◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< Sea Side Story:伊勢正三 | main | 泣きたい夜に:中島みゆき >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  晩夏〜ひとりの季節〜:荒井由実  ○●○
     14番目の月さすがの日照りに、玄関前にわずかに置いてある花々も、元気がない様子。
    我が家は、唯一、玄関前だけが南向きで日当たりがよく、けれど僅かなスペースしかないので、ほんの少しプランターを置くのみですが、その代わり、玄関前の花はたいてい、良く育つのです。
    でも、今年はなんだか…。陽が当たればよい、というものでもないようです。


    蝉の声も、まだあまり変化が感じられず、
    実感としては、「秋の気配」は、まだまだという感じ。
    けれど、薬が少なくなってきて、あぁ、来週は受診日か、と思い、
    そこから初めて、来週はもう、9月なんだと気付いたのでした。
    暦も忘れているにもかかわらず、どうしてか気持ちが滅入る、夏の終わり、、、。

    原因の大きな大きなものは、わかっています。
    お盆休みの過ごし方があまりに不摂生だったために、
    さすがに身体にツケが回って来て、むくみ(腹水)の状態が、深刻だということ。
    退院してから1ヶ月で、すでにもう、体重は5kg増し。そのほとんどが、水だと考えられます。
    もちろん、今の状態で、入院して腹水を抜かなければならないようなことはないのですが、また、あおむけでは眠れない、「妊娠8カ月」状態になってしまう、、。
    だから、入院して水を抜く、なんてことをせずとも、自宅でコントロールできる状態でいたい。
    そのために、利尿剤を服用し始め、むくみが少しは軽くなったのに、
    今また、服用前の状態に戻ろうとしています。
    利尿剤をそんなに増やしていくわけにもいかず、
    かといって、自分でできる程度の減塩で、対処できるかどうか、、。
    それが、私の気持ちを滅入らせている…。

    でも、これは自分でまいた種で、
    誰にも責められたくもないし、後悔もしたくない。
    だから、なんとかせねばと思っています。
    相変わらず、意地っ張りです。


    ただ、ちんが帰省する時に、帰ってくる途中に夕食として(といっても、もう夜の9時をとうに回ってましたが)立ち寄ったラーメン屋さんで、BGMに、「稲村ジェーン」のアルバムが流れていたのです。
    あの中に、「暑かったけど、短かったよね、夏。」という台詞があって、そこから続けて「真夏の果実」が流れるところがあります。
    あれを聞いて、ふと、「そっか、夏、終わるんだな、、」と、ちょっと、心が立ち止まってしまった。

    なんとなく、気持ちが沈んだように感じるのは、夏が行くのを、無意識に感じているからかもしれないな、と、その時、思いました。

    ちんは、帰省する前から、
    「帰省したら、毎日、朝から晩まで自動車学校に行くだけで、
     特にゆっくりも出来ず、
     高校の部活に顔を出すくらいしか予定もなく、
     それだけで、夏休みが終わってしまう、、」
    と、嘆いていました。
    それを聞きながら、「何、言ってんの。サークルの合宿にも行ったし、彼氏クンとも過ごして、十分、夏休みしてるじゃん」と思ってましたが、
    たぶん、ちんの「嘆き」は、若さゆえ、夏が行くこと自体が、どこか淋しくて仕方ないのでしょうね…。

    今日お届けする曲は、私も好きですが、珍しく茶戌も好きな曲。
    茶戌は、私の影響でユーミンの曲のほとんどを聴かされ、結果、知っていると思うのですが、好きだというのは、あまり、ない。
    そのわずかな「好きな曲」は、荒井由実時代の曲がほとんどです。
    茶戌はもともと、ケイトウの花が好きだそうで、
    特に、最近のかわいい小さめの、カラフルな色合いのケイトウではなくて、
    昔からある、ニワトリのとさかのような、深紅や濃いピンクのケイトウを好むらしいのです。
    で、この「晩夏」の中に、「葉鶏頭」という花の名前が出てくる。
    これは、その、ニワトリのとさかのようなケイトウの花ではなくて、違う植物なのにもかかわらず、どうしても、茶戌も私も、これを聴くと、ケイトウの花を思い出してしまうのです、、。

    ユーミンは、昔はアルバムの最後の曲はたいてい、静かなバラードが多い。
    私にとって、ユーミンのアルバムで夏のイメージが1番強いのは ”REINCARNATION” で、
    そのラストの ”経る時(ふるとき)” も、こんなふうに静かなバラードなので、
    頭の中で時々混同してしまいがちなのですが、
    断然、この ”晩夏” が好きです。


    昔に比べ、夏の終わりを惜しむよりも、
    涼しくて過ごしやすい秋の到来を歓迎してしまうのは、
    やっぱり、齢だからなのでしょうか…(笑)。

    でも、秋が来たら食べ物がおいしすぎて、減塩・節制生活に乱れが、、(-_-;)

    …頑張ります、、。



    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                      晩夏〜ひとりの季節〜 → 


    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | 荒井由実 | 17:11 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 17:11 | - | - |- pookmark
        もうすぐ9月。
        とはいうものの、秋の気配は全く感じられませんね。暑いし、植物たちはすぐにカラカラになるし。
        でも、洗濯物はすぐに気持ちよく乾きますね〜。
        でも、早く猛暑日から脱却したい!

