◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 愛をうたってみせるほど:加川良 | main | 盆がえり:小椋佳 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Your Love Is King:SADE  ○●○
    Best Of SADE 今日は、福井市の夏祭りの初日。
    福井市は、昭和23年6月の震災、9月の大雨(福井市のメインの川である九頭竜川の堤防決壊)から、復興したことをもとに、不死鳥ふくい、をキャッチフレーズにしていて、このおまつりも、「フェニックスまつり」と呼ばれています。
    今年は、例年ならファイナルだった花火大会が、初日の今日でした。我が家のあたりも、外で、花火の上がる音が聞こえていました。

    決まり文句ですが、「夏ですね」。
    いろんなものに、夏を感じます。
    特に、鼻が効く私は、匂いに季節を感じることが多いのですが、
    夏の匂いのひとつに、焼けたアスファルトに雨が降った後の匂い、というのがあります。

    ところが、今年は、ホントにこの匂いから遠ざかっています。
    雨が、降らない。
    やっと恵みの雨だ、と思っても、お湿り程度。
    さすがに、雨が降った日は多少、気温は下がりましたが…。

    昨日、夕方、実家のPCでないと出来ない作業をするために、
    久しぶりに実家へ行きました。
    実家の前は、向かいの大きな通りまでの間に田んぼが拡がっています。
    実家の前のスペースに車を止めるべく、ハンドルを切る時に、ふと、稲穂が青々と育っているのが目に入ってきました。

    ああ、もう、こんな季節なんだな。
    夏だなぁ。

    今の実家は私が中3の時に引っ越した家で、
    産まれて最初に育った家のあたりには田んぼはなかった。
    そのせいか私の幼い記憶の中に、稲穂の姿はありません。
    でも、昨日は、稲穂を見て、夏を思った。
    それはなぜだか、わかっている。

    父は、私が19の時に脳卒中で倒れ、以来、半身不随となって、逝去する6年前まで、自宅療養をしていた。
    父の気持ちも、少しは察しているつもりの私でしたが、
    やはり、元気で忙しくしていた頃には、
    父が、日がな1日、家で過ごしている時の心境など、
    寄り添ってみる余裕も、理由もなかった。

    でも、さすがに、インターフェロンを打ち続けているうちに、
    身体を動かすのが本当に大変になってきた私は、
    年ごとに仕事の量を減らし、出勤の日数を減らし。
    家の中で過ごす時間が長くなってきた。

    そんな時、たまに実家へ行くと、いつも父が、
    当時、実家で飼っていた白い雌猫を膝にのせて、
    父も猫も、微動だにせずまるで置物のように、
    台所のテーブルの椅子を窓の方に向けて、
    じっと座って、外を見ていた。

    「いっつも、そうやって、外を見てるけど、何が面白いの?」
    …と、茶化すように聞いたことがあった。
    父は脳卒中で倒れて一旦、意識を失ってから徐々に回復する過程で、
    すっかり赤ちゃんのようなところから始まって、
    結局、ほんの少し子供のような感じを残したまま回復したので、
    その頃にはもう、私は、父に話す時は、少し、茶化すように、
    まるで、自分よりも目下の、もっと言うと子供に話すかのように、
    話をする癖がついていた。

    その時父は、
    「何って…、稲穂がどんどん変わって行くのを見てると面白い」
    と答えた。
    「あ、そう」と、やっぱり茶化しながら、まるで小さな子供の相手をするかのように、笑って返したのを覚えている。


    でもだんだん、私も、そんなふうな、自然の生き物たちの小さな変化…つまりは、大袈裟にいえば「生きざま」みたいなものが、面白く思えるようになってきました。
    今は、父のように、微動だにせず椅子に座って稲穂を見続けることが、きっとできると思う。

    あれ以来、毎年、稲穂が膨らんでくると、
    夏だなぁ、と感じるようになったのです。


    今日は、私が、なぜか夏になると聴きたくなるSADEの曲の中から、
    夏の、陽が落ちた後、少し涼を感じられる頃に、
    涼しい部屋で、1日の終わりにホッとしながら聴ける曲をお届けします。
    SADEの曲は、なんといってもこの、エキゾチックなヴォーカルがいいのですが、
    全体に初期の頃はJazzにR&Bをmixしたような、ノリのいい、それでいて「濃過ぎない」、透明感のある感じがなんとも言えず素敵だった。
    出会いは大学2年の夏だったと思う。
    ファーストアルバムの”Diamond Life”と、セカンドアルバムの”Promise”は、すぐにお気に入りになって、夏の間、部活が終わって、少し涼しくなった夜8時からの家庭教師のバイトに通う車の中で、1番聴いたアルバムだと思う。
    そのせいか今でも、SADEは夏に似合う、と、自分の中で決めつけてしまってる(笑)。

