◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< Oh! Daring : 茶戌 feat. 芹沢信治 | main | Your Love Is King:SADE >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  愛をうたってみせるほど:加川良  ○●○
    駒沢あたりで梅雨が明けたかと思ったら、連日の猛暑。
    都市圏では熱中症での死亡者が毎日、ニュースで報告されています。

    人の身体は「順応」していくもので、ある程度その土地にあった身体になっていくものなのでしょうが、ここのところ加速度がついて暑くなっている日本では、日本人の身体の順応が、とてもではないが、ついていけてないのでしょう。

    私は、昔から暑さに弱い気がする。
    ものすごい汗かきで、ずっと体育会系で運動もやってきましたが、お陽さまにあたっているだけで疲れてしまうところが、昔からあったように思います。
    特に、練習中の動きが少なく(というか、待ち時間が長そう)、さんさんと陽が照る中での「野球部」の練習などは、私には、全く向いてないなぁと、いつも、感心したり同情したりしながら見ていたものでした。

    そのうえ、長年のインターフェロンの大量投与は、私の免疫系を全く別物にしてしまい(まぁ、そのおかげで、ある意味、染色体が転座した自分の白血球の遺伝子さえ、つぶすことが出来たのだと思いますが)、少し、日光アレルギーになってきたようです。
    数年前から、夏場はちょっと外に出ただけでも、洋服から出た部分の肌が、赤く、痒くなって困っています。
    知らない間に掻いているようで、掻き傷がそこらじゅうに出来て、なお、赤い。
    ただでさえ食道静脈瘤が出来てきた頃から、上半身に、毛細血管が赤く浮き出たような(これの、ひどいのを「クモ状血管腫」という)ものがたくさん出来てきて、
    もう、暑くても、首回りが開いた服は着れないかなぁ、と悲観していたところに、
    さらに、アレルギーでまで赤くなるとなると…。

    まぁ、暑さには耐えられず、また、ただでさえ肩幅が広くて(そう、「頼りがいのある」男らしい背中ですよ♪)、首の短い私には、やっぱり夏場くらい、首回りのすっきりした服装がしたいので、もう、みっともなくても着てますが(笑)。

    それでも、「どうしても」という用事がない限り、
    わざわざ暑い日中に外に出ることが少なくなっているのが現状。
    早朝か、または夕暮れ以降。まるで、もぐらのような生活。

    1日、食べて、横になって、ギター弾いたり。
    仕事は、急ぎのメールだけは処理しているけれど、
    時間的余裕のあるものは、手もつけていない。
    やらなくちゃ、という思いだけが、心の中を圧迫してる…。
    そんなダラダラした生活で、どんどんむくみがひどくなって、
    それでさらにやる気がなくなって…、の悪循環。

    「堕落」という言葉が、頭をよぎる。

    退院した時、何か、新しい自分をスタートできる気がして、
    髪型も変えようと、パーマをかけてみたりした。

    早々にパーマはとれ、
    なんでも始められそうな、あの気持ちはすっかり萎えてしまい、
    毎日、「堕落」という言葉ともがきあっている。

    月曜には、ゼミがあるので、それまでには、学生から次々に送られて来ている草稿に手を入れなくては。
    茶戌のいる土日には仕事を残しておきたくないので、
    いつもなら金曜の今日くらいには、もう、きちんと仕上げておいてるのに…。

    夏休み明けには、提出しなくちゃいけないシラバスも、どんな内容にするのかの検討も含めて、そろそろ手をつけた方がいいと思いつつ…。

    ただ毎日、「堕落」という言葉ともがきあってる。

    そうして、月曜には涼しい顔で、全然、元気なおばちゃんの顔で、
    学生に、モノの分かった顔で、偉そうに、研究のあり方なんかを吹聴したりするんだろう。

    思えばず〜っと、私は、お芝居をしてるような気がする時がある。
    どれがホントの自分なのか、もう、わからないほどに。


    今日、お届けする曲は、私には、強がりの曲に聞こえて仕方ない。
    私も、こんなふうに強がりながら、過ごしてるような気がする…。
    でも、強がりも、「いつものこと」になると、
    もう、強がってるお芝居じゃなくて、それが現実の自分になってたりするから…。
    だから、私には、強がりは必要。


    今日は、少し、元気が出た。だから、こうしてダラダラとでも、モノを書くことが出来た。
    やるぞ。
    風邪も、良くなってきては、いるから…。
    上昇気流!


