◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 見知らぬ人:ゴンチチ | main | 愛は君:井上陽水 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  死んだ男の残したものは:高石友也  ○●○

    高石友也福井の今日は花冷えの雨。
    昨日一昨日がお花見のピークだったので、
    今日の雨は、仕方ない、自然の流れと思えるかもしれません…。

    いつもながら、桜の花の散り方には完敗。
    あんなふうに見事に散ることが出来たら、さぞ、格好いいな、と思うのですが…。


    久しぶりに自宅で過ごす土日。
    ちんの引っ越しで家を空けている間に、突風で壊れていた裏のラティスの始末や、
    茶戌の散髪や、
    その他、たまっていた「ゴタゴタ」を片づけて、
    散髪も兼ね、茶戌も私も早い時間にお風呂に入ってしまい、
    4時ごろには、一息ついてしまいました。
    で、やれやれ、ってことで、茶戌がビールを飲み始めたので、
    どうせなら、ってことで、私1人の毎日では一向に減って行かない冷凍室の食材を片づけてしまおう、と、超早い、「居酒屋よぴち」を開店してしまったのです。

    夕方、私の妹夫婦が甥っ子・姪っ子を連れてやってきましたが、
    妹夫婦も帰って、7時半には、「これから、どうする?」。

    で、久しぶりに、行きつけ芹沢信治さんのお店”Jake”へ行こうかと、出かけて行ったのです。

    私たちが入店した時、日曜なせいもあるのか、お店には60代後半の紳士がおひとり。
    飲みながら、芹沢さんも一緒に、4人で話す。
    その紳士A氏は、大企業の福井支店(といっても、独立した株式会社ですが)の社長だった方。
    社長職は引退された今も、某非営利法人の理事長として、ご活躍されています。
    お話を聴いていても、日本の政治が動く時など要所要所でいつもマスコミにコメントを求められるような超有名人と懇意にしておられる話や(かつての仕事仲間だったようです)、動かすお金の額の大きさなど、凡人私などとは全くの別世界のような話が続く。

    しかし、話が進んでいくにつれ、奥様がクモ膜下出血でほぼ寝たきり、意思の疎通さえ不自由な状態であることに行きつきました。
    今は、福井市内のある病院の、これまた福井では有名なある医師でありその病院法人の理事長である方と仲良しであることから、その先生の病院や関連施設に奥様は入所しておられるとのこと。
    奥様は、たまたまA氏のお仕事で15年ほど前に福井に来ただけなので、郷里(その方が勤めておられた某大企業のあるところです)に帰りたいと望んでおられるそうな。
    しかし、A氏は、福井にいればこそ、退職した今でも、コネクションで生活が繋がって行くが、郷里に帰っても、もうあそこにはかつての仕事のコネクションも福井ほどには効かないと言うことを分かっている。
    自分のコネクションが効く福井にいた方が、介護が必要な奥様の環境整備にはいいと思っておられる…。

    A氏は、奥様が倒れられて、しみじみ、自分の人生もいつどうなるか分からないと思った、だから、これからの人生は好きなことをするぞと思ってやめていた煙草も再開し、お金も、自分が死んだあとに奥様が生きるのに困らないだけ残したら、後は好きなように使って生きるんだと思ったと、おっしゃっていた。
    毎日、理事長としての事業に、そしてプライベートにとお忙しいようでした。
    それでも、ふと、カウンターの椅子に反り繰り返りながら、「さみしいなぁ…。淋しいよ…」とつぶやいておられた…。

    自分の人生さえ語れるほど経験もしてないし悟ってもいない私に、他人の人生を語る資格など到底ないことは承知の上です。
    そして、ここから書くことはすべて、私の頭の中の想像にすぎません。
    でも、なんとなく、私はA氏に、高度経済成長期を生きた日本人男性の象徴のようなものを感じずには居られなかった。
    とにかく、仕事仕事に生きてきて、今も、自宅で奥様と過ごす時間には楽しみは見いだせないのでしょう。
    奥様は、夫は家にはいないものだと、とうにあきらめて、ひたすら家事育児に追われて、お金にだけは困らない生活にとりあえず満足しながら生きてきた…。
    A氏は奥様を愛しておられるのです。でも、奥様への愛情の表現は、自分がこれまで培ってきた人脈やお金を使って、奥様の居住環境を少しでも整えることしかなく、たとえば自分が奥様のそばにいることではないのですね…。また、傍にいてもどうしていいか分からなくなっておられるのではないかと思います。
    奥様もそれが分かっているからこそ、…でも、たぶん、奥様は今、それではないものを求めているからこそ、郷里に帰りたいと望んでおられるのではないでしょうか…。

    お互い、愛情があってもなお、何処かすれ違っているような気がして、
    でも、それは、長い長い時間が、
    戦後の日本を懸命に生きてきた長い長い時間によって、
    もうどうにもならないものになっている気がして、
    何か、私も、淋しさを感じずには居られませんでした…。