        ちんちゃんの夏が終わってしまうという感覚。
        若い人の元気よさが伝わってきます。
        | iku | 2010/08/28 6:20 PM |
         
        ゆく夏を惜しむのは、昔の記憶がどこかに残っているから。
        夏は、いちばん楽しい季節だった。長い休み。ジリジリと肌を焼く太陽。Tシャツの腕まくり。たそがれ時の風。影法師。夢中になれる何か。予期せぬ出逢い。
        そんな、遠い記憶がどこかでまだ僕を遠隔操作している。あれからずいぶんと経ったはずなのにな。
        でも、今年の夏は、そんな追憶とは別に、初めて「はやく行け」と思う夏ですな(笑)。こう体温超えが続くとやってられませんわ。あの夏の想い出も吹っ飛ぶというものです(汗)。
        でも、若者は夏が好きであって欲しい。若き日の夏の想い出は、財産になると思うんです。老いても、それに浸って生きていけるくらいの。だから、夏の終わりには寂しさを感じてほしいな、若者には。

        「荒井由美」はいいなぁ。改めてそう思いますね。
        僕はそんな熱心なリスナーじゃなかったのでLPを持っていませんでした。で、カセットにおとしたものを聴いていましたので、歌詞がわからん。「ハゲイトウ」って当時何だかわかんなかったものです。え、ハゲ? お恥ずかしい話です。

        体調管理が難しい季節ですね。無責任な言い方で恐縮ですが、ご自愛下さい。本当に。
        | 凛太郎 | 2010/08/28 7:12 PM |
        また入院は滅入るかも知れませんが、頑張って下さいね。
        ユーミンは我が家は妻がファンのため、全作品ありますが、[経る時]の方が印象にあります。こちらは今度聞いてみます!
        | 力道 | 2010/08/28 8:28 PM |
        ...................................................................................

        ikuさん

        そうそう、洗濯だけ。夏がいいのは(笑)。
        朝、急がなくても、午後になって干したものでも乾く、乾く。
        布団も、結構いつでも干せる。

        けど、ここまで暑くなくても、、って話なんですよね。
        ikuさんも、「バテ」が出ないよう、食べて下さいね!
        | | 2010/08/29 2:19 AM |
        ....................................................................................

        凛太郎さん

        うんうん、なんでかな、昔も暑かったし、汗っかきの私は大変だったんだけど。
        やっぱり、夏は、どっかドキドキしてた気がする…。
        それは、やっぱり「夏休み」のおかげだったのかもな、と、今、初めて思いました。

        私はウィンタースポーツをしない人間なせいか、
        自分を支えてる「思い出」の季節は、夏ですね。
        確かに、これは、「一生モノ」です。

        葉鶏頭…、そうですね、音だけ聞くと「禿げ伊藤」とも。
        伊藤さん、申し訳ございません(-_-;)
        | よぴち | 2010/08/29 2:24 AM |
        .....................................................................................

        力動さん

        力動さん、もしかしてケータイでご覧になって下さってます?
        一応、このブログは、文末の「☆」マークをクリックしてくだされば、曲を聴けるようにしてあるのですが…。

        そうなんですよ、「経る時」も、いい曲なんです。
        でも、やっぱり私は断然、この「晩夏」の方が好きなんです。ぜひ、聴いてみてください!

        身体は、、なんとも言えませんが、入院は避けたい。
        頑張ります。ありがとうございます。
        | よぴち | 2010/08/29 2:31 AM |
        ホントねぇ
        もうすぐ8月もおしまい
        今年は暑過ぎて
        早く夏が終わってほしいと思ったけれど
        陽ざしが変って
        秋の虫の声を聞いたりすると
        ちょっとさみしい
        夕方くらいの時間が特に。。
        若い頃は
        秋も冬もこなくていい
        夏よ終らないで!って思ってた
        (こんなに暑かった記憶がないから余計)
        猛暑から抜けられるのはいいけど
        やっぱり
        夏を見送るとなると
        どこか
        「宴のおわり」を感じてしまいます
        この曲
        夏の終わりのセンチメンタルな気持ちそのものを感じて
        心がきゅんとしちゃう
        秋は美味しいモノいっぱいだから
        そこんとこは楽しみだけど
        これ以上お腹が出るのもなぁ
        まぁ
        後悔しないことを自分に約束して
        食べよう
        よぴちさん
        入院にならないように
        がんばって調整してね
        | ありんこbatan | 2010/08/29 3:48 AM |
        .....................................................................................