    あまりにも毎日暑いので、中では少しは涼しそうな曲を選んだつもりですが、
    これをお聞き下さる皆様の、心地よい時間になってくれることを祈って…。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                         Your Love Is King → 


     JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | SADE(シャーデー) | 00:21 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 00:21 | - | - |- pookmark
        本当はいつまでたっても子供は子供

        なのにある日追い越したような気になる日が来る

        はんぶんうれしいような

        はんぶんかなしいような

        やがてじぶんが歳を重ねて

        同じ気分を味わう


        このLPはまだ持ってるよ
        | chade(ちゃーでー) | 2010/07/31 2:51 AM |
        過ごしにくい夏ですね〜
        こんな日が続くと
        どこかを患っている人には
        本当に
        試練でしょう
        お気をつけてお過ごしくださいね
        お父さま
        大変だったんだ〜
        御自身も御家族も。。
        >「何って…、稲穂がどんどん変わって行くのを見てると面白い」
        心おだやかでいらしたのかなぁ
        と少しホッとしました
        精神的にすさんでいたら
        「これしかできないからね」
        なんて
        投げやりな言葉がかえってきたんじゃないか
        と思います
        夏を感じる曲
        人それぞれですが
        何年か前の夏によく聴いてた
        これが大きいでしょうねぇ
        サザンを挙げる方も多いでしょう
        桑田さんが見事
        不死鳥クワタとなって
        かえってきてくださいますように!
        | ありんこbatan | 2010/07/31 4:30 AM |
        夏祭りですか。いい季節ですね!今年はいかんせん暑すぎですが。どうかお身体御自愛下さいね。
        | 力道 | 2010/07/31 5:48 AM |
        ........................................................................................................................................

        chade(ちゃーでー)さん

        完全に追い越してる気でいましたよ。
        今も、母を越えてるつもりでいたりしますよ、そういえば、接するとき。

        でも、最近の衰えは著しく加速度をつけて進んでいて、
        ちんに追い越されてるところも多い。
        でも、完全に追い越されてはいないと思ってる。
        たぶん、一生、思い続ける。

        たぶん、一生、母にも思われ続けてるんだね…。

        Chaboさんも、持ってる?
        名盤だよね〜。
        ちなみに、SADE、時々日本にも来てるけど、そのコンサートで言われることに、
        「SADEファンの女性は美女が多い」とのこと。
        やっぱりな…。超、ナットク♪
        | よぴち | 2010/07/31 11:42 AM |
        .........................................................................................................................................

        ありんこさん
        >精神的にすさんでいたら
        「これしかできないからね」
         なんて
         投げやりな言葉がかえってきたんじゃないか
        ...................................................
        …確かに(笑)。
        父も、退院してしばらくは、荒れて大変でした。
        こんな薄味のご飯なんて食べられない!と料理をひっくり返すこと多々。
        食べないと死んじゃうよ、いいんだ死んでも、というようなやり取りの繰り返し。
        利き手でもない左手で、スプーンで食べるのでは、食べこぼしも多く、顔についていても麻痺で気がつかず、まだ58歳で、そんな自分の落差に気持ちが付いていかなかったのでしょう、外で食事をするのは絶対に拒むようになりました。
        倒れたことで、父の莫大なサラ金への借金もあらわになり、何十年来の苦労の果ての母は、いい加減キレて出て行ってしまい、小6の妹がいるし、兄は県外へ出て行ってるし、なんか、あの時は私の両肩に、一気に重い荷物をしょいこまされた気がして、私も、気持ちのキープが大変でした。
        でも、父には申し訳ないけど、倒れてくれたおかげで、それ以上の借金を積み重ねずに済んだし、いろいろあった大変さは、時間とともに忘却能力が忘れさせてくれるので、結果として、父も含め家族にとっては幸福だったと思っています(笑)。

