◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< Your Love Is King:SADE | main | Sea Side Story:伊勢正三 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  盆がえり:小椋佳  ○●○
    道草8月7日、なんて、
    お盆までまだ1週間あるのに、
    高速道路の土日1000円制度の影響で、7日土曜日からもう、高速道路は帰省ラッシュが始まったそうで。

    前にも書いた、同級生のK君が帰省してきましたが、厚木から福井までの間、暑いわ、車は進まないわで大変だったようです。

    ちんは、お盆の間には帰って来ません。
    そのことで、また、義母との、「なぜ、どうして」の、やりとりがあるのかと思うと、お盆に茶戌の実家に行くのに気が重くなる私です。

    22日に茶戌が、大阪でやる親戚の結婚式に行くので、
    その時に私も、車で京都まで行って、
    サークルの合宿から帰ってきたちんと合流し、
    結婚式が終わった茶戌と3人で、車で福井に帰る予定。
    さっそく23日から、ちんは、2週間、ほぼ缶詰状態で、自動車学校に通います。
    久しぶりに、毎日、お弁当づくり。ちょっと嬉しい。
    でも。
    ちんは、自分でお弁当を作って学校に行く日があるようなので、
    前にちんのところに行った時に、
    家にたくさん買ってあった、お弁当作りに使うおかずカップなど、
    もう、これからあまり出番はないだろうに、どうしようか悩んでいた物たちを、ごっそり、ちんのところに持って行った。
    だから、久しぶりにお弁当づくり、となると、また少し、材料だけでなく道具まで買い出ししないといけない…。
    すっかり、朝の「楽」を覚えた私、毎日ちゃんとやれるのか、なんだか、自信ない。まるで、ちんが高校に合格して「ああ、これから3年間、弁当作りか…」と思った、あの頃のような気持ちです(汗)。

    結婚してからも、ほんの2〜3年前までは、実母も勤めていたし、
    私も、インターフェロンをガンガン打ってた頃は、自分の仕事と家事で精いっぱいで、実家に行く余裕がなかった。
    実家は車で15分程度のところなのに、ある意味、遠い場所だった。
    今の実家には中3の時に引っ越して、結婚までに10年くらい住んでいたのですが、
    幼いころと違って、家にいる時間が少なかったし、
    ちょうど私の結婚式の頃に1回と、
    その後、5〜6年前に1回、リフォームしたので、
    家の建物自体も、なんだか私には馴染みが薄く、行っても、「自分の家」という感じはありません。

    街並みも、昔は、田舎だからこそ、小さな商店がたくさんあって、
    こじんまりとはしているものの、「生活」の匂いがするところでした。
    でも今は、かなりのお店が、代が変わるのに伴って廃業してしまいました。
    昔は、お祭りの日などは、近所のお菓子屋さんの横を通ると、赤飯や大福のための、もち米を蒸す匂いがしたり、冬の水ようかんも大好きだったけれど、今はもう、若い世代は別のところに家を建て、お店どころか人が住んでさえ、いない。
    家々も新しくなったし、道路も、小道などは無くなって、代わりに大きな舗装道路が出来ていたりして、通学路でさえ、私の頃とは違うのです。


    それでも、やっぱり、あの土地では、少なくとも緊張感がない自分を感じている。
    どこか、ホッとしている気がする。
    今、住んでいる自分の家が、1番のリラックス場所なのですが、
    今住んでいる、この「土地」は、そうではないようです。

    そして、それを感じるたびに、たぶん、茶戌にとっても、その気持ちは同じだろうなと思うと、茶戌の実家のある土地は好きでも、あの家で義母と過ごすのが苦痛な自分を、申し訳なく思うのです…。
    もう少し、茶戌を、楽な気持ちで帰らせてあげられたらいいのに。
    どうして自分は、どうしても、義母を好きになれないのか、って…。


    今日、お届けする「盆がえり」は、昔から大好きだった曲。
    この曲の主人公の気持ちは、言葉どおりに解釈して聴いてきたけれど、
    さっきふと、実は、この人は、故郷から、いつもの日常の場所に帰るのを、
    私が今まで考えてきたほど、イヤな気持ちだけではないのかも…、と思いました。
    もちろん、故郷にずっと住んで、
    そこで生活していけるなら、それを望むのでしょうが、
    そうではない日常が、生活が、すでに確立されている。