        ありんこさん

        夕方くらいの時間…、この「晩夏」も、藍色は群青に 薄暮は紫に…、っていうところがありますよね。
        すごく、わかる。夏の夕方、だんだん空の色、辺りの色が、こんなふうになってきて、その時に、なぜだかちょっとせつないんですよね…。

        せつない気持ちを持続出来たら、食べ過ぎにもならないんでしょうけど(-_-;)
        秋。嬉しいけど、困った季節です。
        (昔は、秋こそ、ちょっとせつなかったのに…。)
        | よぴち | 2010/08/29 2:18 PM |
        もうすぐ九月
        学生の長い休みはうらやましい・・
        この歌も大好きです。
        | 長七 | 2010/08/29 10:08 PM |
        ....................................................................................

        長七さん

        ホント、うらやましいですよね。
        私はマジで、大学卒業する時、「果たして自分は、これから、もう、夏休みも冬休みも春休みもない何十年もの社会生活が営めるだろうか」と、真剣に悩み、不安で仕方なかったです(笑)。
        まぁ、なんとかやっては来ましたが、やっぱり、うらやまし〜。
        ちんにも、出来るだけ、せつなかったり、すっごく嬉しかったりの、いろんな思い出、作って欲しいなと思っています。
        | よぴち | 2010/08/30 1:20 AM |
        不養生すると、すぐに結果が出てしまうみたいで、大変ですね。
        荒井由実さん時代の曲は、良い家の感性豊かな少女の日記を読むような感じがしますね。この曲は、それと「空色は水色に」とかの絵を描いているような表現が印象的ですね。
        井上陽水さんの「少年時代」が、同じような季節を表現しているかと思いますが、だいぶ違いますね。作り手の個性の差もあるんでしょうけど、やっぱり男女の感性の違いも反映しているように思います。
        | コーヒー党 | 2010/08/31 10:56 PM |
        ...................................................................................

        コーヒー党さん

        「良い家の感性豊かな少女の日記」
        …う〜ん、すごく分かる。言い得て妙、という感じ。

        私は絵がとても下手で、描けないのですが、
        デザインや色にはすごく興味があって、
        幼い時からどうしても、夕方に「白」を感じることがあります。この曲でも、夕暮れを薄暮と表現しているところが妙に印象に残ってまして…。

        陽水さんも、感性豊かなのですが、なにせ、ユーミンとはまた、全く違った感じですよね。
        男女、の違いだけではないのでしょうが、それを大きく感じさせます。

        ところで、1度コーヒー党さんのブログにもお邪魔したいと画策しているのですが、野鳥がお好きなコーヒー党さんですか?
        | よぴち | 2010/08/31 11:52 PM |
        夏が終わらないまま

        大人になっちまった


        なんて思ってたんだけど

        ほんとはー100℃だったのかも


        少し養生せな

        飛ばしすぎ
        | chakubo | 2010/09/02 12:51 AM |
        ....................................................................................

        chakuboさん

        私は、若い頃は-100℃と思っていたんだけど
        今思えば、夏だったのかな、という気がしている
        45歳です。

        >少し養生せな

         飛ばしすぎ
        ....................

        はい。そうします、、(-_-;)
        | よぴち | 2010/09/02 5:55 PM |

        よびちさんこんばんは〜♪

         9月に入ったら、猛暑は相変わらずながら秋の気配がそっとそっと次第に大きくなる予感。

         パラもお祓いをしてもらいたいくらい悪いことが幾つも幾つも押し寄せて来ます。
        一つ一つ片していくしかないと、少ない自分の時間の中でやりくりしています。

         よびちさん自分で出来る健康維持は、何とか頑張って下さいね。
         大きな病気を抱えながらも前向きに生活されていて、パラも勇気を頂いています。

         猛暑ですが、楽天で乗り切って行きましょう。
        ブログ更新を楽しみにしています。

        | パラ | 2010/09/03 10:48 PM |
        .....................................................................................

        パラさん

        こんばんは。いつも、圧巻モノの写真で癒して下さってありがとうございます。
        今日の、夕空もよかった〜♪

        ホントに、どうしちゃったの、って言うくらい暑い毎日ですが、秋さがしをして涼まなくちゃいけないですね。
        自分から、探す気持ちでいると、案外、感じるものですね。

        パラさんもお忙しそうですが、その忙しさが一段落した頃に、お身体に疲れが出ませんように…。
        | よぴち | 2010/09/03 10:55 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/269