    今日、お届けする曲は、本来は反戦歌として、谷川俊太郎さんが書かれた詩に、武満徹さんが曲をつけたものです。
    私には、少し古くて、最初に歌ったのは誰なのかも知りませんが、おそらく高石友也さんではないかと思って、今日は写真に高石さんのカセットテープの販売サイトをリンクしておきました。
    でも、私がこの曲を初めて聴いたのは、数年前、NHKでシリーズで放送されていた「フォークの達人」という番組で、長谷川きよしさんが歌っているのを聴いた時です。
    この番組はずっとDVDに録画してあるのですが、いかんせん、我が家は、DVDから音源としてweb上にアップするには、ちょっと道具が足りず、今日は、どなたかがアップして下さった、高石友也さんのYou Tubeの映像をお借りすることにします。

    戦争のあとに、何が残るのか、そのむなしさから反戦を歌ったものだと思いますが、
    戦争が終わったはずの日本でもなお、人が死んだあとに何が残せるのでしょうか…。
    後の人のためになるものを残すことは出来る。
    確かにそう、思います。
    しかし、残っているその「もの」を、生きている間に見ることは出来ないとしたら。
    否、見ていたとしても、その代償に何かを捨ててきたのだとして、
    捨ててきたものまで見えてしまったとしたら。

    …人生を終える時、人は何を思うのか、
    分かることなら、苦労はしないですね…。
    私などは、わからないから生きていけてる気さえしています…。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いします!


                     死んだ男の残したものは → 


    JUGEMテーマ:音楽
     
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 高石友也 | 16:59 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 16:59 | - | - |- pookmark
         
        僕が最初に「死んだ男の残したものは」を知ったのはやはり高石ともやさんなんですが、そもそもはクラシックの独唱曲だったのだ、と高石さんがラジオでおっしゃっていたのを聴いた記憶があります。といっても記憶なんであいまいですが(汗)。しかし武満徹さん作曲ですからさもありなん、とも思えますが。
        僕なんぞは死ぬ時に残すものなんてのはおそらくガラクタの山ばかりでしょうから、今から整理しておかないとな、なんてこともチラリと考えたりもしますけど、死ぬ時に何を思い逝くのか、なんてことは僕も同様想像がつきません。
        けれども、出来るだけいい想い出を蓄積しておきたいな、とは思いますね。死ぬ時は走馬灯のように追憶がめぐり…と古人は大抵言っていますから。
        | 凛太郎 | 2010/04/12 11:05 PM |

        凛太郎さん
        そうですか、クラシック…。確かに、武満さんの作品は、そういうジャンルに入れられるものが多いですもんね。
        走馬燈のように…、そうなんです。
        凛太郎さん、私は、この記事でホントはもうひとつ、言いたいことがあったのです。
        それは、人は、本当に死ぬ間際に、社会的に残した業績に想いが行くものなんだろうか、と言うことなのです。
        私なんか特に、社会的な業績などないものだから、尚のことそう思うのかもしれませんが、最期に人は、やっぱり、1番愛した僅かな人にだけ想いが馳せるのではないかと…。少なくとも私は、確率的には後4〜5年の命、ということに際した時、それまで、もしかすると何より優先してきた仕事や業績や自分の地位や名誉なんかがいっぺんに吹っ飛んで、家族のための自分でありたい、何よりそれを優先しないと後悔するな、と思ったのです。
        思い出、それは結局、その時その時の自分の感情がほとんどだとしたら…。
        なんか、2度目のトライも、やっぱり支離滅裂になってきた(痛)。
        とにかく、後悔しない人生にしたいなぁ、と、それだけです…。すみません^_^;。

        | よぴち | 2010/04/12 11:26 PM |
        おじぇじぇで片つくこたぁ

        おじぇじぇでどうぞ

        無いより有る方がいいに決まってる


        でもそこに努力だ苦労だとか聞きたかねぇけどなぁ


        反戦のために戦わなきゃいけない矛盾に気付いた時から

        残り物としての人生しか選べないじゃん


        だからオラ声小さいんだ
        | 死なない男の残りchabo | 2010/04/12 11:40 PM |

        死なない男の残りchaboさん
        そうなんだ…。ないよりあった方がいいに決まってる。ゴタゴタ理屈こねたところで、最後に結局、いらないの?って聞かれたら、欲しい、って言うにきまってる。

        そっか、chaboさんの声が小さいのは、だからだったんだね…。ひろしの声はもう少し大きかったけどね…。
        | よぴち | 2010/04/12 11:58 PM |

        高石友也のカセトテープ時代を感じます
        「死んだ男の残したものは」65年ですよ
        もしかして誰かさんと同じ年かな
        友竹正則さんて知らないですか
        声楽家ですけど
        テレビでは「食いしん坊バンザイ」だったかな
        初代(?)のホスト役されていた方
        死んだ男の残したものは
        戦争に駆り出されては
        何にも残せないよね
        戦争に巻き込まれてしまっては
        何も残せないんです
        戦争も何も生まないし
        何も創造できず残すことも出来ない
        ただ残ったのはその無残さ愚かさ
        傷ついた地球傷ついた人々の心
        そした平和の尊さだったはず
        なのに何故今でも続くのでしょうか


        | key-san | 2010/04/13 12:17 AM |

        Key-san
        65年…、はい、同い年ですね。
        友竹正則さん、お名前は知ってます。この方が最初に歌われたのですか?

