◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 盆がえり:小椋佳 | main | 晩夏〜ひとりの季節〜:荒井由実 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Sea Side Story:伊勢正三  ○●○
    スモークドガラス越しの景色残暑お見舞い申し上げます。
    本日も、福井は33度です。
    お盆休みは、結局、あっという間に過ぎた。
    というのは、ほとんど出掛けていたから…。

    帰省してくる同級生のK君と、会員になったスタジオでギターやドラムで遊ぶことと、お決まりの金沢フォーク酒場めぐりの他は、特にどこにも出掛けない、…はずでしたが…(笑)。

    盆には、恒例の「姑との時間」、があります。
    この前の冬、ちんの涙が決定打となって、
    もう、彼女と関わるのはよそう、と決めたのですが、
    その後、彼女のとった行動が、私の予想をはるかに超え、
    実母にまで幾度も被害が及んだので、
    被害を最小限にするためには、やはり私が我慢するしかないと諦め、
    今回もまた、何事もなかったように、彼女と談笑してきたのでした。

    茶戌の実家に行く前に、ある意味、通り道沿いにある、
    私の実家の墓に寄って、実母と一緒に墓に行ったけれど、
    特に私の実家では時間をとらずに、茶戌の実家へ向かいました。

    茶戌の実家近くまで来て、茶戌が、「ちょっと早く着きすぎたな」と。
    確かに、夕方5時過ぎで十分なのが、まだ4時半くらいだった。
    茶戌の実家は、三国という、福井の昔からの港町。
    じゃあ、少し、海岸線でも走って時間をつぶそう、ということに。

    三国の海岸線には、
    私が、福井で1番好きな景色の場所があります。
    その日も、とてもきれいでした。
    そして、そこを車で走る時の私の頭の中のBGMは、正やん、と決まっています。

    何曲もある、海が似合う正やんの曲から、今日は、
    アルバム「スモークドガラス越しの景色」の中の1曲をお届けします。
      ”…当然 許してくれるなんて ふと 
        我儘に うぬぼれてた…”

    お盆休みは、結局、お互いの実家まわりという、Dutyを終えたら、
    急に気持ちが軽くなって、
    茶戌の実家からの帰り、夜の10時ごろから突然、
    京都・大阪へ車を飛ばしてしまいました。
    ちんは、大阪・江坂の彼のところにいたので、
    私たちが京都のちんの下宿に泊まり、
    ちんと、彼と、また4人でご飯を食べ、
    前々から興味があった、江坂のフォーク酒場、「GARO」へ。
    楽しい夜でした。

    帰ってきたら、車の中にいつも置いてあったクロネコのぬいぐるみ
    ”クロちゃん”が、いなくなっていた。
    荷物が多くて、ちょっとドアポケットに避難させている間に、
    ドアポケットから落したまま、気付かなかったのでしょう。

    毎日、遊び呆けて、自分の幸せを噛みしめもせずに、
    自分に課されたものは面倒に思い、

    …そんな、自分の慢心のようなものに、
    チクリと針を刺されたような気がしました。
      ”…当然 許してくれるなんて ふと 
          我儘に うぬぼれてた…”

    来週は、ちんが帰省して、毎日、自動車学校。
    いつもの気まぐれな生活でなく、ちんの世話、という、
    ありがたい仕事が出来る。
    こんなに楽を覚えた私にとって、今や不安でもあるけれど、
    やはり、嬉しい。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                       Sea Side Story → 


    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | 伊勢正三 | 15:45 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 15:45 | - | - |- pookmark
        ....頭の中のBGMは、正やん....
        これに
        にんまりしてしまった (^−^*
        海の歌はいろいろあって
        ノリノリの夏ソングも
        それはそれで好きなんだけど
        やっぱり
        正やんの歌う海
        いいなぁ
        そっか
        ちんちゃんのお世話期間になるのね
        気候的には
        お弁当のいたみに気を遣わなくてはいけない時期
        あれこれ工夫しながら
        高校生だったときは
        そうそう
        こうやってた
        な〜んて
        いろいろ思い出すのかな
        長らく福井に
        となると
        カレがもしかして
        実家訪問

        また
        一家で青春することになるのかも
        いいねぇ
        ちんちゃんのカレ
        いい風運んでくれてるね         
        | ありんこbatan | 2010/08/20 3:29 AM |
        ....................................................................................