        私も、時間がかかったけれど、ようやく、今の自分をきちんと捕まえられたかなぁ、という気がしてる。
        また何があるか分からないですけどね、生きている以上は、ね。
        桑田さんも、現代医学なら間違いなく1度目は復活できると確信しています。絶対、よみがえってほしい!
        ただ、運命って、ホント、わからないですから…。
        食道がんは克服しても、全然他の何かにやられてしまうかもしれないし…。
        結局、流れていくしかないんですよね…。もがきながらも、ね…(笑)。
        | よぴち | 2010/07/31 11:44 AM |
        .......................................................................................................................................

        力動さん
        まつり、っていうことの定義が、年々分からなくなってるよぴちです(笑)。
        基本、田舎育ちなので、小さい頃は祭りというのは神社の神様のお祭りでした。
        でも、今は、神道関係なく、祭、ってやりますよね。
        フェニックスまつりも、当然、そうだし、今や、スーパーでさえしょっちゅう、チラシに「○○まつり!」と謳って、商品を売ってますよね(笑)。

        今年の暑さは、別に、去年もそうだった程度だとは思うのですが、梅雨からの切り替えが極端すぎて、ついて行けてないんですよね。
        でも、福井は、まだ都会よりはマシですよ、うちの周りなどは、夜になれば少しは涼みます。
        都会のビル街では、冷房の室外機の排気でさらに暑くなるでしょう? 熱帯夜ですよね。力動さんも、お気の毒です。
        | よぴち | 2010/07/31 11:54 AM |
        ーーーーー
        お父さん、今の私の様ですね。
        私は幸いなのか頭ははっきりしていますが・・・。
        我が家も犬を飼おうかという話になってきてたんですが、じぃちゃんが犬嫌いという事で取り敢えず様子見という事に!
        犬を飼ったらきっと私がいつも抱いている様になるのでしょう。
        年齢と共に自然に対しても、生命を感じる事があります。
        体調はいかがですか?無理をしない様に・・・。
        | SHIBU | 2010/07/31 3:39 PM |
        ............................................................................................................................................

        SHIBUさん
        頭がハッキリしている、というのは大きいですよ。
        ブログを拝見していると、SHIBUさんは、ご家庭の中で、十分「お父さん」として君臨している感じを感じます。

        ただ。
        それとは別に、SHIBUさんご自身の中で、動けたらなぁ、という悔しさというか、それに似た感情と、日々、闘っていることも、少しは理解できるつもりです…。

        私は、自然に対しても生命感じまくり(笑)!!
        わずかでも、植物を育ててるのには、その生命力に勇気をもらっている、という背景があるし、ヒトに比べて一生のサイクルが短い生命たちの場合、産まれてからの一生を全部、見ることが出来て、見習わなきゃ、と思う面がいっぱいあって、なんか、力をもらうんですよね。

        体調は、本音を言うと、どこか本調子ではないな、と感じながらの毎日。
        まぁ、そのうち、落ち着いてくるかな、と、あまり焦らないよう心掛けてはいるのですが。
        気がつくと「生き急いでる」自分がいるなぁ^_^;
        SHIBUさんも、熱中症にご用心!
        | | 2010/08/01 4:02 PM |
        福井の夏はあおあおとした華越前があるんだろうな、
        友人が事故で死んで今年の冬で30年、
        九頭竜川の流れを見渡すお墓にいつかいきたい
        とおもいながら、なかなかゆけず、
        | 長七 | 2010/08/02 12:28 AM |
        ............................................................................................................................................
        長七さん

        わかります。ずっと心の中にありながら、なかなか実行できずにいることって、ありますね…。
        でも、心の中にあれば、それをそのお友達は、見て下さっていると思いたいですね…。

        ちなみに、華越前は、いわゆる「早稲種」でして、8月のお盆過ぎには刈入れが始まり、8月中に新米が出回ります。
        でも、これは、福井のお米としては後発で、福井は、やっぱりメインは「コシヒカリ」。コシヒカリは、福井で生まれた種なのですが、成育条件で新潟に劣るのか、売価は新潟とは比べ物にならず、なんだか、親元としては淋しい限りなんです…。
        | よぴち | 2010/08/03 7:54 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/266