    だとしたら、辛いけれど、
    「気ぜわしく汽車に乗り込んだ方がいい」のかもしれない、と…。

    長い連休があると、途中から「あと○日」と、数え始めて、
    せっかくの休みを、途中からは半分せつない気持ちで過ごしたりする私。
    この曲の主人公も、それに似て、
    日常に戻るのが本当につらくならないうちに、
    気ぜわしく汽車に乗り込むのかもしれない…。
    帰りの汽車は、また、「覚悟」を決める時間。
    故郷は、心地よい「ふところ」だけではなく、
    忘れなければならないものまでも、含んでいるとしたら…。


    まぁ、まだ「お盆休み」は始まってません(一部は始まってるようですが)。
    皆さま、楽しいお盆休みを…!
    そして、お盆休みなんてない方々、本当にお疲れ様です。
    どなたにとっても、良い日々になりますように…。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                           盆がえり → 


    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | 小椋佳 | 13:44 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 13:44 | - | - |- pookmark
        ぼくも盆帰りの歌すきです。
        娘さんのだんだんと成長し、たのもしいですね。
        高速道路は大変な混雑らしですが
        影で泣く人もいるのだろうな
        ぼくは仕事です。
        | 長七 | 2010/08/09 10:06 PM |
        .....................................................................................

        長七さん

        >娘さんのだんだんと成長し、たのもしいですね。
        .................
        そうなんです。喜ぶべきことなのですが、
        確実に私の手など必要なくなって行って、
        私の能力なんかとっくに超えて行くのかと、ちょっと淋しかったりも。
        我儘ですね、本当に、私という生き物は(笑)。

        長七さんは、お仕事だろうなと思いました。
        オードブルなども出るかも。
        逆に、忙しい時なんでしょうね。
        奥様は厨房で、長七さんは配達で、熱中症で倒れないように、お気を付け下さいね。
        | よぴち | 2010/08/09 10:57 PM |
        >せっかくの休みを、途中からは半分せつない気持ちで過ごしたりする…

        って、すごくよくわかる気がします。
        僕も「ゆっくりする」ってことがヘタなのかもしれません^^
        …というよりも、
        普段の気ぜわしい毎日から離れて、ふとゆっくりとした時間に身を置いた時に、
        自分自身について考えてしまうことが怖いのかもしれません。
        仕事や雑事で追われている方が楽なんですよね。

        …すいません、なんかうまく表現できなくて。

        さて、明後日から帰省です。
        | ちりー | 2010/08/09 11:28 PM |
        ......................................................................................

        ちりーさん

        私は、いつもゆっくりしてるんで、今更「ゆっくりするのが苦手」なんて言ったら叱られそうなので、そうは言わないようにしますね(笑)。
        でも、なんか、ありますよね〜、途中からはもう、休むに休んでられない感じ。

        悲しいけれど、故郷にゆっくり受け止められてしまったら、もう、現実社会に戻るのに辛くなりそうで、
        ついつい、そうならないうちに戻ろうとする自分がいますね。

        ちりーさんも、「盆帰り」ですか。車にしても、列車にしても、あるいは飛行機でも、混雑は避けられないのでしょう。
        少しでも、楽な、いい旅になりますように。
        | よぴち | 2010/08/09 11:34 PM |
        お盆
        時代が変わっても
        日本人には
        一大行事ですよね
        また
        そうでなくてはいけないように思います
        ウチは墓地が目の前
        読経の声が
        家の中に響くほど。。
        どれほどの人が
        お盆に訪れるのか
        子どもの頃からずっと見てきました
        お盆に関係なく足しげくいらっしゃる方とは
        もう顔なじみ
        子どもの頃は
        お墓がコワイという子が多かったけど
        自分には
        まったく
        普通の家並みの光景です
        もしかして
        自分とわが子3人の
        ふるさと風景は
        この墓場がないと成り立たないかも
        といっても
        墓守りはヒジョーに手抜き
        よくバチが当たらないもんだと思っています
        夫の方のお墓には
        なかなか行かないという
        とんでもない嫁だし。。
        実際行かなくても
        心の中で手を合わせればいいんですよね
        なんちゃって
        いずれ自分がそこに入ったら
        オシオキが待っているかもしれない  ( ̄_ ̄lll)  
        | ありんこbatan | 2010/08/10 7:09 AM |
        ....................................................................................

