◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 唇をかみしめて:吉田拓郎 | main | So Far Away:Carole King >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  フレディもしくは三教街〜ロシア祖界にて:グレープ  ○●○

     三年坂いよいよ、明日からは本格的に「連休明け」が始まる。というか、始まってしまう。
    いつもヒマにしている私なので、連休があっても、いつもは、「明け」は、皆さまのことで、
    私自身は、「お疲れ様でございます」…と日和見的な感じだったけど、
    たまたま、明日は私も仕事があってしまう。
    そのせいか、どこか気が重い…。
    正直、結構忙しい1週間になる予定だし…。


    連日、ワイドショーでは普天間の話題。
    私も、沖縄の方々には、申し訳ありませんと頭を下げるしかない、勉強不足でしかも、自分自身は幸せにのうのうと生きている人間です。

    でも、やはり、この問題には日米安保というものが切り離せない。

    たとえにするには、あまりにいい加減すぎるけれど、私は、以前、学位論文を雑誌に投稿する際に、私の研究分野では、やはりアメリカがダントツに進んでいて、アメリカのある学会の雑誌に掲載されるのが1番のステータスになる、ということで、まず、そういう、「難関」からトライして行って、だんだん、雑誌の格を落として行こう、と考えたことがあります。
    で、実際、アメリカのその権威ある学会誌に投稿し、2度ほど訂正を指示された揚句に「掲載不適」との連絡で、あっけなく散ったわけなのですが、
    その時に、つくづく、「日本は、アメリカに負けた国なんだな」と、痛感させられることがあったのです。

    たぶん、第二次世界大戦の頃に、日本兵として戦った先輩方、また、兵士ではないまでも、国をあげての戦いなわけですから、その頃、物心がついていた先輩方の多くは、今の私などとは全く違う心構えや認識を持っておられるのだろうと思います。
    私たち世代が、たとえばTシャツの模様に、アルファベットで書くのはカッコよくても、日本語で書くのはダサいと思ってた時代があったり、
    確固たる理由もなく、日本語の歌より洋楽がカッコイイと思っていたりすることを、
    たぶん、そういう先輩方は、全く同感出来ないと思うのです。
    少なくとも、なんとなくでも日本よりアメリカの方が優れているなどという意識はないんじゃないかな、と思う。
    でも、私たち世代の中には、どこか、心の奥底に、日本よりアメリカの方が優れているような意識があってしまう気がするのです…。

    それがいいのか悪いのか、また、
    真実はどうなのか、
    …そんなことは私にはわからない。
    ただ、なんとなく、私たち世代以降の日本人の心の奥底には、アメリカに屈するほかないと思う気持ちがあってしまうのではないか、
    そのことだけは、実感として感じるんですよね…。

    だからたぶん、私たち世代以降の人たちは、政治家のセンセイ方を責める気持ちはあっても、じゃ、アメリカに対して、日本には基地はいらないから、全面的に撤退してくれ、などとはいえない気がする。
    実際、核を持たないことには賛成ではありながらも、
    ホントにどこかの国が日本を攻めてきた時に、
    やはり、死にたくない、とは思ってしまうもの…。
    じゃ、基地があったところで、アメリカは日本を守ってくれるのか、
    むしろ、日本は戦争放棄のはずなのに、現実には日本が世界のどこかの国とアメリカとの戦場になってしまうんじゃないか、という恐れもある。

    それでも、やっぱり、結局は、基地はいらない、全面撤退してくれ、という勇気は、少なくとも今の私にはない気がします。
    何かほかに、いい方法があることを教えてもらえたらまた考えは変わるかもしれませんが…。

    だから、基地の問題については、どこかが犠牲にならないといけないのは、ほぼ確定的だと思います。
    でも、私たちが犠牲になりましょう、と手をあげるところも、たぶん、ないでしょうね…。
    難しいです…。
    非現実的なことを言って、大変申し訳ないのだけれども、
    私などは、日本人が住んでいない、どこかの島がもし日本の中にあるのなら、お金はかかるけれども、今からインフラ整備だけして、米軍に提供したらどうか、と思ってしまう。
    そこでの生活に必要なお店とか、そういうものも、すべてアメリカに、お任せする。
    日本は土地と、インフラ整備だけを提供する。
    税金を有効に使うことが大切だけれども、それに使うことは有効ではないでしょうか…?