        戦争は何も生まない、ただ、奪っていく。
        それがわかって、そこから這い上がるべく、懸命に生きたはずなのに、どうして、やっぱり「淋しい」と思うのでしょう…。

        戦争は本当に、すべての生命が不幸になるだけなのは間違いないので、やめた方がいいのは無論なのですが、戦争をしなくてもやはり、淋しさを感じるというのが、なんか、余計に空しいというか、どうしたら人は幸せに死んでいけるのか、わからなくなっちゃいました…。

        まぁ、考えている間にも人生は進んでいくので、
        とにかく、今を楽しく、精一杯やってくだけなんですけどね…。
        | よぴち | 2010/04/13 12:24 AM |
        御主人の散髪
        カミさんがなさるんですか?
        わが子たちが小さい時は
        わが母が
        バーバーしてました
        ....何言ってんだか (* ̄m ̄)
        よぴちさんの頭の中の想像
        マッタク同じです
        それと
        老いると故郷に帰りたくなる
        って
        わかります
        いや自分は
        生まれも育ちもここなので
        生涯実感することはないでしょうが
        祖母が
        そうだったんです
        呆けてからも
        ふるさと話だけは
        正確に(多分)繰り返していました
        体力があるうちに
        もう一度
        連れて行けばよかった。。
        この歌を聴いていて
        子どもは....思い出ひとつ残せなかった

        ヤラれました
        戦争は
        なにひとつ
        いいことを
        くれない
        でも
        そんな中にも
        くれたものがある
        それは
        戦争は
        絶対にイケナイ
        どんなことがあっても
        繰り返してはならない
        というメッセージだと思います。。   
        | ありんこbatan | 2010/04/13 3:03 AM |

        ありんこさん
        はい。ワタクシ、自称無免許カリスマ美容師なのです^_^;。茶戌のをやる時は、かなりの確率でケンカになりますけどネ(笑)。
        ちんの髪も、ずっと私がカットしていて、今は、少し伸ばすと言ってまだカットしてませんが、家を出た今、いずれ、美容室に行くでしょうね…。今のところ、友達からはいつも髪型褒められて、真似されること多かったんですが(←自慢!笑)。

        谷川俊太郎さんの詩、いいですよね。詩集も持ってますが、いいです。フォークシンガーでは友部正人さんがわりと歌ってらっしゃるし、中島みゆきさんも谷川さんリスペクトなんですよ〜。
        | よぴち | 2010/04/13 3:01 PM |
        なるほどぉ。。。
        その奥様の気持ち解る気がします。
        やっぱ故郷がいいですよぅ。
        最近、巨人のキムラタクヤさんが
        クモ膜下出血でお亡くなりになりましたよね。
        ちょっと考えちゃった。
        相方がもし。。。ってね。
        考えないほうがいいね(苦笑)
        この歌は長谷川きよしさんバージョンで
        聴いたことがあります。
        長谷川さん好きなの♪
        | IKUKO | 2010/04/13 4:53 PM |

        IKUKOさん
        体調、どうですか、、?
        家にこもると、いろいろ考える時間があって困りますが…^_^;
        クモ膜下は怖いですね。何の前兆もないし。
        最近は、血液循環動態の検査も進んできていて、クモ膜下のリスクがどれくらいあるか、の検診は出来るようになってきましたが。

        IKUKOさんが長谷川さんお好き、っていうのは初耳。陽水さんといい、IKUKOさん、美声がすきなのね、きっと。
        私は長谷川さんの、ちょっとジャージーな音楽センスが好きです。だから、初期の「黒の舟歌」とか「死んだ男の…」よりも、もう少し後からの、ちょっとオシャレなコード進行のモノが好きなんですよね…。
        んで、眼が見えないとは到底思えない、抜群のギターテクも見逃せません!!!
        | よぴち | 2010/04/14 8:30 AM |
        この方の奥さん、クモ膜下ですか。恐いですね。巨人の木村コーチも亡くなったばかり。懸命に生きてきて、少し人生に余裕が持てるようになったときに、奥さんがその状況。大変だと思います。
        でも僕みたく50近くなっても余裕もない人間もいますから。
        | 力道 | 2010/04/18 1:54 PM |

        力動さん
        いやいや、力動さん、十分余裕がある気がするけどな…。
        仕事や生活のDutyに追われつつも、自分の楽しみを忘れずに追及してる、というのは、これこそ「余裕」以外の何でもない気がします。
        私から見たら、お金とか時間とかじゃないんですよね、「余裕」というのは…。

        しかし、クモ膜下は怖いです。前兆がないだけに。
        幸い今は、昔に比べると血管の状態を診断できる検査が発達してきているので、やはり、検診しかないですよね…。
        ただ、検診でアブナイと分かって、じゃ、弾けないように脳の中の血管の処置をする、となると、これもまたリスクがゼロではないだけに、躊躇される方も多いようです。でも、処置手術のリスクより、実際出血してからのリスクの方がず〜っと大きいのは間違いないですが^_^;
        | よぴち | 2010/04/18 11:37 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/250