        ありんこさん

        お墓、近くだとは聞いてましたが、墓地が家の前とは…^_^;

        うんうん、フツーの光景、季節ごとに思い出される墓地の風景があるでしょうね…。

        結婚以来、盆・正月は自分の実家ではなく、茶戌の実家で過ごすことがDutyでした。
        せめて、ちんにとっての「従兄弟」がいたら、まだ、救われたのですが、生憎、茶戌のお兄さんは東京で独身でして…。
        なので、帰省しないことも多く、私たちだけで、老夫婦と過ごすのですが、ちんも退屈そうだし、私も、何を言われるかわからないので、ちんの言動ひとつにも気を張る時間でした。
        まぁ、要するに、日頃から、言われるかもしれないようなことをしないでいればいいんですけどネ。なにせ、行儀の悪い私ですから^_^;

        私も、盆・正月にしかお墓に行かない、、。掃除も最低限、、。草取りは、ほぼ必要ないので、やったことがない始末^_^;
        お仕置きが、待ってるんでしょうね…(笑)。←笑い事かッ!

        | よぴち | 2010/08/10 1:25 PM |
         
        小椋佳の「盆がえり」、いいですねぇ♪ バリバリの小椋節。そして、星勝さんだったと思いますが編曲もいいんだなぁ。アルバム「道草」を引っ張り出したくなってきました。
        「スタンドスティル」「時」「くぐりぬけた花水木」「めまい」…。名盤です。小椋さんのアルバムはみんないいですけどね(笑)。
        僕は盆に休みがうまくとれる、ということはあまりありませんし、あれば旅行に出ちゃいますから盆の帰省というのは経験がいまだありません。墓参りとかもちゃんと盆や彼岸に、てなことはやったことがないですね(汗)。墓参は、宝くじが当たって欲しい時に先祖に頼みにいくとかそういう利己的な理由で(笑)。とんでもないですなぁ。
        実家にはこの間ちょっとだけ帰りましたけれどもね。でもうちは両親が定年後に滋賀県に引っ越して、僕が住んだことの無い家なので全然実家という感じもしない。墓は京都にありますから帰っても墓参とセットにもなりません。なんか、ドライだな。
        お嬢さんはお弁当作っててえらいなぁ。免許取得でまたおかあさんのおべんと作りかぁ。ご苦労様です。ふと、車で京都から皆で帰るなら道具は新調せずともその時だけ持って帰ればいいのに、と思いました(笑)。
        | 凛太郎 | 2010/08/11 12:24 AM |
        .....................................................................................

        凛太郎さん

        >車で京都から皆で帰るなら道具は新調せずともその時だけ 持って帰ればいいのに、と思いました(笑)。
        ........................
        そっか。なんで、そんな簡単なことに気づかなかったんだろ(笑)。
        いえね、お弁当箱は、持って行かなかったんです。当初は、自分でお弁当作る気はなかったようで。
        実際、入学してから、やはり新入生は、最初は学食で食べる要領がつかめず、結構、みんなお弁当を持ってきてたようで、娘も、急きょ、弁当箱を買ったようなのです。
        なので、弁当箱はあるのですが、おかずカップとか、おにぎりを持たせるときに、海苔がパリパリのまま、コンビニおにぎりのようになる包装紙とか、そういう、細かいものがないんですよね。細かいんだから運ぶのは簡単、向こうから持って帰りゃいいんですよね(笑)。

        「道草」、名盤ですよね〜。小椋さんのアルバムで1番好きかも。
        実は、この記事を書く時、何度かこの曲を聴いたわけですが、久しぶりに大泣きしました。
        理由を言えと言われても、確固たる答えはないのですが、なぜか、涙が止まらなかった。

        あまり意識しないようにしてるけれど、振り切りたい過去があるんだろか、今更ながら、自問自答です^_^;
        | よぴち | 2010/08/11 12:57 PM |
        よぴちさんは、金沢の他に、関西に行く楽しみが出来たみたいですね。
        盆がえりは、久しぶりに知っている曲です。
        しかし、考え過ぎかもしれませんが、小椋さんの曲は大体そうなのですが、良いなとは思いつつも、分かるという感じがもう一つしないです。彼女との再会を飛び跳ねて喜んでいるふうでもないし、上りの汽車に乗るのが絶対に嫌だという感じでもない。…現実との妥協なんでしょうか。
        小椋さんの曲によく出て来るような、おとなしい美少女に若い時に出会っていたら、もっとわかるのかもしれませんね。
        | コーヒー党 | 2010/08/11 8:32 PM |
        ....................................................................................