    今日、お届けする曲は、私が中学生の頃、大好きだった曲。
    この曲も、戦争の悲しさを思わずにいられない曲です。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。


    ←いつもありがとうございます! 
      よろしければクリックお願いします!


                  フレディもしくは三教街〜ロシア祖界にて → 

    0
      | グレープ | 22:40 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 22:40 | - | - |- pookmark
        さださんの曲は
        詩にヤラれることが多いんだけど
        これは
        初めて聴いたときに
        メロディにすごく魅力を感じてしまって
        戦争が歌われてる
        って気づくまでに
        随分かかりました
        ライブ盤だと
        迫力あるんですね〜
        普天間モンダイ
        どこに持って行こうが
        住民の反対はついてまわるでしょう
        それと
        アメリカがどう出るか
        心配になってきています
        グアムへの海兵隊移転
        白紙に戻ってしまったら
        それもねぇ。。
        忙しい一週間
        楽しい忙しさになればいいですけど
        くれぐれも
        無理しないで
        身体の声に
        耳傾けつつ
        がんばってくださいね     
        | ありんこbatan | 2010/05/10 3:56 AM |

        ありんこさん
        いつも1番のり、ありがとうございます。
        そうなんです、私もこの曲、まずメロディの美しさにやられたんですよ…。しかも、ギター1本で結構雰囲気出せるんで、ギターでどんだけ弾き語りをしたことか…。

        連休中、張り切り過ぎて、途中で発熱ダウンしてしまった時に、「ああ、私、また生き急いでるかな、悪い癖が出てるかな」と、一息ついて落ち着くことが出来ました。
        ほんの少し、「人並みに」過ごしただけで、ダウンしてしまう自分が悲しくもあったけれど、これはこれで、現実だから受け止めていくしかない。

        昨日は、ギターの弦を張り替えました。
        まだ、どこか慣れてないので、なんか勝手が違う状態。
        音も、いつものことながら、張り替えた当初は「新鮮」なのです。でも、ひきこんで行くうちに、なぜかいつも同じような「私の音」になって行っちゃうんですよね…。
        そうなるまで、ボチボチとやっていきますね、自分の人生も、ね…。
        | よぴち | 2010/05/10 7:07 AM |
        うちの庭へどうぞ

        ヘリは無理だけど

        核ボタン置く位なら大丈夫だよ

        ご近所には内緒にしておくから


        ついでに

        みにもんじゅも置いていいよ


        好色増殖炉
        | 日米chabo条約 | 2010/05/11 12:33 PM |

        日米chabo条約さん
        おおっ!!!
        国民はあなたのような人を待ってたよ!
        で。あなたの庭の広さはどれくらい(笑)?

        もんじゅ、もう、県民でさえ、ちょっと忘れかけてまして…。
        再開前に、地元紙が逆に注目するように盛り上げてたような状態。

        好色は増殖していらないですよ、もう(笑)。
        | よぴち | 2010/05/11 1:57 PM |
        基地の問題は、一筋縄で行くものじゃない。鳩山の安請け合いが、こんなことになってしまいました。

        この曲はグレープの中でもかなり重い題材を扱い。コンサート等でも、よく歌われましたね。好きですよ。
        | 力道 | 2010/05/11 3:00 PM |