        ありんこさん
        「実家訪問」は、まぁ、ないと思いつつも、
        なんとなく、少し家の中を掃除しなくては、と思うだけでも、「いい風」ですね(笑)。
        彼はなんと、ご実家は安城の子なんですよ(笑)。
        ちんの恋は、今までにもフラフラといろいろありましたが、1年ほどブランクがあって彼女も少しは成長したのか、今度の彼は、今までとは違うな〜という感じがします。
        何より、ちんが背伸びをしていない。のびのびと楽しそうなのが、見ていて嬉しいです。

        お弁当も、「少し大人になったちん」に作るのが、また別の楽しみ。高校の時ほど「体裁」ではなくて、味中心に出来るかな、と。
        ただ、ホント、この時期、お弁当がいたまないか、それが気がかりです。どんな状態で保管されるのかも、まだ分からないし。まぁ、普通に考えて、エアコンの効いた部屋か車内だとは思うんですけどネ。

        正やんの海の曲、いっぱいあるんですが、このブログはまだまだ続けるつもりなので、今後にとっておくためにも、今回はこの曲にしました。
        今の正やんとは全く違う歌い方。あの頃は、まだ、発声に硬さがありましたね。
        30年も前の曲なので、歌詞に「カセット」なんて平気で出て来てるしね(笑)。

        | よぴち | 2010/08/20 11:47 AM |
        姑さんとのこと大変ですね。
        でも楽しい日々を過ごされたみたいで安心しました。
        正さんのソロのアルバムは聞いてないので、今度聞いてみますね!
        | 力道 | 2010/08/20 3:17 PM |
         ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー
        嫁と姑・・・ここでも問題あったか。
        ウチは嫁と姑以前に、息子(私)と母親という問題があるのだけど・・・。
        何であんなんなんかなぁ?
        息子としてもちっとも似てないし、ワザと怒らせてるだろ?という事を平気でするんだよねぇ。
        あ〜、やだやだ。
        | SHIBU | 2010/08/20 3:48 PM |
        .....................................................................................

        力動さん

        義母は、もし私が、まぁ普通と言える人種なら、普通の人と比べ、また、私もまた変わった人種ならば、少なくとも私とは、全く感覚の違うヒトです。
        けれど、他には全くいない、と思う奇人でもなく、要するに、あまり周りが見えない人のようです。
        暴れたりするわけではないので、私が、傷ついたり不快な思いをしても、その気持ちを逃がしさえすれば、どうにか、過ごせる。しかも、今のところ、同居でない。
        だから、恵まれてる方なのだと感謝して、やって行かないといけないんでしょうね、、。
        正やんのソロは、「北斗七星」から始まり、最初4作〜5作めくらいまでは、風の時の正やんと同じようなヴォーカルです。
        その後、少し間があいて発表されたアルバム「海がここに来るまで」では、ちょっと、ヴォーカルが変わってきちゃってるんですよね、、。
        | よぴち | 2010/08/20 5:25 PM |
        ....................................................................................

        SHIBUさん

        毎度毎度、愚痴を聴かせて申し訳ありません^_^;

        そういえば、SHIBUさんも言っておられましたね。
        要するに、夫・茶戌と、同じ心境なのだと思います。

        でも、まっとうな心を持っていればこそ、実父母を放ってはおけないはず。
        そこが、SHIBUさんといい、茶戌といい、辛いところなのだと思うんですよね。
        私も、そのことを頭では理解してるつもりなのですが、、、。

        ところで、SHIBUさん、アフィリ、始められたんですね。気付くの遅くてすみません。
        今度、訪問してみます(^^ゞ
        | よぴち | 2010/08/20 5:29 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/268