        コーヒー党さん

        そうなんです。最近は、金沢だ、京都だのと、遊び呆けています。尤も、京都の方は、さすがに入院前に行ったきりですが。
        これも、インターフェロンを休薬して、少しずつ、身体が動かしやすくなってきたおかげです。以前の私は、近所のスーパーにさえ、出かけられなかった。

        コーヒー党さん、おっしゃるように、そういえば、小椋さんの詞の世界は、具体的表現が少ないかもしれないですね。
        たとえば、さださんやユーミンは、具体的な詞も多いので、私なんかも、自分のシチュエーションとぴったりくることがあって、実感を伴って好きな曲も多いのですが、小椋さんのは、それとは少し違う気もします。
        上手く言えないのですが、敢えて言うなら「余韻」のような、「余白」のようなものがあるというか。
        そこを何で埋めるのかは、受け手次第、なのでしょうか…。

        「おとなしい美少女」、うん、私自身、自分とは正反対のそんな少女に憧れて、そんな少女を想った曲などは、自分もそうだったらいいな、なんて妄想に走ってるのかもしれませんね(笑)。
        | よぴち | 2010/08/11 11:24 PM |
        とりあえず家族が揃って過ごせる夏休み、良かったですね!
        盆帰りは日本人にとって、一大行事。この歌は、雅俊のバージョンで聞き、大好きですよ!
        | 力道 | 2010/08/12 2:29 PM |
        .....................................................................................

        力動さん

        ありがとうございます。
        普段は小松にいる茶戌も含めて3人そろう時間は、なかなかないのが現状ですが、なるだけ、そういう時間を増やせるといいのですが。
        けど、19歳ですからね…。フツーに考えて、親となんているより、せっかく帰省してきたら友達と遊ぶことを考えるのが自然ですよね^_^;

        雅俊さんのは雅俊さんので、良さがありますね。
        あのアレンジ、あのサウンドを聴いただけであの頃の、雅俊さんがよく出ておられたような日テレのTVドラマの場面が頭によみがえってきます。
        | よぴち | 2010/08/12 3:05 PM |
        故郷も実家もないでーす

        祖父の家が少しそんな感じだけど

        叔母が一人暮らしだから

        すでに叔母の家


        その分どこに出掛けても故郷を楽しめます

        しかも無責任に
        | chabon帰り | 2010/08/12 9:19 PM |
        ....................................................................................

        chabon帰りさん(なるほど、chabo帰り、でなく、chabonときたか…。アッパレ!)

        私も、実家といえど、家自体は、全然「実家」という気がしないです。
        しかも、やっぱり、実母、兄、妹、…みんな、私と価値観が違い過ぎて、なんか、居場所がないんです。後の3人は非常に価値観が似ているようですが…。
        ちなみに、発病当初、兄弟間骨髄移植を考えた時に検査したら、HLAの型でさえ、兄と妹は一致していたけれど、私だけ、移植不可能な違い方だったしね^_^;

        それはいいとして。
        家じゃないんだよね、きっと。故郷は、何か、音とか匂いとか、そういう、心の中にあるものなんでしょう。
        chaboさんは、エライね、前向きに考えてる。

        私も、楽しむことに責任は感じないや。
        お仕事や、家庭の役割でさえ、常に無責任でーす(*^^)v
        | よぴち | 2010/08/12 11:07 PM |
        よびちさんこんばんは〜♪

         お弁当作り、いまは自分の為に毎日作っています。
        パラは全く苦にしないし、とても楽しいとも思わず早く美味しいのを作る自分の手早さだけ考えています。

         母は全く頓着無しの人でしたから、反面教師かしら。

        母の命日に法要が有るので、今年はネコ君と一緒に実家に帰ります。

         実家はパラが出た後に転居したので、そういえば住んだりは無かったけれど家具や食器は自宅のものなので、そんなに違和感は無いかな〜〜パラは。

        | パラ | 2010/08/13 6:36 PM |
        ...................................................................................

        パラさん

        お弁当づくり、今までは、いわゆる「女子高生」で、かわいさも必要だったんですよね。
        だから、彩りやら飾り付けにも神経を使いました。
        でも、今は少し彼女も大人になったので、以前ほど、仲間内と食べる際の「体裁」よりも、味をとってくれると思うんですよね。
        実際、彼女が自分で持って行っているお弁当も、おかずは1種類か2種類、残り物もあり、みたいです。
        だから、今回は、おいしいお弁当を作りたい、って、ちょっと張り切っています。
        ただ、不安なのは「続くかな、、、」ってこと(失笑)。

        頑張ります。
        パラさんも、よいお盆休みを!
        | よぴち | 2010/08/14 12:41 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/267