        力動さん
        うん…。確かに、鳩山さん、当初は、ちょっと認識が甘かった気がしますね。

        私がこの曲と出会ったのは中学1年か2年の時で、その当時は、いわゆる「欧米かぶれ」で、まだあまりアジアには目覚めていませんでした。だからこの曲に歌われている風景を想像してもそんなに素敵にも思わなかったし、そのバックにある歴史観などと言うものも、まだまだ認識浅かったと思います。
        ずいぶん後になって、少しアジアに興味を持ち始めて、この曲に対する思いが変わってきました。
        | よぴち | 2010/05/11 3:31 PM |

        よく耳にする事は、戦後の教育で日本が悪いと教え込まれた為だという人が多いですね。
        『日本は戦争に2度負けた』という人も多いです。
        沖縄の方々は、橋本政権時から12年かけて協議し、現行案を了承して頂いてた訳で、米も合意してた。
        それを政権が変わったからと「基地を県外に」と言い始めたから混乱が起こった。
        米軍基地は無い方が良い、しかし、日本は軍隊を持たない事になっている。じゃあ米に守ってもらうしかないとなりますよね。
        それに沖縄という地は、東アジアにとって地政学的に意味がある位置にあるんですよね、悲しい事に。
        結局日本が自国の防衛は自国でという方向にならない限りは、どこかに米軍基地って必要になって来るんですよ。
        同盟・外交・軍事・自主憲法・自衛隊・雇用、果ては領土問題にまで関連する問題なのに我が国の総理は甘いの一言に尽きます。
        | 久々のSHIBU | 2010/05/11 3:59 PM |
        さっきyoutubeで、2000年のロイヤルアルバートホールのライブのこの曲を見て、改めて感動しました。
        この曲の独創性、叙情性は、すごいと思います。さださんの祖父母は、中国大陸で活躍されていたそうなので、子供の頃に、戦前の中国の話を聞いたんでしょうね。
        亡くなった人に「あなた」と語りかける点は、精霊流しに似ていますね。さだワールドですね。
        | コーヒー党 | 2010/05/11 11:38 PM |

        久々のSHIBUさん
        少なくとも私たちは、その時代に存在してなかったので、戦争については、教育されるままになるしかないんですよね。
        いろんな見識があるようで、いろんな書物も出ていますが…。
        「真実」と言うのは何か、果たしてそんなものはあるのか、「攻撃した」「しない」という事実はあっても、その裏の「攻撃の根拠」については、形がないので、どの方のご意見も推測の域を出ない気がします。

        問題山積、しかし、私にはそれを解決するだけの能力はなく。頼るというのはどうかと思いつつも、「やる!」と自分から手をあげた人に頼らざるを得ず。
        …頑張ってほしいです。
        | よぴち | 2010/05/12 2:27 PM |

        コーヒー党さん
        そうですね、亡くなった人にも「あなた」と語りかける…。
        私には、1.出逢った時から変わらずに大好きな曲と、2.出逢った時から好きだけれど、形を変えて今も好きな曲と、3.出逢った頃には好きだったけど、今はさほど好きでもない曲と、4.出逢った頃には好きではなかったけど今は好きな曲、があります。
        この曲は、2番の、出逢った時とは形を変えて今も好きな曲でして…。
        というのは、あの頃は、齢をとる、ということにあまりいイメージがなかったんですね、きっと。だから、自分や自分の好きな人が齢をとることを楽しみに想像するなんてことが、私には実感できなかったのです。齢をとることは淋しいことのように思っていたのかもしれません。
        私は29歳で白血病になりましたが、その時から、漠然と、先に逝くのは自分であるという思いが心の底にあります。
        だから今は、この曲とは逆に、私自身が、素敵なおばあさんになることに憧れている…。
        尤も、後に残された人は、私のような「制限」の多い病人から解放されて、結構、楽しく余生を過ごして行くんだろうと思いますが(笑)。
        この曲に浸って、「残していく人たち」に対して辛い気持ちを抱くのは、もっぱら私のうぬぼれに過ぎないのでしょうけど(笑)。
        | よぴち | 2010/05/12 2:45 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/253