! そういうことにしておこう!
        | よぴち | 2010/03/29 8:23 AM |

        力動さん
        正直、特別、会いたいとまでは思わない同級生もいるわけなんです…(もう、覚えてもいない子とか)。
        でも、たまたま、その子は、前々から、どうしてるかな、1回会いたいなぁと思ってた子だったので、ホントに嬉しかった。
        高校時代を振り返ることよりも、今のちんは、大学生活へのワクワク感でいっぱいのようです。
        なんたって、もう、この「めんどくさい」母ちゃんの遊び相手にならずにすみますし(笑)。
        自由を満喫してますよ。私も、やっと、「勉強しろ」って言わなくてすむ毎日、それだけでも幸せです(笑)。
        | よぴち | 2010/03/29 8:27 AM |
        小松は大学の友人のいるところで何度かゆきました。
        中海という名前で山の中のところで
        彼の母は幼稚園の園長。
        高校はなかなかいい思い出が作れない
        ぼくもまったくそうでした。
        しかし、そういう出会いもあるのですね。
        | 長七 | 2010/03/29 9:57 PM |

        長七さん
        そうですか。小松へも…。
        こじんまりとした街で、福井でいうと、武生(現・越前市)のような規模。
        思い出って、いいとか悪いとか抜きにして、絶対的に出来てしまうモノではありますね。
        結局、人生が終わる時には、すべてが、「思い出」になるのでしょう。
        | よぴち | 2010/03/31 1:23 AM |
         
        四月ですね。新年度。引越しお疲れ様でした。三重生活ってことですか(と書くと「三重県」に引っ越されたみたいだな^^;)。
        寂しくなりますね。
        下宿の呼び出し電話と手紙くらいしかなかった昔と違って、今は様々な手段がありますので、その点は文明に感謝、でしょうか。
        男の子であればいくら文明の利器があっても、家族のことなど二の次にしていつもどっか遊びにいっちゃうんでしょうけど、女の子なら大丈夫でしょう。

        高校ってのは、人によっていろんな思いがあるんでしょうね。どんなやつが居たかも忘れた、どんな教室で座っていたかも忘れた、なんて人と話をしたことがあります。
        僕は、高校生活は恵まれていたと思いますね。当時の京都の公立高校ってのは学校間格差がない、つまり京都中の高校が同じレベル。進学校もなければ落ちこぼれ校もない。そんな制服すらない高校に、ジャージとサンダル履きで通ってました。クラスメイトには京大行くやつも居れば植木屋になったやつも。雰囲気は、大学に近かったですね。自由でした。アホなことばかりやってた。だから、思い出も多い。勉強はあまり、しませんでしたが。

        その頃のやつらには、絶対僕が凛太郎だってことは知られたくないな(笑)。ホント恥ずかしい。オマエこんなこと書いてるのか、なんて思われるだけでも、すぐにブログ閉鎖したくなりますわい。それでなくても思い出話はよく書くのに。
        だから、mixiなんか絶対にやらないぞ(笑)。

        「卒業写真」か。
        「卒業のうた特集」なんて記事も書きたかったのですが、バタバタしてる間にもう四月になってしまいました。来年書ければ、書こうかな。
        ユーミンのこのうたは、最近良さがわかってきましたね。年齢かしらん。
        生きるってことは、生きたってことですからね。人生って自分の過去の集合体ですし。後ろに残った足跡が人生。オレは前しか見てないぜ、って人とは僕なんか分かり合えないかもしれない。僕はいつも振り返ってますよ。自分の軌跡は、やっぱりいとおしいんです。

        何書いてるのかわかんなくなってきましたね。支離滅裂だ。
        人( ̄ω ̄;) スマヌ
        | 凛太郎 | 2010/04/01 12:41 AM |

        凛太郎さん
        凛太郎さんのブログ記事は、よく吟味されていて、時間と手間がかかってますからね…。
        お仕事の忙しさなどもあるでしょうし、まぁ、またタイミングが合った時に、ぜひ、読みたいと思います!首を長〜くして待ってますよ〜。

        いいなぁ、凛太郎さんの高校。ちょっとこの書き込みを読んでるだけで、自由そうな感じがいい。
        でも、学校のせいなんかじゃないことは、ホントはわかってるんだ。私自身の問題なんだ。
        もう、とりに戻ることは出来ない忘れものたち。それを、高校でも、大学でも、たくさんしてきてしまった。
        忘れ物の回収は出来なくても、さらなる忘れ物をしないようにくらいは出来るかな、と、最近はそう思って生きてます。
        なんか、結果、ただ開き直ったおばちゃん、な気はするが^_^;
        結局、おっちゃん、おばちゃんが開き直ったように自分の感情に素直なのは、人生を生きてきて、ひとつの答えを得たからなのか、な〜んて考えたりもする今日この頃です。
        | よぴち | 2010/04/01 3:57 PM |
        高校生活が楽しかった人は、少ないんじゃないかなぁと思います。とにかく高校は勉強させられる分量が多すぎるし、部活動もあるし、通学時間もかかりましたから、余裕が全然なかったです。
        凛太郎さんのように、恵まれた高校生活を送れた人は羨ましいです。東京の公立高校を出た人も、制服がなく、学校帰りに遊べる所も多いせいか、「高校は楽しかった」と言う人が結構いますね。その点、田舎の高校生は、とても惨めです。だから大学は、都会の学校に行きたくなるんですよね。
        何か、ユーミンの卒業写真と関係ないコメントですみません。
        | コーヒー党 | 2010/04/04 10:46 PM |

        コーヒー党さん

        コーヒー党さんも私とよく似た高校時代だったようですね…。
        でも、私は、友達との思い出は少ないんですが(毎年クラス替えがあって、一生モノの友達も出来なかったし)、朝7時過ぎの1番バスに乗って行き、帰りは最終に乗って9時過ぎに自宅に着く、という生活をしつつも、「家庭学習」と言うモノが皆無で(教科書はすべて学校においてあり、名前も顔も知らない子でさえ私のところに借りに来ました)、家では好きな男の子のことを考えるのと、ギター三昧(笑)。その辺の、「自分ひとり」の思い出は結構あるんですよね(笑)。
        | よぴち | 2010/04/05 7:00 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/248