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。



    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                     愛をうたってみせるほど → 


     JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | 加川良 | 12:26 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 12:26 | - | - |- pookmark
        このジャケット
        誰だろう
        マイク真木さんに似てるけど
        よぴちさんがとりあげたことあったっけ??
        と思いながら
        あえて名前を無理して読まずに曲を聴いて
        あぁ加川良さんなんだ〜
        9月にどこにいらっしゃるか
        わかったかな?(スイングさんページで読んじゃったもんねー)
        うん
        強がってる歌かな
        それと同時に
        自分に言い聞かせているような....
        落ち込みから立ち直ろうとしてるときに聴くと
        よし!がんばっていこう!
        って思える曲じゃないかなぁ
        日光アレルギー
        同じです
        腕なんか痒くなって
        ばりばり掻いちゃう
        日光も夏も好きなんだけど
        もう
        日差しの強い時間はおもてに出るなよー
        って言われちゃったみたい
        まぁ
        その方が身のためだと解釈することにしました
        どっかで倒れても
        放っておかれるかもしれないもんなぁ
        家の中にいて
        片付けなくちゃ
        とか
        いろいろすべきことをかかえつつ
        こう暑くちゃできない!
        もともと体力がないんだから
        無理したら後がタイヘン
        生命力だ!と
        都合のいい理由を見つけて
        だらだらしています
        とにかく
        この夏をのりきらなくては!
        がんばろうね             
        | ありんこbatan | 2010/07/24 4:00 AM |

        ありんこさん
        このアルバム「駒沢あたりで」は、ずっと欲しかったんですが、廃盤になってて、オークションにもなかなか出回っておらず、、、。でも、最近になって、とうとうCDになったんですよ!しかも、紙ジャケ♪
        9月のお店は毎日チェックするも、まだ発表ならず。
        でも、ありんこさんだったら、8月22日、豊川(小坂井文化会館)に、加川さんとリリィさん、斎藤哲夫さんたちが来られますよ!
        家の中にいたらいたで、片付け、掃除、気になりますよね…。でも、ありんこさんの言う通り!暑いんですよ、家の中も、エアコンつけたリビング以外は猛暑!
        身体のため、結局は家族のためですよね〜(笑)、無理せず、何もしないでいるのは…(爆)。
        | よぴち | 2010/07/24 7:20 AM |
        アレルギーなんですから。無理しない方がいいですよ。
        堕落なんかじゃないです。気楽に行きましょう。
        この[駒沢あたりで]はいいです!加川は過激さを失ってない。フォークからブルースに とくに[ばびぶぶべべ]や[オレンジ・キャラバン]がいいです。尚、スタジオライブ [ウィズ村上律]も紙で出ました!お薦めです。
        | 力道 | 2010/07/24 9:11 PM |

        力動さん
        このアルバムは、レイジー・ヒップをバックにしてるだけあって、音楽性はすごく高いと思うんですよね。
        力動さん仰るように、ばびぶぶべべやオレンジ・キャラバン、これは、良さんのギター1本の世界には無かった音楽のような気がします。
        でも、私は意外と、やっぱり「フォーク」の良さんが好きだったりします。
        良さんのトクトクと語るような、あの世界が好きなのかなぁ…。
        あのたたずまいからはあんまり想像できない、「過激さ」は、確かに、今でも失ってませんね。それも、魅力のひとつです!
        | よぴち | 2010/07/24 9:36 PM |
        高校の現国のじかん

        臼井君が思い切り坂口安吾の「ついらく論」!って言ってた

        田山花袋のことは

        「はなやま たぶくろ」!って言ってた

        そんな彼とは一人の女性を巡って???


        この時季は

        強がりよりも桃狩り

        皮ごと食べるさ井戸水で冷やしてね


        前の日記にこめんとしなかったのは

        持ち歌かぶったから

        ちぇ!


        堕ちろ堕ちろ日本人よ!
        | さかぐちchango | 2010/07/25 12:13 AM |

        Chaboさん
        栃木通いは、いかがですか…。
        桃は山梨ですが…。

        私も、一気に「ついらく」してます。
        きっと、限界はあると思うので、もう、考えないようにする。
        堕ちるとこまで堕ちたらいいやん。

        茶戌は洋楽好きですね。ていうかブルースなんですが。
        Chaboさんとはネタかぶること多いかも。
        | よぴち | 2010/07/25 7:21 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/265